本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身IX」 8月10日発売予定!
ゲルラッハ攻防戦!
:: 2011/8/17 水曜日::

■[漫画]ネギ VS フェイト 最終決戦!「魔法先生ネギま!」35巻

魔法先生ネギま!(35) (少年マガジンコミックス)
著者/訳者:赤松 健
出版社:講談社( 2011-08-17 )
コミック ( 192 ページ )
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健 (KenAkamatsu) on Twitter

ネギま!の面白さが止まる所を知らない!
ついに復活したネギが量産型アーウェルンクスを瞬殺し、
フェイトの方もネギとの対決に静かな熱意を見せる展開!
修学旅行の頃から続く二人の因縁の最終決戦が今ここに!
燃える燃える燃えるー!

でも萌える展開も忘れないのが赤松健先生。
麻帆良学園と限定的とはいえ繋がった廃都オスティア。
オスティアから漏れ出した召喚魔たちの繰り出す脱げビームで、
生徒や先生たちがどんどん脱がされる展開は流石だなぁ、と。(笑
ちゃんと人間への非殺傷設定という伏線もあって無理がないですしね!
ゆえゆえの赤面顔もディモールトイイ!

でも萌えのMVPは個人的にはエヴァンジェリンだと思うわけですよ。
超絶視力で蜃気楼のように見えるオスティアで戦うネギを視認して、
自らの闇の魔法を受け継いだのを知って緩む顔を押さえられないエヴァちんマジぷりちー
学園長相手の凛々しい姿もステキすぎですよ、ホント。
ちなみに36巻では更に素晴らしい姿を見せてくれるので、
エヴァ好きとしては今から楽しみでなりません。

敵味方関わらず、全員が死力を尽くして戦う最終決戦。
世界の謎が解き明かされた向こうに何があるのか。
そしてネギは何を為そうとするのか!?
ネギの強さと共に面白さも極限を迎えようとしているネギま!
次回も超期待です!

:: 2011/5/17 火曜日::

■[漫画]頑張れ! 女の子たち!「魔法先生ネギま!」34巻

魔法先生ネギま!(34) (少年マガジンコミックス)
著者/訳者:赤松 健
出版社:講談社( 2011-05-17 )
コミック ( 192 ページ )
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健 (KenAkamatsu) on Twitter

「最近ネギまは萌え展開が少なくて読んでない」という声が友人からも聞かれるのですが、
いやいや何言ってるんですか、これほど面白い少年漫画は中々ないですよ!と声を大にして言いたいです。

特にこの34巻は今までにない危地の連続で、緊迫感が半端無いんですよ!
ネギが敵の幹部デュナミスと相打ちになるという、想定外にも程がある展開!
そんな窮地の中、諦めずについ先日まで一般人だった少女たちが、
恐怖に立ち向かいながら頑張り、仲間が倒れても突き進む展開が壮絶に熱くて手に汗握らざるを得ないのです!

その少女たちの中でも今回一番頑張ったのが今まで脇役だった夏美。
ソバカスが目立ち、惚れてる相手もコタローとメインストリームに居なかった彼女が、
フェイトをして騙しきる280年世に出ることがなかった「孤独な黒子」というレアアーティファクトを使い、
恐怖に顔を歪めながらもコタローの為に立ち上がる姿は健気で可愛らしいのですよ。

そういった熱い展開がありながら恐怖から夏美がもれるっぽい台詞が出たりと、
多少マニアックながらも萌え展開を忘れないのがネギまがネギま足る所以だと思います。(笑
個人的にはツンデレな千雨がネギへのラブ度で赤面する場面とかは大好物です!
果たしてベスト3は誰なのか凄く興味があるのですが…、公表されることはないんだろうなぁ。(笑

さてさて、美味しい所は明かされず小出しにされる世界の謎に、
窮地を抜けたと思ったら更に難敵が登場したりと緊迫感溢れる展開!
そしてそこに登場する復活する主人公と盛り上がらずにはいられないんですよ!
んー、やっぱりネギまは最高に面白い!

:: 2011/2/23 水曜日::

■[漫画]いざ、最終ミッション!「魔法先生ネギま!」33巻

魔法先生ネギま!(33) (少年マガジンコミックス)
著者/訳者:赤松 健
出版社:講談社( 2011-02-17 )
コミック ( 192 ページ )
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健 (KenAkamatsu) on Twitter

デュナミスさんマジ裸族。

フェイトたちとの最終決戦に臨むネギたちがザジに強襲されるというまさかの展開!
ネギの生徒の中で、ザジの正体が判るのは物語の終盤と言われてましたが、
まさかここでその正体が明るみに出るとは思いもよりませんでしたよ。
いやー、本当にネギま!が終わるんだなぁ。

今回の見所は勿論ザジの正体や龍宮さんの強さの秘密とかがありますが、
赤松健作品のファンとしては妖刀「ひな」が出てきたのが興味深いですね。
鶴子さんっぽい人も出てきてたし、ラブひな好きとしてはニヤニヤしちゃいましたよ。
まぁ、それが敵である月読が使うのにはちょっと驚きましたが。
妖刀だし仕方ないのかもなぁ。

しかし夏美のアーティファクトが予想以上に役立ってて凄かったりと、
ネギの生徒達が満遍なく活躍し出したのはネギの「仲間に頼る」スタンスからして頼もしいですね。
この物語は一貫してネギの成長と、仲間と助け合うことの重要性が押し出されており、
その集大成とも言える状況が出来上がってて読み応えがあります。

それはそれとして、龍宮さんがあの銃弾を使ったことから、
超の再登場を期待しているんですが…
出るとしてももうちょっと先の方かなぁ。
ネギが考え出したハッピーエンドの方策も気になるし、ホント続きが楽しみです。
やっぱりネギまは面白い!

:: 2010/11/18 木曜日::

■[漫画]ドキっ! 最終決戦前の仮契約祭り!「魔法先生ネギま!」32巻

魔法先生ネギま!(32) (少年マガジンコミックス)
著者/訳者:赤松 健
出版社:講談社( 2010-11-17 )
コミック ( 176 ページ )
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健 (KenAkamatsu) on Twitter

絶版漫画の電子書籍化事業を始めた赤松健先生ですが、ネギま!も変わらず面白いです。
勿論前作にして萌え漫画の極地「ラブひな」も面白いので11/26から無料公開らしいので、
もし未読の人がいるようならこの機会に是非読めば良いと思います!

魔法世界に入ってからの少年バトル漫画展開で萌え方面が少なくなったことに悲しんでいた人に朗報です。
最終決戦を前にまだ仮契約がまだだった女子生徒が次々と仮契約ですよ!
つまりキス☆キス☆キスな訳です。
最近胸の発育が著しい明石教授の家の裕奈ちゃんも勿論キスですよ。
ぬっふふふ…(←キモイ

バトル展開でもパンツが見えまくるなんて序の口ですが、
萌えだけでない燃えなバトル展開も目白押し。
圧倒的な物量作戦と奇襲でもって攻め来るフェイト一味に対して、
シリーズ通して描かれてきた「仲間に頼る」ことで前へ前へと進むネギ一行が、
遂に喉元まで駆け上がってきた訳なんですが、
ここにきてついに謎のクラスメイト、ザジが登場…!?

ザジの謎が明かされる時、物語はクライマックスを迎えるという予告通り、
恐らく今回の最終決戦がネギの冒険譚のひとまずの終着駅になるのは間違いないっぽいです。
萌え展開もまだ人気が高い大河内アキラの仮契約が残されているし、
まだまだ見逃せないですよ。

しかし最後のQ&Aに畑健二郎先生の名前があったのには笑った。(笑

HTML convert time: 2.111 sec. Powered by WordPress