ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2021/9/20 月曜日::

■[ラノベ]エッチ×温泉旅館=∞「りゅうおうのおしごと!」15巻

りゅうおうのおしごと!15巻りゅうおうのおしごと!15巻
出版社:ソフトバンククリエイティブ
作者名:白鳥士郎
作者サイト:のうりんのぶろぐ
作者twitter:白鳥士郎さん(@nankagun) / Twitter
絵師名:しらび
絵師サイト:Life is free
絵師twitter:しらびさん(@shirabii) / Twitter
紙書籍通販:りゅうおうのおしごと! 15
Kindle版まとめ買い:りゅうおうのおしごと!
DMM電子書籍:りゅうおうのおしごと! 15

姉弟子が入院して行方が知れず、愛弟子のあいは関東に移籍して巣立ち、
一人になった八一の傍に居てくれるのはもう一人の弟子である天衣ちゃんだけでなく、
小学生の頃からずっと八一のことを想い、傍に居続けていた供御飯さんも居るのであった…
そんな供御飯さんから言葉巧みに棋書を出さないか?
と打診された八一は二人で温泉旅館でカンヅメになり…

供御飯さんのifエロ同人誌を読みたい。

そう思った15巻でした。
この15巻は八一の傍にいる供御飯さんと、
あいちゃんの傍にいてくれるたまよんこと鹿路庭さんの物語でしたね。

供御飯さんが八一のことが好きなのは分かりきってましたけれど、
姉弟子という強力すぎるライバルが居たために攻勢に出れなかっただけで、
「本気を出したらこんなにエロ可愛いんだこの人…!?」と感じました。
まぁ、黒髪ロングの巨乳美人という時点でポテンシャルがありすぎるもんなぁ…

八一のことを姉弟子とは別視点でずっと見ていたからこそ理解しており、
年上の女性として甘やかしてくれるとか最高じゃん…
記者としての実力も確かで、しっかりと仕事をしてくれているし、
供御飯さんと結婚したら幸せな人生を歩めそうなのは間違いないんだけど…
姉弟子が存在しているから、頓死しちゃうんだよね…
どれだけ王手を掛けても、姉弟子という手駒がある時点でするりと抜けられちゃうんだわ…
うーん、切ない…

まぁ、それはそうとどう考えてもあの時点で手を出してたら危なかったよね、八一。
間違いなく危険日だったなぁ、と、同窓会の話を読んで思いました。

そして、たまよんこと鹿路庭さんの話ですが…
まさかあいちゃんの世話をあんなに見てくれるとは思いませんでした。
口ではなんやかや言いながら、女流棋士としての心構えを厳しくも教えてあげており、
本当に優しい人だな、と思いました。

それに、山刀伐プロとのなれそめは意外というか…
あいちゃんとかなり似たルートを辿っていたとは思いもよりませんでした。
鹿路庭さんが見た目だけじゃなく、心の中もこんなに可愛かったとはなぁ…
うーん、あざというJDだと思ってて申し訳ありませんでした…!

そんな二人を圧倒的な才能で蹂躙するあいちゃんってばマジ半端ないよね…
周囲のプロ棋士たちも驚愕する、竜王の愛弟子の実力はまだその片鱗を見せただけなので、
これからどのように女流棋士を恐怖を刻み込んでいくのか…
怖いなぁ…

さて、出番が少なかった姉弟子ですが、
小冊子限定版ではかなりの甘々成分を摂取することが出来ました。

イラストレーターが描いた可愛い姉弟子のシチュを書いた短編も良かったけど、
交際報告前のリハーサルをする姉弟子が可愛すぎましたね。
そしてボディタッチしてる姉弟子はエロすぎましたね…

やはりこの作品のメインヒロインは姉弟子なんだなぁ…
そう痛感した小冊子でした…!

:: 2021/9/18 土曜日::

■[ラノベ]ゴブぴょい伝説「ゴブリンスレイヤー」15巻

ゴブリンスレイヤー15巻ゴブリンスレイヤー15巻
出版社:ソフトバンククリエイティブ
作者名:蝸牛くも
絵師名:神奈月昇
絵師サイト:Light Of Night
紙書籍通販:ゴブリンスレイヤー 15
Kindle版まとめ買い:ゴブリンスレイヤー
DMM電子書籍:ゴブリンスレイヤー 15

ある日冒険者ギルドに緊張しつつもやってきたのは、草原に生きる給仕の馬人の妹の馬玲姫。
彼女が姉を頼ってきた理由は冒険者に付いていってしまった姫が音信不通になってしまったので、
その捜索のためだった。
都市探索という小鬼退治とは違った依頼を受けることになったゴブリンスレイヤーだけど、
ゴブリンスレイヤーが行く所には常に小鬼の陰があるわけで…

うーん、これはウマ娘の影響では…?
と邪推してしまう馬人ことケンタウロス系女子回でしたね。
額に一房の銀髪とか、シンボリドルフとかそういったのがモチーフなのかな?
競馬場みたいなところが出てきてるし、わりとあからさまだった気もしますが…
ウマ娘未プレイの私はどこまで影響されているのかわからないのであった…

今回は捜索ということで最寄りの街である水の都にやってきてましたが、
当然のように剣の乙女が出てきたのは嬉しかったですね。
エロい身体を持て余しているのにピュアピュアな恋する乙女なところがとても良かったです。
もっと出番があっても良いと思うんだけどなぁ…

小鬼退治は相変わらずでしたけど、
不死の魔術師相手でも怯まずに普通に倒しているあたりがゴブリンスレイヤーですね。
最後の展開は映画にもなった小鬼聖騎士との結末を思い出しました。
今度は雪じゃなくて石というか土砂というか、そういうのでしたけど。
よく生きてたな、ゴブリンスレイヤーさん…

それはそうと挿し絵の赤毛エルフのバニーガール姿はとても良かったです。
ありがてぇ…

:: 2021/9/16 木曜日::

■[ラノベ]とても可愛い小悪魔「俺の妹がこんなに可愛いわけがない 17 加奈子if」

俺妹ifシリーズもこの加奈子ifで取りあえずの打ち止め。
今回はあやせifからの派生ルートになるので1巻構成になっています。

加奈子ルートというとどうしてもおまけ的要素と感じてしまいますが、
ちゃんと本編でも加奈子のフラグは立ってましたからね。
とはいえ、加奈子ルートはどうしてもメインヒロイン3人のおまけと感じてしまうというか。
君望の遙ルートと水月ルートに対する大空寺あゆルートみたいに感じちゃいますね。(アラフォー的例え

加奈子は付き合ったら楽しそうではあるけれど、
振り回されて大変そうだなぁ、とは思ってましたがその通りでしたね!
特に告白までの流れはその懸念の通りでしたが、
付き合ってからのドタバタと、そこからの加奈子の成長には驚かされました。
特に麻奈実を師と仰いで料理修業をするとかめっちゃ健気やん… 好き…
ってなりましたし。

それにしてもあやせを煽る時の加奈子の小悪魔っぷりよ…
そりゃキレられて当然なんだけど、それに気付かないのが加奈子だよなぁ。
というか、あやせからしたらNTRというかBSSですもんね。
初恋の人がよりによって加奈子に掻っ攫われた上に目の前でイチャツキを見せられるとか、
障り猫が発露しちゃいますよ。
まぁ、黒猫は闇猫になっちゃってましたが!
あやせと黒猫の二人がレイプ目になってるのには正直笑っちゃいましたが!w

はー、それにしてもこれで俺妹シリーズもついに終わりかー
10年以上経ったと考えると感慨深いですわ…
次は数年ぶりのエロマンガ先生の続刊になるみたいですが、そちらも楽しみですね。
エロマンガ先生も10年後にはifシリーズが出たりするのかしら。
もしそうならそれはそれで楽しみだな…w

:: 2021/9/11 土曜日::

■[ラノベ]風が吹く前「精霊幻想記 20.彼女の聖戦」

精霊幻想記 20.彼女の聖戦精霊幻想記 20.彼女の聖戦
出版社:ホビージャパン
作者名:北山結莉
作者サイト:北山結莉
作者twitter:北山結莉さん(@yuri_kitayama) / Twitter
絵師名:Riv
絵師twitter:Rivさん(@rivleaf) / Twitter
連載サイト:精霊幻想記(Web版)
紙書籍通販:精霊幻想記 20.彼女の聖戦
Kindle版まとめ買い:精霊幻想記
DMM電子書籍:精霊幻想記 20.彼女の聖戦

ハルトに心臓を貫かれても復活した聖女エリカはガルアーク王国への聖戦を布告する。
勇者として召喚された彼女が王制打倒のために破滅的に邁進する原因は、
貴族の横暴と村人の愚かさによって自分と婚約者を殺された凄惨な過去だった。
一方、ガルアーク王国へと帰国したハルトは勇者沙月への訓練を行うが貴族の反感を招き…

うーん、このオチは何とも…
カラー口絵が不穏な感じだったので身構えてましたが…
端的に言うとうしとら的な展開ですね…
これはしばらく鬱っちゃう感じだなぁ…

前半はリーゼロッテの恋(無自覚)が可愛らしかったり、
ドヤ顔セリア先生が可愛らしかったりと微笑ましかったんですが、
途中からグレゴリー公爵の足の引っ張り合いが見苦しくなりましたね…
まぁ、予想通りちゃんとざまぁ展開だったのにはスッキリしましたけども。
騎士のウィリアムはわりと好感が持てたけれど、公爵は最後までダメダメでしたね。

そして聖女エリカとの戦いですが、
はじめは不死の彼女を封印するものだと思ってたんですよ。
ただ、途中から一気によくわからない展開になったと思ったらアレですからね…
かなりチンプンカンプンなところにオチがアレなわけで…
うーん、この先がどうなるのか読めないわ…

:: 2021/9/9 木曜日::

■[ラノベ]集う戦姫たち「魔弾の王と凍漣の雪姫」8巻

魔弾の王と凍漣の雪姫8巻魔弾の王と凍漣の雪姫8巻
出版社:集英社
作者名:川口士
作者サイト:一〇八(仮)
作者twitter:川口士さん(@kawaguchi_tsu) / Twitter
絵師名:美弥月いつか
絵師サイト:COLOR GIMMICK – 美弥月いつかの公式サイトです
紙書籍通販:魔弾の王と凍漣の雪姫 8
Kindle版まとめ買い:魔弾の王と凍漣の雪姫
DMM電子書籍:魔弾の王と凍漣の雪姫 8

ガヌロン公爵が占拠した王宮とバシュラル王子が守る王都を攻略せんと、
レグナス王子とロランたち一行とは別にリュディが率いるベルジュラック遊撃隊も進軍するも、
ガヌロン公爵は大人しく待っているだけでいるはずもなく、
悪辣な手段を取ってくるんだけど…

リュディはミラとティグルが相思相愛だと気付いてないと思ってましたが、
ちゃんと気付いてたんですね…
いやはや、恋する乙女の洞察力を舐めててすみませんでした。
しかも自分から二号さん、もとい現地妻でOK発言をするとはなぁ…
前作のレギンと似たような戦略を取っていると言えなくもないかな…?

そのレギンですが、やはりこの作品でもティグルのことが好きなんですね。
まぁ、そうだとは思ってましたけども。
というか、ブリューヌにほぼ全員の戦姫が揃ったのに、
そのほぼ全員がティグルに対して好意的なわけですよ。
これはこのシリーズでもハーレムエンドになる可能性は充分あるな…!

ただ、やはり前作とは明確に違っており、その一つがバシュラル王子ですね。
やってきたことの報いだったとはいえ、あの最期は可哀想でしたね…
運命に翻弄されてきたことといい、同情すべきことも多かったように思えます。

それと意外だったのはザイアンでしたね。
飛竜に乗って駆けつけ、結果としてとはいえレギンの窮地を助けるとかかなり意外というか…
父親との関係も比較的良好だし、
元ヤンキー更生モノみたいな感じになってきてるな…w

バシュラル王子は倒せたけれど、本命のガヌロン公爵はまだ暗躍しまくりなので、
これからどう結末に向かっていくのかわからないのでワクワクします。

:: 2021/8/16 月曜日::

■[ラノベ]内部調整のエーレンフェストと外患誘致のアーレンスバッハ「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身Ⅵ」」

グルトリスハイトを得る可能性が一番高いローゼマインを取り込もうと、
王の養女とすることを強制されたエーレンフェスト。
ユルゲンシュミットを救うためとはいえ無理難題の対価を得る条件を飲ませはしたが、
ローゼマインを出すエーレンフェスト内部では色々と問題が起こり…

今回は椎名優さんの挿し絵がとても良い仕事をしてくれましたね。
ローゼマインからリーゼレータへの告白シーンとか最高でしたよ。
文字から想起させてくれる可愛らしさを300%表してくれていて、
プロのイラストレーターさんって凄い! と思いました。

それで言うと大人の格好をしたトゥーリも良かったですね。
ちっちゃなマインより少しだけお姉さんだったあのトゥーリが、
ルッツも見惚れるほどの美少女に成長した姿とか、感慨深いです。
どことなくエーファ母さんに似た雰囲気なのも良かったなぁ…

本編ですが、ヴィルフリートの青春の発露というか…
甘やかして育てられたお坊ちゃまの視野の狭い激昂っぷりには残念なモノを見る目になりますね。
プロローグでフロレンツィアが語っていたように、側近の悪影響を受けていたのが原因でしょうし、
ローゼマインとの魔力差に劣等感もあったんでしょう。

とはいえ、ライゼガング相手に無神経な対応をして嫌味を言われるのは自業自得だと思うんだよなぁ…
フェルディナンドからのお土産が自分になかった理由をローゼマインに解説され、
シャルロッテに追認されたことに衝撃を受けてましたが、
「今更?」とも思えるんですよね…
本当に甘やかされて育ったことに自覚がなかったんだなぁ…
ローゼマインにはあれだけ規格外と指摘してたのに、自分も特別扱いされてたことに無自覚なのはね…
確かにヴィルフリートは領主として相応しいとは思えないんですよね…

ただ、ディートリンデよりはマシだと思ってしまいますね。
視野の狭さ、教養のなさ、脇の甘さ、どれをとってもディートリンデはヒドい。
トルークを使われて簡単に籠絡されてたり、本当に残念で、
アーレンスバッハの人たちは大変だな、と同情してしまいます。

さて、次回ではフェルディナンド様大ピンチ回であり、
ローゼマインが凄いことになる回でもあります。
育成の神アーンヴァックスと椎名優さんの手腕が今から楽しみでなりません。

HTML convert time: 0.695 sec. Powered by WordPress