本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身IX」 8月10日発売予定!
ゲルラッハ攻防戦!
:: 2022/8/14 日曜日::

■[漫画]エーレンフェストでの戦い「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身IX」」

アーレンスバッハで毒に倒れたフェルディナンド様を救出できたローゼマイン。
しかし、本物のディッターはエーレンフェストの礎を守るまで終わらないということで、
ダンケルフェルガーとアーレンスバッハの騎士を率い、
激戦区となっているゲルラッハへと援軍に駆けつけるが、そこには仇敵グラオザムが暗躍しており…

今回も書き下ろし短編が増量しての新刊となっています。
ローゼマイン視点以外でのエーレンフェスト攻防戦が語られているのですが、
これがまた面白いのです!
ローゼマインに語った一面だけでは気付けなかった裏側を知ることができて興味深かったですね。

ユーディットが感じた普通の貴族たちのよる当たり前のような連座の感覚や、
シャルロッテ視点でのヴィルフリートの悪い意味での空気の読めてなさ、
そして、フロレンツィア視点でのヴェローニカとの対面とかは、
ローゼマインが決して知ることがない部分だろうな、と思いました。

ジルヴェスターとゲオルギーネの会話に関しては、
本当に二人は噛み合わないなぁ、と思いましたね…
前巻でゲオルギーネ視点での過去を読んでいたからこそわかったんだけど、
彼女は彼女なりに苦悩していたんですよね…
領主になるための努力をしていたのに、両親の方針で無理矢理剥奪されたのに、
ジルヴェスター本人はゲオルギーネが領主になれば良い、と言い放ったわけで…
そりゃ、怒りを買うに決まってますよね…

当時のジルヴェスターは両親の暗躍を知らなかったんだろうけど、
領主になって数年経っている今は気付いておくべきだったとは思います。
リヒャルダとか事情を知っている側近がいるわけなんですから。
こういった、無神経なことを言って相手を激怒させるところは、
ヴィルフリートと本当にそっくりだな、と思わざるを得ませんね…

肝心のローゼマインですが、
争いが苦手なのに激戦区を走り抜けた上に戦いに身を投じるとか、
そりゃPTSDになっても仕方ないですよね。
ただ、貴族として取り繕うのが上手くなったがために周りが気付けない、
というのも何とももどかしいものがありました。

そして一番面白かったのはやはり仮縫いの場面ですね!
暴走するダンケルフェルガーに翻弄されるのはエーレンフェストの常とはいえ、
ハンネローレ様に暴露されたせいでトゥーリやコリンナに色々知られてしまったのには笑っちゃいましたw

あと、外面を取っ払って本音トークをした時のノリとかもとても好きです。

「わたくしはアウブでもツェントでもどちらでも良いのです。わたくしの計画が図書館都市になるのか、図書館国家になるのかという些細な違いしかありませんから……」
「全く些細ではありません」

特にこの流れがメッチャ好きで…w
何度も読み返してしまいましたね!

ただ、そんな和やかな場面だけが続くわけではなく、
ラオブルートの暗躍がまだ続いているので戦いはもうしばらく続くんですよね。
エピローグでラオブルートの事情もわかりましたけれど…
政変の原因もそうだけど、後始末まで含めて全ての原因は王族の失態ですよね…
王族への恨みがあるラオブルートの事情を把握せず、
中央騎士団の団長を任せるとか、トラオクヴァールは本当に人を見る目がないな、と思いました。

ちなみに今回は特定の書店で販売されている紙書籍版特典が読みたくて、
アニメイトで買ったんですが、その特典SSが面白かったです!
トゥーリはやっぱりマインの姉であり、わかってるなぁ、と感心して大笑いしましたw
うーん、マイン…! お姉ちゃんにはバレバレだったよ!
ドンマイ!

■[萌え]少年ジャンプ+ 「阿波連さんははかれない」更新! 他

少年ジャンプ+ 阿波連さんははかれない [148話]
大城さん…
才能に溢れすぎなんじゃね…

楽園web増刊 夏の残り火
この残り火…
まだ燃え上がりそうだなぁ…

まんがライフWIN よーじょらいふ! [40-5]
え…
や、やられる…!?


サバフェス徹夜明けかな?
100回目が始まるよ!


いつの間に三人目の娘が!?
ニキチッチは心配性。


なるほどね。
ワキだね。


たきなは良いぞ。
髪の毛が良いぞ。


コンセプトからして女性版シティーハンターだものね。
そりゃ親和性高いわ。


シャンプーは可愛いんだよなぁ…
パンチラのエロス。


爪の先まで美しい。
ワキをチラ見せだ。


美人さんですね。
ゆかりさんは二次創作でしか知らない…


駄女神だ!
花鳥風月でもやってるべし。


信じろさん、最近は二次創作多めですね。
そして相変わらずのエロエロっぷりよ…


ハニトーを食べた事ありそうな人、か。
私は一度だけ食べた事あるな…


先輩はとても嬉しげ。
ひまわりさんと会えるからだね。


この年にしてこの機転を…!
将来が楽しみですね…w

#オリジナル 現実もたまには嘘をつく132「全部好きなんだ」 – にいちのマンガ – pixiv
末永くお幸せに!
でもまだ女装の件、お義父さんに伝えてないな…

:: 2022/8/13 土曜日::

■[漫画]令和DOSEI物語「クプルムの花嫁」3巻

クプルムの花嫁3巻クプルムの花嫁3巻
出版社:KADOKAWA
作者名:namo
作者twitter:namoさん(@namo_) / Twitter
紙書籍通販:クプルムの花嫁 (3)
Kindle版まとめ買い:クプルムの花嫁
DMM電子書籍:クプルムの花嫁 (3)

婚約生活も順調なしいなと修だけど、
3巻では少しだけ進んで同棲を始めることに…!

でもエッチなことはまだしないみたいなので、
修の性欲が大丈夫なのかと心配ですね…!
しいなは無防備すぎるし純真すぎるので、
据え膳には手を伸ばせない葛藤は凄まじいことになってそうです…

そんな修だけど、今回は弟子志願者が出てきましたよ。
錦銅で世話になっている高畠さんとこのお孫さんのあさひちゃんです。

職人になるのを家族に反対されてたけど、
やっぱりやりたいっていう情熱が燃え上がったあさひちゃん。
修みたいに幼いころからの行動力はなかったけれど、
やる気はきっちりあるみたいで可愛いし応援したくなりますね。

それにしてもしいなは本当に頼り甲斐があるというか…
人間関係がもつれそうなところをギャルのコミュ力で何とかしちゃうのが、
とても信頼感があるんですよね…!
番頭さんになる適性は充分高いと思うんですよ。
まぁ、礼儀を覚えるのは大変だろうけども、
ばあちゃんがきちんと育ててくれそうなので安心ですね。

読んでると北陸の食べ物が欲しくなるんですけど、
このご時世に県境を跨ぐのはちょっと躊躇しちゃうんですよね。
新潟は一度も行ったことがないので行ってみたくはあるのですが…
早くこのパンデミックが落ち着かないものですかね…

■[萌え]少年ジャンプ+ 「魔都精兵のスレイブ」更新! 他

少年ジャンプ+ 魔都精兵のスレイブ [89話]
一番組組長は体術派か。
そして裏切り者が…!?

少年ジャンプ+ 2.5次元の誘惑 [休載イラスト42]
バキエルちゃんはドS。
ミカリン逃げてー!

マガポケ 可愛いだけじゃない式守さん 【152話】
それぞれの受験勉強スタイル。
ちゃんと勉強してて偉い。

楽園web増刊 日々是平坦スペシャル
そりゃ友達を連れて祖父母の家になんて行かないよなぁ…
祖父母の家がお互い近所だった、っていうのは私はあったけど…

ComicWalker まったく最近の探偵ときたら 第82話②
きんたまおじさんだよ!
おかしいよ!

まんがライフWIN よーじょらいふ! [40-4]
お互いにクリスマスプレゼントを贈る流れ。
多分、消しゴムのカスでも喜ぶと思うよ。

まんがライフWIN 中原くんの過保護な妹 [98-15]
具体的な進路が決まったよ!
でも瑠衣ちゃんの家に行くのはないんじゃないかな…


ついに賢者潮ちゃんが!
潮ちゃんで賢者になっちゃうー


まほお姉ちゃんだ。
お姉ちゃん大好き。


お着替え中のえるたそ。
黒ストがエッチすぎる。


リコリコは良い百合。
褒め殺しか!


終わってしまうんだなぁ…
師匠はお元気でしょうか。


ネットの意見なんて全体の極一部にすぎない。
好きだという感情は止められないんだよなぁ。


ククルスドアンの猫。
寛大だなぁ。

:: 2022/8/12 金曜日::

■[漫画]世界一安全な観光地の謎の物体「鍋に弾丸を受けながら」2巻

ワールドワイドなご当地グルメ漫画だけど、
COVID-19というパンデミックなご時世だとネタが増やせないので、
長く続けられるかどうかが心配になってましたが、
無事に2巻が出たようで安心しました。

今回面白かったのはやはりドバイでしょう。
砂漠というものに対する固定観念を丁寧に取り払ってくれるだけでなく、
ドバイが如何に快適なところであるのかがよく分かりました。

まさかトイレがTOTOだとは…!
なるほど、世界で一番が集まる場所かー

そんな快適なリゾート地でお土産屋さんもボッタクリがなく、
どこまでも親切な店員さんだというのに、
謎の物体を引き出してくるあたり作者さんは業が深いですね…!

おハーブですわー!

まぁ、違法ではなさそうですけど、
とても危険なパワーを感じますわー!
大丈夫なのかしら?

食べたくなったのはむしろこちらですね。

和三盆に通じるような美味しさらしいので、
一度は是非食べてみたいです。
市販品でも良いから食べて経験してみたいけれど、
地元民しか知らない名店のハルヴァというのも経験してみたいものです。
しかし、そんな店を引けるのが凄いなぁ。
釣り人ネットワークというか、コミュ力が凄い。

南米のロドリゴさんの話もまたありましたけれど、
とても良い友人関係だな、と思いました。
また南米に気軽に行けるようになる世の中になると良いけれど…
まだまだコロナ禍は収まりそうにないなぁ…

■[萌え]C100新刊情報!

HTML convert time: 1.105 sec. Powered by WordPress