ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2021/11/30 火曜日::

■[漫画]おっぱい in the bed「世界で一番おっぱいが好き!」6巻

世界で一番おっぱいが好き!6巻世界で一番おっぱいが好き!6巻
出版社:KADOKAWA
作者名:昆布わかめ
作者サイト:ABOUT | ACO
作者twitter:昆布わかめさん(@aconbwakame) / Twitter
紙書籍通販:世界で一番おっぱいが好き! (6)
Kindle版まとめ買い:世界で一番おっぱいが好き!
DMM電子書籍:世界で一番おっぱいが好き! (6)

春見さんのおっぱい大好き人間の千秋だけど、
視覚触覚味覚嗅覚と来たら、次に来るのはもちろん…

痛覚なのだった…!

アホだなぁ…
本当にアホだなぁ…(しみじみ

ただ、おっぱいビンタはマジで死ぬ可能性もありますからね。
確かアメリカではおっぱいビンタで首の骨を折った男性もいましたし…
とはいえ春見さんも大きいとはいえアメリカンなサイズじゃないので、
骨を折るほどではないでしょうけども。
それにしたって気を付けないとだぞ!

千秋の文化祭ではおっぱいレスのデートという、
結果的にはとても健全なものだったけれど、
巻末描き下ろしを読む限り煩悩はちゃんと満たせていた模様…
いや、おっぱいは揉んでなかったけども!

おっぱいを揉むと言えば千秋の自宅で、
しかも千秋のベッドで揉むという、最早セッ(ry
これはそろそろおっぱい以上のステップを登る可能性もありますね…
何しろ最後にはハプニングでしちゃってたし…!

次のステップと言えば桃瀬さんも大変なことになってましたね。

幼馴染みで昔は一緒にお風呂に入ってたとはいえ、
大きくなってまた一緒にお風呂に入るだなんて…!
そして桃瀬さんの淫らな脳内セリフが零れ出るとか…
うーん、アウト!
これはとってもアウトですよ桃瀬さん!
かなちゃんが純真すぎるからギリで助かってますけれど、
世間的には真っ黒というか、アウトです!

かなちゃんの純真さに浄化されると良いんだけど…
無理そうだなぁ…w

:: 2021/11/29 月曜日::

■[漫画]次鋒戦終了!「咲 -Saki-」22巻

咲 -Saki-22巻咲 -Saki-22巻
出版社:スクウェア・エニックス
作者名:小林立
作者サイト:dreamscape
紙書籍通販:咲-Saki- (22)
Kindle版まとめ買い:咲-Saki-
DMM電子書籍:咲-Saki- (22)

次鋒戦の面子は、
清澄からは染め手が多い染谷まこ。
阿知賀からは赤い牌が集まりやすい松実宥。
白糸台からは狙い撃ちが得意な弘世菫。
臨海女子からは中国麻雀出身の郝慧宇。

濃い面子の中でまこ先輩はどうしても劣勢になりそうで、
実際に点数を削られててハラハラしてしまいますが、
一番ハラハラしたのはやはり弘世菫に狙い撃たれて、
いつ振り込んでしまうのか、という緊迫した展開ですね。
私なら間違いなく振り込むのに、捨て牌だけで危険性を察知して暗刻ってる発を捨てるとか凄い。

この時のまこ先輩の表情、実に良いですよね。
確信はなく、バカなことをしているかもしれないけれど、
それでもこれで正しいと信じての打牌ですよ。

弘世菫は宥お姉ちゃんに今回も躱されたりと、
その狙い撃つ本領を発揮できないけれど、
それでも充分に強いのは流石に高校生トップ層だよなぁ。
慧宇も変則的に強いし、宥お姉ちゃんは打点高いし…
これはまこ先輩、本当にお疲れ様ですよ。
そりゃメガネメガネのボケを素でやるくらいに疲れますわ。

とはいえ、最後にはまた凄い手を上がってて、
清澄は役満手が連続で出てくる可能性がなきにしもあらずというか…
竹井部長も右手が使えないけれど、それ故にまた役満とか出しそうな気がします。
出るとしたら何だろう…?
字一色とかかな…(適当

:: 2021/11/27 土曜日::

■[漫画]念願の図書館へ!「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部「貴族院の図書館を救いたい!」」3巻

ローゼマインの図書館通いには座学全員合格が必要という条件をヴィルフリートがつけたため、
フェルディナンド式詰め込み教育を受けたローゼマインが一年生全員にそれを強くことになり、
みるみるうちに一年生の顔色が悪くなってしまう座学だけど、
みんなの努力が実り、何とか突破できそうで…

ローゼマインにお金稼ぎは浅ましいと苦情を愚痴ったヴィルフリートの側近ですが、
原作では特に名前もなかったけれど、このコミカライズでは名前と顔が判明しましたね。
ヴィルフリートの側近には主に似た困ったちゃんがとても多いのですが、
それが一年生の時点で伝わってくるかのようでした。

そんな意識が低い上級貴族に対する意趣返しですが、
原作を読んでると「笑顔で毒を吐いてそうだなぁ」と思ってたのが、
予想通りの表情を見せてくれるだけでなく、吹き出しでローゼマインの怒りを表現してるのが上手かったです。

顔の影とフォントと吹き出しという、
ただそれだけでローゼマインの感情を的確に表現するのは、流石でした。

ローゼマインは怒った顔も可愛いんですけど、
普通に可愛いところも多々あると思うのですよ。
例えば魔力圧縮第四段階のためのイメージも…

はい、とても可愛いですね!!!
この等身の小ささは下町時代を思い出します。
これ、わりと原作通りなのが笑えますよね…w

それと一番可愛かったのはやはり、念願の図書館へ行ける喜びが溢れ出ている姿でしょう!

楽しくて嬉しくてたまらない…
そんな感情が身体中から溢れ出ているローゼマインが可愛すぎる…!
うーん、猫可愛がりしたい…!

ついに図書館通いが解禁されたけれど平和な日々は遠く、
これからもトラブルが舞い込みまくるので4巻も楽しみですね!

それと今回の描き下ろし漫画はフィリーネたちへのご褒美デザートの振る舞いでした。
とても美味しそうで、お腹が減ってしまいますね…!
書き下ろし短編はレオノーレ視点で新鮮でした。
ローゼマインの側近というのは、本当に大変そうですね…w

:: 2021/11/25 木曜日::

■[漫画]バチバチなヒロインたち「【推しの子】」6巻

【推しの子】6巻【推しの子】6巻
出版社:集英社
原作者名:赤坂アカ
原作者twitter:赤坂アカさん(@akasaka_aka) / Twitter
作者名:横槍メンゴ
作者twitter:横槍メンゴさん(@yorimen) / Twitter
紙書籍通販:【推しの子】 (6)
Kindle版まとめ買い:【推しの子】
DMM電子書籍:【推しの子】 (6)

2.5次元の舞台で共演することになったアクア、あかね、有馬かな。
アクアの的確な後押しの甲斐もあって脚本問題も解消されたんだけど、
出来上がった脚本は役者の感情演技に全投げの無茶振り内容だった!
アイの殺害現場に居合わせたトラウマから感情演技が苦手なアクアは、はたして…!?

あかねちゃん、辿り着いちゃったかー

確かに演技のためにプロファイリングを重視するあかねちゃんですし、
以前アイのことを詳細に調べていたことから、
わずかなヒントから真相に至る可能性を考えてはいましたが、
かなり早い段階である程度察しちゃいましたね。

あかねちゃんはアクア並みに勉強が出来るし、
料理も上手いし、秘密の事情も察してるし、
共犯者になってあげるくらいに愛情が重たいし…
これは有馬かなちゃんとしては厳しいライバルですよ!
まぁ、口喧嘩ではどうしてもあかねちゃんの方が劣勢だけどね!

二人の因縁も語られていたけれど、
あかねちゃんは人の気持ちを考えるのが得意なだけあって、
有馬かなちゃんの気持ちもしっかりと理解できてるんだけど、
それでも、長年染みついた演技のクセみたいなのは抜けないみたいで…
そこを解放しちゃうのはやっぱりアクアなんですよね…
そこは次巻を待つか、今週のジャンプ+を読みましょう。

それと今回の舞台で唯一のヘタクソ役者のメルトくんですが、
彼も結構頑張ってましたね。
見た目という才能だけで何とかなってしまっていたため、
何でも適当にやってしまって、やらかしてしまった過去は拭えないけれど、
彼は彼なりに後悔と反省をして、そこから努力を積み重ねようとしている姿勢は評価したいですね。

あとはアクアだけど…
どうやってトラウマを乗り越えるのかな…?
気になってヤキモキが止まらないです。

:: 2021/11/24 水曜日::

■[漫画]10年の恩讐「よふかしのうた」9巻

よふかしのうた9巻よふかしのうた9巻
出版社:小学館
作者名:コトヤマ
作者twitter:コトヤマさん(@cot_510) / Twitter
紙書籍通販:よふかしのうた (9)
Kindle版まとめ買い:よふかしのうた
DMM電子書籍:よふかしのうた (9)

ナズナちゃんが10年前に通っていた夜間高校で出会った目代先輩。
二人ぼっちの日常を経て、吸血鬼となる決意をした先輩だったけれど、
久しぶりの家族団らんを経験し、決意が揺らいだところに起こる悲劇。
そうして先輩はナズナちゃんの前から姿を消し、
10年経って探偵として舞い戻ってきたのであった…

目代先輩、もとい探偵さんも中々に悲劇の人ですね。
元々この漫画は吸血鬼コメディだとは思ってたんですが、
ここへきて一気にシリアスな展開に入っちゃいましたよ。
エルジーくんのボタク生活が懐かしいぜよ…

元凶は探偵さんのお父さんの浮気相手の吸血鬼であって、
むしろナズナちゃんが探偵さんと出会っていたことで、
吸血鬼という知識を得ていた探偵さんは辛うじて生き延びたんだと思うんですよね。
恨まれるナズナちゃんはわりととばっちりな気がする…

暴走する探偵さんの凶行も心配だけど、
それでも、ナズナちゃんの友達である探偵さんを助けたい、
と行動するコウくんはわりと主人公してましたね。

まだ若い、というのもあるけれど、
こういった友情と愛情に厚いところがコウくんの良いところだと思います。

それはそうとニコはとてもエッチな女教師ですよね…
エッチな薄い本とか出ないかしら…
無理かな…?

:: 2021/11/23 火曜日::

■[漫画]夫婦のペアルック「トニカクカワイイ」18巻

トニカクカワイイ18巻トニカクカワイイ18巻
出版社:小学館
作者名:畑健二郎
作者twitter:畑健二郎さん(@hatakenjiro) / Twitter
紙書籍通販:トニカクカワイイ (18)
Kindle版まとめ買い:トニカクカワイイ
DMM電子書籍:トニカクカワイイ (18)

生涯を掛けて司の夢を実現させようとしてきた時子さんが逝き、
残された人たちも前を向いて歩んでいくんだけれど、
一代にして大富豪となった時子さんの遺産は莫大なもので、
その中でも司の隠れ家の相続問題で現地に行く必要が出てきたんだけど、
車でしか行くことができないということで、ナサくんは車の運転免許を取ることにしたのであった!

ナサくんは優秀なので最短で取ることは出来るとは思いましたが、
普通に教習所に通って取るんですね。
てっきり一発試験で取るのかと思いましたが…
まぁ、実際に私有地で走行練習が出来ないと難しいですしね、一発試験。

それはそうとナサくんが買うべき車としてRX-7を推す百鬼さんはわかってらっしゃいますね!

しかし、RX-7を乗る人の例に名探偵コナンの佐藤刑事や安室さんが出てこないのは、
サンデー連載作品として良いのでしょうか…w
ちなみに現在RX-7を買おうとしたら中古しかないのですが、
状態が良いRX-7はかなり高額だと先日マツダディーラーの人に言われました。
まぁ、RX-7オーナーの私としては売るつもりはないんですけどね。

話が逸れてしまいましたが、
ナサくんは教習所に行きながらも司さんとの夫婦のスキンシップを欠かさないどころか、
生徒に触発されて一歩先に進んでいるのはとても信頼できますね。

お嫁さんの意見を取り入れたパジャマペアルックからのスキンシップ!
パンツのラインまでくっきり浮かび上がるほどにフィットしたパジャマ姿と、
そこからの愛撫とかとてもエロかったです。
これでまたいとなみいとなんでないんだから凄い。

次巻では司ちゃんのオタグッズが陳列されることになるとは思いますが、
他にも何か起こりそうな予感がありますね。
はてさて、どうなるのかな…?

HTML convert time: 0.731 sec. Powered by WordPress