待望の「よつばと!」最新14巻、4月28日発売!
実に2年半ぶりの新刊です!
:: 2018/5/26 土曜日::

■[漫画]10分ちょっとで分かるドルオタ生態「推しが武道館いってくれたら死ぬ 」4巻

私はドルオタじゃないのでえりぴよさんの気持ちが分からない…
そんな風に思っていた時期が私にもありました…

今では私も立派な委員長こと月ノ美兎ファンです…!

レスポンスをしてくれるアイドル…
画面の向こう側に存在していることを感じることができるアイドル…
なるほど、これがアイドルにハマるということなのか…!

でもまぁ、それでも私はスタートラインに立ったにすぎないわけでして。
正直、えりぴよさんのいる魂のステージは別次元ですわ。

Oh…
凄いなドルオタって…
えりぴよさんが女性じゃなかったらドン引きですわ。
まぁ、女性だからこそドン引きしている人もいると思うけども。

えりぴよさんの生態だけでなく、アイドルたちの視点も興味深いですね。
同じアイドルでも心構えが違ったり、目標にするところが違ったり。
特にセンターのれおちゃんは以前のグループでの経験があるせいで、
色々と気苦労も多そうだからなぁ…

アイドルだからみんなの憧れで居たいから、
そういった所はファンのみんなに見えないようにしているんだろうけど、
それ故にどんどん抱え込むことが多そうで心配になりますね。
純粋なファンであるくまささんがその支えになってくれれば良いんだけどね…

舞菜にとってのえりぴよさんもそうだけど、
アイドルたちもファンのことをちゃんと見てたりするし、
何より信じたかったりするんですね。
だって、アイドルだって人間だもの。

そういったことを考えさせられもする作品ですね。

それにしてもアニメ化とかめでたいんだけど、
掲載誌のリュウが休刊してWebに移行とか世知辛いのじゃー…
まぁ、地方の本屋とかだとそもそも配本0とかですからね。
仕方ないのかもしれない…

:: 2018/5/25 金曜日::

■[漫画]ゲゲゲの漫画家「うしみつ★inc」1巻

うしみつ★inc1巻うしみつ★inc1巻
出版社:白泉社
作者名:竹内桜
作者twitter:竹内桜 (@hizaname) | Twitter
Kindle版:うしみつ★inc
DMM電子書籍:うしみつ★inc

ヤングアニマルdenshiからまんがParkに移ったあたりで、
読むハードルが上がってしまい読まなくなってたんですが、
ちゃんと完結して単行本も出てたんですね。
そもそもこの作品の存在をどれくらいの人が知っているのか疑問ではあるのですが、
竹内桜ファンなら知っていて欲しい作品です。

漫画家志望の佐獄くんが憧れの白金天狐先生のアシスタントに入ったら、
そこのスタッフは文字通りの魑魅魍魎だらけだった…

一癖も二癖もあるスタッフたちや、
人間だけどちょっと変人ヒロインな香賀美さんを主軸にした漫画家モノです。
人外ばかりが出てきますが漫画家モノです、多分。

元々がヤングアニマル系列なのでちょっとお色気要素もありますが、
下品なほどではないというか、下品すぎるのはギャグにしているというか、
そんな感じなので割りとさっぱりとした爽快感はあると思います。

ただ、1巻完結なのが勿体なさすぎるというか。
キャラクターの魅力が分かり、これから堪能できる…!
ってところで終わりというのは残念にもほどがありますね。
佐獄くんと香賀美さんの関係が今後どうなるのだろうか、とか。
夜刀様と田鶴さんの関係をもっと見ていたかった、とか。
そういった意味ではとても残念です。

:: 2018/5/24 木曜日::

■[漫画]支えあう家族「民法改正 ~日本は一夫多妻制になった~」6巻

富裕層からの徴税を目的とした一夫多妻制が採択されたifの日本。
そこで英雄的な人命救助を行い、初の国民英雄賞を受賞したため、
一夫多妻制の権利を得てしまった正平が運命的に3人の奥さんと結婚することになり、
大黒柱として奮闘する物語の最終巻になります。

みちるの本家への説得だったり、4人目の奥さん候補者をスルーしたり、
いよいよ正式な婚姻届を出すことになったんだけど、
ハーレムラブコメじゃあるまいし、女の情念がこれを良しとするわけもなく。
そういった想念がちゃんと描かれていたのは良かったですね。

あと、一夫多妻制の権利にまつわる社会的な問題だったり、
色々と出てくるのも興味深く読んでました。
あかほりさとる原作だというのにしっかり背景まで考えられてて、
想像以上に面白かった、という印象です。

正平も3人の奥さんと楽しく暮らすために、
社畜という生き方ではなく、自分で考え、自分で生きていく手段を取ったのは良かったですね。

大黒柱として支えるだけでなく、
みんなに支えられながら楽しく生きていきたいとか、
夫として一皮むけたように思えます。

ただ、エピローグのアレだけは…
その… 折角のハッピーエンドだったのに…
また波乱の種になりそうなものが見えてしまったのは、
良かったのかどうなのか…
そこだけはモヤモヤしちゃいますね。

:: 2018/5/23 水曜日::

■[漫画]クール美女にも赤面を「なんでここに先生が!?」4巻

なんでここに先生が!?4巻なんでここに先生が!?4巻
出版社:講談社
作者名:蘇募ロウ
作者twitter:蘇募ロウ (@soborou01) on Twitter
Kindle版:なんでここに先生が!? (4)
Kindle版まとめ買い:なんでここに先生が!?
DMM電子書籍:なんでここに先生が!? (4)

女教師と男子生徒のエロコメ漫画の雄「なんでここに先生が!?」の4冊目です。
一冊ごとにカップリングを変えてきてるのですが、
今回は無表情クールな保健の先生と非モテ男子生徒というカップリングです。

しかし、いつもながら思うのですがエロギミックが凄いですね。
「なんでここに先生が!?」というシチュ自体は不思議ではないんですが、
そこからエロシチュに至るまでの展開がミラクルすぎて、
毎度驚かされるというか笑わせられるというか。

今回も本当にクレイジーでして、
例えば釣り糸が手首に絡まった上に股間を通ってドアの外にいってビクンビクンだったり、
鍾乳洞で石灰質とは別のヌルヌルでエロエロだったり、
サンタコスしてシャンパンが直撃したりね!

クリエイティブすぎるエロギミックの数々には笑わせられますよ。
股間にダイレクトにいかず、脳にいって笑ってしまうというか。
いや、漫画なんだからそれで良いんですけどね。
ただ、乳首が出まくるからかAmazonではエロ漫画カテゴリーに入っちゃってて、
それはそれでどうなんだろう、と思わなくもないです。

まぁ、描き下ろし漫画はエロかったですけどね!
ちゃんと初体験を済ましちゃってるみたいで、
まさに「ゆうべはお楽しみでしたね」状態ですね!
ガハハ!(シモネタ大好きおっさん的笑い

:: 2018/5/22 火曜日::

■[漫画]平凡な男「弱虫ペダル」56巻

弱虫ペダル56巻弱虫ペダル56巻
出版社:秋田書店
作者名:渡辺航
作者サイト:「弱虫ペダル」と「まじもじるるも」の制服ブログ箱
Kindle版:弱虫ペダル (56)
Kindle版まとめ買い:弱虫ペダル
DMM電子書籍:弱虫ペダル (56)

インターハイ3日目、ゴール手前の山岳賞。
クライマックス直前という大いに盛り上がる賞を箱根学園のエース葦木場と争うのは、
総北の平凡な地味な男、手嶋純太だった…

熱かった…!
そして、感動した…!

今泉のような輝かしい経歴もなく、
坂道のような天性のクライマーでなく、
鳴子のような負けん気の強い性格でもなく、
葦木場のような恵まれた体格を持つでもなく、
生まれ持った才能も今までの戦歴もないけれど、
地道な努力をコツコツと誰よりも積み重ねてきた平凡な男、手嶋純太。

そんな手嶋の今までを見てきたからこそ、
その努力が実った瞬間は本当に感動した…!

正直、敗北しても仕方がないと思ってたんですよ。
真波との勝負ではフェアプレーに徹して僅差で負けたし、
何より3日目は広島との死闘を既に繰り広げたばかりだし、
盟友の青八木も既にリタイアしてしまっていたし、
不利な要素しかなかったんですよ。

それでも、今までの手嶋の努力を見ていた後輩からは信頼され、
既に卒業したOBたちからは期待され、
熱い勝負を見ている観客からは応援され、
そして遂には勝利をもぎ取るという…!
いやー、本当に熱かった…!
この漫画をずっと読んできて良かった…!

もちろん、まだインターハイは終わってません。
むしろ、クライマックスはこれからと言えます。
特に京都伏見とかこれからが本番でしょうしね。

でも、手嶋が成し遂げたことは坂道たちに伝わったので、
これから更に熱い戦いが繰り広げられる予感しかしません。
まだまだ面白くなりそうだ…!

:: 2018/5/21 月曜日::

■[漫画]初夏と青春「明日ちゃんのセーラー服」3巻

明日ちゃんのセーラー服3巻明日ちゃんのセーラー服3巻
出版社:集英社
作者名:
作者サイト:dismaless
作者twitter:博 (@siiteiebahiro) | Twitter
Kindle版:明日ちゃんのセーラー服 (3)
Kindle版まとめ買い:明日ちゃんのセーラー服
DMM電子書籍:明日ちゃんのセーラー服 (3)

天真爛漫、純真無垢な天然美少女の明日ちゃんの中学生生活を描いた3巻です!

小学校の生徒は妹のかおちゃんとの二人だけ、という状態だったので、
同い年のクラスメイトがたくさんいる中学校はすごく楽しそうなんですよね。
この3巻では夏服に変わったり、みんなで体育祭に向けて頑張ったりと、
とっても青春しています!

季節も少しずつ進んでいるらしく、作中ではついに衣替えの季節です。
明日ちゃんはお母さん手作りのセーラー服姿が魅力的なのですが、
夏服ももちろんセーラー服です。
他のみんなはブレザーなんだけど、それはそれで有りですね!

みんな違って、みんな良い。

あと、セーラー服を着てくるくると回る明日ちゃん可愛かったなぁ…
なんというか、見せ方が上手いですよね、ホント。
博さんの画力をどう見せれば読者が喜ぶかをよく判ってらっしゃる。

イラストだけでなく、物語も良いんですよね。
明日ちゃんにたくさんの友達ができるんだけど、
みんな個性豊かで。
水泳が得意な水上リリさんはからかい上手って感じだし、
バレー部の二人も冷たいように見えて面倒見が良かったりね。
妹と二人きりだった小学校の体育館を使って、
みんなと一緒にバレーの練習をしている明日ちゃんは実に良かったです。

:: 2018/5/20 日曜日::

■[漫画]ボーイ・ミーツ・お嫁さん「トニカクカワイイ」1巻

トニカクカワイイ1巻トニカクカワイイ1巻
出版社:小学館
作者名:畑健二郎
作者twitter:畑健二郎 (@hatakenjiro) | Twitter
Kindle版:トニカクカワイイ (1)
DMM電子書籍:トニカクカワイイ (1)

「ハヤテのごとく!」の畑健二郎さんの新連載は可愛いお嫁さんとの新婚ライフ漫画!
「それが声優!」を一緒に作った声優の浅野真澄さんと結婚したばかりの畑健二郎が描く、
ボーイ・ミーツ・ガールな新婚漫画とか独身男性多めなサンデー読者を殺しに来てますよ!
くそぅ、お幸せに!

両親にキラキラネームを名付けられてから人生が狂った少年、由崎星空(なさ)。
名前に負けないように奮起して、努力を重ねた結果勉強はできるようになったんだけど、
ちょっと変な感じに自信をつけて痛い感じになってるナサくん。
そんなナサくんは高校受験直前の雪が降りしきる夜中に、一人の美少女に出会ってしまう…

トラックに轢かれて満身創痍になりながらも、
一目惚れした相手に告白&交際を申し込んだところ、
「結婚してくれるなら付き合ってあげる」と言われたので即OK!
しかし、そこで意識が途切れて気が付けば長期入院になってしまう…
彼女の名前すらも確認できないまま時は流れ、
無駄に努力家なナサくんは一人暮らししながら貯金だけが増える虚しい日々。
しかし、そんなナサくんが18歳になった日に彼女は再び訪れて…

悔しいんだけど、面白い…!
新婚ホヤホヤの漫画家が描いた新婚ホヤホヤな夫婦の漫画とか、
独身の読者としてはケチをつけたいんだけど、ケチがつけられないほどに面白い…!
やっぱり私は畑健二郎さんの漫画が好きなんだなぁ、と思ってしまいますね。
くそぅ、本当に面白いな!

何が面白いって、やはりナサくんのキャラクターでしょうか。
お嫁さんの司さんのことが好きで好きで大好きで、
心の底から惚れまくりなところが好感が持てるんですよね。
それをちゃんと言葉にして相手に伝える行動力もグッドですよ。
夫婦になって手を握るだけで幸せを感じまくるところとか、
初々しくて可愛いと思ってしまうくらいです。

そんなナサくんが「兎に角可愛い」と惚れまくっている相手の司さんですが、
彼女も中々に魅力的です。
見た目はクールだし、いきなり求婚するならお付き合いOKと言ったり、
事前連絡なしに婚姻届を持ってくるくらいトンデモなヒロインですが、
可愛いから問題ないんですよね…!

料理の腕を披露してドヤ顔しているところすらも可愛い…!

何よりナサくんの愛情ストレートな言動にドキっとして赤面してしまうところとか、
こっちもトキメキを感じちゃうくらいに可愛いんですよ。
くそぅ、本当に可愛いな!

二人の新婚ライフはまだ始まったばかりですが、
既に1巻の時点で面白さにやられ気味ですので、
2巻が楽しみでならないです。
司さんが抱える事情とかまたかなりめんどくさそうですが、
ナサくんなら全てを抱え込めると思うので頑張って欲しいですね。
あとはめんどくさい事情のせいで連載が引き伸ばされて、
追いかけるのがしんどくならないのだけが心配ですね…!

:: 2018/5/19 土曜日::

■[漫画]トニカクダガシ「だがしかし」11巻

だがしかし11巻だがしかし11巻
出版社:小学館
作者名:コトヤマ
作者twitter:コトヤマ (@cot_510) | Twitter
Kindle版:だがしかし (11)
Kindle版まとめ買い:だがしかし
DMM電子書籍:だがしかし (11)

「だがしかし」が終わってしまった…
サンデー人気低迷期を地味に支えた好きな作品だったんだけど…
まぁ、最後まで「だがしかし」らしかったし、
下手に引き延ばすよりもこれくらいの長さで終わるのは幸せなのかもしれない。

しかしアニメ2期のネタがあったり最終回があったりしますが、
ほたるさんはとてもほたるさんのままでしたね…

フラフープが下手とかとってもほたるさんらしい…
そうだよね、駄菓子屋で売ってるオモチャには詳しくても、
それを上手く使えないのがほたるさんだもんね…
でも相変わらず肉付きがエロいよね…
主張しまくるおっぱいと黒タイツ…
ほたるさんは水着姿とかよりも服を着ている方がエロいと思う…

そしてラブコメ的にはやはりサヤ師だよなぁ…

バレンタインという鉄板のイベントで、
幼馴染み故に毎年渡していてここまで言ってくれるヒロイン…
だが主人公はサヤ師を恋愛対象として見ていないので、
この台詞の意味に気付かないのである…
ココノツ…! バカヤロウ…!

そしてハジメちゃんも良かった…!

天体観測して「月が綺麗」と言われてここまでテレるとか…
流石の才媛っぷりを見せてくれますが、
残念ながらココノツはバカなので無自覚なのである…!
他にもフラグがビンビンに立っているのに、
家族だからとココノツは逃げちゃうんだもんなぁ。
勿体無い…! ハジメちゃんもエロい身体してるのに…!

描き下ろしのオマケ漫画は今回多めでしたが、
それでも「もっと読んでいたかった…」という気持ちになりますね。
本妻のほたるさんと愛人のサヤ師と内縁の妻なハジメちゃんの、
トニカクサンマタな新婚生活とか!(笑

もちろんコトヤマさんの次回作も楽しみです。
次回作は… バーチャルYouTuberな漫画とかどうかな…!

どんな漫画になるのか分かりませんが楽しみにしています!

:: 2018/5/17 木曜日::

■[漫画]サービス楽園「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア」11巻

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア11巻ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア11巻
出版社:スクウェア・エニックス
原作者名:大森藤ノ
作者名:矢樹貴
Kindle版:ソード・オラトリア (11)
Kindle版まとめ買い:ソード・オラトリア
DMM電子書籍:ソード・オラトリア (11)

サービス回である…!

アニメ化もされたエピソードの裏側とも言える回であります。
遠征からの帰還中に厄介な毒を食らい、
リヴィラの街で治療中のロキ・ファミリアが、
ベルくんたちを拾うエピソードであります!

そう… つまりは沐浴回でもあるのです…!
冒頭から繰り広げられる妖精たちの裸体は眼福でありますなぁ。
やはり見目麗しい女性たちが戯れる姿は最高です。(←ゲスい

もちろんアニメ化もされているヘスティア様たちのシーンとか、
もう色々と諸々がアレですよ。
文字媒体の原作と違って画面がとっても華やかですね!
いやー、漫画ってメディアは素晴らしいなぁ!

もちろん他の見所も沢山ありますよ!
ベルに構う面々を見てヤキモキするレフィーヤだとか、
Lv.1でミノタウロスを倒したと聞いてショックを受けるレフィーヤだとか、
素直になれないながら上着を貸そうしてくれるレフィーヤだとか、
嫉妬由来の怒りが臨界突破してアルクス・レイを撃ってくるレフィーヤだとか!
やはりこのソード・オラトリアの主人公の一人はレフィーヤだよねぇ。

そんなレフィーヤのサービスショットも、
単行本描き下ろしで描かれているわけなんですが、
その描き下ろし2ページのうち、1ページが女性ファン向けなのには驚いたというか、
ラウル調子にのんな! とか、
ガレスの挑発スキル凄いなホント!
とか思った次第であります!

:: 2018/5/15 火曜日::

■[漫画]さらば愛しきたわわ「ソードアート・オンライン プログレッシブ」7巻

原作2巻のエピソードで比村奇石さん版のSAOPコミカライズは終了です。
非常に残念ではあるし勿体無いとは思うのですが、
比村さんほどの”自分で稼げる作家”をKADOKAWAが養えるほどの甲斐性があるとは思えませんからね。
これも時代なのかな…

これで完結とはいえ比村さんは最後まで仕事はきっちりとやってくれました。
原作とはかなり違った展開になっていますが、
絵で魅せるメディアである漫画ではこちらの方が良いですよね。
何せ、原作だと終盤はほぼ会話だけで成り立っちゃってるもんなぁ…
原作そのままだとどう考えても地味すぎる…!

しかしバトルメインにするにしても、
そこでキズメルさんの胸の装甲だけ剥落させてたわわ分を過剰に供給するあたりは、
比村さんが職権濫用しているとしか思えませんでしたね!(笑
いや、私は大好きですけども!

それと、キズメルの仇討ちとキリトvsモルトの両方で感じたんですが、
敵の言動へのイラツキ度合いが半端ないですね!
川原礫作品では悪辣な悪役が多いとはいえ、これはちょっとベクトルが違っているというか。
比村さんのバックボーンから考えると間桐慎二の遺伝子を感じざるを得ない…!
まぁ、そんな悪役をキッチリ倒してカタルシスを感じるのはSAOPだなぁ、と思います。

それにしても最後までキズメル、アスナ、アルゴといった女性陣が輝くコミカライズでした。
一応この続きは別の作家さんが描かれるとのことですが、
比村奇石版SAOPはこれが最後なのかと思うと残念ですね。
まぁ、月曜日のたわわでたわわには毎週会えるのでそれほど淋しさはありませんけども。

取りあえずお疲れ様でした!
また比村奇石さんの漫画の次回作に会えることを楽しみにしています。

HTML convert time: 1.390 sec. Powered by WordPress