ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2015/11/4 水曜日::

■[漫画]司波達也の実力「魔法科高校の劣等生 九校戦編」4巻

九校戦編も4巻になり、舞台はモノリスコード戦へ。
今まで補欠という立場に甘えていた達也を、
十文字先輩が活を入れて参戦させることになったんだけど、
そこに幹比古とレオも巻き込まれてしまい…

相変わらずこの漫画版は色々と解りやすいです。
文字媒体の原作ではどうしても読者の想像で補うしかなかったんだけど、
漫画だとしっかりとイラスト付きで解説してくれますからね。
アニメだと尺の都合でサクっと進んじゃったからなぁ…
カーディナル・ジョージの「加重系統プラスコード」とか、
漫画版が一番解りやすかったです。

一条たち第三高校との決戦も盛り上がったし、
全体的に良いコミカライズだと思いますよ。
深雪さんだけじゃなくてエリカのブラコンも可愛かったし。
何気に小野先生の私服姿も可愛かったと思います。

それと「魔法科高校の優等生」も同じく九校戦なためか、
最後に優等生のキャラがチョロっと登場してますね。
具体的には一色愛梨が出ていたので興味がある人は確認してみてください。
これは優等生でもこのシーンが出てくるということかもですね。
そちらも楽しみです。

:: 2014/9/19 金曜日::

■[漫画]魔法競技開始!「魔法科高校の劣等生 九校戦編」2巻

魔法科高校の劣等生 九校戦編(2) (Gファンタジーコミックススーパー)
著者/訳者:佐島勤 石田可奈
出版社:スクウェア・エニックス( 2014-09-10 )

Kindle版:魔法科高校の劣等生 九校戦編 (1)
Kindle版:魔法科高校の劣等生 九校戦編 (2)

アニメでは放映済みの九校戦編のコミカライズの2冊目です。
基本的にアニメと同じように原作に忠実にコミカライズされているので、
原作ファンにとっては安心して読むことが出来ますし、
アニメから入った人にも判りやすい内容かと思います。

アニメと違って時間という制約がある程度緩いせいか、
アニメではすっ飛ばした原作のシーンもちゃんと描いているのが良いですね。
具体的にはクラウドボールでの七草先輩のエンジニア代打を務めた達也が、
ちょっとした調整で効率を向上させちゃう所とかですね。
流石はお兄様です。

ただ、アニメと同じく原作に可能な限り忠実だからこそ、
原作→アニメと続けて読むと新鮮な驚きが殆どないという問題もあるかもしれません。
まぁ、原作よりも魔法や競技の説明が図解入りで判りやすくされていたりと、
より初心者向けに描かれているというハードルの低さが持ち味になっていると思います。

それにしても七草先輩のテニスウェア(?)姿は中々良いですね。
丁度原作でも七草先輩の萌えシーンがあっただけに、
良い感じに相乗効果が出ていると思いますよ。
とはいえ、次巻からは深雪無双&達也無双になって出番は多少減ると思いますが。
そう言えば、きたうみつな版コミカライズの第一話冒頭は深雪のピラーズブレイクでしたね。
ある意味やっと追いつくということなのかな?

:: 2014/4/11 金曜日::

■[漫画]いざ、九校戦へ!「魔法科高校の劣等生 九校戦編」1巻

魔法科高校の劣等生 九校戦編(1) (Gファンタジーコミックススーパー)
著者/訳者:佐島 勤 きたうみ つな
出版社:スクウェア・エニックス( 2014-04-10 )
コミック ( 152 ページ )

Kindle版:魔法科高校の劣等生 九校戦編 (1)

Kindle版:魔法科高校の劣等生 入学編 (1)
Kindle版:魔法科高校の劣等生 入学編 (2)
Kindle版:魔法科高校の劣等生 入学編 (3)
Kindle版:魔法科高校の劣等生 入学編 (4)

入学編を描かれていたきたうみつなさんがそのまま九校戦編も担当!
今回は九校戦が始まる前、会場に行く途中までしか描かれてませんが、
これからの盛り上がりを感じさせてくれるものになってました。

それにしてもこのコミカライズは本当に原作に忠実ですね。
また、原作だと文字媒体での説明が多いので理解に時間が掛かるアレコレも、
イラスト込みで説明してくれるのでスッと頭に入ってくるのが良いですね。
特に九校戦の競技種目とか独自性が強いのでイラストがあると判りやすかったです。

イラストと言えばやっぱりアレですね、エリカのブルマ姿。(笑
原作でも描かれてましたがビジュアルインパクトありすぎでしょう。
ブルマ姿で赤面するエリカは中々にレアで良いものでした。
もちろん、ヒロイン度は深雪さんの方が高いんですけども、エリカも有りだよね!
ブラコン妹だし!

アニメでここら辺に入るのはもうちょっと先になると思います。
というかアニメって何クールでやるんでしょうね。
1クールだと短すぎるし2クールで横浜騒乱編までかな?
まぁ、アニメともども楽しみにしていきたいです。

:: 2014/1/9 木曜日::

■[漫画]テロリスト殲滅編「魔法科高校の劣等生」4巻

魔法科高校の劣等生 (4)(完) (Gファンタジーコミックススーパー)
著者/訳者:佐島 勤 きたうみ つな
出版社:スクウェア・エニックス( 2013-12-27 )
コミック ( 137 ページ )

この春からアニメが放映される「魔法科高校の劣等生」の第一章「入学編」がこれにて完結。
とはいえ、物語全体から言うとまだまだ序章と言えるので、
これから更に展開される「九校戦編」はこのままきたうみつなさんが描かれるので、
そちらも楽しみです。

さて、この「入学編」ラストとなる4巻では第一高校に攻め込んできたテロリストたちを、
一網打尽にするだけではなく、その本拠地に乗り込んで殲滅するという、
およそ高校生とは思えない所業をする達也たちの活躍が描かれています。
まぁ、達也のキャリアを考えればこれくらいは余裕でしょうし、
魔法師全体から見ても世代を重ねる毎に魔法師の能力が上がっていることからして、
達也以外の年が若い高校生でも充分一線級の能力を持っているということなのでしょう。

とはいえ、ブランシュのリーダーである司一の雑魚っぷりは最早ギャグの領域な気がするなぁ。(笑
原作の時点でも充分アレだったけど、コミカライズされてその表情をつぶさに見ることが出来ると、
ピエロっぷりが際立ってしまい本当に雑魚にしか思えない…(笑
まぁ、だからこそ達也のTUEEEっぷりが際立つとも言えるのでしょうが。

ちなみにこの4巻ではエリカが結構目立ってましたね。
壬生さんとの剣劇は結構魅せるモノがありましたよ。
美少女同士の本気の剣劇ってのもありましたしね!
エリカは今後も出番があるので期待したいトコです。
あ、でも九校戦では出番が少ないかな…
横浜騒乱編での活躍に期待!(笑

:: 2013/8/16 金曜日::

■[漫画]防衛戦を開始せよ!「魔法科高校の劣等生」3巻

魔法科高校の劣等生 (3) (Gファンタジーコミックススーパー)
著者/訳者:佐島 勤 きたうみ つな
出版社:スクウェア・エニックス( 2013-07-27 )
コミック ( 145 ページ )

原作1巻の後半部をじっくり丁寧に描いている本編コミカライズの第3巻!
このペースだと原作1巻当たり4冊くらいになりそうな予感がしますが、
魔法の説明を懇切丁寧に初めにやっているからこそな気もしますので、
ペースが掴めてきたら一気に進むかもしれません。

しかし文字媒体だったものがビジュアル化されるとやはり違いますね。
勿論原作の文字で魅せて想像させる活字の良さというのも魅力的ですけど、
こうやってビジュアルで訴えかけるとより易しくなると云いましょうか。
特に魔法科高校を襲撃するブランシュの悪漢たち相手に対する、
服部やレオの魔法はビジュアルで表現されることにより判りやすさが素晴らしかったですね。

それとやはり何と言っても女の子たちの魅力が!
まぁ、ぶっちゃけ深雪さんが如何に可愛く描かれているかというのがキモな訳で、
それが見事なんですよねー
実習室でのエリカの野暮なツッコミをマジレスする深雪さんのブラコン発言の破壊力ったら無かったですよ。

今回で魔法を用いたバトルが本格的になってきた感がありますが、
1巻クライマックスにして達也の本領発揮はまだまだこれからです。
ですが、それすらも達也の本気の一端にすぎないので、
「魔法科高校の劣等生」はまだまだ面白さが加速していきますので乞うご期待ですよ!

:: 2013/1/28 月曜日::

■[漫画]深雪さんの下着姿が!「魔法科高校の劣等生」2巻

魔法科高校の劣等生(2) (Gファンタジーコミックススーパー)
著者/訳者:佐島 勤 きたうみつな
出版社:スクウェア・エニックス( 2013-01-26 )
コミック ( ページ )

2巻目の表紙が達也と渡辺先輩という組み合わせで驚きましたが、
これは今後達也+ヒロインの構成で行くといことなのでしょうか。
とすると次は壬生さんかエリカかなぁ…
個人的にはエリカに一票を入れたい所であります。

さて、本編は服部との決闘から始まり達也が風紀委員で活躍する話が収録されています。
服部との決闘も漫画にすることでより分かりやすくなっているのが特徴的ですね。
サイオン波の合成という達也の魔法もビジュアルにされることで非常に分かりやすいものになっていますし、
キャスト・ジャミングの説明の時にも魔法の種類の違いが分かりやすく纏まってましたので、
原作よりも楽に世界観が理解出来やすくなっていると思います。

他にも九校戦や四葉の家の事情とか先の展開を小出しにすることで今後の伏線としながら、
話を分かりやすくするようにしていたりと随所に工夫が見られますよね。
それでいて剣術部の桐原がいかにも短気なバカっぷりがより顕著になっていて、
今度の桐原の印象が大丈夫なのかと心配になったりもするんですが…(笑

深雪さんが原作通りに下着姿になってくれたりするだけでなく、
部活の勧誘に揉まれたエリカが制服がはだけてしまうシーンなどといったサービス精神も発揮されており、
優秀すぎるほどに優秀なコミカライズだなぁ、と感心することしきりであります。
それにしても巻末のアレは…、どう考えてもアレだよなぁ…
達也…、まさか予知能力まで開眼するとは…(笑

HTML convert time: 0.715 sec. Powered by WordPress