りゅうおうのおしごと! 12 小冊子付き限定版 2月14日発売!
小冊子はまるごと姉弟子だ!
:: 2015/12/17 木曜日::

■[漫画]刀太の告白、キティの想い「UQ HOLDER!」9巻

UQ HOLDER!(9) (講談社コミックス)
著者/訳者:赤松 健
出版社:講談社( 2015-12-17 )
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健(@KenAkamatsu)さん | Twitter

Kindle版:UQ HOLDER! (9)

Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] UQ HOLDER!

どんどん「ネギま!」との関連性が高まる「UQ HOLDER!」ですが、
遂に表紙がエヴァンジェリン単体となりましたよ。
作者コメントにある通り、まるで「ネギま!」のようですが、
この漫画は近衛刀太が主人公の「UQ HOLDER!」という漫画です。

狭間の魔女ダーナによる修行編ですが、
不死者相手だからか超ハードな修行ですよ。
血だけでなく腕や頭も飛びまくりで、
アニメになってもとてもゴールデンタイムでの放映は無理ですよ。
話の根本も主人公の性格も少年漫画してるんですけどね。

祖父であるネギと同じ強さである上位雷精との戦いとか、
刀太にとっては越えなくてはならない壁が用意されてたりと、
ダーナさんも師匠として良い仕事しますよね。
しかし上位雷精とかラカンが戦ったことがあると言ってた奴ですよね。
こういった細かい「ネギま!」との関連が見られるのも、
前作からのファンとしては嬉しいです。

というか「ネギま!」との関わりと言えば、
仙境館に訪れたあのおばあさんとその孫だったり、
近衛という苗字を持つ二人の少女だったりと、
非常に興味深い少女たちが立て続けに登場してワクワクが止まりませんね!

ラブコメ的な意味でもこれから大盛り上がりになりますね!
とはいえ刀太本人はエヴァンジェリン一筋っぽいので、
周りの女の子はこれから大変だと思いますが、
是非とも頑張って読者を喜ばせて欲しいものであります。(笑

:: 2015/10/25 日曜日::

■[漫画]人生を賭けた一球「ベイビーステップ」37巻

逞戦もついに決着…!

熱かったなぁ…
本当に熱かった…
連載初期からずっと大きな壁として立ちはだかった逞を相手に、
それを乗り越えるのではなく、倒すことに意識を切り替えたエーちゃんが、
見事にそれを成し遂げるまでの展開が本当に熱かった…!

この盛り上がりはエーちゃんの頑張りだけではなく、
逞という壁が高くそびえていたからこそでもあると思います。
しかもサーブ&ボレーという一本芯の入った壁だからこそ、
潔さと格好良さがあったんですよね。
サイン会で男のファンが多いのも判るというものです。

それにしても逞のエーちゃんに向けた「プロになんだろ?」という発言に対して、
エーちゃんが答える時の表情は素晴らしかったなぁ。
決意、歓喜、希望、興奮、そういった多彩な感情が見えてくると言いましょうか。
今までのエーちゃんの頑張りが報われる表情だったと思います。

それとプロになるための履歴書を作るエーちゃんも凄いけど、
それに社会人として助言するエーちゃんのお父さんも良かったですね。
これも家族の理解をちゃんと得てきたからこそだよなぁ。
まだプロになるための地盤が出来て、決意を固めただけなんだけど、
これからに期待できるのがエーちゃんというものですよ。

まぁ、それはそれとして…
エーちゃんとナっちゃんのラブコメ展開がまた新たな局面というか…
ナっちゃん… 天然の小悪魔やでぇ…!

:: 2015/9/27 日曜日::

■[漫画]ロマンス式肩もみとは「生徒会役員共」12巻

生徒会役員共(12) (講談社コミックス)
著者/訳者:氏家 ト全
出版社:講談社( 2015-09-17 )

Kindle版:生徒会役員共 (1)
Kindle版:生徒会役員共 (2)

Kindle版:生徒会役員共 (11)
Kindle版:生徒会役員共 (12)

11巻で登場した森さんですが、ここに来てラブコメ戦線最右翼になってまいりました。
11巻でアリアが色々とフラグを立てていましたが、
森さんも着替えドッキリイベントがありましたからね。
更に水着回に登場したり、胸囲的な成長を見せてくれたりする上に、
タカトシと似た感性(ツッコミ属性)だからこそのシンパシーがあるのが、
一番の強みだと思われます。

しかしウオミーこと魚見さんも中々に侮れません。
連日タカトシの家に通い詰めるどころか、
まさかタカトシ母をお義母さんと呼ぶほどになっていたとは。
これは着実に外堀を埋めまくってますなぁ。

それに比べて生徒会役員共はなんというかどんぐりの背比べで…
三人寝ていれば誰にブレザーを羽織らせて貰えるのか比べたり、
三人で正面から肩もみをして貰う「ロマンス式」をやってもらったりと、
良いフラグは立っているんだけど横並びだからなぁ。
いや、これはこれでニヤニヤできる良い展開だとは思うんですけどね。
ただ、このままではウオミーや森さんに掻っ攫われないか心配ですよ。

また、11巻の森さんに続いてこの12巻でも新キャラが登場しました。
厳密に言うと新キャラではないんですが、新任の小山先生です。
割りと常識人である彼女が今後どういったヒドイ目に遭うのか。
もう現時点で幾つかの下ネタの餌食になっていますが、
今後もっとヒドイ目に遭う気がします。
まぁ、それもまた一興だと思います。(キリッ

:: 2015/9/25 金曜日::

■[漫画]キティの過去「UQ HOLDER!」8巻

UQ HOLDER!(8) (講談社コミックス)
著者/訳者:赤松 健
出版社:講談社( 2015-09-17 )
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健(@KenAkamatsu)さん | Twitter
Kindle版:UQ HOLDER! (1)
Kindle版:UQ HOLDER! (2)
Kindle版:UQ HOLDER! (3)

Kindle版:UQ HOLDER! (6)
Kindle版:UQ HOLDER! (7)
Kindle版:UQ HOLDER! (8)

まほら武道会の予選を勝ち抜いていくも、
地下闘技場で対戦したAランクの相手には負けてしまう刀太。
力不足を痛感する中、雪姫とも思春期らしいフラストレーションの爆発で喧嘩になりそうな時に、
雪姫の師匠であり、貴族にして吸血鬼の真組・ダーナに連れ去られ修行をすることになり…

始まりましたよ修行編。
やはり「ネギま!」と同じく修行編ってのがあってこそですよね!
しかしその師匠役が雪姫の師匠とは驚きですよ。
まぁ、そのダーナさんの体型にも驚きですが。

そして修行することによって刀太の身体の謎が解き明かされるだけでなく、
更には狭間の魔女であるダーナの特性もあり、
過去の雪姫、もといエヴァンジェリンと刀太が交流する展開になるとは!
「ネギま!」でも軽くしか触れられなかったエヴァンジェリンの過去を知り、
時空の歪みのお陰であり得ない邂逅を成し遂げた二人の触れ合いを見てると、
微笑ましくもあり、ダーナの言う通り運命を感じますね。

それにしても火星の白に金星の黒とか気になるワードが出てくるだけでなく、
エヴァンジェリンの可愛らしさも豊富で、素晴らしい8巻でしたね。
このまま「ネギま!」で明かされなかった話がどんどん出てきて、
「ネギま!」シリーズが今度こそ完結して欲しいと思います。

:: 2015/8/31 月曜日::

■[漫画]生涯最高のプレッシャーを味方に「ベイビーステップ」36巻

あと1ポイント取られたらエーちゃんはプロになれない…

そんなプレッシャーがかかりまくる土壇場から始まる36巻!
これほど熱いスポーツ漫画は中々無いですよ!
この36巻でも逞戦はラストまで行ってないので、
覚悟をして読んで下さい。

正直、私ならこんなプレッシャーがかかりまくる試合で全力が出せるとは思いません。
でも、エーちゃんは今までプレッシャーを味方につける術を身につけてきたし、
何より積み重ねてきたものが違いますからね!
とはいえノートに書く字が震えてたあたりは、
流石のエーちゃんでも試合の外ではプレッシャーの重圧があるんだな、と思いました。

対する逞ですが…
絶好調の反動がきたことで見事なまでに絶不調になってますが、
そこからの開き直りは流石にプロだな、と思いましたね。
確かに逞は今までずっと格好悪いところばかりでしたからね。
そこから自分は格好悪いと自覚しての猛攻はある意味清々しいと言いましょうか。
一皮むけたな、と感じます。
エーちゃんは無自覚に対戦相手を成長させるからなぁ。
今までも逞を何度となく成長させてきたけど、また更に手強くするとは…
エーちゃんの世代の選手が手強くなったのは、ひとえにエーちゃんのお陰だと思う。

次の37巻で正真正銘の逞戦のラストです。
エーちゃんは連載初期の頃を思い出させる粘り強さで長期戦を狙い、
逞は持ち味を活かした短期戦を狙う。
そんな二人の対決がどうなるのか。
刮目して見よ…!

:: 2015/7/2 木曜日::

■[漫画]親子4代に渡る戦い「UQ HOLDER!」7巻

UQ HOLDER!(7) (講談社コミックス)
著者/訳者:赤松 健
出版社:講談社( 2015-06-17 )
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健(@KenAkamatsu)さん | Twitter
Kindle版:UQ HOLDER! (1)
Kindle版:UQ HOLDER! (2)
Kindle版:UQ HOLDER! (3)
Kindle版:UQ HOLDER! (4)
Kindle版:UQ HOLDER! (5)
Kindle版:UQ HOLDER! (6)
Kindle版:UQ HOLDER! (7)

魔族とのハーフなので80年経っても若いままだった龍宮真名。
刀太の前に現れた彼女は模擬戦をして刀太の実力を確認したあと、
学園長代理という立場を明かしてとある提案をする。
それは魔法が解禁されたまほら武道会への出場で…

ますます「ネギま!」との関連が増してきて、
もはや「ネギま!」の第2期といっても過言ではないのでは!
過去の映像で確認できるまほら武道会の優勝者は、
成長した夕映と古菲の二人でしょうし、
何より「始まりの魔法使い」とネギとナギの二人のことからも、
まだまだ戦いが終わってなかったことが明らかです。

まぁ、それはそれとしてエヴァンジェリンの制服姿は似合ってますね。
やはりエヴァといえばこの制服でロリババァですよ!
ロリヒロイン的にはキリヱも良いポジションしてるんですけど、
このままだと長谷川千雨と同じのような気がする…
便利に使われる素直になれないヒロインポジションに…!

それにしても色々と明かされることが多かった7巻ですが、
一番驚きなのは刀太の正体ですよね。
しかも刀太を兄と呼ぶ女テロリストも出てくるし、
ますます混迷の度合いが増してきましたね。

まほら武道会の予選も始まりましたが、
このまますんなり勝ち上がれるほど甘くはなさそうですねー
それと刀太が持つ黒剣ですけど…
まさかデルフリンガーだったとは…(ぉ
ということは刀太の正体はガンダールヴ…!?(ぇー

:: 2015/5/20 水曜日::

■[漫画]自分を…、信じる…!「ベイビーステップ」35巻

第一セットを落とし、後がないエーちゃんだけど、
圧倒的なまでにサーブ&ボレーが決まる絶好調の逞!
やれることを全部やり、今こそ「再検討」の時なんだけど、
もう何も打つ手はなくて…

この読んでる時の緊迫感!
毎週の展開が楽しみであり、怖くもあるハラハラ感!
ページを一枚めくる毎にドキドキが止まらない面白さ!
今、正に「ベイビーステップ」が最高潮ですよ!

それもこれも初期からずっと登場してきた逞というキャラと、
遂に同じステージで勝負出来るという展開もさることながら、
今まで肝心な試合でエーちゃんが勝てなかったからこそなんですよね。
マッチポイントになり、あと一つで敗退決定という緊迫感を、
エーちゃんと一緒に感じることが出来るこの興奮!
あぁ…、これこそがスポーツ漫画の醍醐味ですよ…!

自分を信じるというのは実は凄く難しいんですよね。
これが今まっでサボってばかりだった逞だったら無理だろうけど、
エーちゃんは出来ることを精一杯ずっとやってきたからこそ、
すんなり自分を信じることが出来るんだと思います。
だからこそ、窮地に陥っても踏ん張れることが出来ただよなぁ…
カッコイイよエーちゃん…!

恐らく次の36巻で決着は付くでしょうけど、
マガジン本誌の方でもまだ結末まで行ってないので楽しみで仕方ないです。
不安なのはキリが良いからこの後完結しちゃわないかだけなんですが…
まぁ、流石に大丈夫だと思いたいです。

それと巻末に載っている番外編ですが、
マーシャの乙女っぷりが可愛くて可愛くて…!
電話をかけるのにあんなに緊張するとか、
マーシャってば完全に恋する乙女で最高に可愛かったです。
スポーツ漫画としてだけでなく、ラブコメ漫画としても一級品ですね!

:: 2015/3/27 金曜日::

■[漫画]因縁の熱戦「ベイビーステップ」34巻

「ベイビーステップ」の面白く、そして恐ろしい所は主人公のエーちゃんが頻繁に負けることです。
ここ一番という時でもエーちゃんは負けてしまうことがあるので、
今回のようにプロになることを賭けている大一番でも楽観は出来ないだけに、
手に汗を握りながら読むことになるのです。

まして相手は因縁の相手である逞ですからね。
テニスを始めた頃から身近に居た超えがたき壁。
その逞がサーブ&ボレーに磨きを掛けただけでは飽き足らず、
まるでエーちゃんのようなデータ分析も試みているのだから溜まりません。
これはマジでヤバイ…!

もちろんエーちゃんの方だっていつも通り、いや、いつも以上に頑張ってます。
長い間身近にいたからこそ得られたデータの蓄積もあるし、
何よりエーちゃんが培ってきた経験と技術があるんだけど、
それすらも逞は事前の情報収集で把握してるんですよね。
そこが今までの逞と違うと感じさせるだけに戦慄を覚えます。

というか220km/h超のサーブとか、
現実のプロの試合でもそんなに見られない速度ですよ。
それにエーちゃんがどう対応し、どう攻略していくのか。
取っかかりすら見えない状況なだけに目が離せません。

■[漫画]麻帆良黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD「UQ HOLDER!」6巻

UQ HOLDER!(6) (講談社コミックス)
著者/訳者:赤松 健
出版社:講談社( 2015-03-17 )
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健(@KenAkamatsu)さん | Twitter

Kindle版:UQ HOLDER! (1)
Kindle版:UQ HOLDER! (2)
Kindle版:UQ HOLDER! (3)
Kindle版:UQ HOLDER! (4)
Kindle版:UQ HOLDER! (5)
Kindle版:UQ HOLDER! (6)

学園内で起こる連続殺人事件を追う刀太たちUQ HOLDERナンバーズたち。
そこで出会った三太が犯人かと思われたが、
実際の犯人である小夜子が牙を剥き、まずは夏凜が戦力外に追いやられ、
そして全世界同時に死霊術士の力でゾンビテロを起こし…

使い古されたゾンビものですが、だからこそ面白いですね。
死霊術士としての能力という裏付けもありますし、
小夜子が使う呪文も簡易アプリではなく時代がかっているあたりに、
80年前、ネギたちが現役だった頃の面影が見えて心憎いです。

今回のゾンビテロの背景は前回のスラムの時にも出ていた格差社会ですね。
経済学者のピケティが指摘している通り、
このまま資本収益率が大きくなっていくと訪れる未来っぽいのがちょっとリアルです。
いけ好かないエリートを無様に描いているあたりは、
復讐ものとしての面白さも入れ込んでいると感じました。

そんなゾンビものとしての物語も良かったですが、
最後のお風呂回でのドタバタはいかにも赤松健だなぁ、と思いました。(笑
というかキリヱは判りやすい反応しますね。
刀太に一目惚れしたのが図星だと判りやすすぎる。(笑

そしてまさかのラストに龍宮真名が登場して驚きです。
確かに魔族とのハーフである彼女なら80年経っても存命でしょうが、
ここまで若々しい姿で登場するとは…
どんどん「ネギま!」との関連が判明しだしているだけに、
次回も見逃せませんね!

:: 2015/2/25 水曜日::

■[漫画]新キャラも出ますよ?「生徒会役員共」11巻

生徒会役員共(11) (講談社コミックス)
著者/訳者:氏家 ト全
出版社:講談社( 2015-02-17 )

Kindle版:生徒会役員共 (1)
Kindle版:生徒会役員共 (2)
Kindle版:生徒会役員共 (3)

Kindle版:生徒会役員共 (9)
Kindle版:生徒会役員共 (10)
Kindle版:生徒会役員共 (11)

11巻になり、アニメも落ち着いたと思ったら12巻でもOAD付き限定版を出すみたいですね。
どこまで行くんだこのアニメ企画は。
いや、好きな作品が好調なのは良い事なんですけどね。

好調なせいなのか11巻という長さになってまさかの新キャラ登場です。
表紙では彼女が持つアリアに勝るとも劣らないおっぱいのみの登場ですが、
ちゃんと本編には全身で出てきていますよ!
彼女はウオミー率いる英稜高校生徒会の副会長で名前は森さん。
タカトシと同じツッコミ属性持ちです。

新たな巨乳属性キャラの登場でアリアの人気が落ちるかと思いきや、
むしろ今回はアリアのフラグがビンビンに立ちまくりなので、
アリア人気は高ま一方でしたね!
畑さん企画のボイスドラマでタカトシがアリアエンドを選んでフラグが立ち、
執事代理で風呂場でドッキリイベントもこなした上に、
更には執事代理という立場を利用したアリアが世話焼きプレイをしてもらいと、
フラグが立つ音が聞こえそうなほどに乱立してましたよ。
いやー、これは今後が楽しみですなー

それはそうと今回地味に驚いたんですけど、
コトミって意外とおっぱいあるんですね。
まさかおっぱいの谷間にスマホを挟めるほどにあるとは…
もちろん寄せてあげてるんでしょうけど、
それすらも出来ない会長が憐れすぎた…
乗馬でもアリアのおっぱい当ててんのよプレイでタカトシは前屈みになったのに、
会長では気付かれもしなかったからなー
憐れ…

今回登場した森さんも今後出てくるでしょうし、
それに伴いウオミーの登場頻度もあがりそうなので、
ラブコメ的に今後も楽しみです。

HTML convert time: 1.344 sec. Powered by WordPress