僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!
:: 2018/9/23 日曜日::

■[ラノベ]貴族の婚姻「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部「貴族院の自称図書委員IV」」

貴族院から戻りエーレンフェストでの春をすごすローゼマイン。
そこに領地内のバランスを取るためにヴィルフリートとの婚約が発表されることに。
領地内の派閥争いなんてものよりも対外的なことを考えたいローゼマインだけど、
貴族たちにはめんどくさいしがらみがあるようで…

春が近付いてきてもゆっくり読書ができないローゼマインだけど、
その忙しさの殆どは自業自得な気がしないでもないです。
今回も刺繍がしたくないからと新しい布の染め方を伝えてしまい、
更にはインク作りで新しい発見があってフェルディナンド様が興味津々になったり、
ハルデンツェルの祈念式でうっかりと零した言葉で大変な事態になったり…
いや、ホント、わりと自業自得ですよね!

でもまぁ、それで周りが大変になるとはいえ、
それ以上にリターンがあるのが救いではあるんですけどね。
今回一番リターンが大きかったのはハルデンツェルの人たちでしょう。
これからも困難は控えていますが、目に見える希望があるのですから、
頑張って乗り越えていくことでしょう。

今回の書き下ろしのギュンター視点の短編、良かったですね。
マインの気遣いを汲み取り、方々駆け回って町を護るギュンターは格好良かったです。
しかし、エントヴィッケルンではなく、ヴァッシェンの方が目立ったのは、
意外な副次効果だったというか…
マインは絶対にそんなこと考えてなかっただろうけど、
これもまた結果オーライということでしょうかね?

それにしてもダームエルは本当に不憫というか…
ヴァッシェンで溺れたり、側近たちにライバル視されたり、
何よりローゼマインに結婚相手探しを忘れられたり…
いやはや、強く生きてください…
まあ、これからもっと大変になると思うけどね!
頑張れ、ダームエル!

:: 2018/8/9 木曜日::

■[漫画]家族を守る一番冴えたやり方「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~」7巻

本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~7巻本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~7巻
出版社:TOブックス
原作者名:香月美夜
原作者サイト:香月 美夜
原作者twitter:香月美夜 (@miyakazuki01) | Twitter
作者名:鈴華
作者サイト:列挙。
作者twitter:鈴華 (@suzupaca) | Twitter
Web版:本好きの下剋上 ニコニコ静画
Kindle版:7巻
Kindle版まとめ買い:本好きの下剋上
DMM電子書籍:7巻

貴族に飼い殺されるよりも家族と一緒にいることを望んだマイン。
そんな中、洗礼式で訪れた神殿で図書室を見付けてしまい、
後先考えずに突撃して一騒動を起こしてしまうんだけど、
それによってマインが生き延びる道が見えてきて…

尊い… みんな尊い…

まず、馬車に乗れるかどうかで一喜一憂するトゥーリが尊い。

フリーダの手の平の上でコロコロと転がされちゃってるけれど、
この年頃の子供としてはとても普通なリアクションですよ。
マインのことは大切だけど、好奇心は抑えられない…
そんなトゥーリが可愛かったです。

次に、洗礼式でマインのことを素直に褒めているルッツが尊い。

近所のおばちゃんたちが言っているように、
小さな可愛い結婚式みたいでしたよ。
まぁね、この先の展開を知っていると素直に祝福できないんですけどね…
ルッツ… 君は精一杯頑張っているよ…!

そして、何と言ってもマインを守ろうとする両親の姿が尊い。

貴族相手に逆らったら命がないのがわかっているのに、
それでも愛する娘、マインを守るために神官相手に大立ち回りをするギュンターパパ素敵…
神官はこの手の荒事したことないから全くなってないってのもあったけど、
無双するギュンターパパ、格好良かったです。

他にも知恵と知識を出してくれたベンノさんとか、
色んな人の協力を取り付けてマインが生き延びる道が見付かって良かったですね。
これで第一部が完結になりますが、マインの物語はまだまだ続きますので、
これからもとても楽しみです。
第二部は引き続き鈴華さんが描かれるみたいなので楽しみです。

それと今回表紙にも登場し、洗礼式でも意味深なお目見えをしていた神官長ですが、
原作を読んでいる人ならわかると思いますが、とても重要な人物ですからね。
コミカライズだけ読んでいる人は是非とも気にしておいてください。
面談中を含めて厳しい表情をしているように見えますが、
単に激務で疲労が激しいだけ、というのがそのうちわかると思います。
それに、マインの両親に対する言葉も物語の完結にいたるまで重要な意味を持っているので、
よく覚えておいて欲しいです。

それにしても素晴らしいコミカライズだった…
まだ第一部が終わっただけで、面白さはまだまだ加速していくんだけれど、
これからの面白さを確信出来るモノだったので、第二部も本当に楽しみです。
早く青色巫女見習いをするマインを見てみたいです!

:: 2018/6/16 土曜日::

■[ラノベ]消える契約と忘れない約束「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部「貴族院の自称図書委員III」」

言動が予測不能で危険すぎるということでエーレンフェストに戻されたローゼマイン。
しばらくは平穏な日常が送れるかと思っていたけれど、
そこには印刷業を広めるためにボトルネックになっていた、
ルッツとの間に交された契約魔術の解消が待っていて…

少しずつ下町の家族とルッツたちとの繋がりが断たれていくのは悲しいですね…
マインにとっては数少ない、本よりも優先する幸せの象徴なだけに、
仕方ないこととはいえマインの気持ちを思うと胸が張り裂けそうです。
特にマインの夢が描かれた挿し絵を見てると、それがより一層強まりました。
何てものを見せてくれるんだ…(つД`)

そんなことがあって涙を流しながらも乗り越えて前に進もうとするマインとルッツと、
それを支える周りのみんなを見てると、良い人に恵まれたなぁ、と思いますね。
フェルディナンド様はちょっと厳しいし優しさも分かりにくいけれど、
これからマインにとって長椅子からそれ以上になっていくんだよなぁ…
と思うと割りと感慨深かったりします。

それにしてもハンネローレ様… この頃から本当に間が悪かったんだなぁ…(笑
そして予想以上に可愛いですね、ハンネローレ様!
こんなに可愛い妹がいるなら、レスティラウト様がちょっと張り切ってしまうのも、
何となく分かってしまいますよ。
なるほど、これは可愛い…

アンゲリカの美少女っぷりも素晴らしかったけれど、
それを台無しにする残念さも健在で笑ってしまいましたね。
そんなアンゲリカと似た残念さを見せてくれるローゼマインですが、
一番の問題は変人っぷりに全然自覚がないことだと思いました。(笑

さて、今年はまだまだ本好きの下剋上が盛り上がりますよ。
原作2冊に外伝1冊にコミカライズの単行本にふぁんぶっく3と、
作者の香月美夜さんの体調が心配になるくらいの仕事量です。
取りあえず読者としては読書時間と書籍代を準備しておかないとですね…!

:: 2018/3/14 水曜日::

■[ラノベ]脳筋たちと王子の恋「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部「貴族院の自称図書委員II」」

最速で講義を合格して図書館生活に突入したローゼマイン。
しかしエーレンフェストがシュバルツとヴァイスの主となったことで他領地から反感を買い、
主の座を巡って他領地から因縁を付けられて騒動を起こしてしまう。
また、アナスタージウス王子とエグランティーヌの恋物語にも巻き込まれて…

今後何かと関わることになる大領地ダンケルフェルガーといい、
リヒャルダの孫だからと側近にしたトラウゴットといい、
脳筋な人たちに悩まされる巻でしたね!
この時のレスティラウトは大領地としての誇りが驕りに近く感じられて、
あまり好きにはなれないんですけど、
この後のあれこれを考えると、ツンデレのツンの時期だったのかな、と思います。

トラウゴットに関しては… まぁ、中学生男子だなぁ、という。
自分のことしか考えられないのは親の教育の失敗ですよねぇ…
そういった意味でも身内のリヒャルダは激怒していたのでしょう。

そんなトラウゴットを切り捨てたローゼマインはただ甘いのではなく、
身内だけに甘いという性格がよくわかりますね。
まぁ、その身内判定が緩いのがローゼマインらしいのかもしれませんが。

教育と言えば書き下ろしの短編でヴィルフリートの教育が足りてないのが分かりましたね。
かなり更正したと思ってたんですけど、まだまだヴェローニカの教育の残滓があるんですね…
まぁ、あの血族に刻まれたDNAのせいかもしれませんけども。

もう一つの書き下ろしのアナスタージウス王子とエグランティーヌの恋物語は良かったですね。
貴族的で遠回しな言い方ではなく、率直な恋の言葉ってのは良いモノです。
王族というのは困った人が多いけれど、アナスタージウスは恋の人なので憎めないんですよね。
ローゼマインが巻き起こす騒動の被害者の一人だからなのかも知れませんが。(笑

:: 2018/2/25 日曜日::

■[漫画]家族の愛。「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部 「本がないなら作ればいい」」6巻

本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~6巻本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~6巻
出版社:TOブックス
原作者名:香月美夜
原作者サイト:香月 美夜
原作者twitter:香月美夜 (@miyakazuki01) on Twitter
作者名:鈴華
作者サイト:列挙。
作者twitter:鈴華 (@suzupaca) on Twitter
Web版:本好きの下剋上 ニコニコ静画
Kindle版:6巻
Kindle版まとめ買い:本好きの下剋上
DMM電子書籍:6巻

「身食い」の熱でまた倒れてしまったマイン。
今回の熱は命の危険があったけれど、ギルド長のお陰で九死に一生を得ることに…
しかし、このままだと余命一年であることを告げられたマインは、
貴族に飼われるか、家族と一緒に過ごして朽ちていくかの二択を迫られて…

もうね、涙なしには読めない…

「本好きの下剋上」はモノ作り、マインのキャラ、ファンタジー世界の魅力、
と面白さは色々な要素があるんだけど、中でも私の琴線に触れるのは家族愛なんですよね。
今回はその家族愛が溢れに溢れ、涙も溢れさせてきてやばかったです。

マインとして転生してから家族と仲が良かったけど諍いがなかったわけではなく、
それでもいつの間にか愛すべき家族という関係になっていたトゥーリ、ギュンターパパ、エーファママ…

失いたくない、一緒に居たい、大事にしたい…
そんな家族がいるからこそ、余命一年という短い時間を、
大切に、そして愛おしく思い、離れたくないと思うマイン…
そんなマインを受け止めてくれるトゥーリたちは、
本当に良い家族だな、と思います…

元々トゥーリだってマインのことがまるごと大好きだったわけじゃなく、
晴れ着が豪華なマインに嫉妬したりするんだけど、
それでも死んじゃうと言われたら泣いてしまうんだよね…
だって、大事な家族なんだもの。

ギュンターパパが愛し、家族を大事にしてきたからこそ、
こういった愛で溢れる家族になっているんだと思います。
だからこそ、マインの余命が一年と言われて狼狽えるわけで…

もうね、原作で読んでた時以上に涙腺を刺激されて私も狼狽ですよ。
今回もWeb原作最終回でハッピーエンドになることを再確認してからじゃないと、
この単行本読めなかったですもん!
現時点でこうなんだから、原作で一番泣いた第二部のラストはどうなるのか我ながら心配です。

もちろんそんな感動的な場面だけではなく、
今回もマインのコミカルなところは健在です。
私が6巻でMVPに選ぶのはベンノさんにパイルダーオンしたマインが、
ギュンターパパとベンノの言動に驚いたシーンです。

驚いてるマイン可愛い…(笑

:: 2017/12/10 日曜日::

■[ラノベ]誰にも止められない図書館への情熱「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部「貴族院の自称図書委員I」」

ゲオルギーネ派の陰謀で毒を受けユレーヴェに浸かり2年間眠っていたマイン。
起きたら浦島太郎状態な上にすぐに貴族院に入学するための詰め込み勉強が始まり、
あっという間に貴族院での生活が始まる訳だけど、
国内蔵書数2位の貴族院図書館を前にマインは止まるはずがなく…

いやはや、流石のマインでしたね。
フェルディナンド様ですらもまだ甘く見ていたマインの本への情熱を、
この2年間で多少成長したとはいえまだ子供のヴィルフリートを理解しきれるはずもなく、
迂闊な煽りで一年生全員にマインズブートキャンプで甚大な被害を受けてしまったのは、
さもありなんと言ったところでしょう。(笑

そんな周りの災禍に頓着することなく、念願の図書館に入れたマインの喜びようは最高でしたね。
表紙にも出ているシュミルのぬいぐるみ魔術具のヴァイスとシュバルツが可愛かったです。
欲を言えば、涙をボロボロ流している時の挿し絵も見たかったところですが…、
これはかなり先になると思いますが、鈴華さんのコミカライズに期待したいと思います。

それにしてもWeb版完結まで読んだ後にこうやって一から読み直していると、
色々と伏線があったことに気付かされますね。
グルトリスハイトとかこの時点でもう既に出てたんですね…
あと、王族がバカというのをこの時点でマインは看破してたんだな、と。(笑

書き下ろしのエーファ視点の短編ですが、これも素晴らしかったです。
椎名優さんが描かれる成長したカミルの可愛さもそうですが、
未だにマインと別れる原因を作ったと自分を責めるトゥーリが尊かったです…
早くみんなが笑顔で家族として過ごせる日が来ますように…

HTML convert time: 0.663 sec. Powered by WordPress