りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2013/8/27 火曜日::

■[漫画]とある少女の心理掌握「とある科学の超電磁砲」9巻

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (9) (電撃コミックス)
著者/訳者:冬川基
出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-08-27 )
コミック ( 242 ページ )

アニメ2期が絶賛放映中の「とある科学の超電磁砲」9巻が発売!
アニメでは序盤に登場しただけの食蜂操祈ですがこの9巻では出ずっぱりです!
彼女が何を考え、どういった計画で動いているのかが判るだけではなく、
その心の内側が伝わってくる食蜂操祈ファン必読の1冊です。

8巻の時点でどうも食蜂操祈だけじゃない勢力が動いているっぽいと思ってましたが、
まさかアニメも含めて色々と暗躍していた木原幻生が『メンバー』を使って介入していたとは…
というか木原幻生って木原一族の中でも妖怪ジジイっぷりが飛び抜けてると思ってましたけど、
この老獪な悪意の塊っぷりはFate/stay nightの間桐臓硯を思い出しますね。
早く死なないかなこのジジイ…

逆に株を上げたのが食蜂さんですよね!
『妹達』を攫っていたのではなく逆に保護していただけでなく、
黒子たちの事もむしろ危険から遠ざけるための処置だったとはなぁ。
まぁ、なんでそんなに美琴たちに気を遣っているのかも物語中で語られる訳なんですが、
『心理掌握』なんてエグい能力に先入観があっただけに予想以上に良い子で驚きましたよ。

というかですね、食蜂さんは見た目(おっぱい)からして中学生に見えなかったけど、
この9巻を読んで確信しましたね! 間違いなくこの子は中学生の女の子だと!
数年前、研究所で僅かな期間だけ一緒に過ごした『妹達』0号との友情が根底にあって動いてるとか、
すっごく少女らしくて可愛いらしいじゃないですか。

そして今まで『心理掌握』の能力があったからそんな経験が無かったんでしょうけど、
自分の欠点(運動音痴)を指摘されたらムキになったら怒るとか子供っぽくて可愛いんですよねー

railgun09_01

しかもその指摘されて怒る相手が0号とオリジナルという所が、
何か美琴との縁が感じられてどこか微笑ましいです。
美琴とは仲良く喧嘩する間柄って雰囲気が感じられて実に良いですね。

しかし事件は微笑ましいとは言えない様相を呈してきている訳で…
正直言ってかなりのピンチなんですけど、
学園都市には美少女がピンチになったら駆けつけてくれるヒーローが居ますからね!
前日に面倒な事件を解決したばかりだというのに、
またもやこんな事件に巻き込まれていたとはなぁ…
上条さんなら…、上条さんならきっと何とかしてくれる…!

ちなみにこの続きは本日発売の電撃大王10月号で読めます。
電撃大王 2013年 10月号 [雑誌]

食蜂さんのとろける笑顔がメチャクチャ可愛いので見逃しちゃダメなんだゾ!

:: 2012/11/5 月曜日::

■[漫画]常盤台JCたちの活躍「とある科学の超電磁砲」8巻

とある科学の超電磁砲 08―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)
著者/訳者:鎌池 和馬
出版社:アスキー・メディアワークス( 2012-10-27 )
コミック ( 236 ページ )

アニメ2期も決まり、新たな一歩を踏み出した「とある科学の超電磁砲」8巻は、
単行本装丁のデザイナーも変わり、表紙の彩色もキチロクさんが担当されて本当に心機一転という感じに。
食蜂操祈の不敵な存在感と、今回孤軍奮闘にならざるを得ない美琴の心が滲み出ているようです。
そして、それでも支えてくれる友人たちのありがたさも伝わってくるかのようですね。

さて、一大イベントである大覇星祭が始まった学園都市!
原作では上条さんとのラブコメ的な約束や萌えイベントしか見えなかった美琴なんですが、
上条さんが魔術サイドからの攻撃を防ごうと奮闘し、
とばっちりで姫神が死にかけている裏側で美琴も大変な目に遭っていたとは…
学園都市はマジで危険すぎるな…!

7巻では割りとおマヌケなトコを見せていた食蜂操祈だけど、
美琴本人には能力が効かないなら、周りを操作すれば良いじゃない、
というコトで黒子たちの記憶を操作して美琴を忘れさせて孤立させるとかマジでエグいですね!
「うしおととら」の白面の者に記憶を消された麻子を見た時の絶望感を思い出されて、
うしとらのトラウマ持ちとしてはかなり心がエグられましたねー…

しかし、うしとらで鷹取さんが居たように美琴にもまだ味方は居ます。
多分食蜂操祈にとってはノーマークなだけだったんだろうけど、
ここに来て婚后さんが頼れるキャラになろうとは…!
登場初期は単なるネタキャラだと思っててすみません。
エピソードが追加された時も巨乳枠が増えたとしか思って無くて本当にすみませんでした。
いえ、今回も中学生にしては充分素敵なモノをお持ちであることを遺憾なく発揮されておりましたが!

巨乳JC婚后さん

そして婚后さんだけでなく、湾内さんと泡浮さんもまさかの活躍!
ケンカもしたことがないと言っていた二人が友人を傷つけられたから怒り、
下衆な暗部組織「メンバー」の馬場と渡り合うとか、
少年漫画の王道展開で女子中学生たちが主役なのにかなり熱い展開でしたね!

それにしても「メンバー」を使うだけでなく、自身の能力を大っぴらに使ってまで、
シスターズを誘拐した食蜂操祈の思惑がまだよく分からないんだよなぁ…
もしかしてシスターズは偶発的に誘拐しただけで、本来のターゲットは美琴なのかもしれないし。
そもそもこの事件に絡んでいるのが食蜂操祈だけとは思えない複雑さが匂ってきてるので、
今後の展開にも目が離せませんですよ。

それと余談ですが、今回MGP(MostゲスPlayer)だった馬場くんですが、
原作でも出番が殆どなかったのでその存在を割りと本気で忘れてまして、
思い出すのにかなり時間が掛かりました。(笑
まぁ、小者ですし! 仕方ないよね!

:: 2011/12/17 土曜日::

■[漫画]ゲストイラストにカトゆーさん登場!「とある科学の超電磁砲」7巻

とある科学の超電磁砲 7―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)
著者/訳者:鎌池 和馬
出版社:アスキー・メディアワークス( 2011-12-17 )
コミック ( ページ )

初っ端からクライマックス!

一方通行 vs 幻想殺しの大一番が7巻序盤から描かれている訳なんですが、
やはり何度見てもこのバトルは盛り上がりますねー
シスターズの前に庇うように立ちはだかる御坂さんも格好いいけど、
やっぱり不屈のヒーロー、上条さんが最高ですよ!
御坂視点で見ると本当にヒーローしてるのが判りますね。
そりゃ惚れるわと。

一方通行の心の内側もちょっと見えたりした戦いでしたが、
ラブコメ好きとしてはその後の展開がまた垂涎モノでして!
上条さんのお見舞いに御坂が来る原作通りの展開から更に発展して、
上条さんのリクエストに応えて手作りクッキーを佐天さんに協力して貰って作る御坂さん可愛い!
その時の様子が表紙の御坂さんな訳ですが…
いやー、この時のラブコメっぷりを見てると頬の緩みが止まりませんな!
佐天さんも良い味出してるし最高ですよ。

そしてその後はアニメで出てきた中学生にしては巨乳の婚后光子さんが登場。
お嬢様なキャラだとは思ってましたが、案外素直というか。
変にスレてなくて、ちょっと勘違いが激しいだけなだけで普通に可愛いですね!
大覇星祭での御坂さんとの二人三脚でのトラブル対応は息が合ってて良かったですよ。
肩を抱かれるトコが個人的にベストショットだと思います!

また、遂に原作より先に描かれることになった第五位、食蜂操祈!
他人をコントロールするそのエグい能力に中学生にしては大きな胸!
振る舞いも優雅でありながら意外と御坂さんに対抗心持ってたりする彼女ですが、
今の所は顔見せくらいの出番しかないですが、次巻以降でメインになるのかな?
御坂さんや婚后さん共々、食蜂さんの今後の活躍に期待です。

ちなみに巻末には恒例のゲストイラストがあるんですが、
松竜さんブリキさんという大人気イラストレーターに挟まれる形でなんとカトゆーさんが参加!

カトゆーさん

カトゆーさん、今度サイン下さい。(笑

:: 2011/2/27 日曜日::

■[漫画]上条さんマジヒーロー「とある科学の超電磁砲」6巻

とある科学の超電磁砲 6―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)
著者/訳者:鎌池 和馬
出版社:アスキー・メディアワークス( 2011-02-26 )
コミック ( ページ )

妹達(シスターズ)編に入り、前巻では御坂美琴vs麦野沈利という、
原作では見ることが出来なかった対戦も見ることが出来るという、
望外の面白さがありましたが、今回はほぼ原作の流れ通りになっています。

それによって原作既読組にとっての面白さが減じるかというと、
全然そんなことはなく、むしろ知っているからこそのワクワク感が半端無いです。
美琴がどんなに足掻いても好転することがない状況の中、
絶望に打ち拉がれている美琴の前に立ちはだかる上条さんのヒーローっぷりが半端無いのです!

何度倒れても交わした約束の為に立ち上がり前に進む究極のお人好し。
学園最強、ムカツキ度120%の一方通行を相手に啖呵を切り、
何度も致命的な攻撃を受けながらも立ち上がり、遂には右手をぶちかます上条さんマジかっけー!
そりゃ美琴も惚れるのも仕方ないと言えるヒーローさで、
少なくともこの6巻では上条さんが主人公だと思わされます。

美琴視点の物語だからこそ見ることが出来る、御坂美琴の絶望と、
客観的な視点で見える上条さんのヒーローさが本当に際立つ6巻でした。
終わりが丁度良い所で終わっているので中々ヤキモキさせられますが、
妹達(シスターズ)編が終わっても続くことが分かりもするので、
これはこれで有りと考えて素直に続きを待つのが良いかなー、と思います。

HTML convert time: 1.141 sec. Powered by WordPress