Landreaall OAD付き29巻限定版が2月25日に発売!
あのLandreaallがついに… ついにアニメ化…!
:: 2017/3/25 土曜日::

■[ラノベ]ヤック・デカルチャー「ナイツ&マジック」7巻

ナイツ&マジック 7 (ヒーロー文庫)
著者/訳者:天酒之瓢
出版社:主婦の友社( 2017-03-25 )

作者サイト:絵師空域 — Index
作者twitter:天酒之瓢@ナイツマ7巻3/25発売(@Amazake_Write)さん | Twitter
絵師サイト:D.S.B.
絵師twitter:黒銀お兄さん(@kkkkurogin)さん | Twitter

ボキューズ大森海へ乗り出したフレメヴィーラ王国飛空船団は、
強酸を操る蟲型飛行魔獣に遭遇し撤退することになったが、
その殿を務めたイカルガを操るエルと、
エルを救出するために飛び込んだアディの二人は取り残されてしまった。
故障した二機ではどうすることも出来ない中、
エルとアディは森の中で巨人という思いがけない相手と遭遇し…

コミカライズも順調で夏から始まるTVアニメも期待ですが、
Web版からのファンとしてはやはり書籍版も気になる訳です。
原作から少々改稿はありましたけど、
大筋は一緒なので安心して楽しめました。

しかし同じ言葉を操る巨人との遭遇とかマクロスかよと。
今度は可変型幻晶騎士でも作るのかと思っちゃいましたね。(笑
まぁ、巨人族は文明レベルが縄文時代くらいみたいだから、
エルくんも流石に諦めるかと思いきや、そんなことはありませんでしたね!
いやー、本当にエルくんは筋金入りやで…
現地で出来ることを全力で容赦なく行うエルくん、マジでブレないわー

巨人族の氏族文化とか目新しすぎる展開が目白押しでしたが、
魔獣ひしめく大森海でも不敵なエルくんの奔放さと、
そんなエルくんが作り出すビックリドッキリメカが最高に楽しかったです。
必要は発明の母と言うけど、まさか手元にある材料が少ないからこそ、
そこで出来る新たな発明をしちゃうとか凄すぎだわ…

巨人だけでなく、幾つかの新たな出会いをしたエルくんが暴走した結果、
はたしてどんな事態が巻き起こるのか…
今から楽しみですね!

:: 2017/3/20 月曜日::

■[ラノベ]正義の星乙女「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー」1巻

正義を司る【アストレア・ファミリア】
迷宮都市オラリオの暗黒期に活躍し、
【疾風】リュー・リオンの復讐の終焉と共に消えたファミリア。
しかし高潔なエルフであるリューの正義感は消えることはなかった。
ある日、【豊穣の女主人】で起こった騒ぎから事件の匂いを感じ取ったリューは、
オラリオの治外法権、大賭博場に潜入することになり…

「ダンまち」には既に来月からアニメ化されるソード・オラトリアという外伝があるのですが、
これはそれとは別になる、新たな外伝シリーズです。
イラストレーターのローテーションにニリツさんが加わり、
今回の主役は「豊穣の女主人」のウェイトレスのリューさん。
時系列的には本編6巻から7巻の間になります。

Web版読者である私としてはとてもニヤリとするネタがありましたね。
元々ベルくんを鍛える役はアイズじゃなくてリューさんだったんですよね。
それを考えると「グラン・カジノをぶっつぶせ!」編のラストは当時を思い出しましたよ。

また、ベルくんと言えば相変わらず外伝でも活躍してましたね。(笑
まさかモルドと絡むとは思ってなかったけど、
それ以上にベルくんの【幸運】アビリティの力がここで発揮されるとは思いませんでした。
そうだよなぁ… このアビリティは賭博でこそ真価を発揮しちゃうよなぁ…(笑

それにしてもリューさんの高潔さと強さは予想通りでしたが、
シルさんの底知れ無さは予想を超えたというか。(笑
まぁ、それ以上に予想を超えていたのはミア母さんの正体なんですけどね!
強いとは思ってたけど、その強さは正直予想外すぎる…!
というか規格外すぎてパワーバランスどうするんですかね、これ。(笑

恋心に全く疎そうというか無自覚なリューさんが可愛かったのでもっと読みたいのですが、
次は【フレイア・ファミリア】の眷属の話なんでしょうかね?
個人的にはエイナさんの話とかも読んでみたいのですが!
まぁ、私がエイナさん好きなだけなんですが!
ファミリア所属じゃないけど、いつかきっと書かれるに違いない!(願望

:: 2017/3/14 火曜日::

■[ラノベ]技術者とは「なれる! SE 15 疾風怒濤? 社内競合」

なれる!SE15 疾風怒濤?社内競合 (電撃文庫)
著者/訳者:夏海 公司
出版社:KADOKAWA( 2017-01-10 )

絵師サイト:ShiBoo!
絵師twitter:Ixy(@Ixy)さん | Twitter
Kindle版:なれる! SE 15
Kindle版まとめ買い:なれる!SE
DMM電子書籍:なれる! SE 15

スルガシステムの株式上場を睨んだ業務拡大に際して、
経理・総務への異動を打診されて動揺する工兵。
誰にも相談できず、一人で決めないといけない中、
いつもの社長の無茶振りで赴いた仕事先は次郎丸縁との共同案件で、
しかも社内の室見さんと競合する案件で…!?

何ヶ月も複数の案件を同時に抱えるとかよくキャパがあるなぁ…
と、しみじみと思う今日このごろです。
私も先月まで4つの案件を同時に回してたんですが非常にキツかったです。
まぁ、業種も違ったらやってる内容も全然違うんですけど、
頭を切り替えないといけない大変さはわかるつもりです。

今回はとても耳が痛いというか身につまされました…
室見さんが言った

「あんたもアルマダの連中も、
 ううん、多分ほとんどのSIerがエンジニアリングとは何かわかっていない。
 適切な窓口を見つけてそこに質問を投げることが技術だと思いこんでいる。
 悪いけどそんな考え方でいる間は本当<提案>なんてできないわ。
 ただ作文と算数をしているだけ、エンジニアが対応する必要なんて微塵もない」

この言葉がガツン!と来ました。

確かにエース級のエンジニアっていうのは本当に凄いんですよね。
膨大な試行錯誤に裏打ちされた数多の知見をバックボーンに、
最適な手法を最速でやっちゃうんですよ。
私のような技術屋モドキに出来るのはそれをなぞるだけで…
確かに教科書通りに作文と算数をするのはうまくなったけど、
それって技術者じゃないよなぁ…
自己嫌悪に陥って辛い…

それにしてもこの15巻って続くんですね。
確かに次郎丸や梅林が出てきて総決算的な話なのに、
1巻で終わるわけはないんですけど、まさかあの人まで出てくるとは…
うーん、これはどういった方向に行くのか…
というか、これはもしや完結に向かっているのか…?
気になるので今度は早めに16巻を出して欲しいところであります。

:: 2017/3/12 日曜日::

■[ラノベ]めくるめく面白さ「ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌」

栞子さんと五浦、二人の物語は完結した「ビブリア古書堂の事件手帖」ですが、
番外編やスピンオフは続くみたいで、この作品はその一つです。
作者は「ほうかご百物語」などを執筆されている峰守ひろかずさん。
電撃文庫らしく高校生男女が主人公です。

舞台は古都鎌倉のとある高校の旧図書室。
豊富な蔵書はあれども古く、利用者が少ないため廃止されそうな所に、
隠れオタの前河響平が図書部員の卯城野こぐちさんと出会う。
そして二人は一緒に生徒会主催の書評バトル「ビブリアファイト」をすることに…!

個性的な高校生男女のボーイミーツガールとか、
とっても電撃文庫っぽくて面白かったです。
題材も「シャーロック・ホームズ」に「若草物語」と、
今の中高生が読んでも面白いと思えるし、
何よりメジャーだから手を出しやすいものが多いのも良いですよね。

あと、何と言ってもちゃんと栞子さんが出てくるところが良かったです。
本のことでこぐちさんと盛り上がる栞子さんが可愛かったし、
読書好きのこぐちさんを軽く圧倒する本に対する蘊蓄と、
事情を見通す観察力は本当に原作そのままでした。
しかし響平… おっぱいに魅入られすぎだろう…(笑

その響平の個性ですが、中々好感が持てましたね。
峰守ひろかずさんらしい主人公なように感じました。
まぁ、ちょっとエロに素直だけど思春期だから仕方ないよね。
こぐちさんの悲鳴がエロすぎるから仕方ないよね。

「ビブリア古書堂の事件手帖」のスピンオフとしても面白かったですけど、
ラブコメとして、青春物語としても充分面白かったです。

:: 2017/3/11 土曜日::

■[ラノベ]女神の泉「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部「領主の養女III」」

Web原作が完結しました…
今年中に完結することは前から分ってましたがこうも早く完結するとは…
エピローグが最高だったので感無量ですが、
書籍版での書き下ろしエピソードとかを読めると思いますので、
「本好きの下剋上」はまだまだ終わりませんよ…!

領主の養女編3冊目は主に素材集めですね。
虚弱なマインの薬を作るための素材なんだけど、
秋の素材は失敗したので冬と春の素材集めは頑張らないといけないんだけど、
これがまたまた難題で…

それにしても表紙のマインが可愛いですね。
両手でライデンシャフトの槍を構える姿が凛々しくも可愛いというか…!
こんなモフモフで温かそうな格好をして雪玉を作ってるマインとか、
超見たいんですけど!?
鈴華さんのコミカライズが待ち遠しいです。

貴族の常識と前世の常識の違いに苦悩しながらも、
ハッセの街への罰の妥協案を頑張って探るマインは応援したくなりますし、
ブリギッテへの褒美もちゃんと考えてるマインは頼り甲斐がありますよね。
ちょっと抜けてるところがあるけれど、
みんなのためになることを考えて頑張るマインは本当に魅力的だと思います。

もっとも、そんなマインに振り回される面々は大変だと思いますけどね。(笑
主に被害を受けるのは今ではフェルディナンド様ですが、
今回はインゴも結構振り回された感がありますね。
今後も振り回されることは確定しているので、
頑張ってくれとしか言えませんが…(笑

Web原作が完結したけど書籍版の続きは楽しみですし、
「本好きの下剋上」は色褪せるどころかまだまだ盛り上がるばかりですよ。
まずはドラマCD化が決まったみたいなのでそれが楽しみですね。
できればこのままアニメ化までいって欲しい所です。

:: 2017/3/6 月曜日::

■[ラノベ]サイエンス政治フィクション「銀河連合日本」4巻

銀河連合日本 4 (星海社FICTIONS)
著者/訳者:松本 保羽 bob
出版社:講談社( 2017-02-16 )

Web連載版:小説家になろう
作者サイト:柗本保羽
作者twitter:柗本保羽(@YasuhaMatsumoto)さん | Twitter
絵師サイト:びよんびよん堂
絵師twitter:bob(@biyonbiyon)さん | Twitter

ティエルクマスカ銀河連合からの信任状捧呈式。
ガーグからの妨害が懸念される中、
突撃バカに感染したフェルが企図した大胆な計画により、
超科学全開な前代未聞なモノになり…

信任状捧呈式をメインに取り扱ったラノベなんて初めて読みましたよ。
実生活でもたまにニュースに数分流れるだけのイベントなのに、
ここまでガチで書くとか何か凄いですね。
SFよりも政治色が濃い作品ですが、それにしたって特異的だなぁ。
租借なんて言葉、久しぶりに聞きましたよ。

中でもティエルクマスカの産廃利用構想で出てきた、
放射能除染に関する懸念事項とかは政治だと思いましたね。
核兵器が使えない理由と、放射能除染が出来ることで使える兵器になってしまうこと。
それ故に公表できないもどかしさ。
SF的な凄い技術でなんでも簡単に解決できないあたりが面白いです。

しっかし、サファリパーク的な服を着た麗子さん(金髪縦ロール)が、
ヤクザ相手にミニガン(非殺傷設定)を抱えて無双するとか、
最高に笑える展開でしたね。(笑
そこにbobさんの挿し絵が入ってくるあたり判ってらっしゃる感がありました。

さて、次回は舞台が宇宙になりますね。
やはりSFといえば宇宙は外せないですよねー
どのような挿し絵があるのかも含めて楽しみです。

:: 2017/3/3 金曜日::

■[ラノベ]残酷と冷徹「現実主義者の王国再建記」3巻

国内の三公問題を解決し、国外からの侵略も征伐したエルフリーデン王国。
アミドニア公王も死に、公国の首都を占領しながらもソーマはこれからを楽観していなかった。
そしてソーマが予想していた通りにユリウス王子の要請により、
人類宣言の盟主である帝国から使者がやってきて…

この作品は戦記ではなく王国再建記という名の通り、
戦後の方に物語の重点が置かれている作品です。
ですので、戦記モノなノリの2巻も面白かったけど、
内政モノなノリであるこの3巻も盛り上がってて面白いです。

特に帝国の使者である王妹のジャンヌとの交渉が面白かったですね。
お互いが持っている情報を交換するだけでなく、
ソーマが異世界人だからこそ持つ魔族と魔物に対する視点だとか、
そういったアレコレが興味深かったです。

それとソーマが断行したマキャベリの”残酷”
これはかなり思い切ったなぁ、と思います。
マキャベリの君主論をソーマなりに読み解いて、
将来の禍根を一掃する手腕は爽快であり、恐ろしくもありましたね。
普通の日本人だったソーマがその境地に到ることが出来るとは…
それほど家族が大事で、征伐で心が強くなったのでしょう。

それにしても着々とハーレム化が進んでるソーマのお妃問題ですが、
これからまだ増えていきますよね。
次巻でも増えますが、それよりも問題なのがボリュームをどうするかでしょう。
Web版の頃を考えるとアミドニア編だけでは足らないと思うのですが…
これは書き下ろしが増える予感…!?

:: 2017/2/28 火曜日::

■[ラノベ]ミラの告白とヴァレンティナの策謀「魔弾の王と戦姫」16巻

魔弾の王と戦姫< ヴァナディース>16 (MF文庫J)
著者/訳者:川口 士 よし☆ヲ
出版社:KADOKAWA( 2017-01-25 )

作者サイト:一〇八(仮)
絵師サイト:ひなだまりweb
絵師twitter:片桐 雛太(@hinatanya)さん | Twitter
Kindle版:魔弾の王と戦姫 16
Kindle版まとめ買い:魔弾の王と戦姫
DMM電子書籍:魔弾の王と戦姫 16

心を病んでいた王子の帰還と有力貴族の不可解な死。
そして先王の崩御という事態に揺れるジスタート。
次期王位に指名されたルスラン王子と、
次期王位だったユーディットの関係がギクシャクしている中、
ヴァレンティナはフィグネリアと組んで野望を表してきて…

次巻完結、ということなので物語がかなり盛り上がってきましたね!
ただ、これだけ風呂敷を広げて1冊で畳めるのか疑問なんですよね…
完結するにしても結構分厚いことになりそうな気がします。
まぁ、Kindle版だとあまり気にしなくて大丈夫なんですが。

ティグルのお陰で王子と伯爵の仲が取り持たれそうだったのに、
ヴァレンティナの野望のために全てが台無しになりそうなのが辛い…
何年も前から幾つもの策も打ってきているっぽいし、
ヴァレンティナは一筋縄ではいかない強みがありますよね。

それとエレンとフィグネリアの対決ですが…
まさかあそこまで追い詰められるとは…
というか、単純にフィグネリアが強いんですよね。
一番遅く戦姫になったのにアレだけ使いこなすとは…
これ、どう勝てば良いんだろう…

そしてラブコメ的にはミラがやってくれましたね!
いやー、次巻完結なのにいつ告るのかとハラハラしてましたが、
ちゃんと自分の口から言うことができるとは!
可愛すぎやろー
まぁ、可愛さを言えばティッタとオルガのロリ組も負けてないですけどね!
ティグルってばモテモテすぎてヤバイ。
リーザ相手にもピンチに駆けつけるとか王子様してるのに、
どんだけフラグを立てれば気が済むんだ…!

さて、繰り返しになりますが次巻完結ということでどうなるのか気になりますね。
魔物の件もあるし大変な事態が起こりそうですが、
ティグルと彼を支える戦姫たちなら乗り越えられると信じてますよ!
ラブコメ的にも納得できるラストになるとも信じてます!!!

:: 2017/2/26 日曜日::

■[ラノベ]To be , or not to be「ビブリア古書堂の事件手帖 7 ~栞子さんと果てない舞台~」

久我山家との騒動が終わってしばらく経った後、
久我山真理の最後の策が動き出し、栞子さんと五浦は否応なく巻き込まれてしまう。
そしてそれは栞子さんの母、智恵子さんが出奔した原因となる、
世界的に有名な作家のファースト・フォリオにまつわるもので…

実写とアニメの映画化が決まったようで何よりです。
残念すぎる実写ドラマ化なんてなかったんや…!
今度の実写では栞子さん役は是非黒髪ロングでメガネが似合う巨乳さんでお願いします。
アニメは多分大丈夫だと思うので心配してません。

で、このシリーズ完結巻である7巻ですが、文句なしに面白かったです。
テーマが洋書であることは知っていましたが、まさかシェイクスピアとは…!
世界的に人気だからその稀覯本は高いとは思ってましたが、
まさか億単位になるほどだったとは…
新宿で監禁されて量産型リア王作ってるだけの人じゃないんですね。(FGO脳

そして相変わらず栞子さんが可愛すぎて参りました…
一人で調子外れの鼻歌をしちゃうとか可愛すぎだし、
五浦母に語った内容とか悶絶モノの可愛さですよ…!
そして、そんな栞子さんの可愛らしい一面を気付く五浦は良いフェチを持ってると思います。
栞子さん、良いよね…

また、栞子さんと智恵子さんの母娘を苦しめようと暗躍した吉原ですが、
久我山尚大の一番弟子だけあって非常に嫌らしい人でしたが、
良くも悪くも道化師だったなぁ、というのが感想でしょうか。
勧善懲悪で因果応報はエンターテイメントの基本なので、
とてもスッキリ楽しめました。

ただ、この7巻で栞子さんと五浦の物語が完結するのは寂しいなぁ…
と思ったら、スピンオフとか色々あるみたいですね。
それはそれでとても楽しみです。
早速来月は峰守ひろかずさんが書くスピンオフが電撃文庫から出るみたいですね。

ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌 (電撃文庫)

峰守ひろかずさんの作品は結構好きなのが多いので、
これはこれで楽しみです。
栞子さんも出てくるみたいですしね。

:: 2017/2/24 金曜日::

■[ラノベ]伝説の終演「ゼロの使い魔 22 ゼロの神話」

ゼロの使い魔22 ゼロの神話 (MF文庫J)
著者/訳者:ヤマグチノボル
出版社:KADOKAWA( 2017-02-25 )

作者サイト:hexagon
作者twitter:ヤマグチノボル (hexagonzero) on Twitter
絵師サイト:DO-RAKU7 ~道楽っぽいブログ的な何か~:So-netブログ
絵師twitter:エイジ(@usatsukaeiji)さん | Twitter
Kindle版:ゼロの使い魔 22 ゼロの神話
Kindle版まとめ買い:ゼロの使い魔
DMM電子書籍:ゼロの使い魔 22 ゼロの神話

ついに… 完結…!

ヤマグチノボルさんが亡くなった時は絶望に沈みましたし、
今もヤマグチノボルさんの新作が読めないのは辛いですが、
それでも「ゼロの使い魔」が完結できたことは喜ばしいと思います。
作者が亡くなっても普通は未完のままになることが多いんですけどね。
それだけ「ゼロの使い魔」という作品が多くの人から愛されていたのでしょう。

ハルケギニアを救う為に教皇が開いたゲートの先は、
始祖ブリミルたちの故郷と言われる聖地だった。
しかし才人にとってはそこは自分の故郷である地球でしかなく…
ここに全ての伝説の真実が明らかに…!

いやー…、終わってしまったなぁ…
物語は綺麗に畳まれたし、納まる所に納まったと思います。
ヤマグチノボルさんの遺したプロット通りに、
ヤマグチノボルさんっぽい筆致で最後まで貫き通せてたと思います。

でも… もし未練があるとすれば…
ヤマグチノボルさんが書いたらキャラが動き出して、
プロットとは別のラストに辿り着いた可能性があるんじゃないかな…
ということでしょうか。

恐らくこの22巻はこの世に遺されたただ一つの正解なのでしょう。
100%に近い内容だと思いますし、充分に面白かったです。
でも、ヤマグチノボルさんなら120%の物語が書けたかもしれない。
あの不世出の天才なら、200%の正解を見付けたかも知れない。
どうしても、そう思ってしまうんですよね。

「ゼロの使い魔」という物語はこれで完結です。
シリーズを追っていた一人として満足できた内容でした。
でも、ヤマグチノボルさんが書いていたらあり得たかもしれないif…
そんなラストを考える余地は残されている気もします。

HTML convert time: 0.766 sec. Powered by WordPress