りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2013/2/10 日曜日::

■[ラノベ]にっこにっこにー!「アクセル・ワールド 13 ―水際の号火―」

アクセル・ワールド13 ―水際の号火― (電撃文庫)
著者/訳者:川原礫
出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-02-09 )
文庫 ( 328 ページ )
作者サイト:WORD GEAR
作者twitter:川原礫 (kunori) on Twitter
絵師サイト:天才卓球少女
絵師twitter:HIMA (himapo) on Twitter

ま     た     か

またなのか! 一体いつになったらメタトロン編終わるんだよ!
面白い作品ですし、随所にサービスシーンやコメディも入れられるとはいえ、
毎度毎度終わりを見せてくれないと流石にフラストレーションが溜まりますよ!
これで次回もTo Be Continuedとかになったらバッドエンドに染まるでぇー…(微妙に古い

SAOのアニメ放映時期に合わせた刊行ペースだったため、
発売時期がズレこんでしまい半年ぶりとなったAW新刊ですが…
ええ、上記のように不満をぶちまけたように今回もメタトロン編は終わらず、
非常に良いトコで終わっておりますですよ! なんてこったい!

それでも読んでて凄く面白いから始末に負えないんだよなぁ…!
くそぅ! ハルユキに抱きついて弱気な所を見せるニコが可愛すぎる!
しかも挿し絵でパンモロ披露してりするとか卑怯すぎるじゃないか!
ゲストキャラである赤のレギオンの面子もブレイズ・ハートとか面白可愛いし!
文化祭の一幕のサービスシーンのカラーピンナップは何度も見返しちゃいましたよ!
くそぅ! 作者たちの思惑に乗りまくりだよ…!

売り上げ的にも話題的にもSAOの方が上なんですけど、
それでもAWは電撃文庫の中は元より現在のラノベ界隈ではピカイチの面白さがあるので、
オススメな作品なのは間違いないんですけど…
やはりエンドレスエイトを思い出す延々と続くTo Be Continuedには流石に辟易としますので、
長編シリーズが終わってからまとめ読みした方が精神的に良いかもしれません…
取りあえずあとがきであれほど強調してたから次回こそメタトロン編が終わると思います。
たとえ厚さが境界線上のホライゾン並になっても良いから次巻で区切りがついてくれますように…!

:: 2012/4/16 月曜日::

■[ラノベ]おまわりさん、ロリハーレムを作っている主人公はこいつです!「アクセル・ワールド」11巻

アクセル・ワールド〈11〉超硬の狼 (電撃文庫)
著者/訳者:川原 礫
出版社:アスキーメディアワークス( 2012-04-10 )
文庫 ( 301 ページ )
作者サイト:WORD GEAR
作者twitter:川原礫 (kunori) on Twitter
絵師サイト:天才卓球少女
絵師twitter:HIMA (himapo) on Twitter

アニメも始まって原作も新章突入!
長かった「災禍の鎧」編も9巻で無事決着したけれど、
その裁定の場である七王会議で新たな高難易度ミッションを依頼されたハルユキ。
それは”銀”の特性が持つ故に期待された光学兵器無効の「理論鏡面」アビリティの習得だった…

表紙は妖艶な黒雪姫ですが、実質今回はロリ回です。(笑
生脚が眩しい小学六年生のニコと同衾したり、
健気で可愛いけど芯がしっかりしている小学四年生の謡のお宅訪問したりと、
ロリロリロリロリィー! な展開目白押しであります。

そして予想通り「理論鏡面」アビリティ習得が今回で終わらなかった訳なんですが、
まさかの新キャラ「ウルフラム・サーベラス」の登場とハルユキの敗北。
それからの原点に立ち戻ってのリベンジという展開は熱いモノがありましたね。
「理論鏡面」習得の為に議論したり試行錯誤したりするのも興味深く面白かったです。

しっかし、加速研究会のエゲつなさというか黒さがまた垣間見えてきましたねー
「ウルフラム・サーベラス」の隠された能力と背景とヒキが色々と凄いですし、
マンガンさんとコバルトさんの双子侍ちゃんも可愛かったですし、
続きが非常に楽しみなんですが、今回はサクっとキリが良いとこまで行って欲しい所です。

それはそうと、タングステンは英語でもタングステンだと思うんですが…
トリリードといい、案外凡ミスが多い印象がありますね…

:: 2011/12/12 月曜日::

■[ラノベ]表紙と本文に関係ないけど、これはこれで良し!「アクセル・ワールド10 ―Elements―」

アクセル・ワールド 10 (電撃文庫)
著者/訳者:川原 礫
出版社:角川グループパブリッシング( 2011-12-10 )
文庫 ( ページ )
作者サイト:WORD GEAR
作者twitter:川原礫 (kunori) on Twitter
絵師サイト:天才卓球少女
絵師twitter:HIMA (himapo) on Twitter

今回は短編集でそれぞれが時系列がバラバラだし、
最後の「バーサス」に至ってはお祭り企画なわけでかなり無茶やってるんですが、
そのどれもがいつも通りに面白くて満足できましたよ。
まぁ、表紙から内容をちょっと期待したら見事に肩透かし食らった訳なんですが。
Oh…、フーコさんのわがままボディの水着姿を堪能したかったデース。

一本目の「遠い日の水音」はまだ黒雪姫が入院していた頃、
タクムに教導されてレベル2になれるだけのポイントが溜まったハルユキが、
うっかりレベルアップしてしまって残りポイントが8にまで落ち込んだ話。
そして加速世界でただ一人「用心棒」というロールプレイをしている人に、
ポイントが安全圏まで上がるまで護衛してもらうんだけど、
その「用心棒」のアクア・カレントはカラー不明でしかもレベル1で…

という、MMOをやった人ならたまに見かけたと思うスーパーノービスな人が登場。
しかもハルユキの女性遭遇率の高さからご本人ともまさかのご対面。
まぁ、性別不詳だけどハルユキが出会うんだから女性に違いない!(キリッ
途中で「もしかして?」と思ったけどフーコさんたち同じエレメンツっぽいので、
バッチリ再会フラグが立ってるのは美味しいですね。
それにレベル1といことは「四神」のレベルドレイン攻撃食らってる可能性が高いですしね。

そして二本目の「最果ての潮騒」は翼を失ったハルユキと離れ、
沖縄に修学旅行に来ていた黒雪姫が沖縄で奇跡的に遭遇した加速世界の住人たちの話。
都心の小学生の間から広がったバーストリンカーの発祥からして、
僻地ではありえないと思っていたバーストリンカーの存在に驚き、
そして純真な2人の少女の在り方にジュースを噴き出す程に驚く黒雪姫が新鮮でしたね。

しかし、2人の少女の師匠のクリムゾン・キングボルトは美味しいキャラだなぁ。(笑
名前からして「トゥルル…」な二重人格のボスの能力かと思いきや、
ネジ版グレンラガンなのには笑わされましたよ。(笑
あれで結構強いのはちょっと反則じゃなかろうか。

それにしても加速研究会ってのは色々やってるんだなぁ。
神獣テイムは9巻で出てきたアレの伏線でもあろうけど。
まぁサルファ・ポットに関しては結構小物臭が強いですけどね。
うーん、これは如何にも子供な予感。

最後の「バーサス」はまさかのSAOの主人公キリトとのクロスオーバー
キリト VS シルバークロウという時空を越えた主人公同士のデュエル!
いやー、お互いよく判ってないけど認め合い熱く戦うのは面白いですねー
どちらの主人公もキャラ立ってるし満足の内容でした。

アニメ化も決まったし今後の展開が楽しみですよ。
うおー、早く来年の春よ来い!

:: 2011/10/17 月曜日::

■[ラノベ]ハーレム要員追加でオレ様メガラッキー!「アクセル・ワールド9 ―七千年の祈り―」

アクセル・ワールド〈9〉七千年の祈り (電撃文庫)
著者/訳者:川原 礫
出版社:アスキーメディアワークス( 2011-10-08 )
文庫 ( 379 ページ )
作者サイト:WORD GEAR
作者twitter:川原礫 (kunori) on Twitter
絵師サイト:天才卓球少女
絵師twitter:HIMA (himapo) on Twitter

何やらアニメ化するそうで、ファンとして嬉しい限り。
しかも制作がサンライズということで期待値も高まりますよ。
アバターはタイバニみたいにやっぱり3DCGなんでしょうか。
こりゃー、動きまくるバトルが期待出来そうです!

さてさて、6巻から続いた「『災禍の鎧』浄化作戦」編もやっと終結!
いやー、レイニー止め3連続が終わって胸中は安心感でいっぱいです。(笑
アニメになったらこれだけで1クール持たせられるくらいの分量ではないでしょうか。

そしてこの9巻ではヒロインが新(?)登場するわけですが…
8巻の予想が大当たりでしたね! 性格は全然違ったけど!
ガイコツのヘルメットがかわいいという感性もギャップ萌えできますし、
何より自分がモテるなんて信じられないハルユキに対して、
誤解のしようもないシンプルでストロングな告白をかますという、
その真っ直ぐさに好感度がビンビンに上昇ですよ! ヒャッハー!
彼女の加入でシリアスな展開にもコメディ要素が入って大変楽しかったです。

しっかし、シリアスな展開に入ってましたが序盤の鉄拳とのバトルは不要だったんじゃ…
まぁ、拳などで語るのが当然と思っているプレイヤーが多数を占めてるからなんだろうけど、
ブレインバーストプレイヤーはコミュニケーションをもうちょっとした方が良いと思うの。
じゃないとチートな大人集団(と思われる)加速研究会に良いように弄ばれるだけじゃないかな、と。
それにしても本当に川原礫作品の悪役は非道だな!
きたない、さすが加速研究会きたない。

それにしてもヒロイン勢が充実しまくりで素晴らしいですね。
幼馴染のチユ、優しいけど怖い師匠、ロリな謡、真っ直ぐな妹属性のリン、
そして本命の才色兼備だけど料理下手なのが判明した黒雪姫先輩と、
アニメになったら間違いなく「ブヒー!」と言われること間違いなしですよ!
そんななヒロインたちによる嫉妬イベントは大変美味しゅうございました。
もうこのままキリトさんみたいに一千倍に加速した世界での重婚エンドで良いのではないでしょうか。(笑

まぁ、まだまだ伏線が山盛り状態なので次回移行にも期待です。
ただ刊行ペースが崩れて次回はSAOじゃなくてAWの短編みたいなんですよね。
うーん、これもアニメと時期を合わせるとかなのかなー
何はともあれ次巻も楽しみです。

:: 2011/6/11 土曜日::

■[ラノベ]エンドレスコンティニュー「アクセル・ワールド 8 ―運命の連星―」

アクセル・ワールド〈8〉運命の連星 (電撃文庫)
著者/訳者:川原 礫
出版社:アスキーメディアワークス( 2011-06-10 )
文庫 ( 331 ページ )
作者サイト:WORD GEAR
作者twitter:川原礫 (kunori) on Twitter
絵師サイト:天才卓球少女
絵師twitter:HIMA (himapo) on Twitter

まさかとは思っていたけど、本当にまさか「つづく」で終わるとは思ってませんでした…
アレですかね、「オレはようやくのぼりはじめたばかりだからな。このはてしなく遠いAWをよ…」
とでも言えば良いのでしょうか…!
いや、まぁ、面白いんですけどね!

ハルユキとタクムの幼馴染み対決も良いトコで終わってたんだけど、
まだまだ美味しいトコは見せてくれない展開が続いてフラストレーションが溜まって溜まって…!
夢の中で辿り着いた中央サーバーでの話とか、伏線が張られまくりなのに、
中々回収されないっていうのはホントもどかしいです。
その分、ハルユキの第二段階の心意が顕現したりと爽快感があるにはあるのですが…

もどかしいと言えば、リードことトリリードテトラオキサイドもそうですね。
現実世界の皇居が存在する帝城のみに出現するという時点でピンときましたが、
心意技の名前が「天叢雲」とか、どう見ても皇族じゃないっすか!
良いのかな-、大丈夫なのかなー
変な団体に難癖つけられないことを祈ります。(ぉ

アッシュの本体も出るかと思ったけど肩すかしで、その上ウワァアアアな展開だし、
本当にフラストレーションが溜まりまくってるので是非9巻こそはお願いしたいです!
それはそうと、アッシュの中の人ですが実は女の子じゃないのかと疑っています。
親がフーコさんだし、バイクに入れ込んでるから脚に障害がある繋がりじゃないかとか、
みんなが「彼」と呼んでるのにフーコさんはそう名言してないだとか、
スカルフェイスのメットの下が繊細だとか色々と揃ってますからね!
次回はそこら辺も判明してくれると嬉しいのですが…(笑

:: 2011/2/9 水曜日::

■[ラノベ]もうちっとだけ続くんじゃ「アクセル・ワールド 7 災禍の鎧」

アクセル・ワールド〈7〉災禍の鎧 (電撃文庫)
著者/訳者:川原 礫
出版社:アスキーメディアワークス( 2011-02-10 )
文庫 ( 301 ページ )
作者サイト:WORD GEAR
作者twitter:川原礫 (kunori) on Twitter
絵師サイト:天才卓球少女
絵師twitter:HIMA (himapo) on Twitter

マジっすか、またっすか。
いやいや、2巻連続で続編になるとは思いもよりませんでしたよ…
読み進める内に、残りのページ数から考えて予感はありましたけど、
マジで最後がつづくになった時はしばし呆然としましたよ。
レイニー止めが2連続で続くとかどんだけ…

初っ端から災禍の鎧、クロム・ディザスターがこの世に誕生した過去の記憶が回想されたんですが、
そこで語られたのは儚くも切なる祈りに似た太陽の色の夢を持ちながらも、
人の悪意によって塗りつぶされたクロム・ファルコンとサフラン・ブロッサムの物語で…
ハルユキことシルバー・クロウとクロム・ファルコンが名前含めて近い存在だけに、
読んでて凄く切なかったですね。

帝城内部の探索に明かされる七星外装に暗躍する加速研究会の存在と、
気になる要素がてんこ盛りなだけに、8巻待ちってのが本当に辛いですね…
しかし加速研究会はホントに初期から暗躍してたんですね。
何か一人は純色の七王との繋がりもありそうだし、浄化できたとしてもまだまだ波乱がありそう。

そしてここ最近、出番がなかったタクムの見せ場が始まる訳だけど、
出番がダークな所をまざまざと見せつける場面だったりと少々憐れな感じも…
アクセル・ワールドって全体的に人の負の面を見せる所が多いような気がします。
特に人の狡猾で卑怯で矮小な部分が見事に抽出されていて、
中々にエグいなぁ、と。

それはそうと、今回の新キャラであるトリリード・テトラオキサイドを、
英語で書くとtrilead tetraoxideになると思うんだけど、
普通に読んだらトリレッド・テトラオキサイドな気がするんだけど、違ったっけ?
しかもそれが青系統の色とか帝城の件も含めて謎が深まりますな…

HTML convert time: 0.603 sec. Powered by WordPress