りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2017/7/24 月曜日::

■[漫画]暴れん坊エルフ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー」2巻

卑怯な手段で売られた市井の娘を救うため、
迷宮都市で最大の賭場グラン・カジノに潜入したリューと付添いのシル。
偶然悪友に連れられてカジノに来ていたベルの【幸運】アビリティのお陰もあり、
荒稼ぎすることで元凶である男と対面することができたけれど…

実は私は、時代劇が結構好きなんですよね。
特に亡き祖父と一緒に見ていた暴れん坊将軍とか大好きでして。
悪逆非道な輩を前に「余の顔を見忘れたか」と見得を切った後に、
配下の切られ役たちとの殺陣とか大好物なのです。

いきなり何故そんなことを言い出したかというと、
この2巻におけるリューさんは正に暴れん坊将軍なのです!

シルさんによる内助の功(?)のお陰で正攻法で勝っただけでなく、
それを暴力によって反故にしようとする悪漢を相手に、
男装に隠した正体を見せつけるとかリューさん格好良すぎる…!

今まで散々悪辣な顔を見せていた悪役のテッドが、
かつて命乞いまでした相手だと気付いた時の狼狽する表情!
これこそが時代劇というエンターテイメントの醍醐味と言えましょう!
いや、この作品は時代劇ではないのですが!

このシーンを読んでる時は脳内では管楽器のあの音楽が鳴り響いてましたねー
あの音楽を聞くと「勝ったな」とか思ってしまうんだよなぁ。(笑
これはもうパブロフの犬状態。

それとポーカーをしている時のシルさんの表情とか、
とても怖いくらいに美しくて魅了されちゃいますよね。
リューさんの格好良さだけでなく、シルさんの美麗さも出ていて、
良いコミカライズだと思います。
3巻でのリューさんの殺陣も期待できますね!

:: 2017/3/21 火曜日::

■[漫画]麗しのリュー・リオン「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー」1巻

原作よりも先にコミカライズが発売という逆転現象が起こってますが、
試しに読み始めるにはそれはそれで有りかもしれませんね。
今シリーズのコミカライズ担当者は桃山ひなせさん。
リューさんの気高さと魅力を120%引き出せる漫画家さんです。
ホント、ダンまちはコミカライズ作家に恵まれてるよなぁ…(笑

まずは原作「グランカジノをぶっつぶせ!」のエピソードからということですが、
割りとサクサク進んでて前半どころか中盤まで進んでますね。
つまり、男装したリューさんとドレスアップしたシルさんが拝めるわけです。

おぉ… 麗しい…
いや、もちろんリューさんは女性としての美しさを持っているんですが、
怜悧とも受け取れる一面は男装するとより引き立つと言いましょうか。
それと、シルさんが普通におっぱい大きくてヤバい。
くぅ…! ヘスティア様といい、この作品はたわわな人が多すぎる…!

ダンまちシリーズを知っているともちろん楽しめますが、
初めてダンまちシリーズに触れる人のために冒頭に簡単な漫画もついてくるので、
ダンまちを読んだことがない人にも安心です。
まぁ、できれば本編やもう一つの外伝も読んで欲しいですけどね!
ラノベはハードルが高いという人にはコミカライズもオススメですよ!

それにしてもドレス姿のシルさんの艶っぽさも良かったけれど、
普通にウェイトレスしているリューさんも魅力的でしたね。
冒険も良いけど、日常ももうちょっと見てみたくなるんだよなぁ。
まぁ、それは4コマ漫画の方で堪能するしかないかな!
ちょぼら先生とは別の方の4コマで。(笑

HTML convert time: 0.698 sec. Powered by WordPress