僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!
:: 2014/6/11 水曜日::

■[漫画]やっぱりすなおはエロ要員「つぐもも」13巻

人に裏切られた付喪神たちが集う迷い家が、
くくりが持つ石片を奪いに来るため、助っ人として皇すなおが参戦!
ラブコメ要員としてはもちろん、エロコメ要員として実績のあるすなおさんですから、
12巻の頃から期待していましたが、その期待以上の魅力を見せてくれましたよ!

ラブコメ要員としては典型的な素直になれないツンデレ(ただしデレ9割)として。
エロコメ要員としては早速一緒にお風呂に入ってパイ揉みさせるToLOVEるヒロイン!
それでいてちゃんと修行してきたすそはらいとしてかずやと実力が伯仲するという、
良いポジションを占めていると思いますよ!
ちなみに、6巻でかずやと約束しながら放置プレイだったという所には、
ドラゴンボールのチチと同じ属性を感じます。(笑

そんなほのぼのエロとした展開だった前半とは打って変わって、
遂に迷い家の勢力がミウラヒを目覚めさせて進軍開始!
ついにくくりちゃんとのバトルとなってしまう訳ですが、
弱ったとはいえくくりちゃんが本気出したらどれだけ強いのかが判ります。
この圧巻なバトル展開、見応えありまくりですよ!

しかしそんなバトルに水を差すあざみの乱入に驚きです。
落ち着きっぷりからして計画通りなんだろうけど、
最後に出てきたかずやのお母さんっぽい人といい、
これはついに物語の核心に触れてきた感じがしますよ…!
これはマジでクライマックスの予感…!

まぁ、そんな緊迫したラストでしたが、巻末描き下ろしのくくりちゃんの妄想見てたら、
良い意味で脱力しちゃいましたけどね!
見た目は変わったけど中身は全然変わらないんだなぁ…(笑

:: 2014/2/16 日曜日::

■[漫画]バトル成分多め「つぐもも」12巻

つぐもも(12) (アクションコミックス(月刊アクション))
著者/訳者:浜田 よしかづ
出版社:双葉社( 2014-02-10 )
コミック ( 157 ページ )
作者サイト:浜田よしかづ『Yの食卓』
作者twitter:浜田よしかづ (yoshikadu2010)さんはTwitterを使っています

「つぐもも」12巻はいつもよりもバトル成分が増しております。
これは月刊アクションに移籍したからというよりも、
話の展開的にクライマックスが近付いてきたからだと思うんですよね。
まぁ、それでも最後にサービスシーンを持ってきてるのは流石だと思いますが。(笑

黒耀さんが大怪我をしてきたことで判明した迷い家勢力。
あきとたち迷い家の穏健派とも言える一派はあざみの言葉を信じ、
今は動くべきではないとして、正体を隠したままくくりの側に付いて、
迷い家急進派vsくくり一派with迷い家穏健派という対立になり…

いやー、くくり強いですね!
今まで弱体化しておマヌケな部分ばかり描かれていましたが、
ここにきてその腐っても鯛というか、弱体化しても神な凄みを見せてくれて、
流石だと感じ入りました。
実力派のあきとが苦戦し、一也もかみがかりを使うつぐももを複数相手に、
無双とも言える実力を見せてくれただけに圧倒されましたよ。
というか、浜田よしかづさんはエロだけじゃなくてバトルが上手いですよね、ホント。
くくりの活躍シーンはもう別の漫画みたいでした。(笑

くくりと黒耀を殺しに来ている相手に激怒しながらも、
最後の一線は超えないようにしている一也も良かったけど、
やっぱり今回のエピソードで一番の見所はくくりの活躍かなぁ。
バトルはもちろんだけど、エロ的な意味でも。(笑

そしてラストでは助っ人として久しぶりにすなおが出てきましたね!
あのツンデレさんは結構美味しいのに近頃出番が全然無かったので、
再登場は嬉しい限りですよ。
実力もそうですが、エロ要員としても期待したいですね!

:: 2013/7/18 木曜日::

■[漫画]新天地でもお色気であまそぎ退治!「つぐもも」11巻

つぐもも(11) (アクションコミックス(コミックハイ! ))
著者/訳者:浜田 よしかづ
出版社:双葉社( 2013-07-12 )
コミック ( 149 ページ )
作者サイト:浜田よしかづ『Yの食卓』
作者twitter:浜田よしかづ@7/12つぐもも11巻発売 (yoshikadu2010)さんはTwitterを使っています

元々WEBコミックハイ!で連載していた本作ですが、先日WEBコミックアクションに統合された際、
紙の新雑誌月刊アクションに移籍することになった「つぐもも」
今までもコミックハイ!本誌に出張掲載はあったけど、完全な移籍はもしかして初?
新雑誌の看板作の一つとして移籍したと思われるので栄転に近いのかもしれませんが、
それはそれとしてちょっと寂しかったりします。

コミックハイ!に出張掲載された分はいつもの本編とは違う番外編に近いので、
ちょっと時系列的にもズレている感じはしますがお色気展開は当然有りです!
他作品とのコラボだろうと容赦なく剥いているのは流石と言いましょうか、
編集さんたちもこの作品のキモが何であるかよく判ってらっしゃると言いましょうか!

本編の方ですが、暗躍するつぐももたちがみまねのアホのせいで、
かずやたちと合流することになるという、緊迫感があるのか無いのか微妙な感じに。(笑
程良い巨乳キャラのあるみが表に出てくることでどんどん剥かれる展開になるのは、
一読者として大歓迎せざるをえないですね…!(キリッ

それと性転換好きの読者としては今回も性転換ネタが入っているの良いと思うんですよ!
夢の世界での性転換がこのまま定番化するのも全然アリというか!
まぁ、そうするとますます桐葉含むヒロインたちがかずやを籠絡するのが難しいかもしれませんが、
逆にそうすると更にエロい展開になる可能性も…?

うん、やはり今後とも夢の世界で性転換は行われるべきだと思います!(キリッ

:: 2013/2/12 火曜日::

■[漫画]迷い家へようこそ!「つぐもも」10巻

つぐもも(10) (アクションコミックス(コミックハイ!))
著者/訳者:浜田 よしかづ
出版社:双葉社( 2013-02-12 )
コミック ( ページ )
連載サイト:WEBコミックハイ!
作者サイト:浜田よしかづ『Yの食卓』
作者twitter:浜田よしかづ@2/12つぐもも10巻発売 (yoshikadu2010)さんはTwitterを使っています

長らく正体不明だったかずやたちの敵対勢力だけど、
この10巻では遂にその過去と目的が明らかに!
お陰でちょっとシリアス成分が多いので、
お色気成分は相対的に少なくなっております。

あまそぎの被害にあった人間たちに共通する、唆した存在。
それはかつて人間の業に振り回されたつぐももたちが、
安住の地として建立した”迷い家”からの使者だった!

迷い家存続のため、かつてそうしたように弱った神を弑逆しようとするつぐももたちが、
水晶玉のつぐもも”あるみ”の予知に従って出会った黒い帯のつぐもも”あざみ”の指示で、
暗躍していたみたいなんだけど…

とわりとシリアス風味な内容なんですけど、
鏡のつぐもも”みまね”の天然トラブルメーカーっぷりで引っかき回され、
主に鋏のつぐもも”あきと”が苦労している所は哀愁を誘って笑えます。(笑
これからも心労が溜まりまくると思うけどドンマイ…!

それにしても黒い帯のつぐもも”あざみ”だけど…
桐葉と同じ帯のつぐももであるという事と、かずやに惚れてるっぽい事から、
かずやの母親の件と何かしら因縁がありそうだけど…
うーん、そこら辺が詳しく分かるのはこれからの展開次第でしょうねー

一応今回のお色気成分は格ゲーのあまそぎに囚われた中でのコスプレと、
あるみが迷い家の中でみまねにおっぱいを揉まれまくる番外編だった訳ですが…
あるみの汚れ役っぷりが不憫だけど、エロいから問題ないよね!(笑

:: 2012/9/17 月曜日::

■[漫画]性転換を完全堪能!「つぐもも」9巻

つぐもも(9) (アクションコミックス(コミックハイ! ))
著者/訳者:浜田 よしかづ
出版社:双葉社( 2012-09-12 )
コミック ( 150 ページ )
作者サイト:浜田よしかづ『Yの食卓』
作者twitter:浜田よしかづ (yoshikadu2010) は Twitter を利用しています

後書きで作者の浜田よしかづさんご本人が述べていらっしゃるように、
ここ最近一話当たりのページ数が多くなり、この9巻は4話(4ヶ月分)のみの収録となっています。
一読者としては結果として早めに9巻を手に取ることが出来るようになって嬉しい限りであります。
そういえばページ数を比較的簡単に調節できるWeb雑誌という影響もあるかもしれませんね。

そして9巻の内容は、8巻から引き続いての伊良波先生の夢の世界でのバトルであります!
夢の世界へ赴くために、安全策として異性人格でのバトルですので、
今回はかずみ(一也)が戦闘の為に仕方なく下着姿になり、それを恥じらったりという、
今まで見ることがなかった、新鮮な萌えを見ることが出来て大変満足であります!
元が男だということを忘れてしまう程の萌え!
そして元が男だと思いだし、それでも全然アリだと思える新感覚!
あぁ、これぞ性転換の醍醐味の一つですよ!

…あ、いえ、つぐももバトル自体も迫力があって熱かったですよ?

それと今回はすなおと虎鉄のコンビの関係修復回も収録されているんですが、
目覚めない虎鉄を思うすなおという、シリアス展開かと思いきや、
しっかりとお風呂で混浴したりとエロシーンを挿入しているのは流石だと感心しましたですよ。
というかですね! 描き下ろしのエピソードが大変エロくてですね!
やはりすなおはエロ要員として非常に優秀だと思い知らされた次第であります。

しかし夢の世界での桐雄(桐葉)の煩悩全開っぷりが凄かったなぁ…
性転換ネタは今回限りだとは思うのですが、それも仕方ないエロさでしたものね。
やはり18禁にならないギリギリのラインを守るためには、
一也みたいなヘタレ系主人公である必要があると痛感した次第であります。

でも女主人公もアリだなぁ、とか思ってしまったのも否めない9巻でありました。(笑)

:: 2012/6/13 水曜日::

■[漫画]微百合におっぱいエロ、後にTS展開でしょう。「つぐもも」8巻

つぐもも(8) (アクションコミックス(コミックハイ! ))
著者/訳者:浜田 よしかづ
出版社:双葉社( 2012-06-12 )
コミック ( ページ )
作者サイト:浜田よしかづ『Yの食卓』
作者twitter:浜田よしかづ (yoshikadu2010) は Twitter を利用しています

靴に宿ったあまそぎを祓うエピソードの続きから始まるんですが、
テンションは最初からクライマックスな勢い全開のバトルバトルバトル!
ただバトルするだけでなく、女の子同士の友情もしっかりと描いており、
良い話で終わりそうだったんだけど、何者かの暗躍で事態は急変して…

と、裏で暗躍する4人(?)のお陰で更なる事態が巻き起こるんですが、
その前の小休止、もといエロ展開があるのはお約束であり読者のお楽しみなのです!
今回はお姉ちゃんと黒曜さんのダブルおっぱいで定番のお風呂という、
弾力性と柔軟性が感じられるエロ展開で読んでてニヤニヤしっぱなしでした。
流石の一也も身体が動かせない状態でのWおっぱいの攻勢には耐えられずに昇天しちゃったかー
やはりつぐももはエロ展開があってこそですよね!

その後は夢の世界でのあまそぎ退治が始まる訳なんですが、
理屈を捏ねていつもの面子が性転換した状態で夢の世界ですよ! ヒュゥ、この手があったか!
自分の影とのバトル展開というのも中々に見応えがありますが、
TS好きとしてはやはりその、TSというだけで興奮してしまいましてね…(ぉ
桐雄(桐葉さん♂バージョン)におっぱいを揉まれるかずみ(一也の♀バージョン)とか最高やん…

ただ今回もまた良い所で終わってるのが残念と言えば残念でしょうか。
とはいえ、続きはWEBコミックハイ!で読めるんですけどね。
TS展開でのエロエピソードも当然完備されていますので、
9巻も大変楽しみです!

それと巻末には一也と桐葉さんの日常の話が収録されているのですが…
いやー、一也ってばよくこれで最後の一線を踏み越えずにいられるなぁ…
まぁ、出すモノは出しちゃってるみたいだけど。(笑
出されちゃう話が収録されている9巻は本当に楽しみですね!

HTML convert time: 0.549 sec. Powered by WordPress