りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2011/8/16 火曜日::

■[漫画]戦慄の綾崎ハーマイオニー「ハヤテのごとく!」29巻 「他人の画集」付限定版

ハヤテのごとく! 29 「他人の画集」付限定版 (少年サンデーコミックス)
著者/訳者:畑 健二郎
出版社:小学館( 2011-08-08 )
コミック ( 258 ページ )
作者twitter:畑健二郎 (hatakenjiro) は Twitter を利用しています

画集が付いてくる! しかも他人の!
ということで期待してたら何とハヤテのトレカのイラストを収録していた訳で。
いや、これはこれで大変嬉しいですよ、トレカ集めてなかったし。
でもね…、トレカだとあらきかなおさんがアーたん描いてないんですよ…!
いやもう、本当にそれだけが心残りです…

さてさて、29巻目となりましたがストーリーラインは色々振り幅はありながらも、
大筋はナギとルカの同人誌制作という方向に舵取りしている訳なんですが、
その中にハヤテが女装してルカを図らずも騙しているというエッセンスが加わることによって、
大変芳しい展開になっているのです!
というか、ハヤテがハム沢さんの服を着て、更に匂いを嗅ぐとか結構イイよね。(ぉ

まぁ、大筋と言ったようにそれ以外の展開も多々ある訳なんですが、
脈絡もなくマリアさんの入浴シーンが見開きでドドーンとあったりするのには驚きです。
個人的にはいいんちょさんこと泉の一人放課後ギャルゲイベントとかは、
泉の可愛さが良く出ていて萌えでしたね。
裏表紙カバー下にあるように、ハヤテが出て行ったらR-18なイベントが発生しそうでしたが、
それはそれでアリなんじゃないか、というか薄い本が出そうでしたよね!

幼女アーたんの可愛さや、恋する相手がハヤテなのに悩むヒナギクやらと、
女の子がひたすらに可愛い本作ですが、これからはルカの可愛さが前面に出るんじゃないかなー、と。
まぁ、それはそれとして咲夜はおっぱいがデカイなー、ステキだなー
と扉絵を見てしみじみと思った29巻でありました。(結論

:: 2011/5/18 水曜日::

■[漫画]助けて! 無敵のメイドスター!「ハヤテのごとく!」28巻

ハヤテのごとく! 28 (少年サンデーコミックス)
著者/訳者:畑 健二郎
出版社:小学館( 2011-05-17 )
コミック ( 192 ページ )
作者twitter:畑健二郎 (hatakenjiro) on Twitter

ネギまとコラボってて、単行本を並べると帯が繋がるだけではなく、
劇場版も同時上映というほど仲の良いハヤテとネギまですが、
たまには師匠の絶望先生を思い出してあげてください。(笑

さて、今回はナギ経営のアパートの住民が続々と増えてきて、
更に同人誌を作るべく、そしてライバルとなる作家のルカのお目見えな訳ですが、
その裏では綾崎ハーマイオニーがメイドスターとして活躍しまくりで、
相変わらずこの漫画はエッジ系だな、と思わされる次第であります。

3回目の人気投票結果が発表された回も収録されてるんですが、
圧倒的なまでのヒナギク人気と、それに次ぐアーたん人気というナギを喰いまくりの結果が凄い。(笑
アーたん派な私ですので、今回は僅かながらも再登場したのは嬉しかったです。
しかしロリアーたんか… 悪くはないんだけど物足りないのもまた事実で…
特に胸囲的な意味で…(ぉ

大人気アイドルだけど売れない同人作家という顔を持つルカの登場と、
ナギとの第一次接近遭遇よりも前にハヤテもといハーマイオニーと接触がありましたが、
連載分を見る限り、ハヤテとルカは相似形なのでこれからもぐいぐい展開が進みそうです。
個人的には綾崎ハーマイオニーの出番が必然的に増えるのが素晴らしいと思いますね!

…なんか虎鉄と同じ思考回路に陥りそうで怖い。

:: 2011/2/21 月曜日::

■[漫画]三千院ナギの挫折「ハヤテのごとく!」27巻

ハヤテのごとく! 27 (少年サンデーコミックス)
著者/訳者:畑 健二郎
出版社:小学館( 2011-02-18 )
コミック ( 192 ページ )
作者twitter:畑健二郎 (hatakenjiro) on Twitter

この27巻は「ハヤテのごとく!」史上一番のチャレンジだと思うんですよ。
何が一番のチャレンジかというと、ナギが挫折するという事に尽きます。
自信満々、唯我独尊のお嬢様が挫折ですからねー
これは本当にショッキングなことですよ。

かつてナギが女子小学生に人気という話を聞いたのですが、それも判るんですよね。
子供の頃は自分と同じ年代で超人的なことやってたら憧れますよ。
そんな幻想を投影する相手であるナギが情熱を持っている漫画で、
コテンパンとも言えるほどに叩きのめされ挫折する姿を描くのは、
ファンの子にとって辛いだろうと思えるだけに、
敢えてそこを描いた畑先生は凄いな、と。

そこからの復活に千桜と同人誌即売会を出すのは面白いですが、
小中学生がモデルになっているだろうサンクリに行ったら大変だとも思います。(笑
ちなみに即売会そのものに対する畑先生の思い入れは強いみたいですね。
参考:Togetter – 「ハヤテのごとくの畑 健二郎氏。(略
というか畑先生ルリルリ好きすぎだろう…(笑

まぁ、何はともあれこれからの展開は今までとは一風変わったモノになりそうです。
早速ハヤテが綾崎ハーマイオニーとなって活躍してますが、
そういった方向に進むのなら全然アリだと思う訳なんですよ!
咲夜も巻末オマケだけでなく、本編でもコスプレすべきだと思います!(キリッ

:: 2010/11/22 月曜日::

■[漫画]マリアさんの生写真がエロい「ハヤテのごとく!」26巻 生写真つき!初回限定版!!

ハヤテのごとく! 26 マリア生写真つき 初回限定版 (少年サンデーコミックス)
著者/訳者:畑 健二郎
出版社:小学館( 2010-11-18 )
コミック ( 192 ページ )
作者twitter:畑健二郎 (hatakenjiro) on Twitter

えー、今回は初回限定でマリアさんの生写真が付く訳ですが…
袋とじに相応しい、大変にエロっちぃことになっております。
しかも袋とじの袋とじの袋の裏地にも漫画を仕込んでるとか、
ホント畑先生はサービス精神が旺盛だぜー!

しかし本編でマリア無双かというとそうでもなく、
三千院の遺産相続権を失ったナギがアパート経営に乗り出すんですが…
いやー、中々に前途多難なのか前途洋々なのか…
取りあえず意外と逞しいナギの順応力と金運からすると大丈夫だと思いますが、
漫画の道に進むと決めたナギがどうなることやらですね。

そしてアパート住人第一号となった、ナギのオタ友達の千桜さんですが…
アレですよね、俺妹における黒猫ポジションに近いですよね。(笑
まぁ、千桜さんはかなり常識的な部分を持っている有望なヒロインですので、
同じ屋根の下ということでハヤテとドッキリイベントが起こった場合、
どういったリアクションをするのか、フラグは立つのかと興味深いです。

普通といえばハム沢さんですが、今回は誕生日イベントがあっておめでとうございます。
今日が誕生日なのに誰からも祝って貰えないので自分でケーキを買ってきた私と違い、
ハム沢さんはサプライズで祝ってくれるお友達が多くて大変羨ましいです。
ハム沢さんはリア充。

それと巻末にアーたんが出てきたのは素直に嬉しかったです。
私にとってこの漫画のヒロインは最早アーたんですので…

:: 2010/8/18 水曜日::

■[漫画]お嬢様との新生活「ハヤテのごとく!」25巻

ハヤテのごとく! 25 (少年サンデーコミックス)
著者/訳者:畑 健二郎
出版社:小学館( 2010-08-18 )
コミック ( 192 ページ )
作者twitter:畑健二郎 (hatakenjiro) on Twitter

長きに渡ったアーたん編、もといGWギリシャ旅行も遂に終わり。
ハヤテの苦悩を解消させる為に三千院の遺産相続権を破棄したナギが、
大金の庇護を失って少しずつ前進始める新章のはずなんですが…
いつも通りというかGW前に逆戻りのノリで何か安心感があります。

いやー、それにしてもアーたんが切ないね、可愛いね。
ハヤテのことが大好きだからこそ別れを選ばざるを得ない、
そんなアーたんには惚れざるを得ないですよー
ハム沢さんとかヒナギクとか好きなヒロインは今まで居たけど、
何年も想い合うアーたんとハヤテはベストカップルだと思うんですよねー

取りあえずはナギを尊重して退場したみたいだけど、
今後再登場する可能性は十分にあるみたいなので期待が募りますね。
その時は是非不動産屋に押しつけられたように女装ハヤテだと最高だと思います!(ぉ
アーたんなら女装ハヤテに大興奮だと思うんだ…

それはそれとして新章開始早々に1ヶ月後のナギがチラ見されてたけど、
クリスマスから半年を描くのに25巻も掛かったこの作品ですから、
果たして30巻までにこのエピソードまで辿り着けるのか不安です。(笑

■[漫画]これがハヤテの原点だ!「畑健二郎初期作品集 ハヤテのごとく!の前」

畑健二郎初期作品集 ハヤテのごとく!の前 (少年サンデーコミックススペシャル)
著者/訳者:畑 健二郎
出版社:小学館( 2010-08-18 )
コミック ( 208 ページ )
作者twitter:畑健二郎 (hatakenjiro) on Twitter

タイトル詐欺というかタイトルロゴ詐欺というか表紙詐欺というか、
そんな風に思われないかと無駄に心配してしまうこの初期作品集。
今まで存在はハヤテのカバー下や単行本あとがきなどで知られていましたが、
掲載誌が古いのとマイナーなので実際読んだことがある人は少ないのではないでしょうか。
ちなみに私も読んだことありませんでした。

「海の勇者ライフセイバーズ」ですが、絵柄は確かに初期ハヤテ並に古いですが、
テンションというかノリは現在のハヤテに近く飽きさせない展開が面白いですね。
しかしあとがきに書かれていた題材をよく知らないのに描いちゃった理由には笑ったなぁ。
話の展開もそうだけど、今のハヤテより久米田師匠の影響が色濃いように思えます。

そして「神様にRocket Punch!!」ですが、遂にハヤテカバー下のあの人が登場ですよ。
何とも荒唐無稽な話ですが「良く判らないけど面白い」と思わせられる内容でした。
しかし受賞歴ないのに掲載して後のハヤテに繋げるとか、
地丹のモデルになった坪内編集ってばやり手だなぁ…
また、当時サンデーRでこの作品を評価してアンケート送った人も凄いと思います。

とはいえ一番凄いのは畑先生ですよね。
またもや単行本2冊を同時発売というだけではなく、こちらではハヤテ番外編描き下ろしですよ。
スポンサーでも付いてるのかと思うプッシュっぷりには笑いましたが、
それにしたって描き下ろすとは凄い情熱だと思います。
やっぱ畑先生すげーわ。

HTML convert time: 0.676 sec. Powered by WordPress