りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2011/9/27 火曜日::

■[漫画]涼宮ハルヒちゃんの転校(ただし四月一日)「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」6巻

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 (6) (角川コミックス・エース 203-9)
著者/訳者:ぷよ
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2011-09-18 )
コミック ( 164 ページ )
作者サイト:TOPIA
作者twitter:ぷよ(puyotopia) on Twitter

ストーリー? 原作…?
そんなの知ったこっちゃないわね!

などとハルヒちゃんが言ったかどうか判りませんが、
原作の流れなんて相変わらず完全に無視し、
一話完結で前回の流れなんて完璧無視で、
その場のノリなだけのハルヒちゃんの珍道中は6巻になっても健在です。

夏から冬までの季節をカバーして、
国木田の女子用スク水から森さんの園児服まで網羅する。
そんな変態なんだけど微妙にエロいマニアさを見せてくれるのです。
というか国木田が原作に比べて壊れすぎてて怖い。(笑

しかしぷよさんの森さん好きは止まる所を知らないですね!
まぁ、冒頭の水着回で出番があったのは当然として、
SOS団プレゼンツな新サンタコスのモデルにされたり、
ついは園児服ですよ園児服!
なんかやたらと可愛かったから何かいかがわしいジャンルに慧眼しそうで怖い。

4月1日ネタでハルヒが転校する嘘をついて、
みんながノってSOS団で送別会をするとか最高にアホなことばかりやってましたが、
それにしても予想はしてましたが描き下ろしで確信しましたよ。
みくるちゃん…、素だったんだなぁ…

:: 2011/3/23 水曜日::

■[漫画]何故か楽しい。何かが楽しい。「日常」6巻

日常 (6) (角川コミックス・エース 181-7)
著者/訳者:あらゐ けいいち
出版社:角川グループパブリッシング( 2011-03-26 )
コミック ( ページ )
作者twitter:あらゐけいいち (himaraya) on Twitter

さてさて4月からアニメが放映される「日常」ですが、
はっきり言ってどこまで受けるのか皆目判らないです。
いくら京アニとはいえ、このエキセントリックなポストモダンギャグは、
何というかどう表現すれば良いのか判らない面白さですからね。
いや、かなり笑わせられますが、少なくとも萌えじゃないしなぁ。
あ、はかせと桜井先生は萌えかな。

萌え担当の東雲さんちのはかせですが、
今回はロボ娘ななのに興味津々な中村先生が家庭訪問に来て勝手にトラップに引っ掛かったり、
はかせがお菓子を欲しがって、何だかんだで最後はなのが甘えさせたり、
遊びに来た麻衣ちゃんとお絵描きして遊んだりと賑やかなりに楽しそうです。

で、桜井先生なんですが、かなりの天然っぷりで素直に可愛いんですよねー
喫茶店での頼み方の天然さがやたら可愛いし、
弟がエッチな本を持ってるのにアタフタしちゃうトコとか、
「日常」という作品では希有なほどに萌えでした。(笑

まぁ、基本は囲碁サッカー部の試合やウッドキューブのように全くの意味不明なギャグだったり、
ゆっこのちょっとした失敗が連続して思わず噴きだしてしまう笑いですからね。
そういった所がどこまで表現されてどう受けるのかがアニメでは気掛かりだったりします。
でもまぁ、何だかんだで楽しみなんですよね、実は。(笑

:: 2011/1/11 火曜日::

■[漫画]エロコメ街道一直線「かたぴら・おぺれった」2巻

かたぴら・おぺれった (2) (角川コミックス・エース 285-2)
著者/訳者:山田 馬也
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2010-12-25 )
コミック ( ページ )
作者サイト:◆RUBBISH選別隊◆

あらー、完結しちゃったかー

演劇部での部活動を描くはずが、演技の為だとおっぱい揉んだり、
肌が見えまくったりとエロコメ街道一直線に突き進んでいましたが、
残念ながらこの2巻で完結と相成りました。
うーん、変態百合娘が出てきたりとこれから更に面白くなりそうだっただけに残念だなぁ。

特に残念だったのはラブでコメり始めた矢先だったのはもちろんのこと、
唯一の男子部員である太一くんの男の娘っぷりを充分に堪能できなかったことも挙げられます。
男女役を逆転とする配役も良かったですが、
元より気弱な太一くんの女役がハマってて素晴らしかったのになぁ。
いやはや勿体ない。

演技一直線だった愛歌が偶然太一とキスしたことで男を意識するようになり、
急に恥じらいだした所はかなりグっと来ましたね。
やはりこういった恋の始まり的な場面は盛り上がりますよ。
まぁ、下半身丸出しで太一の顔面に乗っかった所も盛り上がりましたが。(ぉ

最近の少年エースはケロロのお陰で年齢層が下がっているのか、
かつてのようなエロモノが連載できないようになっているのかも知れませんね。
なら次はヤングエース辺りでお見かけできればと思います。
向こうでは同じくエロ漫画家の方も頑張っておられますしね!

:: 2010/12/6 月曜日::

■[漫画]ポニテ! ポニテ!「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」5巻

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 (5) (角川コミックス・エース 203-6)
著者/訳者:ぷよ
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2010-11-26 )
コミック ( ページ )
作者サイト:TOPIA
作者twitter:ぷよ(H5、Y2、11/26発売) (puyotopia) on Twitter

私がキョンと意気投合できる点は「ポニテ好き」という所です。
キョンの執拗なまでに主張するポニテ好きには大変共感いたしますですよ。
えぇ、私もポニテが大好きですよ、勿論!
そしてポニテにすることで耳まで真っ赤になるハルヒが最高に可愛い。
いつもとのギャップがありますしね!

原作のハルヒは一体いつになったら新刊が出るのか皆目判りませんが、
長門有希ちゃんと同じく、ハルヒちゃんの方は快調です。
というかハルヒちゃんのノンストップな暴走が炸裂し、
今日も今日とて訳のわからない面白さが溢れています。

特に5巻後半で古泉の代役として登場した新川さんの意味不明さが凄い!
凄いんだけど意味不明というか、意味不明なんだけど凄いというか!
キョンのツッコミスキルすら介入させる余地を与えず、
類い希な人徳を誇る新川さんマジすげぇえええ!

そして大人バージョンなみくるちゃんが出てくる訳だけど、
様々なアングルとか谷間とかメイド服とか色んな魅力的な面を見せながら、
結局の所、ドジっ娘だということで宜しいのでしょうか。(笑
いやー、それにしてもホント… よく判らないけど面白いなー…

:: 2010/1/5 火曜日::

■[漫画]ラブコメは素晴らしい「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」4巻

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 (4)
著者/訳者:ぷよ
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2009-12-26 )
定価:¥ 588
Amazon価格:¥ 588
コミック ( ページ )
ISBN-10 : 4047153524
ISBN-13 : 9784047153523
作者サイト:TOPIA仮設五号機

作者であるぷよさんの好みを120%反映しちゃったハルヒちゃんの4冊目。
どこがぷよさんの好みかというと表紙にも裏表紙にも森さんが出てきてる上に、
裏表紙どころか本編でも年甲斐もなく最大限の恥じらいをもってハルヒのコスプレをし、
あちゃくらさんが何となく真希波っぽかったり、ハルヒが忍野メメっぽい台詞を言ったり、
随所に見受けられる箇所だったりします。

しかしそれが悪いかというとそんなことはなく、むしろそれが良い感じというか、
そもそもこの作品自体がハルヒと関係あるけど関係ない突拍子のない所が面白い訳でありまして。
何か自分で書いてて判らなくなってきましたが、
兎にも角にも細かいことを気にせず、ノリで楽しめば良いと思います!(ぉ

具体的にはハルヒとキョンが罰ゲームでラブラブデートをする回ですね。
長門さんも言ってますが、ラブコメは素晴らしいですよ。
演技の外に見えるラブコメが特に極上の輝きを放っており、
正直この作品で初めてハルヒに萌えたかもしれません。(笑

それにしても森さんは可愛いですね。
何かぷよさんの罠にハマっている気がしないでもないですが、
ハルヒちゃんを読んでいると森さんが凄く萌えキャラな気がしてきます。
森さんのコスプレ写真とか素晴らしいと思うのですがどうか。

:: 2009/7/9 木曜日::

■[漫画]キミドリさんがキモ可愛い「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 (3) 超限定版よっ!」

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 (3) 超限定版よっ!
著者/訳者:ぷよ
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2009-07 )
定価:¥ 1,680
コミック
ISBN-10 : 404715198X
ISBN-13 : 9784047151987
作者サイト:TOPIA

今年の2月からYouTubeでアニメ化されたハルヒちゃんの3巻ですが、
限定版が先行販売され、通常版は今月下旬発売となります。
あざとい…、とらドラ!の時といい流石角川グループはあざとい…

限定版のメインはやはりハルヒちゃんバージョンの長門ねんどろぷち。
うさみみヘッドフォンは当然として、キミドリさんも付いてくる!
…でも、アニメで声優が白石稔だったせいで私内部でキミドリさんの評価が、
カワイイからキモカワイイにクラスチェンジしているのであった。
あ、長門は勿論昔から最高に可愛いですよ?
当然じゃないですか!

また、限定版特典として描き下ろし冊子「古泉一樹の過去」が付属。
3年前、初めて自身の能力を自覚した古泉が閉鎖空間で体験した場面なんですが、
古泉がメインというより森さんの良いトコ取りな内容です。(笑
本編での登場頻度といい、ぷよさんはホントに森さん好きだなぁ。

本編ですが、やはり一番インパクトがあるのは巻頭カラーのみくるちゃん(大)ですね。
消失長門スキーとしては続いて欲しかったので気持ちは判るんですが、
みくるちゃんが自重せず出まくりなのには驚いたというか何というか。
高校生の頃はぴぃぴぃ泣いて、よちよち歩いてたのに…
やっぱりハルヒちゃんと関わったのが原因なのでしょうか。
罪深いね、ハルヒちゃん…

他にも本編のことについて語りたいのは山々なんですが、
通常版が出ていない現時点で余り多くを語るのは気が引けるので控えておくことにします。
取りあえず、森さんと鶴屋さんの活躍はいつも通りだとだけ述べておきます。(笑

HTML convert time: 0.616 sec. Powered by WordPress