ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2013/2/27 水曜日::

■[ラノベ]そして戦場へ…「フルメタル・パニック! アナザー」5巻

フルメタル・パニック! アナザー5 (角川ファンタジア文庫)
著者/訳者:大黒 尚人
出版社:富士見書房( 2013-02-20 )
文庫 ( 303 ページ )
原作者サイト:GATOH.COM blog style
原作者twitter:賀東招二 (gatosyoji) on Twitter
絵師サイト:風の色
絵師twitter:四季童子 (shikidoji) は Twitter を利用しています

マオが狙われたテロ行為はまだ前哨戦に過ぎなかった。
辣腕を奮っていたワンマン社長が不在になったD.O.M.S.を相手に、
企業買収を仕掛けてきた黒幕たち。
新社長に就任したのはまさかの宿敵で…

5巻になって遂に日本の日常生活を去る決意をして鉄火場に身をおくことになった達哉だけど、
相変わらず躓いてばかりなので、もうちょっとしっかりとして欲しい所。
対して呑んだくれだったクルツは愛妻が瀕死に陥った事で、
狙撃手としての本領を発揮してゴルゴ13的な復讐をアングラで行うことになってて、
面目躍如といった活躍を見せてくれました。

今回はヒロイン的には楓さんは完全にハブられた形で、
リーナがメインに据えられたように見せかけて菊乃さん大活躍でしたね。(笑
カラーピンナップの格好がやたらエロかったり、
達哉の唇を奪ったりとビッチ処女っぷりが大変よろしかったです。

アラスカでのレイヴン奪還作戦とGEの秘密兵器の開発と、
中々にきな臭い感じが漂っていますが、今後どうなることやら…
取り敢えずTTことテレサ・テスタロッサさんがそろそろ出てきそうなフラグが見えたので、
6巻に期待したい所ではありますが、果たしてどうなるのでしょうね。

■[ラノベ]基本装備は水色ストライプ「甘城ブリリアントパーク」1巻

甘城ブリリアントパーク1 (角川ファンタジア文庫)
著者/訳者:賀東 招二
出版社:富士見書房( 2013-02-20 )
文庫 ( 324 ページ )
作者サイト:GATOH.COM blog style
作者twitter:賀東招二 (gatosyoji)さんはTwitterを使っています
絵師サイト:Digital Underground–WebPage
絵師twitter:なかじまゆか (yuka_nakajima)さんはTwitterを使っています

フルメタの賀東招二さんの完全新作ということで、また油と硝煙の匂いがする作品かと思いきや、
イラストレーターになかじまゆかさんを迎えてのベクトルが右斜め四十五度に向かった、
夢と希望のテーマパークと魔法の国という世俗とファンタジーにまみれた物語でありました。
ふんもっふ。

義理と人情とマスケット銃に脅されて寂れたテーマパークの集客人数を、
たった二週間で動員数10万人を突破させないといけなくなった可児江西也。
魔法の国のエネルギー源にもなっていて、キャストの多くは本当に中の人がいないんだけど、
中の人たちは仕事の後に焼き鳥屋で一杯やりながら下ネタな話をするのが日課という、
夢も希望もあったもんじゃない体たらくで…

…何というか、賀東招二さんの底意地の悪さが滲み出ながら、
筆力が高いので読まされる上にちゃんと面白いから妙な読後感になっています。
また、なかじまゆかさんのイラストがまたエロい上に可愛いので、
そこでも満足度が高いんですよね。

ただ、フルメタのノリを期待していた読者はかなり肩透かしを食らっただろうなぁ…
とは思ってしまいます。
いや、面白いんですよ! 仕込みもあるから次回以降のネタもあるし!
ただ、キャラの美味しいトコ(萌え要素)が未消化のまま終わったので、
多分読者に受けるとすれば次回以降かなぁ、とも思います。
2巻ではより武碑りたい所存であります。

:: 2012/8/21 火曜日::

■[ラノベ]懐かしのあの人も登場!「フルメタル・パニック! アナザー」4巻

フルメタル・パニック! アナザー4 (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:大黒 尚人
出版社:富士見書房( 2012-08-18 )
文庫 ( 294 ページ )
原作者サイト:GATOH.COM blog style
原作者twitter:賀東招二 (gatosyoji) on Twitter
絵師サイト:風の色
絵師twitter:四季童子 (shikidoji) は Twitter を利用しています

年4冊という、賀東招二さん本人が全部書いてたらまず無理なハイペースで(ぉ、
順調にその地位を固めつつあるフルメタアナザーですが、
4巻にして遂にティーンエイジャーな達哉にはキツイ戦闘が繰り広げられます。
人が死ぬってのはやっぱり嫌なものだなぁ…

内戦が続くアフリカの独裁国家、マランパ共和国の政府軍への教導に来たD.O.M.S.
ベルトランと軍人のサラの間には浅からぬ因縁がある中、
ミハイロフたち傭兵が暗躍し始めて…
という話と、酔っぱらい親父と成り果てながらも射撃の腕は衰えないクルツが活躍する、
テキサスでのガンマン的な話の2本が収録されています。

達哉は今までも命懸けの戦闘を掻い潜ってきましたが、
今回は大人同士、国同士の汚らしい諍いに巻き込まれたガチの殺し合い。
目の前で人が死ぬし、達哉を守るためにユースフも手を汚したりするし、
何よりめでたしめでたしで終われない救われない、後味の悪さが印象的です。

王子として、軍人として教育を受けていたユースフですらも、
初めて人を殺した葛藤を抱え込むとかクルものがありましたが、
電話越しでサミーラと通じ合っているのは少々羨ましさと安心感があります。

達哉も達哉でリーナとの関係が進む余地は充分ありそうなんですが、
アクセサリーを買って欲しそうなリーナに気付かなかったり、
マオに唆されてリーナのおっぱいを触りたい事を真っ正直に告白するのと同義な返事したりと、
主に達哉側の問題が色々ありそうですね。(笑

それと久しぶりに登場したクルツですが、ダメな部分が拡大されながらも、
キメる所はキメてくれて残念ながらもカッコよさが光ってましたね。
コールサインといい、こういった前作からのファンへのサービスは、
やはりニヤリとしてしまいます。(笑

それはそうと今回のオチはかなり衝撃的だったんですが…
うーん、どうなるんだろう、これは…
アナザーにも遂にこういった殺伐とした展開が!?
とはいえ、刊行ペースは比較的早いのである程度安心しながら続きを待ちたいと思います。

:: 2012/3/18 日曜日::

■[ラノベ]アラブの王子様の来襲「フルメタル・パニック! アナザー」3巻

フルメタル・パニック! アナザー3 (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:大黒 尚人
出版社:富士見書房( 2012-03-17 )
文庫 ( 279 ページ )
原作者サイト:GATOH.COM blog style
原作者twitter:賀東招二 (gatosyoji) on Twitter
絵師サイト:風の色
絵師twitter:四季童子 (shikidoji) は Twitter を利用しています

イケメン王子様に騎士っぽいASとラノベにしては異色な表紙のフルメタアナザー3巻。
正直2巻で出てきた時はチョイ役だと思ってましたよ、アラブのイケメン王子こと、ユースフ。
それがお供に固太りの中年執事にその娘の無表情メイドを引き連れてのDOMSへの出向、
そして達哉のよき友人にしてライバルポジションにつくとは驚きです。
でも結構合ってるし、話も面白く転がってるしこれはこれで良いものです。

というわけでユースフの再登場でDOMS関連の方も色々と話題に事欠かないですけど、
達哉の属するもう一つの世界、陣代高校の日常は丁度文化祭シーズン。
そこにリーナにユースフが混じって色々と賑やかで楽しい事態になるんだけど、
更にテロリストの三条姉弟まで絡んでくるという混迷したことになると思いきや、
案外楽しい感じに話が転ぶんだけれど…?

リーナも腹に持ってた色々な想いも直接達哉にぶつけたことで、
ある程度スッキリしたことだし、達哉もリーナのことをきちんと一人の人間、
一人の女の子として見ることができるようになったみたいなので今後の二人の行く末が楽しみですね。
あ、あとリーナのコスプレも!
今回はウェイトレスにミニスカに虎柄ビキニな鬼娘と見せてくれましたが、
次回は一体どんなコスプレを見せてくれるのか期待です!

とはいえ今回は平和だったけどテロリストさんの方も色々動いているみたいで…
まぁ、アナザーはそれほど血生臭い雰囲気にならないっぽいから過剰に心配することは必要ないかもですね。
むしろ報われない属性がビンビンに出ている楓さんの方が心配です。
達哉の職業を知ったら絶対に一波乱あると思うんだよなぁ…
はてさて、どうなることやら…

:: 2011/12/22 木曜日::

■[ラノベ]2巻も文句なしに面白い!「フルメタル・パニック!・アナザー」2巻

フルメタル・パニック! アナザー2 (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:大黒 尚人
出版社:富士見書房( 2011-12-20 )
文庫 ( 281 ページ )
原作者サイト:GATOH.COM blog style
原作者twitter:賀東招二 (gatosyoji) on Twitter
絵師サイト:風の色
絵師twitter:四季童子 (shikidoji) は Twitter を利用しています

作者は違えども間違いなく「フルメタ」だと2巻を読んでより実感した次第です。
いやー、やはりフルメタはASが戦うのは勿論、学園生活もあってこそだよなぁ。
しかも主人公が乗るASはスペシャルな奴じゃないと!
武器も装備も厨二病を刺激するもので最高っすよ。

民間軍事会社「D.O.M.S.」に無事入社を果たした達哉だけど、
裏方な初任務のはずがピンチヒッターで現場に入ってポカをかまして更にクライアントと揉めるという、
何とも残念なことになっちゃったわけなんですが、そこもまた達哉らしいかな、と。
ここらへんは宗介にはなかった青さだよなぁ。

そして謹慎処分として日本に帰国して陣代高校に戻ってみたら、
幼馴染みの女の子と親友の距離が縮まっているように感じてちょっと心が揺れたりという、
いかにも青春! って雰囲気が出てたと思ったらクララとリーナの強襲ですよ。
クララを見たオノDの反応や、リーナが着ている制服の来歴とか、
前シリーズを知っている身としてはニヤリとできるトコが随所にあるのは良かったですね。

そして日本製ASのAS-1<ブレイブ・レイヴン>の受領と、
それにまつわる企業の陰謀で狙われる達哉たちの戦闘は緊迫感が出てて良いですね。
ASの機体性能による仲間たちの劣勢と、それを巻き返す新型機の特異性。
何よりそれを初見で扱ってしまえる達哉の才能とセンスにはワクワクせざるをえません。

流石に前シリーズほどではないですが、裏の策謀が見えてきたり、
リーナが葛藤を抱き始めたりと雰囲気が出てきましたが、それもまた楽しみです。
大変かと思いますが是非ともこのクオリティのまま頑張って欲しいです。

:: 2011/9/13 火曜日::

■[ラノベ]アデリーナ、スカートはいてない!「フルメタル・パニック! アナザー」1巻

フルメタル・パニック! アナザー1 (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:大黒 尚人
出版社:富士見書房( 2011-08-20 )
文庫 ( 263 ページ )
原作者サイト:GATOH.COM blog style
原作者twitter:賀東招二 (gatosyoji) on Twitter
絵師サイト:風の色
絵師twitter:四季童子 (shikidoji) は Twitter を利用しています

どこぞの包帯シスターじゃないですが、スカートはいてない系のヒロインかと思いきや、
実は短パンをはいているという、某ビリビリさん系なヒロインでした!
しかもCAやジャージブルマと(マオに騙されて)コスプレしまくりなヒロインですよ!
原作ではかなめよりテッサが人気だったことから、やはりヒロインはロリに限るという結論に達したのか、
今回は若干ロリが入ってるヒロインのリーナですが、素晴らしいと思いますよ。
ポニテだし!

さてさて、原作の人気が半端無いフルメタのスピンオフ的なこのアナザーですが、
賀東さんが指名しただけあって大黒尚人さんの文章力は全く問題なかったです。
オノDやマオといった原作キャラが出てきてもイメージは全然壊されないし、
それでいて新主人公の達哉に新ヒロインのリーナは魅力があるしで、
読んでいて予想以上に楽しめましたよ。

本編の世界で起こったあの戦争から十数年後。
マオが社長を務める民間軍事会社D.O.M.S.が自衛隊を教導中に起きたトラブルに巻き込まれ、
その時に発揮したAS操縦の腕を買われてヘッドハントされた土建屋の息子でPS乗りの市ノ瀬達哉。
優秀な美人AS乗りであるアデリーナとのボーイミーツガールという、原作と同じコンセプトながら、
鬼教官なリーナにしごかれる達哉と、原作カップルと少し違うけど似た関係性が面白いです。
原作を知っているとクスっと笑えるネタが散りばめられてるのも良いですしね。

世界を股に掛けての陰謀と謎といったものは薄くなりましたが、
メカアクションとボーイミーツガールなラブコメは健在です。
フルメタでありながらフルメタでない、それでいて間違いなくフルメタの面白さがある。
そんな作品でしたね。
今後のリーナのコスプレに期待しつつ楽しんでいきたいです。

HTML convert time: 0.952 sec. Powered by WordPress