りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2012/2/3 金曜日::

■[ラノベ]あなたの魂、How much?「小夜音はあくまで小悪魔です!?」1巻

あの名高い悪魔、メフィストフェレスを祖母に持つ新人営業悪魔の小夜音が、
初めての営業先、初めての契約相手である一崎嶽人は両親の遺産を守るため、
数々の泥棒やセールスマンを撃退してきた本物の自宅警備員だった…!

という訳で東出祐一郎さんの講談社ラノベ文庫での新作は、
可愛い小悪魔が出てくる萌え要素アリの内容です。
とはいえ細かいところに銃器関連の要素がマニアックに散りばめられてたり、
イラストレーターがビっ子さんで有名な吉田音さんだったりするのが、
何とも東出祐一郎さんらしいなぁ、と思います。

悪魔の方が誠実に営業して、天使の方が騙して唆す手法を使うとかは、
何とも現代らしい解釈だと思います。
しかし言葉とそれを用いたコミュニケーションが大事だと言い、
それには共感するのですが最後は天使とバトる展開になるとは、
何ともラノベ業界というのは世知辛い現場だなぁ、と。(笑
まぁ、言っても聞かない悪い子は叩いてでも云々とプリティーサミーも言ってたもんね!
やはり最後は肉体言語で!

言葉を用いたコミュニケーションの話といい、
全体的に中高生にこそ読んで欲しい内容でしたね。
まぁ、ラノベ文庫という名前からして間違ってないですし。
問題があるとすれば講談社ラノベ文庫がどこまで中高生に認知されてるかだけど…
実際どうなんでしょうね…(笑

:: 2012/1/23 月曜日::

■[ラノベ]ローマの一番長い一日「ケモノガリ」4巻

ケモノガリ4 (ガガガ文庫)
著者/訳者:東出 祐一郎
出版社:小学館( 2012-01-18 )
文庫 ( 280 ページ )
作者サイト:From dusk till dawn of the dead – livedoor Blog(ブログ)
作者twitter:東出祐一郎 (Higashide_Yu) on Twitter

ケモノガリの次の標的は教皇選挙で次期最有力候補のヴァレリオ。
現在のローマ教皇が病に伏している中、
一刻の猶予もない楼樹たちはローマに潜伏しているが、
当然アストライアはそれもお見通しで、
クラブ主催のゲームを持ちかけてくる。
楼樹が決して断れないようにあやなという人質を持って…

という訳で久しぶりにあやながメインヒロインとして復帰。
まぁ、今まで見逃されていたのが不思議だった彼女ですが、
あのケモノガリな楼樹と相思相愛なだけあってどこかおかしくて、
でもそこが魅力だと思うんですよね。

今回はローマ全域を舞台にして容赦なく剛毅果断にクラブが仕掛ける訳ですが、
相変わらず凄いギミック付きの娯楽提供者が外連味溢れまくってカッケーです。
もちろんそれを次々と狩っていく楼樹やイヌガミにシャーリーはもっと凄いですが。
しかしシャーリーもシャーリーでやっぱり少しおかしいトコありますよね。
楼樹と一緒に行動している時点で判ってはいましたが…

しっかし良いトコで終わるなぁ。
謎が結構残ったまんまだし、次の戦いの絶望度が半端無いです。
それに表紙になっているシスター・セシリアもまだまだ活躍してないですし!
ヒロインであるあやながどうなるのか気になるしで早く続きを読みたいですよ。
早く5巻出ろー

:: 2011/2/19 土曜日::

■[ラノベ]殺人鬼たちの饗宴「ケモノガリ」3巻

ケモノガリ 3 (ガガガ文庫)
著者/訳者:東出 祐一郎
出版社:小学館( 2011-02-18 )
文庫 ( 312 ページ )
作者サイト:From dusk till dawn of the dead – livedoor Blog(ブログ)
作者twitter:東出祐一郎 (Higashide_Yu) on Twitter

自称CIAのシャーリーを旅の道連れとして人狩り”クラブ”を狩るケモノガリ赤神楼樹。
今度のターゲットは”クラブ”創設の地と目されるドイツに立つ「苦痛の城」に住む、
マクシミリアン・ルートヴィヒ伯爵。
しかし、今回の難敵は殺人鬼ではなく人でもなく、何と獣…!

冒頭のシャーリーの挿し絵を見て真っ先に思ったのが峰不二子ですが、
不二子ちゃんみたいな悪女ではなく、結構役立ってるシャーリー
むしろ巻を追う事にヒロイン不足に陥る本作においては、
結構重要な役回りをやってくれてるように思えます。

しかし金と権力がある”クラブ”の会員だけど今回は殊更に狂ってる敵でした…
マッドサイエンティストという訳ではなく、一定の目標がある伯爵の、
想像を絶するクレイジーな実験によって生み出された獣たちを相手に、
そして”クラブ”調停者のアストライアを相手にケモノガリが挑む!

いやー、萌えとかほぼ0でアクションシーンで、
萌えラブコメばかり読んでいる私としては珍しいチョイスなんだけど、
やっぱりこの手の作品も面白いんですよね。
今回の引きでまだまだ続きそうな感じですし続きも読んでいきたいですよ。

まぁ、多少は萌えヒロインが出ても良い気がしますけどね…!

HTML convert time: 0.526 sec. Powered by WordPress