りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2017/3/11 土曜日::

■[ラノベ]女神の泉「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部「領主の養女III」」

Web原作が完結しました…
今年中に完結することは前から分ってましたがこうも早く完結するとは…
エピローグが最高だったので感無量ですが、
書籍版での書き下ろしエピソードとかを読めると思いますので、
「本好きの下剋上」はまだまだ終わりませんよ…!

領主の養女編3冊目は主に素材集めですね。
虚弱なマインの薬を作るための素材なんだけど、
秋の素材は失敗したので冬と春の素材集めは頑張らないといけないんだけど、
これがまたまた難題で…

それにしても表紙のマインが可愛いですね。
両手でライデンシャフトの槍を構える姿が凛々しくも可愛いというか…!
こんなモフモフで温かそうな格好をして雪玉を作ってるマインとか、
超見たいんですけど!?
鈴華さんのコミカライズが待ち遠しいです。

貴族の常識と前世の常識の違いに苦悩しながらも、
ハッセの街への罰の妥協案を頑張って探るマインは応援したくなりますし、
ブリギッテへの褒美もちゃんと考えてるマインは頼り甲斐がありますよね。
ちょっと抜けてるところがあるけれど、
みんなのためになることを考えて頑張るマインは本当に魅力的だと思います。

もっとも、そんなマインに振り回される面々は大変だと思いますけどね。(笑
主に被害を受けるのは今ではフェルディナンド様ですが、
今回はインゴも結構振り回された感がありますね。
今後も振り回されることは確定しているので、
頑張ってくれとしか言えませんが…(笑

Web原作が完結したけど書籍版の続きは楽しみですし、
「本好きの下剋上」は色褪せるどころかまだまだ盛り上がるばかりですよ。
まずはドラマCD化が決まったみたいなのでそれが楽しみですね。
できればこのままアニメ化までいって欲しい所です。

:: 2017/2/25 土曜日::

■[漫画]ルッツと二人で…「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部 本がないなら作ればいい」4巻

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部 「本がないなら作ればいい4」
著者/訳者:鈴華 香月美夜
出版社:TOブックス( 2017-02-25 )

連載サイト:ニコニコ静画 (マンガ)
原作者サイト:香月 美夜
作者サイト:列挙。
作者twitter:鈴華(@suzupaca)さん | Twitter
Kindle版:本好きの下剋上 (4)
Kindle版まとめ買い:本好きの下剋上
DMM電子書籍:本好きの下剋上 (4)

やり手の商人ベンノさんのバックアップを得て、
ルッツが商人見習いになるために紙作りを始めたマインとルッツ。
本作りの前段階とはいえ紙作りに一気に近付き浮かれるマインだったが、
ルッツは大人と対等に話すマインに疑いの目を向け始めて…

原作を読んでても面白いというか、むしろ原作を読んでるからこそ面白い!
何度も言いますがWeb版も書籍版も読んでても新鮮な気持ちで読めるんですよね。
マインたちの表情一つ一つが面白さを生んでくれてるんですよ。
聞いてるふりして言うこと聞く気がないマインの顔だったり、
ルッツとばかり行動して寂しいギュンターパパの顔だったり、
もうね、最高…!(笑

あと、地図を手に浮かれたマインが前世の感覚で椅子に飛び乗って、
余りの堅さに悶絶するところも超可愛かったです!

マインってば本当にうっかり屋さんだよね…(笑

そういったコミカルな箇所だけでなく、
シリアスな所も面白いんですよね。
特に今回は第一部でも一番重要なルッツにマインの正体がバレるイベントがあるだけに、
そこが心に染み渡るような情景で描かれていて、
とても胸に来ました。
うーん、本当に良いコミカライズだなぁ…!

それと単行本描き下ろしの短編も良かったですね。
この時に教えられたベンノさんの教えは、
ずっと身についたママなのはWeb版読者の人には分るので、
そういったファンサービス的にも良い短編でした。

また、香月美夜さんの書き下ろし短編も良かったですね。
まさか新キャラが出るとは思いませんでしたが、
こういった新キャラなら有りだなぁ、と思いました。
まだまだ広がりを見せようと思ったら見せられるのですね。
今後の短編も楽しみです。

:: 2016/12/22 木曜日::

■[ラノベ]マインの常識と貴族の常識「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部「領主の養女II」」

フェルディナンドの演奏会が無事に開催され資金を集めることができたローゼマイン。
プロマイドの販売はバレて禁止されたけど冬支度は万全にできそうで心配ないけど、
小神殿を立てて孤児を引き取ったハッセの扱いで貴族の常識に苦悩することになり…

常識の違いに苦しむマインが可哀想で可哀想で…
でも、そんなマインをルッツがいつも通りに助けてくれるの嬉しかったですね。
色々と成長しているとはいえ、まだまだマインにはルッツが必要なんだなぁ。

そんなしっかりしているルッツを知っているだけに、
怠惰で無知で我が儘なヴィルフリートはどうしても厳しい目で見ちゃいますよね。
でもこの年頃の男の子はこんなもんだと思うので、
仕方ないのかも…
でも正直、マインの思惑通りに性根を叩き直せてスッキリしました。(笑

それと何と言っても心を揺さぶられたのは僅かだけの本当の家族の触れ合いですね。
契約魔術で家族として触れ合うことができない中、
それでも精一杯愛を伝えあっている姿には何度も泣きそうになりました。
しかもエーファ母さんとの触れ合いの時にも、
ギュンター父さんとの触れ合いの時にも椎名優さんが良いイラストを描いてくれてるから、
更に涙腺を刺激されて本当にヤバかったですね!
どちらのマインの表情も素敵すぎて素敵すぎて…!
情感が詰まりに詰まったマインの瞳が最高でした!

さて、次回はハッセの始末です。
マインにとっては苦い経験になるでしょうけど、
何とか乗り切って欲しいですね。

:: 2016/12/15 木曜日::

■[ラノベ]ダンまち好きにお勧め!「リワールド・フロンティア」1巻

リワールド・フロンティア
著者/訳者:国広仙戯
出版社:TOブックス( 2016-12-10 )

作者twitter:仙戯(@sengisengi)さん | Twitter
絵師twitter:東西(@poppin_phl95)さん | Twitter
Kindle版:リワールド・フロンティア

人類がSEALという新たな力を得て進化した遥かな遠未来…
終末戦争を経てもなお残る遺跡から情報具現化コンポーネントを回収することを生業とする、
エクスプローラー(探検者)が活躍する世界。
エクスプローラーはパーティー行動がメインの中で、
支援術式という不遇な術をメインとして扱うラグディスハルトは常にぼっちだった。
その日もいつものように幾つものパーティーに応募するも全て断られ、
今日もソロ活動かと諦めかけていた時、一人の少女と出会う。
これは史上最大の術力を持つ元現人神の少女と、
史上最弱の術力ながら史上最多の術式制御力を持つ少年のボーイ・ミーツ・ガール。

いやー、この作品の書籍化をどれだけ待ったことか!
Arcadiaで連載していた頃から好きでずっと応援してたんですが、
かなりの紆余曲折を経てTOブックスからついに書籍化です!
いやはやめでたい!

この作品の何が好きかって、まずはストーリーでしょうかね。
ボーイ・ミーツ・ガールという王道的なところも好きだし、
Arcadiaの色が濃いダンジョン探索モノなところも好きだけど、
やっぱり一番は主人公が挫けてもそこから立ち上がって成長するところかな!
女の子のピンチに駆けつけて身体を張って、身体の限界を越えてでも守るとか、
あまりにもシンプルなんだけど、だからこそ良いんですよね。
こう、少年漫画の王道的要素が入ってるのがツボなんですよねー

そしてそれを魅せるキャラクターもまた良いんだ。
パンチラならぬフンチラ(褌チラ)を見せるヒロインのハヌや、
高潔だけど苛烈な女騎士の剣嬢ヴィリーも良いけど、
やっぱり主人公のラトが一番魅力的かな!
格好悪いところもあるけど、格好良いんだ!
こう、応援したくなるし、期待したくなるんですよね!
それと、悪役のダインがとても憎まれ役をしてくれるのも重要な要素ですね。
読んでてかなりムカつくんだけど、
それだけ感情を揺さぶられる面白さがあるという証拠だと思うんですよ。
ちゃんと報復が待っているというのも溜飲が下がりますしね。

あと、設定も上手いですよね。
史上最弱だからこそ扱いがピーキーな支援術式を低コストで使え、
それを同時並行で行えるという稀有な才能があるから使いこなせるという妙。
3分間だけ1024倍の強さを発揮できる剣士とか面白いじゃないですか。
でも今までぼっちが続いた状況のせいで自信がないから、
色々と躓いたり失敗したりするというのも上手いなぁ、と。
そう思うわけですよ。

この作品を読んだ人は恐らくダンまちを連想すると思います。
でもまぁ、連載していた場所がダンジョン探索が好まれるArcadiaだし、
作者の年代的にSAO(Web版)に影響受けてるだろうし当然だと思います。

唯一の難点が作者の仙戯の意向でWeb連載版が削除されてることですね。
試し読みもWeb上ではできないので本屋で確認して貰うしかないんですが、
ダンまちが好きな人なら合うと思うので是非読んで欲しいです。
超面白いよ!

:: 2016/11/18 金曜日::

■[漫画]和紙へ到る道「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~III 本がないなら作ればいい!」

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部 「本がないなら作ればいい3」
著者/訳者:鈴華 香月美夜
出版社:TOブックス( 2016-11-10 )

連載サイト:ニコニコ静画 (マンガ)
原作者サイト:香月 美夜
作者サイト:列挙。
作者twitter:鈴華(@suzupaca)さん | Twitter
Kindle版:本好きの下剋上 III
Kindle版まとめ買い:本好きの下剋上

幸せだなぁ…

好きな小説を好きな漫画家さんが、とても自分好みの漫画に仕上げてくれる…
そしてそれを定期的に読める上に単行本まで出て更に楽しめる…
これを幸せと言わず、何と言おうか…!

現代日本から異世界の貧乏兵士の虚弱な娘のマインとして転生した麗乃。
愛する家族に恵まれながらも艱難辛苦の連続で心が折られそうになるも、
少しずつ手応えを掴んできましたがここへ来て大きな転機を迎えることになります。
それはオットーの義兄にして商人ベンノさんとの出会い。
目端が利くベンノさんを相手にルッツと一緒に自分を売り込むマインだけど…?

この3巻では文字媒体ではなく漫画媒体の恩恵をとても顕著に受けましたね。
それがこの和紙の作り方の説明です。

honzuki_comic03_01

後書きで原作者の香月美夜さんも仰ってましたが、
一目見ただけですぐにどんなものか分かるといのは感動的ですね。
この調子で和綴じの本の制作過程も是非お願いしたいところですが、
それはまだだいぶ先の話になりそうかなー

そういった物作りの面白さだけでなく、
キャラクターの魅力も十分に溢れていましたね。
洗礼式でおめかししたトゥーリはマジ天使でしたし、
マインだけ憧れのコリンナさんに逢えることを羨ましがり、
寂しげな表情もまた魅力的でした。
いやー、本当にトゥーリは天使だなぁ。
原作でマインが思っていた気持ちがよく分かりますよ。

それにマインもオットーさんに釘をお土産に追い出されたりした時の表情とか、
貴族への妬みが篭もった表情とか、百面相してて可愛かったです。
くるくる変わるマインの表情もこのコミカライズの魅力の一つですよね。(笑

単行本描き下ろしの短編も原作の美味しいところで面白かったし、
巻末特典の原作者の香月美夜さん書き下ろし短編も面白かったですね!
この後登場するフリーダを先行で見せてくれるとか、
原作読者としてはとても嬉しかったですね!
それに幕間的な描き下ろしイラストでも少しだけフリーダが見えているあたり、
良いコラボだと思いました。

本当に最高のコミカライズだと思うので多くの人に読んで欲しいですね。
次の4巻も楽しみです!

:: 2016/9/15 木曜日::

■[ラノベ]フェルディナンドの演奏会「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~」 第三部 領主の養女I

領主の血縁なのをいいことにやりたい放題だった神殿長と、
彼に協力した他領の貴族の悪辣な策略を打ち破ったものの、
マインは愛する家族を守るために別れて戸籍ロンダリングし、
上級貴族の娘ローゼマインとなった上で、
そこから領主の養女となるべく教育を受けることになり…

権力を得たために本作りのために更に暴走するローゼマインことマインの、
変わらない中身に安心しつつも、
家族との交流を禁じられて遠目に見るだけになった現状が寂しかったです。
その僅かな逢瀬に凝縮された愛情がとてもいとおしくて涙が出ちゃいますね…
しかもトゥーリが最後の約束を守るために努力を重ねているところとかも、
地味に涙腺を刺激してきちゃうんだよなぁ…

また、領主の養女として印刷業を広めるために寄付金を集める必要があるのに、
虚弱すぎてお茶会も開けないとは相変わらず逆境すぎるけど、
そこを前世の知識で手段を講じて乗り切るという展開は面白かったですね。
特にチャリティーコンサートとか発想が女性らしくてとても新鮮でしたし、
神官長のファンである母・エルヴィーラの暴走っぷりがとても楽しかったです。(笑

それにしてもアン○ンマンのマーチをアレンジして恋歌にするとか、
一体どんな風になったのか非常に興味深いですね。
これは是非アニメ化して聞かせていただきたいところです。
JASRACに怒られない範囲内で良いので!(笑

今回は神官長フェルディナンドの意外な一面が見られてとても面白かったです。
貴族の女性からアイドルのような扱いを受けるとか、
養育係だったリヒャルダに頭のあがらないところとか。(笑
フェルディナンドはマインにとってこれからもっと大切な人になってくるので、
どんどん色んなところを見せてくれると思います。

それはそうと「となりのトト□」のネコバスに発想の着想を得て作った、
マインの騎獣であるレッサーくんをやっと絵で見ることができて感動しました。(笑
今まで何となくほわほわっとした感じで想像することしか出来なかったので、
椎名優さんが愛くるしい姿をはっきりと具現化してくださったお陰で、
これからは本文を読んでてもイメージを明確に描くことができそうです。

やっぱり書籍化されて、椎名優さんがイラストレーターで良かったなぁ…
と、しみじみと思いました。

HTML convert time: 0.570 sec. Powered by WordPress