りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2018/1/5 金曜日::

■[ラノベ]アンデッドでも恋がしたい!「この素晴らしい世界に祝福を! 13 リッチーへの挑戦状」

めぐみんが本命でダクネスが浮気相手なハーレム系主人公にジョブチェンジし始めたクズマさん。
そんなラブコメリア充なクズマさんの影響なのかウィズにも恋模様が…!?
粘着質なストーカーからのプロポーズにトキめいてしまうなんて、
行き遅れリッチーをこじらせすぎだよ、ウィズってば。

まぁ、オチは早い段階で読めてましたけどね!
でもこのラノベの肝はそんな謎解きもどきにはなくて、
クズマさんのクズっぷりとめぐみんたちのハチャメチャな日常な訳でして。
今回のめぐみんの「人の男」発言は中々に良かったですよ!
これは薄くてエロい本が捗るな!

しかしダクネスってば図らずもソーププレイしてないですかね、これ。
やはりダクネスはエロネスだわぁ…
そんなエロネスに積極的に流されようとするクズマさんは本当にクズだわぁ。
良いぞ、もっとやるんだ…!
ねじりこむように挿入れるべし!

それにしてもウィズがチョロすぎて心配なんですけど!
行き遅れなことを気にしてたし冒険者時代のぼっちっぷりがあるんだろうけど、
あんなに美人なのにチョロすぎて心配しちゃうんですけど!
これはもう、クズマさんがクズっぷりを発揮するしかないのでしょうか。
大丈夫、リッチーはひんやりしてるから夏場だけの浮気相手には丁度良いよ!

でも次のメインはゆんゆんになりそうですね。
ゆんゆんのフラグは立ちそうで立たない気がするんだよなぁ。
むしろ、ゆんゆんのお陰でめぐみんと一線越えないかと期待している私が居る。
大丈夫、一線を越えるラノベは今までいっぱいあったから!
きっと大丈夫だよ!

:: 2017/9/11 月曜日::

■[ラノベ]このダクネスにもラブコメを!「この素晴らしい世界に祝福を! 12 女騎士のララバイ」

今回はダクネス回です!
もうちょっと詳しく言うとダクネスがヒロインのラブコメ回です!
おかしい… このすばなのに真面目にラブコメやってるぞ…!
まぁ、すぐにふざけた展開になるのは実にこのすばでしたけども!

これはもうめぐみんルート確定で良いのでしょうか。
でもまぁ、クズマさんだからなぁ…
エロ同人みたいにダクネスを愛人として手篭めにしそうな気もします。
あのエロ同人みたいに! あのエロ同人みたいに!
まぁ、この巻では逆にダクネスに手篭めにされそうになってたけどね!
カズマさんもノリノリでしたが!

というかめぐみんも結構ノリノリというか包容力があるというか。
カズマの言動に呆れてとはいえ、できちゃった婚でなし崩しも有りとか思っちゃうくらいに、
カズマさんに対して許しちゃってるあたり最高じゃないですか。
ダクネスもエロネス化してきたことといい、
どっちが先に最後の一線を越えるかのレースになってきた気がしないでもない。
ちなみに勝者にはクズマさんが送られます。
副賞は勝手についてきたアクア(酒代請求書付き)です。

しかしアレですね。
一線を越えたら更に自堕落で退廃っぷりが加速しそうですね。
それでもアクアとは間違いなくラブコメしないところは想像に難くないですが。
個人的にはエリス様となら有りだと思うんですけどね、ラブコメ。
だってピュアで可愛いんだもの。

カズマさんには是非ともめぐみんとダクネスとエリス様を侍らせた、
ハーレム系主人公として頑張って欲しい所存であります。

:: 2017/6/6 火曜日::

■[ラノベ]理想のニート生活「この素晴らしい世界に祝福を!」11巻

アイリスの婚約破棄だけでなく、魔王軍討伐の援助も取り付けてきたカズマさん。
英雄とも言える活躍をして調子にのったカズマさんは王城で元ニート根性を発揮して、
これでもかというほどの怠惰な生活を送って…

カズマさんマジでクズマさん。
異世界でどんな活躍をしようが染み付いたニート根性が抜け切らないというか、
甘い汁を知ってしまうと増長しまくるカズマさんマジでクズだわー
自分でもドン引きするほどのクズっぷりを発揮する主人公がこれまであっただろうか?
いや、ない。

今回は箸休めというか原点回帰というか、魔王軍の幹部とかは出てこずに、
クエストに出かけてトラブルに巻き込まれて、というお約束ネタでしたね。
めぐみんの妹のこめっこが登場することによって、
塩漬けクエストイベントを消化するという流れがいつもと違うところですが。

まぁ、それはそうとめぐみんがメチャシコすぎてヤバいわけですよ。
エロマンガ先生のめぐみんもエロ可愛いけど、
このすばのめぐみんのメチャシコさも凄いですよ。
14歳ロリは何故こうもエロ可愛いいのか…
フラグもビンビンに立ってるし、これはもう薄い本にもっと期待するしか!!!

それにしてもララティーナもといダクネスはどういうことなの。
ヒロイン属性的にNTRはないだろうけど…
これで未来からやってきたカズマとの間の子供とかだったら楽しいんだけどなー
流石にそれは無理かな…

:: 2016/12/5 月曜日::

■[ラノベ]ダクネスまじエロネス「この素晴らしい世界に祝福を! 10 ギャンブル・スクランブル」

妹系王女のアイリスが婚約者の隣国王子の元に支援交渉しに行くというので、
護衛任務を請けることになったカズマと愉快な仲間たち。
妹に悪い虫をつくのは許さないカズマは婚約解消を前提に動くが、
問題は対魔王軍の金銭追加支援を受けられるかどうかで…

運だけは良いカズマとカジノの組み合わせとかチートすぎると思ってましたー!
そしてアクアが小遣いを全額するところまで予想通りでしたー!
というか黒幕も凄くわかりやすくて、そこら辺は相変わらずでしたね。
このラノベはダクネスへのセクハラとカズマさんのクズっぷり出来ているから問題ないよね。

今回はアイリス回だと思っていただけに、
ダクネスへの怒涛のセクハラはちょっぴり予想外でしたが面白かったです。
というかダクネスはちょっとエロネスすぎるというか、
正直、カズマさんよりも性欲が強すぎるんじゃないかと思うの。
これ、もし一線を超えたら毎晩迫ってきそうだよね…

もちろんアイリスも見せ場が多かったですね。
主に戦闘場面で…
むしろ戦闘の9割以上がアイリスだったというか。
強いのは判ってましたが強すぎでしょう。
これ、カズマさんが魔王を倒す必要あるのかしら。

めぐみんの出番というか活躍は少なかったけど、
それでもゆんゆんよりマシだと思うの。
テレポートですらも出番がないとは…
ゆんゆん… 可哀想な子…

:: 2016/8/3 水曜日::

■[ラノベ]この愛らしいめぐみんにラブコメを!「この素晴らしい世界に祝福を! 9 紅の宿命」

お金に余裕ができたのでひたすら自堕落で退廃的な生活をしているカズマは、
ダクネス相手に緊縛&おしっこ我慢プレイをしたりしていたが、
魔王軍は果敢に攻め立ててきて王都近郊の砦は陥落寸前の状態に。
しかもその元凶である魔王軍幹部は邪神ウォルバクと名乗っており、
どうやらそれはめぐみんとゆんゆんに因縁がある相手のようで…

めぐみんが主人公のスピンオフを読んでると更に面白くなりそうなんだけど、
実は読んでない私は普通に楽しんだのであります。
まぁ、いつも通りに読んでて楽しかったんですけどね!
ただ、DVD付き限定版のOVAはかなりエロコメだったみたいなので、
それを買えなかったのは残念でしたが…!

しかしめぐみんがラブコメヒロイン度を高めてきましたが、
私は一線を超えても一向にかまわないので是非そのままGOして欲しいところです!
大丈夫、一線を超えているライトノベルはいっぱいあるから! いや、マジで!
カズマさんも軽いセクハラばかりじゃなく、超えてみようぜ!
いや、軽いセクハラネタも好きなんですけども!
それはそれ、これはこれですよ。

それにしてもアクアは役に立つのか役に立たないのか微妙なポジションだなぁ。(笑
補修隊長として役に立つのは凄いけど、外壁を半壊させた元凶でもあるし…
ドラゴンゾンビ相手にも元凶であり、寝坊して被害が拡大したのもアクアのせいなんだけど…
なんだろう、とてもマッチポンプに思えるな…(笑

めぐみんがラブコメヒロインとして頭角を現しはじめたので、
せめてダクネスにはもう少し頑張って欲しいんだけど、
イロモノヒロインとしてばかり目立ってきているのはどうなんだろうと思わなくもないです。(笑
次回は久しぶりに妹属性のアイリスが出てくるみたいだけど、どうなるんでしょうね。
取り敢えずダクネスがまた気苦労を背負い込むことにはなると思います。

:: 2016/5/23 月曜日::

■[ラノベ]純なブライド「この素晴らしい世界に祝福を! 7 億千万の花嫁」

王城から戻って、またアホな日常が戻ってきたカズマたち。
しかしある日ダクネスが10億エリスという大物賞金首のヒュドラを倒すことに躍起になり、
カズマがまた死んだりしながら、多くの冒険者仲間と共闘して倒して一段落かと思ったら、
唐突にパーティーを抜けるという手紙を残していなくなることに。
どうやらその理由は変態領主への借金の返済のために嫁に行くということで…

おいおいダクネスってばヒロイン度高めてきたじゃないですか。
処女のくせに夜な夜なナニかをしているだけありますな!
身体だけはエロい上にドMなダクネスは本気出せばやれる子ですね!
腹筋さえ割れてなければいけるとこまでいっていたんだろうなぁ。(笑

それにしても結婚式に乱入して花嫁を掻っ攫うとか、
イベントとして定番ながら細かいところはカズマらしさ満載でしたね。
というかダクネスはあんなド変態な恍惚顔を衆人の前で晒したからには、
もうカズマ以外ダメだと思うんだ。
前回はちょっと貴族令嬢としてまともっぽいところがあると思ってたのに、
やっぱりダクネスは変態だなぁ。

それにしてもアルダープのおっさんの因果応報な最期は清々したけれど、
それによって悪魔の能力が解除されて影響が明るみになり、
カズマたちが街の修繕費を払った理由が洗脳みたいなものだったのに驚きました。
流石は異世界、自己責任の範囲が広いなぁ、と思ってたんですが悪魔の能力だったとは…
単に後付け設定な気がしないでもないですけどね。(笑

個人的に今回一番注目したのはエピローグでのダクネスとめぐみんの修羅場バトルですね。
いやー、ラブコメってのは本当に良いですねぇ。
今後ももっとキャットファイトをしたら良いと思います!

HTML convert time: 0.927 sec. Powered by WordPress