主にエロ漫画誌で大活躍中の幾花にいろさんのデビュー初期4コマ漫画等が単行本に! 「机ノ上神話 幾花にいろ初期作品集」
2月7日発売!
:: 2019/1/3 木曜日::

■[ラノベ]おっさんフォーエバー「普通のおっさんだけど、神さまからもらった能力で異世界を旅してくる。疲れたら転移魔法で自宅に帰る。」7巻

普通のおっさんシリーズ、ついに完結です!
毎度面白くて読んでゲラゲラ笑ってたんですけど、
この7巻ではついに世界を救ってしまいましたからね!
流石にこのスケールで頑張っちゃったら完結になるのも仕方ないかな、と思います。

復活したニーズヘッグと戦い毒を受けて倒れたフェニちゃんを救うため、
キエル&ソシエ姉妹たちエルフが守護する世界樹に赴くんだけど、
蛇の亜人を前にアルミ箔でビット器官を騙したり、
今回もちょっとチート無双してます。

でも、今回一番笑って、一番酷いと思ったのは、
やっぱりザラタン砲ですね!w
超巨大質量による重力アタックな時点で容赦ないのに、
それを味方を落とすことで発動とかヒドい!w
でも、笑っちゃう…!

最後までハチャメチャで面白かったです。
元々作者の霜月緋色さんは多作で速筆でしたけど、
Web版から分岐してストック0でありながら次々と続きを出して、
ついには完結まで駆け抜けるとか凄かったです。
他のなろう作品も書籍化して欲しいところですね。
個人的にはおっさん冒険者、みなしごの娘を拾うシリーズをお願いしたいところです。(またおっさんか

:: 2018/12/20 木曜日::

■[ラノベ]巡り会う運命「ゴブリンスレイヤー」9巻

ゴブリンスレイヤー9巻ゴブリンスレイヤー9巻
出版社:ソフトバンククリエイティブ
作者名:蝸牛くも
絵師名:神奈月昇
絵師サイト:Light Of Night
Kindle版:ゴブリンスレイヤー 9
DMM電子書籍:ゴブリンスレイヤー 9

吹雪く中、近所の村への配達仕事を牛飼娘とするゴブリンスレイヤー
ただの配達のはずがゴブリンの群れに襲われて牛飼娘と二人、廃村に逃れるが…
そして、ゴブリンスレイヤーがいない中で他のメンバーは、
見習聖女の託宣に従って新米戦士と一緒に冬の山に赴いていて…

今回もゴブリンが出たので倒すお話です。
ただ、いつもと違って牛飼娘を守るというミッションがあります。
ゴブリンに囚われないように守り抜き、
それでいてゴブリンを指揮するオーガを倒す必要があるのです。
これは中々のハンデ戦ですよ。

女神官ちゃんの方ですが、かなり成長してますよね。
妖精弓手の言う通り、ゴブリンスレイヤーに毒されてるなぁ、とは思いますけどね!
目的のために手段を選ばない発想をして、それを選ぶことができるとか、
頼もしくなってるなぁ、と関心させられます。
実際、今回は女神官ちゃんがいないと危なかったですからね。
それもこれも、女神官ちゃんを成長させたゴブリンスレイヤーの働きがあったからこそですし、
良い意味で因果応報だな、と思います。

今回はゴブリンの恐怖を体験することになった牛飼娘ですが、
実際、かなり大変だったとは思います。
でも、ゴブリンスレイヤーに直接守られる経験ができたのは、
これはこれで得難いものだったんじゃないかな、とも思ったり。

しかし、オーガもわりと悲惨ですね…
兄の仇のゴブリンスレイヤーには覚えられてないし、
ゴブリンチャンピオンと間違えられてるし、
ゴブリンより手強くないと言われるし、
死に方がアレだし…
それもこれも相手が悪かったということで!

:: 2018/12/18 火曜日::

■[ラノベ]絶望との戦い「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」14巻

リューの冤罪を晴らすために再び水の都にやってきたベルは真実を知り、
リューとともに闇派閥の残党であるジュラと対峙する。
だが、ジュラの陰謀によって、かつてアストレア・ファミリアを壊滅させた、
ダンジョンによって生み出される悪夢・ジャガーノートが再誕してしまう。
ベルの決死の戦いによってギリギリで撃退することができたが、
ワーム・ウェールによってベルとリューは37階層という深層に落とされてしまう。
そして下層のリリたちにはアンフィス・バエナという迷宮の孤王が襲いかかり…

今年2月に刊行されてから10ヶ月経っての14巻ですよ!
もうね、本当に待ちに待ったというか、待たされたというかね!
作者の大森さんがソシャゲの監修に来年の映画と色々忙しいのはわかってたけど、
こんなに待たされるとは思わなかったですよ!
でもまぁ、600ページという厚さながらキッチリと終わったのには安心しました。
これでまた良い所で止められてたら発狂するところでしたね!

さて、600ページの分厚さということもあってか、物語は前半部分と後半部分に分かれてます。
というか、ページ数的に2冊分あるだけに、そこで分けても良かったような…
2冊同時刊行でも良かったんですけどね、読者的には。
でもまぁ、色々と事情があるのでしょう。

その前半部分ですが、リリたちによる双頭の竜、アンフィス・バエナ討伐編です。
正直ね、リリたちのことを舐めてました。
12巻の強化種のように、ベルが来るのを待つ作戦になるのかと思ってました。
もっとも、読者である我々はベルが深層に落とされたのを知っているので、
それが無理なのはわかってたんですけどね。
それでも、リリが依頼した援軍が来るまで耐えるか、異端児たちが来るまで耐えるのか、と。
そう考えていたんですよ。

でもね、そんな予想を裏切って、やってくれましたよ…!
ベルが居なくてもヴェルフがいる! 頼れる兄貴分が!
もちろん、戦力的にはLv.4のアイシャを中軸としているんですけど、
それも、春姫のレベルブーストで底上げされてこそ活かされるものですし、
命のスキルと魔法も心強いし、それを効果的に運用するリリの作戦も上手いし、
誰一人欠けてもなしえない戦いでしたよ。
ベルにおんぶに抱っこではない、ヘスティア・ファミリアの底力を感じさせられました。

そして、土壇場で見せてくれたヴェルフの大馬鹿っぷり!
ダンジョンの中での魔剣鍛造とか、ぶっ飛んでるな!
以前、ヘファイストスに啖呵を切った時は、正直ね、椿と同じ想いだったんですよ。
クロッゾの魔剣を打つ能力を使わないまま、鍛冶の頂きを目指すなんて馬鹿だと。
でもね、クロッゾの魔剣ではない、ヴェルフの魔剣を打つことでそれを超えられるとね…
脱帽としか言えないですよ。
これはもう、ヴェルフは一皮も二皮も剥けて、飛躍を成し遂げたな、と。
今回の敢闘賞はヴェルフなのは間違いないでしょう。

後半部分のベルくんとリューさんによる深層決死行ですが…
これはもう、序盤から無理ゲーの予感がビシバシ感じられましたね!
HPとMPが1割切っててLvも人数も足りない状態で高難易度ダンジョンに取り残されるとか、
そんなゲームがあったら、コントローラーぶん投げますよ、普通。
実際、何度も心が折れかけてるんだけど、
お互いが支え合って最後まで諦めないのは感動しましたね…!

特に、リューさんが自分を犠牲にしてベルを生かそうとするも、
ベルくんは決して諦めず、窮地に陥るがわかってても助けにくるとか、
ホント、マジでベルくんらしいですよ…!
これでこそベルくんだし、こうじゃなかったらベルくんじゃないですよね!
そんなベルくんだからこそ、リューさんは惹かれたのでしょう。
本人はまだわかってないし、認めないでしょうけど…
これ、どう考えても恋に落ちてるよ…!

それはそうと、すごくシリアスな展開なのに、たまに笑いを取りに来てて面白かったです。
アイズのお昼寝の特訓がまさか効いてくるとはなぁ…
まぁ、間違いなくアイズはそんなつもりなかったんだろうけど!
そして、リューさんが師匠だったかも、という可能性とかも、
Web版では実際にリューさんが師匠でしたからね。
それを知っているとニヤリとできるものがあります。

しかし… 本当にリューさんの乙女可愛いところが覚醒した14巻でしたね…
二人が裸で温め合うところも良かったし、
ショップ特典SSでの間接キスで密かに赤面するところも良かったし、
18階層で裸を見られたのを思い出して自爆してるのも良かったし、
エピローグで裸を見られて可愛い悲鳴をあげるのも良かったし、
ベルくんに惚れちゃったせいでまっすぐ見れなくて逃げちゃうのも良かったです。
いやはや、リューさん… 可愛すぎなのでは…!?

兎にも角にも10ヶ月待たされただけの面白さがありました。
ホントね、傑作ですよ、傑作。
大傑作な14巻ですよ!
次の日常編も楽しみであります!
主に恋するエイナさんやリューさんがどう動くか的な意味で!

:: 2018/12/16 日曜日::

■[ラノベ]アーレンスバッハの花嫁「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部「貴族院の自称図書委員V」」

他領の商人たちを迎えるために下町を綺麗にするだけでなく、
下町の平民たちと足並みを揃えて準備をするローゼマイン。
そんなローゼマインに困惑しながらも協力する貴族たちも少しずつ増えてくる中、
印刷工房の拡充や染め物コンペといった催しが行われ、
更に、ランプレヒトがアーレンスバッハから花嫁を迎えることになり…

今回書き下ろされていたアーレンスバッハから花嫁、アウレーリアの短編。
これのお陰でWeb原作を読んでいた時から謎だったヴェールの謎が解き明かされてスッキリしました。
ゲオルギーネの陰謀とか色々と考えていたんですが、
普通の女の子が少しでも幸せになりたいからと、精一杯頑張っていた結果なんですね。
何というか、いじらしくて可愛く思えました。

そんなアウレーリアを良い意味で困惑させるだけでなく、
保護者のフロレンツィアやエルヴィーラたちをも困らせるローゼマインが面白い…!
貴族のことを色々と勉強してガワだけはそれっぽくなったけど、
やっぱり中身はまだまだマインのままなんだな、とわかって微笑ましいですね。
それにしても… そんなにお魚を食べたいだなんて…!w

可愛いと言えばフィリーネも可愛いんですよね。
短編でも語られていたように、ダームエルに恋しているのは本当に女の子してて可愛い。
ダームエル的には早く結婚したいんだろうけど、
年の差の若い嫁も周りから羨ましがられると思うから、
フィリーネの願い通り、このまましばらく独身でいるのが良いと思います!

さて、貴族院の2年生が始まったわけですが…
ヒルデブラント王子が可愛くてほっこりしましたね。
でも、この子も苛酷な運命が待ってるんだよなぁ…
頑張れ、ヒルデブラント王子…!
強く生きろ…!

:: 2018/12/14 金曜日::

■[ラノベ]杏先輩はブラック社長の夢を見るか「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」Lv.18

アプリコット:私は進学せず、卒業し次第、会社を興します!
アプリコット:大学になど行きません! 自分の会社を創業し、日本経済の天下を取ります!

進路調査で迷うルシアンだけど、それ以上に迷走しだした杏先輩。
優等生のまさかのご乱心に猫姫さんは大人の壁として立ち塞がる!
アレイキャッツの面々はコネ入社という下心と友情で杏先輩に協力し、
猫姫さんに課されたミッション、LA内での経済トップを目指すが…

杏ちゃん可愛いよ、杏ちゃん!

暴走しだした杏先輩のブラック社長っぷりはつらたんでしたけど、
その暴走理由がわかってからは愛しさが溢れに溢れまくりでしたね!
もうね、杏ちゃん可愛い! ホント可愛い!
頼れる先輩なのに可愛い後輩力まであるぞこの人!
友達が少ないからこそ、友達のことがとても大事な杏ちゃん可愛い!
こんな杏先輩だから、みんな助けてあげようとするんだよね。

そして猫姫先生は本当に良い先生だよね…
大人として頭ごなしに押さえつけるのではなく、
大人だからこそ勇気と蛮勇を履き違えずに壁となり、
愛を持って指導することでアコすら改心させるとは…
ホント、なんで彼氏いないんでしょうね…
こんなに良い女性なのに…

しかしルシアンたちどこの大学受ける気なんでしょうね。
文脈から考えて六大学クラスかな? と考えているんですが。
杏先輩的には余裕の範囲なので年度末までネトゲ部に毎日顔を出しそうな気がします。
まぁ、その方が楽しいから問題ないよね!
これからもネトゲ部を楽しんで欲しいものであります。

:: 2018/12/12 水曜日::

■[ラノベ]新たな世界へ「ソードアート・オンライン 21 ユナイタル・リングI」

現在TVアニメ放映中のアリシゼーション編のその後の話です。
てっきりあのまま宇宙世紀に突入したアンダーワールド編が始まると思ってたんですが、
結局キリト、アスナ、アリスの3人はすぐにリアルワールドに戻っていたらしく…
ラースが落ち着くまでALOでアインクラッド攻略に勤しんでいたみたいなんだけど、
突如アインクラッドが崩壊した上に、他のシードを元にしたVRMMOも不具合が起こり、
いきなりサバイバルゲーム、ユナイタル・リングに放り出されて…

今度のSAOは鉄腕DASHだ!

もっとも、ゲームなので多少簡素化はされていますけれど、
石器から鉄器、そして衣服も素材集めから始めてスキルを上げていくとか、
わりとマゾい仕様のゲームみたいですね。
しかも一回ゲーム内で死んだらもうログインできないとか、
記憶が消えるアクセル・ワールドほどではないけど、わりとシビアというか。
まぁ、本当に死ぬSAOよりはマシですね。

それにしてもキリトさんたちの、推測力、洞察力、実行力、どれもが半端ないですね。
私がこの事態に巻き込まれたら右往左往しているうちに猶予期間終わる自信ありますよ。
猶予期間と言えば、高レベル装備をLv.1で装備できないから脱ぐ必要があるということは、
大多数が集まった場所だと女性プレイヤーたちが下着姿を披露しまくりということですね…
うーん、もしアニメ化したらそのシーンを是非お願いしたいところですね!(ゲス顔

それにしても今回はリーファの出番が多くて大変よろしいかと。
寝ているキリトに馬乗りして起こす妹らしい行動も最高でしたし、
時間がないからと同じベッドに寝てログインとかもすんばらしいです。
まぁ、どうしても正妻力ではアスナとアリスには負けますけどね…
キリトを甘やかすアスナとキリトに厳しいアリス…
すごく… 第一夫人と第二夫人感があります…

物語的には半壊したみんなの家が崩壊のタイムリミットが迫る中、
様々なトラブルが舞い込みつつもそれらを乗り越え、
みんなで協力して復旧するだけの内容なんですけど、
キリトの機転、アスナの知識、アリスの信頼、リズ&シリカの活躍と、
見所が多くて盛り上がりましたね。
ちょっと装備がマシなだけのPKなんてキリトさんたちにやられても当然なのである!

これはこれでとても面白いし、続きは早く読みたいです。
シノンも早く出て欲しいところですし、
何だかんだでクラインが結構好きなので彼にも頑張ってほしいです。
そして、今回新たに登場した新キャラはアクセル・ワールドを連想するし、
プログレッシブからついに出てきたあの娘がどんな役割を見せてくれるのか…!
いやー、楽しみですね!

:: 2018/12/10 月曜日::

■[ラノベ]最強○×計画「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」5巻

スローライフを送りたいタカヒロと勤勉なユミエルの物語も第二部突入!
今回はメインヒロインが1名追加だけでなく、サブヒロインも1名追加ですよ!
Web版から書き下ろしも2本追加されているので、
Web版既読組にとってもお得な内容になっております。

新ヒロインにして最強ヒロインのルートゥーが登場です!
ゴスロリ幼女という属性であり、しかも規格外の大金持ちで、
そして何よりもレイドボスである混沌龍とか強すぎるわけですよ。(戦闘力的な意味で
登場の仕方はわりとシリアスだったけど…
この作品、フリーライフなのよね…

という訳で見事なまでにフリーライフでの日常を送るルートゥーは、
色々とやらかしたりするけれど、
彼女なりに真面目なので憎めないし、
何より可愛いから問題ないよね!

もう一人のサブヒロインであるドロテアだけど…、
彼女は厳密には初登場なわけではなく、二度目の登場です。
そう…、フリーライフでは貴重なおしっ娘ヒロインの再登場なのです!
まぁ、この巻ではおもらししてないんですけどね。
貴重なおしっ娘ヒロイン枠なので、彼女の活躍に期待したいものです。
尿的な意味で。

しかし… Web版もそうだったけど豚肉が食べたくなるラノベですね。
私はどちらかというと煮込み系の方が好きなんですけど、
豚焼き肉と白米が食べたくなりました。
いや、ここは生姜焼きあたりが妥当かもしれない…
今度作ってみようかな…?

:: 2018/12/8 土曜日::

■[ラノベ]ノンストップ! セクハラカズマさん!「この素晴らしい世界に祝福を! 15 邪教シンドローム」

ウィズとバニルによってあっさりと正体がバレてしまったセレナさん。
カズマに口止めして魔王軍の幹部にしてダークプリーストなのを隠しながら、
アクセルの街で信者を獲得していくんだけど、
そのせいでぞんざいな扱いをされたアクアを哀れんで一念発起のカズマさん。
誰にもセレナの秘密を言えない状況で、一人でセレナに立ち向かうが…!?

カズマさんってば本当に性根からひん曲がってますね!
いや、今までの言動からしてわかりきってはいましたけども!
セレナへの嫌がらせの数々からして酷かったけど、
セレナに傀儡化されてからが更に酷いというね!
もうダメだこいつ!

良心のリミッターを外されたカズマさんには、
照れとかもなく、直球でセクハラをしまくるところは、
正直「良いぞ、もっとやれ」と思ってしまいました。
おっぱい鷲掴みにされるセレナさんも良かったけれど、
パンツを見せつけてくるめぐみんも良かったです。
というかめぐみん… わりとだめんず好きだよね…

しかし、ここへきてラストが近づいてきた感がありますよね。
いつまでもこのままグダグダな日常が続いてほしくもあるんですが、
流石にそろそろシリーズも長くなってきましたからね。
ここらで完結に動くのはありだと思うのですが、
はたしてどんな結末になるのやら、予想がつかないですね…

まぁ、何はともあれめぐみんとの仲は進展して終わりを迎えて欲しいものです。
アクアにギルドのみんなに広めてもらう感じでヤっちゃって欲しいですね!
あのエロ同人みたいに! あのエロ同人みたいに!

:: 2018/12/6 木曜日::

■[ラノベ]低俗最高!「せっかくチートを貰って異世界に転移したんだから、好きなように生きてみたい」4巻

ついに… ついに出てしまったか…!
キワモノな性癖を持つ”黄金の美食家”が…!

業が深い人ならその二つ名と水龍敬さんのこのイラストを見ただけで、
どんな性癖なのか察することができると思いますが、
取り敢えずまともな人は食事中に読まないことをお勧めします、
とだけ申し添える所存であります。
いや、ホント、マジでマジで。

まぁ、ここを乗り越えたら面白いんですよ、本当に。
タウロを侮り軽く扱っていた騎士団の上級操縦士たちが、
その驕りから魔獣たちに蹂躙された上で、
惨めすぎる死に方をしているシーンは痛快だったし、
タウロをニヤニヤと笑っていた同級生たちを、
商業ギルド所属とはいえ騎士団長という肩書きでからかうシーンとか、
もう、最高にハイってやつですよ!

復讐は何も生まないとか、
クズを相手にするだけ時間の無駄とか、
そんな高尚で綺麗なお為ごかしなんざどうでも良いんです!
クズにはクズらしい死に方をして欲しいし、
バカにしてきた相手には屈辱を味合わせてやりたいんだよ!
それが人間ってもんだろう!

と、低俗な私は思うわけですよ!
エロ小説読んでる時点で高尚とかそんなもんはドブに捨てましょうよ。
こういうので良いんですよ、こういうので。

それとニセアカシア国でのライトニングとタウロのやり取りも良いですよね。
タウロは単にライトニングのファンで、面倒くさがり屋の娼館好きなだけなのに、
ライトニングからの尊敬を一心に浴びるとか面白いし、
ライトニング視点からすると良いシーンに見えてきてある種の感動すら覚えます。
エロ小説なのになぁ。

エロ描写含めてかなりくだらないエロ小説なんだけど、
緻密に組み上げられた物語なので驚かされますが、
これからドンドン伏線回収が進んでいくし、
また、伏線もこれから埋設されていくので飽きることはありません。
唯一のネックは”黄金の美食家”並みに特殊性癖が度々出てくることですが…
そこは頑張って乗り越えてもらうしかないですね!

:: 2018/12/4 火曜日::

■[ラノベ]巨乳の奸計「王国へ続く道」5巻

王国へ続く道5巻王国へ続く道5巻
出版社:ホビージャパン
作者名:湯水快
作者サイト:湯水 快
作者twitter:湯水快 (@yumizu_kai) | Twitter
絵師名:日陰影次
絵師サイト:光陰矢の如し
絵師twitter:日陰影次@ (@hikage_eiji) | Twitter
Kindle版:王国へ続く道 5
Kindle版まとめ買い:王国へ続く道
DMM電子書籍:王国へ続く道 5

久しぶりに新刊が出て驚いています。
原作ストックは膨大にあるのに刊行が止まっていたので、
てっきり打ち切られたのかと思っていたので。
ちゃんと続きが出てくれたのは素直に嬉しいですね。

戦争が終わって爵位と領地を得たエイギルが、
ノンナの奸計によって彼女を正妻として娶ることで勃発するお家騒動に、
連邦の貴族夫人からの猛烈なアプローチとエロ展開に、
領地での内政(丸投げ)と平定(先陣)と、
戦い、エロ、内政、と三拍子揃った内容になっております。

久しぶりでもエイギルの女ったらしっぷりは清々しいですね。
女にはとことん優しく、ムカツク男には容赦なしという、
その一本芯の通った生き様は格好良く思います。
夜も含めて戦いとなったら圧倒的に強いというのも良いですよね。

部下には裁量と権限を惜しみなく与えた上で責任は手放さないし、
上司としてもわりと理想的でもありますしね。
まぁ、それを台無しにするくらいにエロ一直線なんですけども…
いや、それら全てをあわせてエイギルなんですけどね。

ちなみにエロシーンはわりとエロいんですけど、
この頃からぶっ飛んだ内容が入ってくるので今後もご期待ください。
カーラのご近所露出放尿プレイなんてまだ可愛い方ですよ。
そのうちエロシーンで爆笑しかできなくなりますかららね!
冷静に考えるとエロ小説としてそれで良いのかとは思いますけどね…w

HTML convert time: 0.855 sec. Powered by WordPress