りゅうおうのおしごと! 6 ドラマCD付き限定特装版 7月15日発売!
今大人気のライトノベルのドラマCDが聴ける!

:: 2017/7/30 日曜日::

■[漫画]最後のラブレター「かんなぎ」12巻

かんなぎ12巻かんなぎ12巻
出版社:一迅社
作者名:武梨えり
作者サイト:たけなしのーと
Kindle版:かんなぎ (12)
Kindle版まとめ買い:かんなぎ
DMM電子書籍:かんなぎ (12)

文句の付けようもない大団円だった…!

いやもう、何というか。
全体的にこう、面白いとしか言い表せないというか。
ナギ様が尊いし、可愛いし、最高だし、神様だし。
あぁ… これが萌えなのかと…!

最終回まで含めて本当に美しい流れで。
ナギの木のように縁が綺麗に収束したというか。
神様だからご都合主義的に綺麗に終わるのも全然アリというか。
うん、そんなところまで含めてとにかく尊かった…!

正直ね、アニメ放映中に武梨えりさんが倒れられたと聞いた時は絶望したんですよ。
全然続報ないし完結は無理なんじゃないかと覚悟してたんですよ。
それがこんなに綺麗に、満足感たっぷりな最終回を読むことができて…
もうね、物語としての感動と、読むことができた感動で涙が出てしまう訳ですよ。
やばい、私の涙腺がやばい。

ラブコメとしては白亜ちゃん推しだったわけですし、
つぐみもアリかなー、とも思ってたんですよね。
でもね、やっぱりナギ様と結ばれるのがベストなんだなー、と。
そう、思わされたりね、するわけですよ。

あとね、通常版を買ったあとにもう少しかんなぎの世界に触れていたかったので、
アニメイトまで行って限定版を買ったんですが、これが正解だったんですよ!
劇中でナギ様が歌っていた「最後のラブレター」が実に良い…
これを聞きながら12巻を読むと感動が一入ですよ。
そしてそのあとにドラマCDを聞くと涙腺が決壊しちゃいますよ。
あぁ… ナギ様が尊い…

できればもっともっとかんなぎの世界に浸っていたいところです。
たぶん、これから何度も読み返す作品だと思います。
そして読む度に悶えることでしょう。
それくらいに名作だった…!

武梨えりさんは次回作も今年中に発表されるとのことですので、
そちらも楽しみに待ちたいですね。
綺麗な脚のヒロインをお待ちしております!

関連エントリー


かんなぎ (9) (REXコミックス)著者/訳者:武梨 えり出版社:一迅社( 2014-08-02 ) 作者サイト:た…

かんなぎ (10) (IDコミックス/REXコミックス)著者/訳者:武梨 えり出版社:一迅社( 2015-07-27 …

かんなぎ (7) (REXコミックス)著者/訳者:武梨 えり出版社:一迅社( 2012-04-27 )コミック ( 1…

かんなぎ (11) 特装版 (REXコミックス)著者/訳者:武梨 えり出版社:一迅社( 2016-07-27 ) 作者…

かんなぎ (8) 限定版 (REXコミックス)著者/訳者:武梨 えり出版社:一迅社( 2013-06-27 )コミック…


 Comments (2)

2 Comments »

  1. いや~、自分も結構感動しました。
    10巻表紙の悲しそうなナギの表情が、最終巻であんな明るい笑顔になるなんて‥‥。
    表紙見てるだけで、こみ上げるものがあります。

    おまけにナギの左手の先には‥‥ほんとにほんとに良かったネ、って感じです。

    感動に浸りつつアマゾンプライムビデオのアニメを、1からまた見ました。
    ホント、見るの何度目なんだろう?って感じです(笑)

    Comment by トーストティー — 2017/8/12 土曜日 @ 15:36:42

  2. >トーストティーさん
    表紙見てるだけで感無量ですよね!
    今ではAmazonプライムで全話見られるんですね。
    私はプライム会員ではなくdアニメの人なので、そっちで探してみます。
    久しぶりにみんなの名演を見たみたくなってきました!

    Comment by フラン — 2017/8/23 水曜日 @ 11:23:13

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.207 sec. Powered by WordPress