ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2011/9/29 木曜日::

■[漫画]星間愛情物語「あかとき星レジデンス」

あかとき星レジデンス (電撃コミックス)
著者/訳者:犬上 すくね
出版社:アスキー・メディアワークス( 2011-09-27 )
コミック ( ページ )
作者サイト:docile -犬上すくねファンサイト-
作者twitter:犬上すくね (sukuneinugami) on Twitter

犬上すくねさんの新作とか電撃大王GENESISは的確に私を狙ってるとしか思えない。

恋愛漫画の伝道師と言われちゃったりする犬上すくねさんの新作は、
公団住宅「あかとき星レジデンス」に住む異星からの移住調査員たちが織り成す、
地球人との愛の絆のオムニバスストーリー
ちょっと不思議な要素を入れるのは昔からありましたが、
異星からっていうのは珍しいですね。
キャラクター原案を担当した「かしまし」以来じゃないでしょうか。

とはいえ異星云々はあまり物語的に重要な要素ではないんですよね。
確かに第1話の野見山夫妻の話では帰星することが物語の核になってますが、
それ以外の話だと異星からの調査員という主人公の自覚が表に出ているだけで。
一番重要なのは地球人との間にいつの間にか絆ができていて、
それを愛おしいという気持ちなのではないかと思います。

どの調査員もはじめは淡々としており、美形なのに薄味というか地味で。
でも、それがいつの間にか感情を顕にしていくのが微笑ましかったり切なかったりするんですよね。

野見山夫妻の夫婦の絆はどこか暖かく。
本田春乃はふとした事から同級生の依鈴勇悟に興味を持ち、
いつの間にか二人の仲が近づいていく若い青春の絆は微笑ましく。
羽取秋馬はその細君と出会い、そして永遠に会えなくなるも、
目を閉じると彼女のことばかりを思い出す絆には切なくなる…

そんな一人ひとりが違う絆の姿を見せてくれて面白かったです。
ちなみに最後の早川姉弟と磯山親子の家族ぐるみの話は、
描き下ろしの更に3年後な話が非常によかったです。
恋する小姑なまそらちゃん可愛い。(笑

:: 2011/7/27 水曜日::

■[漫画]哲平と知花ちゃんの新恋人days「ういういdays」10巻

ういういdays ⑩ (バンブーコミックス )
著者/訳者:犬上 すくね
出版社:竹書房( 2011-07-16 )
コミック ( ページ )
作者サイト:docile -犬上すくねファンサイト-
作者twitter:犬上すくね (sukuneinugami) on Twitter

前巻で遂に恋人同士になった哲平と知花ちゃんのカップルですが、
二人とも恋人初心者なもんだからタイトル通りに初々しくて、
妙子ちゃんと潮のカップルとはまたひと味違った新鮮さがありますよ。
恋人らしいこととはどういうことか悩むとか可愛すぎる!
しかし相談相手が妙子ちゃんというのはちょっと頼りないかも…
とか思ってしまいました。(笑

そんな初々しい知花ちゃんとまだキス未満な妙子ちゃん憧れの熟練(と思われている)薫子ちゃんですが、
今回はむしろそのお相手の朋人さんの行動こそが見所でしょう!
あとがきでベッタベタに拘ったと仰ってましたが、本当にベタで!(笑
いやー、正直読んでて身悶えしてしまいましたよ!
でもちょっぴり憧れてしまう、そんな男の浪漫。

そして仲良し6人組で一人だけ独り身なかずみ君ですが…
うん…、君の気持ちは良く判るよ…
大事な友だちだから祝福したいし、嬉しいけど、そこはかとない寂寥感も同時に感じる訳で。
私も高校時代に化学部に所属していただけにかずみ君に一番感情移入してしまうので、
かずみ君には幸せになって貰いたいわけですよ!
今回は若干片桐先生フラグが立ったと思うので、
卒業までに少しずつフラグを育てながら地道に頑張って欲しいですね!
何年も想い続けるってのは個人的に大好きなので諦めずにいて欲しいです。

この初々しいラブコメっぷりには本当に毎回楽しませて貰ってますが、
まさか真琴くんの再登場で小学生の恋心を読むことが出来るとは思いませんでしたよ。
あぁ…、確かに小学生の時の席替えは正に天国と地獄だったよなぁ…
格兄さんも言ってたけど、初恋が実ったって良いと思うので、
真琴くんにも頑張って欲しいところですね。

■[漫画]そして遂に事態は動く…!「恋愛ディストーション」5巻

恋愛ディストーション 5 (サンデーGXコミックス)
著者/訳者:犬上 すくね
出版社:小学館( 2011-07-19 )
コミック ( 208 ページ )
作者サイト:docile -犬上すくねファンサイト-
作者twitter:犬上すくね (sukuneinugami) on Twitter

遂に出ました! 新装版恋愛ディストーション第5巻!
旧版も5巻までで、旧版しか知らない人にも未読な話もあるんじゃないでしょうか。
しかし旧版は旧版で面白いというか、あとがき等ネタも多かったですし、
特に旧版のカバー下は必読でしたからね!
しかしあれから5年間、悶々とさせられるハメになるとは思ってもいませんでしが…

さてさて、クライマックスが近いといことで盛り上がって参りましたよー
大前田と棗の二人は喧嘩して仲直りしてと相変わらずなんですが、
涙を流す棗は何だかんだで可愛いと思うので、大前田じゃないけど惚れちゃいそうです。

しかしこの作品で一番惚れちゃいそうなのはやはりまほ先生なのです!
まほ先生に膝枕されて、更にお尻触られて求められたい!
そしてまほ先生に眼鏡を取って貰いたい!
私が一時期コンタクトだったのを眼鏡派になったのは間違いなくまほ先生のせいです。
江戸川は色々と悩んでるけど、それ含めても羨ましいですよ、まほ先生が恋人というのは。

そしてまほ先生の家族事情が明らかになった訳ですが、
双子の姉のなほと、その夫である政広さんの二人が出てきて…
あの1巻で江戸川が学生時代に善意で出したまほ先生の落とし物の手紙の存在が遂に明るみに!
足掛け10年以上の伏線がやっと回収されそうですよ!
くぅうー! 早くサンデーGX本誌の連載版で続きを読みたい!

それと我らが非モテ代表の山野辺にも遂に春が…!?
初期は好みが藤原紀香だったのに次に惚れた人が背が低かったからミクロ専に。
でも、相変わらず慣れない女性のスキンシップで簡単にコロリと気になってしまう様は、
何とも非モテな山野辺らしくてヒジョーに判るというか、共感してしまいますよ。
普段女性との接触が少ないだけに、ちょっと意味深な行動を取られるだけで、
色々と考えてしまって簡単に恋に堕ちてしまう。
そんな山野辺が私は大好きです。

それにしても次巻で遂に完結になるのでしょうか。
読み切り1話の頃から追いかけてる身としては感無量ですよ。
あぁ…、早く読みたい…!

:: 2011/6/22 水曜日::

■[漫画]祝! 連載再開決定!「恋愛ディストーション」4巻

恋愛ディストーション 4 (サンデーGXコミックス)
著者/訳者:犬上 すくね
出版社:小学館( 2011-06-17 )
コミック ( 200 ページ )
作者サイト:docile -犬上すくねファンサイト-
作者twitter:犬上すくね (sukuneinugami) on Twitter

喜ばしいニュースが入ってきましたよ!
いやー、連載再開を祈願していた同志な方々おめでとうございます!
そして私にもおめでとうと言いたい!
あ、ちなみにナタリーの記事中には1998年にアワーズLITEで連載開始となってますが、
本当はアワーズ本誌で開始しして、その後にLITE→MAY→プラスとなったんですよね。
本当に色々と変遷してきた作品ですよねー…
短期集中連載とのことですので、これを機に完結されることを願っております。

4冊目はメインの4人は脇役に廻って、4人の周辺の人たちの恋模様が描かれてます。
まずは前回から続いているまほ先生の今の生徒のお話。
江戸川とは正反対のガテン系青年の真っ向からの好意に対したまほ先生が可愛いのです。
やっぱり まほ先生が 一番可愛い。

まほ先生といえばスベスベマンジュウガニの回も面白かったですね。
私は某アフタヌーンの4コマ漫画で実在を知っていたので江戸川を笑っていられる立場でしたが、
普段のまほ先生を知っていると侮ってしまう気持ちも判らないではないです。
何かねー、まほ先生が可愛すぎるのがいけないのですよ。
年上なのに可愛いというギャップが萌えるのです!

そう言えば残り2人も年上の女性キャラですが、有元さんは流石の貫禄。
巨乳でレズの彼女を堕とそうという無謀キャラなタラシな漫画家小向井仁。
夢の中でチェーンソーでバラバラにやられながらもそれに興奮するとか、
小向井は剛の者にも程があるだろうと。
そして有元さんはそういうことをするキャラが似合いすぎだろうと。
さり気なくサクっと髪を切ってくれた一コマにはゾクゾク来ちゃいましたよ。
おかしい、私はMな訳ではないんだけど…

そしてもう一人はまほ先生とはまた違った可愛さを持つ機織紡さん。
大前田のバイト先に勤める事務員な彼女は大前田と同じく、恋人大好きな犬キャラ。
犬仲間の大前田と仲良くなり、一時変なことを口走りながらも、
結局の所は恋人が大好きなトコも可愛いですけど、
やはり何といっても個人的には大前田に謝ってるトコが最高に萌えだと言えましょう!
年上なのに素直に謝ってくるギャップが萌え萌えなのです!

しかし大前田…、紡さんをチョロいとか言ってるけど…
小向井に指摘されて棗に恋に堕ちるお前も充分チョロいと思うぞ…(笑

:: 2011/5/19 木曜日::

■[漫画]好きな娘とイチャイチャしたいなぁ…「恋愛ディストーション」3巻

恋愛ディストーション 3 (サンデーGXコミックス)
著者/訳者:犬上 すくね
出版社:小学館( 2011-05-19 )
コミック ( 192 ページ )
作者サイト:docile -犬上すくねファンサイト-
作者twitter:犬上すくね (sukuneinugami) on Twitter

一体何回読み返せば気が済むんだと、自分で自分に言いたくなるほど読んでるんですが、
やっぱり何度読んでも私の頬は緩みっぱなしで萌え転がらされ、
恋をしたくてたまらなくなるのです!

特に今回収録されている彼女イナイキャラの山野辺の話では彼に共感させられるんですよ!
そりゃーね、彼女が出来たらエロいこともしたいですよ! いい大人ですし!
でもねー、それ以前に好きな娘が出来て、恋して、恋人になって、イチャイチャしたいんですよ!
エロいことってのはその先にある結果であって、目的ではないんですよ!

恋という病気も重症になったら、そりゃー今回出てきた大前田みたいに情けないですよ。
でも! それでも! チャームの魔法に掛かってメロメロになりたい…!
そうだよ! 少なくとも学生の時に恋してた時は好きな子の仕草にキュンキュンしまくりだったし、
視界の中に姿がなかったらそれだけで寂しかったよ!
ホントに恋ってのは大変ですよ!

それでも、これだ! と思える好きな人が欲しいし、その人に恋したいんだよなぁ。
小向井みたいな肉食系でモテモテ人生ってのもそれはそれで良いんだろうけど、
やっぱり大前田は行き過ぎにしても、江戸川くらいには好きな人に恋したいんだよなぁ。
そしてストレス抱えた恋人に押し倒されて眼鏡を口で取られたいデス…!

ちなみに恋する男子っていえば、レズの有元さんの学生時代の元彼(未満?)の佐々木くんは結構好きです。
ああいう頑張ってる男の子ってのは「頑張れ!」って応援したくなるというか。
失恋にはなっちゃったけど、彼にはめげずに恋して幸せになって欲しいんですよね。

それと今回描き下ろしもあった、ちょっと太めな男性に対する言葉は「太っ腹」ってのも良いですが、
個人的には「恰幅が良い」ってのもアリなんじゃないかな、と思います。
まぁ、怠惰な生活のせいでみっともなく太ったのはで良いと思いますが。

:: 2011/4/23 土曜日::

■[漫画]まほ先生にお仕置きしたい…「恋愛ディストーション」2巻

恋愛ディストーション 2 (サンデーGXコミックス)
著者/訳者:犬上 すくね
出版社:小学館( 2011-04-19 )
コミック ( 192 ページ )
作者サイト:docile -犬上すくねファンサイト-
作者twitter:犬上すくね (sukuneinugami) on Twitter

新装版「恋愛ディストーション」の2巻が早くも発売!
しかも今回は旧版には未収録の棗と大前田の学生時代のエピソード「ピグメント」が収録され、
これが掲載されていたアワーズプラスを所持していない人には、
正に待望といった2巻だと言えましょう。

んで、この2巻では2組のカップルだけではなくて新キャラも出てきてます。
特に大前田と江戸川の共通の友人であり、彼女がいない山野辺が面白いキャラで…
歯医者で偶然出会った凄く背が低い女性に意識を持って行かれた山野辺の、
恋に堕ちてからのアレやコレが素晴らしく非モテで共感できるんですよねー
いやー、山野辺…、お前ってば良いキャラやでホンマ…

そして逆にモテキャラの新人漫画家な大前田の親友の小向井も出てきたりと、
周囲も賑やかになってきた訳なんですが、やはり中心は2組のカップルな訳で。
描き下ろし含めて、大前田の犬っぷりが微笑ましかったりしますが、
やはり個人的に一押しはまほ先生な訳ですよ!
放置プレイごっこという発想が即座に浮かぶまほ先生がボクは好きです。

まほ先生の学生時代の友人達との家飲みでもいじられてて、
ホントまほ先生ってばいじられキャラというか、お仕置きしたいキャラというか…
まほ先生を可愛がりながら、たまに天然な言動で振り回されたいわー
江戸川…、羨ましい子…!

HTML convert time: 0.868 sec. Powered by WordPress