本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身Ⅵ」 8月10日発売予定!
今からとても楽しみです!
:: 2017/4/10 月曜日::

■[漫画]時の間で「UQ HOLDER!」13巻

UQ HOLDER!13巻UQ HOLDER!13巻
出版社:講談社
作者名:赤松健
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健 (@KenAkamatsu) on Twitter
Kindle版:UQ HOLDER! (13)
Kindle版まとめ買い:UQ HOLDER!
DMM電子書籍:UQ HOLDER! (13)

「UQ HOLDER!」はこの巻から別冊少年マガジン掲載分になります。
掲載時には「ネギま! 2」の副題がありましたが、
その通り、この巻からは明確にネギま! の続編としての色合いが濃くなります。
後述しますが本当に世界観が続いているのかは不明ですが…

突如舞い降りたラスボスとなったネギとその最強無敵メンバーたち。
刀太たち不死者は対抗しようとした矢先にクウネルの術に囚われてしまう。
その囚われた先で刀太が見たのはネギが先生として生活していた、
ハチャメチャで楽しそうな日々で…

「ネギま!」自体はハッピーエンドだったと思うんですが、
この世界はハッピーエンドではなかった、ということでしょうか。
明日菜が裏火星の人柱となっているということしか明かされていないので、
もしかしたら「ネギま!」ラストで語られていた一周目の世界の可能性があります。

ラスボスであるヨルダを滅ぼすには明日菜の魔法無効化能力が必要なことから、
二周目の世界では人柱となった明日菜以外に、
もう一人の明日菜がいるからヨルダを滅ぼせたけど、
一周目の世界では明日菜が人柱となって不在だからネギが取り憑かれて、
クローン技術で刀太を生み出さざるを得なかった、ということなのかも…?
うーん、真相が気になりますね…

まぁ、それはともかくエヴァちゃんが可愛かったですね。

確かに惚れっぽいように見えて700年で3人ということは、
かなり身持ちが硬そうですね。
それも刀太が初恋ということを考えれば、
初恋の人の面影を重ねてナギとネギに惚れたと考えれば、
純情という言葉も相応しいかもしれません。

とはいえ、事態はそんな悠長なことを言ってられる雰囲気ではなく、
ラスボスたちの怒涛の攻撃の前にジリ貧になっていくわけなんですが…
いやー、ネギくん強いわ…
わかってはいたけど、まさかここまで強いとはね。
ネギの強さだけでもヤバイのに、
小夜子のグレードアップ版であるヨルダの力もあるからなぁ。
こりゃ手をつけられませんわ。

ヨルダと言えば、彼女の能力から考えて、
地球では住みにくいから火星に裏火星という世界を創造したんでしょうかね。
そこら辺の「ネギま!」で語られなかった裏設定とかも、
この「UQ HOLDER!」で語られるのではないかと楽しみにしています。
もちろん、エロコメ的な意味でもね!
お願いしますよ、赤松健先生!

:: 2016/11/23 水曜日::

■[漫画]ドキっ! 女だらけのバイクレース! スッポンポンもあるよ!?「UQ HOLDER!」12巻

UQ HOLDER!(12) (講談社コミックス)
著者/訳者:赤松 健
出版社:講談社( 2016-11-17 )

作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健(@KenAkamatsu)さん | Twitter
Kindle版:UQ HOLDER! (12)
Kindle版まとめ買い:UQ HOLDER!

週マガから別マガに移籍することになった「UQ HOLDER!」ですが、
この12巻までは週マガ連載分になります。

物語的には箸休めな展開なんですが、
一部読者(私含む)にとってはこの展開こそが本番です。
刀太を巡るキリヱ、みぞれ、しのぶの女の戦い!
ロリ分多めな美少女たちが主人公を取り合って戦うとか、
ラブコメ大好きな読者からしたら歓喜しかないね!

更にその戦いの舞台であるバイクレースですが、
何の必然性もないのに簡単にスポーンと脱げます。

uqholder12_01

いや、一応バイクレースの視聴率を上げるという必然性も用意されているんですが、
そんなものは単なる建前でしかないのは周知の事実です。
赤松健先生は読者が喜ぶところがどんなものか熟知されていますから、
このようにあざといまでのサービスを臆面なくやってくれるのです!
だって、赤松健先生はエンターテイナーだから…!

しかも、ただ脱げるだけではありません。
衆人環視の中で裸になってしまうとか恋する乙女としては言語道断です。
だから、隠すしかないのですが布がないと隠せないのです。
服を用意するにしても時間が掛かるとレースに負けてしまうので、
現場にあるもので隠すしかないのです!

uqholder12_02
uqholder12_03

そう、その場にある刀太の手で隠すしかないのです…!
でもバイクレース中ですから振動してしまうので、
おっぱいとかに触れてしまうのも必然性があるのです!

結果としてみぞれやしのぶが卑猥な声を出してしまうのも仕方ないのです…!

いやー、本当に赤松健先生は素晴らしいですね!
普通ここまであざとい展開は思いついたとしても実行しないですよ!
それを衒いもなくここまでやってくれるとは!
これぞプロって感じですよ!

正直言ってこの展開だけで充分面白いんですが、
ラブコメ的にもキリヱが良い味だしてくれるんですよ。
しかも、そこに少年誌らしく王道的バトルも入れてくるから凄い!
更に、前作「ネギま!」の面子が出て来るとか往年のファンへのサービスまで!
もう圧倒的な感謝しかない…!

それにしても刀太がクローン体であること分かっていましたが、
ここに来て情報が怒涛のごとく出てきましたね。

uqholder12_04

我らがユエユエが敵側(というかネギ側なので不自然ではないのですが)について、
しかも死んだと思われていたとか…
そもそも若い頃の姿のままとか気になることが多すぎ状態ですよ!
早く続きを!

ちなみに次の13巻からは別マガ掲載分になります。
ですので刊行ペースが落ちるとは思いますが、
今度こそは前作「ネギま!」で宙ぶらりんだった物語が、
綺麗に完結してくれると信じてます!

:: 2016/7/15 金曜日::

■[漫画]刀太ラブコメ(とうらぶ)「UQ HOLDER!」11巻

UQ HOLDER!(11) (講談社コミックス)
著者/訳者:赤松 健
出版社:講談社( 2016-07-15 )

作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健(@KenAkamatsu)さん | Twitter
Kindle版:UQ HOLDER! (11)
Kindle版まとめ買い:UQ HOLDER!

アニメ化も決定してノリにノっている「UQ HOLDER!」ですが、
連載を月刊誌の別冊少年マガジンに移すので今後は刊行ペースが若干落ちるかと。
赤松健先生が月刊誌に移るとか20年前のAI止ま以来だなぁ。
当時を思い出すと懐かしいです…

元々ネギま!の続編的な色合いだった本作ですが、
ここへきて更にネギま!アフターっぽくなってきましたね。

uqholder11_01

ネギま!の頃にナギが始まりの魔法使いとして現われた頃から予想はしていましたが、
ここにきて確定の情報が入りましたね。
やはり憑依型の能力を持っていたのか…
というか女性だったんだなぁ。
ナギがマギステルマギとして世界各地で不幸な人々を救おうとしていたのも、
この「共鳴り」の能力を沈めるためという理由もあったのかなぁ。

まぁ、それはそれとしてキリヱの可愛さが素晴らしかったですね!
もうメインヒロインかと!

まず雪姫の薬を思ったコトをそのまま口に出してしまう刀太に、
愛してると言われて戸惑うキリヱが可愛い。

uqholder11_02

刀太のことが好きなのかと聞かれてついついツンデレを炸裂しちゃうキリヱが可愛い。

uqholder11_03

刀太に不意打ちでかわいいと言われて頭を撫でられて赤面しちゃうキリヱが可愛い。

uqholder11_04

そんなキリヱが時間停止能力の検証で刀太とチュッチュしちゃう上に、
素直になれないラブコメが炸裂しまくりで大変美味しゅうございました!

いやー、やっぱり赤松健先生はラブコメ漫画の天才だな…
最高にニヤニヤしちゃうぜ…!

:: 2016/3/21 月曜日::

■[漫画]ラブコメ増し増しで!「UQ HOLDER!」10巻

UQ HOLDER!(10) (講談社コミックス)
著者/訳者:赤松 健
出版社:講談社( 2016-03-17 )

作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健(@KenAkamatsu)さん | Twitter
Kindle版:UQ HOLDER! (10)
Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] UQ HOLDER!

「ラブひな」で一世を風靡した赤松健先生はそのままラブコメ一辺倒にはならず、
「魔法先生ネギま!」では少年漫画要素を取り入れ萌えと燃えの波状攻撃という、
既存ファンを満足させつつ新規ファンを獲得するための伝家の宝刀を編み出しました。
そして今作である「UQ HOLDER!」でもその伝家の宝刀を抜いてきたのです。
そう、今までの燃えバトル&修行回の揺り戻し…、
つまりは怒涛のラブコメ萌え展開がやってきたのです…!

今までもちょこちょことラブコメ展開をやってきていたのですが、
ここに来てヒロインがほぼ勢揃いした上に彼女たちのラブ指数が一定値を超えたため、
一気にラブコメの開花時期が重なって大変なことになってきましたよ!

初期に登場したボーイッシュでメカ好きな少女の結城忍に、
新ヒロインにして前作「魔法先生ネギま!」のいいんちょの血縁である雪広みぞれ。
そしてチョロチョロしい人間の女の子たちに触発された不老不死のヒロインたちが、
仙境館という温泉旅館の立地を活かして肌色姿を披露しまくりで、
大変にニヤニヤできる展開の目白押しなのです!

まず不老不死ヒロイン先鋒は刀太の相棒である九郎丸!
性別未分化な九郎丸は最近おっぱいが大きくなりだしたお年頃!
刀太のことは親友として接すれば良いはずなのにおさまらない胸の鼓動。
キリヱの計らいで女性の姿になり正体を隠して刀太とデートしてみたら、
もう完全に女の子してて可愛いのなんの!
金髪ロングの白ワンピって反則すぎるほどに似合ってますよ!

しかしそんな九郎丸ですら序の口…!
真の萌えは不老不死ヒロイン次鋒である桜雨キリヱで知ることになるのであった…!

彼女は「ラブひな」の成瀬川なるや「魔法先生ネギま!」の長谷川千雨と同系統の、
ついつい悪態をついてしまうけど内心ではデレデレなツンデレさん!
夏凛から度々突っ込まれるも「(刀太のことは)好きじゃないわよ!」と頑なに否定しながら、
刀太が他の女の子たちとラブコメ展開になったら全力で邪魔してしまう可愛さ!
そして二人っきりで時間停止の状況に陥ったらあまりの寂しさに心の鎧を脱いで、
その寂しがりな本性を見せてしまう可愛さ!

uqholder10_01

普段の強気なキリヱからは考えられないギャップにキュンキュンしちゃいますよ!
これだよ! これこそが赤松健漫画だよ!!!

そしてこの後には夏凛が待っております。
雪姫ラブの百合な彼女が刀太に惹かれてしまうというニヤニヤできる展開ですよ。
しばらくラブコメ展開が続くので今後も萌え転がりたい所存であります!(笑

:: 2015/12/17 木曜日::

■[漫画]刀太の告白、キティの想い「UQ HOLDER!」9巻

UQ HOLDER!(9) (講談社コミックス)
著者/訳者:赤松 健
出版社:講談社( 2015-12-17 )
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健(@KenAkamatsu)さん | Twitter

Kindle版:UQ HOLDER! (9)

Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] UQ HOLDER!

どんどん「ネギま!」との関連性が高まる「UQ HOLDER!」ですが、
遂に表紙がエヴァンジェリン単体となりましたよ。
作者コメントにある通り、まるで「ネギま!」のようですが、
この漫画は近衛刀太が主人公の「UQ HOLDER!」という漫画です。

狭間の魔女ダーナによる修行編ですが、
不死者相手だからか超ハードな修行ですよ。
血だけでなく腕や頭も飛びまくりで、
アニメになってもとてもゴールデンタイムでの放映は無理ですよ。
話の根本も主人公の性格も少年漫画してるんですけどね。

祖父であるネギと同じ強さである上位雷精との戦いとか、
刀太にとっては越えなくてはならない壁が用意されてたりと、
ダーナさんも師匠として良い仕事しますよね。
しかし上位雷精とかラカンが戦ったことがあると言ってた奴ですよね。
こういった細かい「ネギま!」との関連が見られるのも、
前作からのファンとしては嬉しいです。

というか「ネギま!」との関わりと言えば、
仙境館に訪れたあのおばあさんとその孫だったり、
近衛という苗字を持つ二人の少女だったりと、
非常に興味深い少女たちが立て続けに登場してワクワクが止まりませんね!

ラブコメ的な意味でもこれから大盛り上がりになりますね!
とはいえ刀太本人はエヴァンジェリン一筋っぽいので、
周りの女の子はこれから大変だと思いますが、
是非とも頑張って読者を喜ばせて欲しいものであります。(笑

:: 2015/9/25 金曜日::

■[漫画]キティの過去「UQ HOLDER!」8巻

UQ HOLDER!(8) (講談社コミックス)
著者/訳者:赤松 健
出版社:講談社( 2015-09-17 )
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健(@KenAkamatsu)さん | Twitter
Kindle版:UQ HOLDER! (1)
Kindle版:UQ HOLDER! (2)
Kindle版:UQ HOLDER! (3)

Kindle版:UQ HOLDER! (6)
Kindle版:UQ HOLDER! (7)
Kindle版:UQ HOLDER! (8)

まほら武道会の予選を勝ち抜いていくも、
地下闘技場で対戦したAランクの相手には負けてしまう刀太。
力不足を痛感する中、雪姫とも思春期らしいフラストレーションの爆発で喧嘩になりそうな時に、
雪姫の師匠であり、貴族にして吸血鬼の真組・ダーナに連れ去られ修行をすることになり…

始まりましたよ修行編。
やはり「ネギま!」と同じく修行編ってのがあってこそですよね!
しかしその師匠役が雪姫の師匠とは驚きですよ。
まぁ、そのダーナさんの体型にも驚きですが。

そして修行することによって刀太の身体の謎が解き明かされるだけでなく、
更には狭間の魔女であるダーナの特性もあり、
過去の雪姫、もといエヴァンジェリンと刀太が交流する展開になるとは!
「ネギま!」でも軽くしか触れられなかったエヴァンジェリンの過去を知り、
時空の歪みのお陰であり得ない邂逅を成し遂げた二人の触れ合いを見てると、
微笑ましくもあり、ダーナの言う通り運命を感じますね。

それにしても火星の白に金星の黒とか気になるワードが出てくるだけでなく、
エヴァンジェリンの可愛らしさも豊富で、素晴らしい8巻でしたね。
このまま「ネギま!」で明かされなかった話がどんどん出てきて、
「ネギま!」シリーズが今度こそ完結して欲しいと思います。

HTML convert time: 0.836 sec. Powered by WordPress