りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2015/1/26 月曜日::

■[漫画]世界存続のために立ち上がる勇者「まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」」13巻

白夜の国を手に入れ魔界への足がかりを得た聖鍵遠征軍。
彼らがマスケットを携えて魔界の玄関口である開門都市に向かうことは明らかで、
それを阻止、もしくは迎撃するために魔王や勇者、そしてメイド姉が各自で動き、
開門都市側も準備を整えようとしているんだけど…

初っ端から聖鍵遠征軍に対して爆破作戦を決行するとか、
初登場時に比べて本当に強くなったなぁ、メイド姉…
特に心の在り方が顕著に強いと思います。
強いというより剛胆といった言葉の方が近いかもしれません。

maoyuu13_01

うん、剛胆だな。
歴戦の傭兵の面々もただただ呆然とするあたり、
メイド姉の凄みというものがますます鍛え上げられてきているような気がします。

そして積極的になったのが女騎士ですよ。

maoyuu13_02

ちょっと死亡フラグっぽく感じたけれど、
結果論としては失敗フラグだったということなのかしら。
というかそもそも聖職者の格好で言うべき台詞ではない気がする。(笑

しかしこの世界観の縫製技術であのパンツは難しかったのではなかろうか。
その分お高かったんだろうに…
空回った挙げ句に指摘されて恥じらうとか不憫な…(笑

魔王もついに魔王としての仕事を始めるみたいだけど、
勇者は聖鍵遠征軍の食客として潜り込んでおりどういった思惑があるのか。
各陣営の思惑が複雑に絡み合う中、虎視眈々と野望を見据える大主教。
これからの展開はまおゆうの後半戦でもっとも盛り上がってくる所ですから見逃せませんね!
ちなみにこの続きは本日発売のコンプエースに載っているのでそちらで読みましょう。

月刊コンプエース 2015年 03 月号 [雑誌]

付録のせいでちょっとお高いのがネックですが…

:: 2014/10/30 木曜日::

■[漫画]あの丘の向こうには何があるんだろう?「まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」」12巻

蒼魔族と三国通商同盟との決戦に突如割り込んできた聖鍵遠征軍。
彼らが装備したマスケットは魔族と人間の区別なく撃ち殺し、
刻印王と勇者も250人の高位司祭の祈り(呪い)により強化された鉛玉の前に倒れ、
戦場は夥しいまでの悲惨な様相を呈することになるのだが…

集団心理の怖さと醜さが目に付く戦場でしたが、
そこからの絶望から立ち上がる力がある魔王の弟子たちが心強いです。
特に最近のメイド姉はどんどん精神的に成長してきており、
もう一人の主人公としての風格が出てきている感じがします。

maoyuu12_01

彼女はどこまでも普通の人間なんだけど、
自分が傷付き、涙を流しながらも苦悩の中から答えを見つけ出し、
一歩一歩進んでいくからこそ、その表情は力強く頼り甲斐があるんだと思います。

戦争を経て、地上と魔界の二つの世界は国家間で色々と動いてきましたが、
魔王たちはたった数日食事が貧相になっただけで末期状態になっているのは笑いました。(笑
まぁね! 美味いモノを食べたら幸せ=貧相な食事だと不幸せということですよ!
つまり、勇者と魔王の生命線はメイド妹に握られているのではなかろうか…

マスケットが戦場に出てきたことで魔王も改めて覚悟を決めたみたいだし、
何よりメイド姉が更に勇躍しそうだしでこれからも楽しみですね!
もうしばらくは嵐の前の静けさが続く予感!

それはそうと初回出荷分にはミニ画集が挟まってて驚きました。
てっきり宣伝の何かかと思って危うく捨てるトコでしたよ。
今までの各ショップへの特典イラストが収録されているので、
地方在住でショップが近所になかった人には朗報なので、
何としてでも初回出荷分をゲットだ!

:: 2014/3/24 月曜日::

■[漫画]嵐の前の静けさ「まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」」10巻

毒矢を射られ、九死に一生を得たとはいえ未だ重体の魔王は魔界を族長会議に任せ、
久しぶりに冬越し村の屋敷に戻って療養することに。
蒼魔族の動向が気になる中、人間界も水面下で動きつつも仮初めの平穏を見せ、
しばらくは穏やかな日常が戻ってきたように見えたが…

この10巻を読んで改めて思ったのは女性の強さですね。
表紙にもなっている火竜公女は並み居る族長の前で臆せずに自分の意見を述べる公的な行動だけでなく、
一人の女性として魔王と一対一で話し合う心の強さも持ってましたからね。
彼女は誇り高く気丈な性格だけど、それでも二人が話し合った後の目元を見れば、
公女も一人の女性なんだな、と思わされます。

maoyuu10_01

こういった演出が石田あきら版の妙だよね。

そしてもう一人、少しずつ、しかし誰よりも成長していっているのがメイド姉です。
あの日、広場の中心で人間宣言をしたからこそ、
自分自身を磨くために暖かな場所から出ていく決意をしたのが凄い。
彼女は間違いなくもう一人の主人公とも言える人物なので、
彼女の今後の動向にも注目して欲しい所ですね。

さて、終盤にはついに蒼魔族が動き出し、
更にやり手のベンチャー企業社長のようなカリスマと実行力を持つ王弟元帥は、
着々と準備を整えているのでまたしばらくは魔王と勇者は厳しい状況になりますが、
みんなの力を結集して乗り越えて欲しいものです。

:: 2013/8/23 金曜日::

■[漫画]忽鄰塔開催!「まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」」8巻

主立った魔界の氏族が一堂に集う忽鄰塔が開催!
地球では遊牧民族が住まうモンゴルで行われた部族長会議のことだけど、
魔界でもその意味合いは似たようなもので、
現在地上の人間との間で行われている戦争の行く末を決定する為に開催するんだけど、
もう一つ地球と同じ意味合いがあることも「典範」に記されており、
それが魔王を苦しめることになって…

国王と教会がトップに立って独裁的な政治を行う地上とは違い、
魔界は複数の氏族の同意を持って意思を決定する合議制。
それ故に各氏族に対して事前の意思確認と根回しが必要な訳であって、
そういった交渉こそが重要になってくるんだけど、
どの氏族も一筋縄ではいかない個性を持っていて…

表紙にも出ている鬼呼族と妖精族は魔王の主張する停戦派だから良いけど、
プライドの塊な蒼魔族と脳筋な獣牙族が魔王たちを悩ませる訳でして…

maoyuu08_01

流石の魔王もグロッキー状態で悩ましい…
勇者はこういった交渉は不得手なので裏方で支えてはくれるんだけど、
やはり魔王は魔王なだけあって矢面に立つのは魔王なんだよなぁ。
いやはや大変。

しかし交渉だけで済むならまだ魔王が得意な戦場と言えるのだけど、
蒼魔族の嫌らしい手法が中々に痛烈に効いたのが痛い。
それに対して火竜大公が良い役者を演じてたのは格好良かったなぁ。
古くからの部族を率いる長としての威厳でもって蒼魔王に対しても正面から意見を言える、
その貫禄が頼もしい訳ですよ!
開門都市の件で以前衝突しながらも交渉し、味方に引き込めたのは大きかったですね。

その火竜大公のお陰で蒼魔王の策は未然に防げたかに見えたけど…
いやー、最後のあのシーンは見開きで見せられたからこその迫力ですね!
かなり強烈なヒキですので原作読んでても続きが気になる終わり方ですよ!
ちなみにこの続きは今月発売のコンプエースに載ってますのでそちらを是非どうぞ!

:: 2013/5/24 金曜日::

■[漫画]古城民宿“まおー荘”混浴ごきげん事件「まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」」7巻

前回の6巻でまおゆう魔王勇者における第一章が終わりましたので、
この7巻は次章に向けて英気を養う箸休め的なエピソード群になります。
まぁ、原作の長さからいうと大体4割くらい来たかな、といった所でしょうか。
まだまだ先は長いですが、現在の3ヶ月に一冊の刊行ペースだとそれほど長く感じられないかと思います。

箸休め的なエピソードだからといって重要じゃないかというとそんなことはありません。
魔王が忽鄰塔の開催を宣言して、部族の参集を待つ間にやることは盛り沢山で、
自分の弟子たちが何を為したかを確認する中で、メイド姉が傷にまみれながら自分で掴み取った、
魂の輝きの凄さに震える姿には読んでるこっちも誇らしくなって涙腺が緩んでしまいますよ…

そして今回もっとも重要なのは温泉回であることです!
勿論ですね、今までもメイド姉の魂の演説とか「メディアミックスして良かったなー」
と思う所は多々ありましたよ! 当然じゃないですか!
ただですね、やはり小説媒体からイラストが入るメディアになったからには、
期待しちゃうじゃないですか! だってみんな可愛いんだもん!

おんせん!

温泉で浮く駄肉! 女魔法使いの発言で巻き起こるおっぱい紛争!
メイド姉妹が見せる少女らしい健康的なエロ可愛さ!
石田あきらさんの画力で描かれる女体の素晴らしさを見てると、
おっぱいの輝きの凄さに震えて涙腺が緩んでしまいますよ…

女騎士と魔王の同じ男に惚れた二人の女の友情と妻妾同衾も良かったですけど、
長らく出番がなかった女魔法使いの光学迷彩アリの温泉シーンも良かったですね!

女魔法使いの全裸(ぼかしアリ)

涙腺が緩んでしまいますよ…

しかしそんな平和な魔王と勇者一行とは裏腹に、
地上の中央ではマスケット銃の機密が漏洩するし、
蒼魔族の王子は魔王の紋章が発現するしと火種がくすぶりまくってるので、
次回以降も波乱が予想されるので、そういった意味でも楽しみであります。

:: 2013/2/22 金曜日::

■[漫画]おかえりなさい、まおー様「まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」」6巻

まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 (6) (カドカワコミックス・エース)
著者/訳者:石田 あきら
出版社:角川書店(角川グループパブリッシング)( 2013-02-23 )
コミック ( 164 ページ )
原作者サイト:m2lade JAM
原作者twitter:橙乃ままれ (marmalade_macro) は Twitter を利用しています
作者サイト:Life Like Love
作者twitter:石田あきら (Akira_Ishida) は Twitter を利用しています

存外にアニメが好評な「まおゆう魔王勇者」ですが、コミカライズ版も好調です!
特に何度も言うようですが石田あきら版が素晴らしい出来でして、
デザイン自体は原作と若干異なっているんですが、
ストーリー自体はもの凄く丁寧且つ忠実に原作準拠なので安心して読めますし、
何より漫画としての完成度が高い上に刊行ペースが群を抜いているんですよね。

という訳で6巻では魔王不在の間に着々と戦争の準備が整っていき、
白夜の国からは騎馬兵が侵攻し、軍人子弟が大活躍!
そして中央との決戦は膠着状態を維持しながら、暴走する傭兵部隊をあしらい、
何とか人死にを減らそうとしているけど、次回以降の戦争に対する伏線も張られていて…

そして魔界では魔王の亡霊に取り憑かれた魔王とメイド長。
魔王と勇者との想いと願いを賭けた戦いが!
普段はお小言ばかりのメイド長も心の底から魔王のことを思っているのが分かりますし、
魔王と勇者のぶつかり合いは第一話と上手く対比が取れていると思います。

女魔法使いも冬寂王に対して知恵を授けて今後の伏線も張られており、
今後とも大期待なまおゆうであります!
やっとまおー様が帰ってきたのでやっと本来の賑やかさが戻ってくるかと思うと、
次巻以降もますます楽しみであります!

HTML convert time: 0.649 sec. Powered by WordPress