りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2015/7/14 火曜日::

■[漫画]中年少女まじかる☆あかりんに春到来…!?「実は私は」12巻

実は私は 12 (少年チャンピオン・コミックス)
著者/訳者:増田英二
出版社:秋田書店( 2015-07-08 )

Kindle版:[まとめ買い] 実は私は

ついに今月からTVアニメ放映開始…!
まぁ、私は仕事が多忙すぎてまだ見ることができてないんですけどね…!
ほぼ毎日の深夜残業とかツラすぎるんじゃよー…

そんな辛い日々を笑って過ごせるようにしてくれるのがこの「実は私は」です。
怒涛のごとく押し寄せてくるギャグの数々に笑わされるし、
白神さんと黒峰くんの初デートのイチャラブ空間にはニヤニヤさせられますよ!
くそぅ! なんだよ! 案外手作り弁当とか女子力高いじゃないか!
クールビューティー(笑)のくせして!
まぁ、水族館では残念っぷりを発揮しまくりだったけどね!

そして主人公カップル以外でもカップリングがあって中々に良いですね。
とはいえ、まさか独身のあかりんにも想ってくれる男が居たとはなぁ…
ずっと独身のままかと思っていただけにビックリですよ。
まぁ、読者以上に校長がビックリしているようですが。
うーん、白神パパに負けず劣らず過保護だなぁ、校長。

他にも白神さんが吸血衝動に目覚めそうなフラグだったり、
岡とみかんの一方通行なラブコメだったり、
獅穂さんが羽根で恥じらいなアレコレだったりと、
色々と見所が満載な12巻でした。
TVアニメはどこまでやるのかわからないけれど、
とりあえずは読者が増えれば嬉しいですね。

:: 2015/4/12 日曜日::

■[漫画]親父さんは心配性「実は私は」11巻

実は私は 11 (少年チャンピオン・コミックス)
著者/訳者:増田英二
出版社:秋田書店( 2015-04-08 )

Kindle版:実は私は (1)
Kindle版:実は私は (2)
Kindle版:実は私は (3)

Kindle版:実は私は (9)
Kindle版:実は私は (10)
Kindle版:実は私は (11)

TVアニメ『実は私は』公式サイト

まるで2000年代の萌えアニメのような作画になってて驚きましたが、
確かに萌え萌え作画でこの作品特有のギャグを組み合わせれば、
物凄いギャップが生まれて笑いが一段高いステージに行きそうな気がしないでもない。
しかし… チャンピオン臭さがすこぶるデトックスされておる喃…

10巻で白神さんと黒峰くんの二人が付き合うことになったんだけど、
その割りを食うのが黒峰くんに思いを寄せる女子たちなわけで。
その筆頭である委員長が白神さんとの仲を修復するイベントがあったのは、
イイハナシダナー、という感じなんですけど、
そこにまで容赦なくギャグをぶち込んでくるあたり流石だな、と。
お尻ペンペンされるから美尻になろうとか、
委員長の星の人たちは総じてアレすぎる…(笑

そしてこの11巻で一番の見所はやはりアレでしょうね。
新学年で登場する新キャラの副担任の緑苑坂弓先生!
一瞬でも古風な和服姿でクールビューティーだと思ってしまった自分を許せない…!
くそぅ…! この漫画は「実は私は」だと判っていたはずだったのに…!
何故私は黒峰くんとのラブコメ要員が増えるかもだなんて期待してしまったんだ…!

結果として白神さんと黒峰くんのイチャラブ成分は減ったけど、
まぁ、そこは「実は私は」だからなぁ、と無駄に納得していたりします。
まだまだおぼこな二人は下校時にちょっと赤面するだけで充分頑張ってるんだよ…!
これは… セカンドキスまで遠そうだなぁ…(笑

:: 2014/12/12 金曜日::

■[漫画]委員長のターン!「実は私は」9巻

実は私は 9 (少年チャンピオン・コミックス)
著者/訳者:増田 英二
出版社:秋田書店( 2014-12-08 )

Kindle版:実は私は (1)
Kindle版:実は私は (2)
Kindle版:実は私は (3)

Kindle版:実は私は (7)
Kindle版:実は私は (8)
Kindle版:実は私は (9)

朝陽への想いが溢れ出して思わずキスしちゃった白神さん。
しかしそこから素直にラブに行くかというかとそうは問屋が卸さない。
女の子同士の宣戦布告合戦があったと思いきや、
いきなりみかんへの福の神が多数舞い降りる展開だったりと、
ラブとコメディのミルフィーユ仕立てっぷりが凄い。
これでこそ「実は私は」だよなぁ。

そのコメディの極地が帯にもなっているメイドあかりん回でしょう。
まさかの花嫁修業でのメイド喫茶勤務する高校教師がいようとは…(笑
特に朝陽の「御自らのご意志でしたか!!」という台詞は、
この作品でも屈指の笑えるモノだと思います。
しかし、巻末描き下ろしにまでメイドあかりんが出てくるとは…
想像以上に人気だったのか、ただの作者の趣味なのか…
そこの判別は難しいな…

そしてラブ展開ですが、今回は委員長が頑張ってましたね。
対抗してみかんも気張ってたので二人の恋の鞘当て…
というにはちょっとコメディ色が強かったけど、
何にしてもメインヒロインを放っておいて良いラブ寄せでしたよ。
修学旅行というシチュエーションが良いスパイスになっていたと思います。

頭が光りまくりの委員長がどういった行動に出るのか
それに対して白神さんがどういったリアクションを取るのか。
今から10巻が楽しみですね!

:: 2014/9/11 木曜日::

■[漫画]キマシタワー!「実は私は」8巻

実は私は 8 (少年チャンピオン・コミックス)
著者/訳者:増田 英二
出版社:秋田書店( 2014-09-08 )

Kindle版:実は私は (1)
Kindle版:実は私は (2)
Kindle版:実は私は (3)
Kindle版:実は私は (4)
Kindle版:実は私は (5)
Kindle版:実は私は (6)
Kindle版:実は私は (7)
Kindle版:実は私は (8)

キマシ!
キマシタワー!

まさかこの漫画でここまで剛速球のラブコメ展開を見ることになろうとは!
いや、一応この漫画はラブコメ漫画ではあるんですけどね!
どうしてもコメの方に力が入りすぎている傾向は否定出来ないので、
ここまでストレートな展開があるとは思いもよりませんでした。
しかもヒロインが白神だからなぁ…
あのアホの子がなぁ…

という訳で今回は最後の白神が全てを持っていった感がありますが、
それ以外のヒロインたちにももちろん見せ場がありましたよ。
まずは独身の紅本先生ですが、彼女が独身な理由がよく判りましたよね。
畏れを知らぬ校長が突っ込んでたけど、確かにこれは言われても仕方ないかと。

そして委員長の藍澤さんですが…
まさか校長のおかげで等身大になることが出来るとは…
これで子作りも万全じゃなかろうか。(ぇー
しかし触手にあんな機能があったとはなぁ。
ただの宇宙人としての記号だと思ってましたよ。(笑

それはそれとして、黒峰くんのアホな友人たちも面白かったです。
彼女が欲しすぎる嶋の憐れっぷりには涙を誘いましたが、
岡とみかんの関係性は中々にグッとくるものがありましたね。
いやー、あの岡がなぁ…
案外色んなトコで恋の気配ってのは隠れているものですね。
これは次回以降も楽しみです。

:: 2014/7/18 金曜日::

■[漫画]天使降臨!「実は私は」7巻

実は私は 7 (少年チャンピオン・コミックス)
著者/訳者:増田 英二
出版社:秋田書店( 2014-07-08 )

Kindle版:実は私は (1)
Kindle版:実は私は (2)
Kindle版:実は私は (3)
Kindle版:実は私は (4)
Kindle版:実は私は (5)
Kindle版:実は私は (6)
Kindle版:実は私は (7)

また残念な新キャラが登場したぞ!

登場する女の子の誰もがアホという斬新すぎるコメディ漫画ですが、
どの子も吸血鬼やら宇宙人やら宇宙人やらと人外だらけでしたけど、
ここにきてついに天使来ちゃいましたかー
どこに向かっていくんだこれ…(笑

それにしても7巻ともなるとキャラも成長してますね。
具体的に言うと黒峰くんのツッコミが力強くなったよーな。
もう、女物の下着をつけている獅狼が相手だろうと気後れもしてないな!
凄いぞ! 黒峰くん!
相変わらず痴女への耐性は低そうだけど!

痴女といえば残念女子たちの痴女対決は超笑っちゃいましたね!
紅本先生の痴女力の低さにはある意味戦慄しますし、
校長に関してはもう初めからわかりきってましたが、
白神も良い身体持ってるのにここまで残念だったとは…
いや、初めから変わってないかな、これ。

それにしても白神の親父さんの残念化も進んできたなぁ。(笑
運動会に出てきた時も大概アレでしたが、雪山で遭難した二人にカチコミかけたり、
黒峰くんを家に招いての人生ゲームとかもう色々と親バカすぎて…!
まぁ、それも娘が可愛いが故の親バカだからある意味可愛いといえなくも…
いや、あの身長だと可愛いと思うのは無理か…

それにしてもラブコメパートの破壊力はあるのに、
「はーとふる福の神」とか斜め上に飛ばし過ぎる話を入れてきたりと、
相変わらずぶっ飛んだコメディっぷりを見せてくれて楽しいです。
次の8巻も楽しみっすわー

:: 2014/5/10 土曜日::

■[漫画]脳天直撃! スコップガーン!「実は私は」6巻

実は私は 6 (少年チャンピオン・コミックス)
著者/訳者:増田 英二
出版社:秋田書店( 2014-05-08 )

Kindle版1巻:実は私は (1)
Kindle版2巻:実は私は (2)
Kindle版3巻:実は私は (3)
Kindle版4巻:実は私は (4)
Kindle版5巻:実は私は (5)
Kindle版6巻:実は私は (6)

ラブ:コメ比率が2:8

基本的に比率が変わることはないんですが、
今回に限っては比率が3:7くらいになってましたね!
未来でみかんに告白されて一念発起した朝陽が学園祭の後夜祭に、
白神に告白しようとする展開はラブいものがありましたよ!
まぁ、その流れが色々とコメディすぎましたが。

藍澤さんがテンパってしまったがための展開でしたが、
朝陽的にはご愁傷様というか何というか…
まぁ、無自覚とはいえ藍澤さんと学園祭デートしてましたからね!
それに対する対価がアレというのも等価交換になってない気がしないでもないですが。

それにしても白神のアホの子っぷりが無双してたなぁ…
いや、ある意味可愛らしいんですが。
まだまだ恋に対してはお子ちゃまな所が露呈しちゃったけど、
藍澤さんと二人で少しずつ成長していけば良いのではないかと。

ちなみに今回結構頑張ってたのは5巻に引き続きみかんでしたね。
朝陽を励ましに来た時の気合いの入りっぷりと空回りっぷりはコメディでしたけど、
何だかんだで恋するヒロインしていてニヤニヤ度が高かったです。

しかし折角のバレンタイン回を100%コメディで使い潰すとか、
ある意味贅沢だなぁ…(笑
それがこの作品らしいと言えばらしいんですけどね!
今後もこのテンションでいって欲しいトコであります。

HTML convert time: 0.881 sec. Powered by WordPress