りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2017/12/9 土曜日::

■[漫画]私が辞めても代わりはいるもの。「それが声優!」5巻

それが声優!5巻それが声優!5巻

原作者名:浅野真澄
原作者サイト:浅野真澄/あさのますみオフィシャルサイト
原作者twitter:浅野真澄@それ声最終巻ついに発売! (@masumi_asano) on Twitter
作者名:畑健二郎
作者twitter:畑健二郎 (@hatakenjiro) on Twitter
Kindle版まとめ買い:それが声優!
DMM電子書籍:それが声優! (4)

アニメにもなった「それが声優!」の最終巻です。
この前の夏コミで最後のエピソードが収録された同人誌が頒布され、
私もそれで読んで結末は知ってたんですが…
うーん、何でしょうね、この胸のうちのモヤモヤ感…

もちろん、作品としては面白いです。
双葉たちイヤホンズの成長という面でも面白いですし、
声優という業界モノとしての面白さも健在です。
ですが、やはり樹ヒナタの去就には侘しさよりも理不尽に対するモヤモヤがあります。

実際、最近だと種田梨沙さんとか一時休業されてて、
それでFGOのマシュの声優が交代されましたが、それでもそれを当然と受け入れた訳ではなく。
やはり淋しさとかそういったモノがあったわけですよ。
それが仕方ない、そういった現実なんだと言われても、
だったら漫画じゃなくてエッセイで良いのでは?
と思ってしまうわけで…

直近だと「なれる! SE」の16巻でもそうですけど、
日本の労働環境のやるせない現実のせいで、
フィクションでもスカッとしないラストの作品が増えてきたなぁ、と思います。
それがとても悲しいですね…

:: 2016/8/31 水曜日::

■[漫画]ピンチをチャンスに羽ばたけイヤホンズ!「それが声優!」4巻

それが声優! (4) (IDコミックス REXコミックス)
著者/訳者:畑 健二郎 あさの ますみ
出版社:一迅社( 2016-08-18 )

原作公式サイト:それが声優!WEB
原作者サイト:浅野真澄/あさのますみオフィシャルサイト
原作者twitter:浅野真澄(@masumi_asano)さん | Twitter
作者twitter:畑健二郎(@hatakenjiro)さん | Twitter
Kindle版:それが声優! (4)
Kindle版まとめ買い:それが声優!

アニメ化もした「それが声優!」の新刊が1年ぶりに発売。
同人誌をまとめた単行本なことと、作者の畑健二郎さんが週刊連載中なこともあり、
どうしても刊行ペースが遅くなりますが、
面白さに関しては問題ないですね。

4巻ではライブ直前にいちごちゃんが脚を挫いたことを告白し、
イヤホン図はライブを成功させる云々よりも、そもそも開催できるのか?
といった緊迫した展開から始まるんですが…、
作中にもあったようにリアルでたかはし智秋さんがアキレス腱断絶したこともあり、
そちらの方が印象深かったです。(笑

声優ネタで興味深かったのは海外ドラマの吹き替えですね。
日本のアニメとは違った先が見えない展開と、
俳優の事情によって唐突に変わる出番とか、
海外ドラマを殆ど見ない私でも面白く読めました。

声優ネタだけでなく、イヤホンズの人間ドラマも面白かったですね。
事情は色々あれど、成長するいちごちゃんや鈴ちゃんに置いて行かれた双葉が、
同世代の人気No.1声優の樹ヒナタの実直で辛辣な助言を真摯に受け止めて成長するとか、
主人公らしいところがあって良かったですね。
たとえ一時期凹んでもちゃんと立ち直るところとか頼もしいというかね。
頑張って欲しいなぁ、と思わされるんですよ。
まぁ、今回一番頑張って成長したのはいちごちゃんなんですけどね。(笑

次巻はこのペースだと来年になるかなぁ?
まぁ、それくらいなら月刊漫画と遜色ないペースだし気長に待とうと思います。

:: 2015/7/18 土曜日::

■[漫画]神谷浩史は男前「それが声優!」3巻

それが声優! (3)
著者/訳者:畑 健二郎 あさの ますみ
出版社:一迅社( 2015-07-08 )
原作公式サイト:それが声優!WEB
原作者サイト:浅野真澄/あさのますみオフィシャルサイト
原作者twitter:浅野真澄(@masumi_asano)さん | Twitter
作者twitter:畑健二郎(@hatakenjiro)さん | Twitter

3巻の表紙は小花鈴ちゃん!
現役中学生で声優とか、凄い子も居たもんだけど、
最近だとシンデレラガールズの武内Pも高校生だし、
ばらかもんのなる役の原涼子ちゃんは小学生なんですよね。
凄い業界だなぁ、声優って。

でも学生で仕事をするというのは大変みたいで、
学校のイベントはどれも行けないものばかりなんだなぁ。
そして進学先も仕事を前提に選ぶ必要があるとか、
中々にシビア…

そんなシビアな職業の中で真摯さを見せてくれるのが神谷浩史という男。
絶望先生とか阿良々木くんといったキャラのイメージがある、
どちらかというと下ネタの人という印象があるんですが、
芯のしっかりとした矜持を持つプロだということが漫画からも伝わってきますし、
本人のコメントの行間からもビシバシと伝わってきますね。
いやー、神谷浩史さんのこと見直したわぁ…

また、今回は他にも白石涼子さんも登場しています。
こちらは畑健二郎さんの「ハヤテのごとく!」でもハヤテ役もやってますし、
色々と親和性が高い出演でしたね。
そして喉の手術というハードルを越えた人だけあって言葉に重みがありました。
うーん、プロってのはそれぞれ何かしらを潜り抜けてきた凄味ってのがあるなぁ…

この3巻ではラストのイベント前のトラブルも含め、
ちょっと重めの話が多いですが、その分面白さも多いです。
アニメは是非ここまでやって欲しいものです。

:: 2015/7/17 金曜日::

■[漫画]椎名高志先生も参戦!「それが声優!」2巻

それが声優! (2)
著者/訳者:畑 健二郎 あさの ますみ
出版社:一迅社( 2015-07-08 )
原作公式サイト:それが声優!WEB
原作者サイト:浅野真澄/あさのますみオフィシャルサイト
原作者twitter:浅野真澄(@masumi_asano)さん | Twitter
作者twitter:畑健二郎(@hatakenjiro)さん | Twitter

3巻まで同時発売の2巻目はいちごちゃんが表紙。
中身もちゃんといちごちゃんがメインとなっているんですが、
今更ながらにちゃんとそれぞれのキャラクターが単行本のメインとなるように、
同人誌の頃からペース配分してたんですね。
プロって凄いわー…

いちごちゃんはアイドル声優を目指していたので、
彼女メインの話では色々とアイドル的なアレコレを知ることが出来ます。
たとえばアイドルのスカートがふんわりふくらんでいるのが、
夢と希望ではなくてパニエだったり、
アイドルがステージ上でどこを見えているかだったりね!

そして何より新しく知ったのは堀江由衣さんの裏側というか、
ステージを降りている時のポンコツ具合でしょう!
これ、同人誌で読んだ時はにわかには信じられなかったんですけど、
本当にこんなにポンコツというかズボラというか…
うん、面白い人なんですねー…
それも魅力の一つだと思いますよ!

余談ですが女性って二の腕の太さとか気にしていることが多く、
実際に今回の双葉も気にしていましたが、
断言してもいいですけど、男の人は二の腕の太さとかまったく気にしていません。
女性ファンしかそこには目がいかないと思います。

それと今回から男性声優のネタも扱っているんですが、
男性声優が避けては通れないBLネタがてんこ盛りです。
しかもその際に下品なネタを品行方正な畑健二郎さんが描けないので、
横島忠夫という最高にイカした下品なキャラを生み出した椎名高志先生が参戦!

soregava02_01

第092話 椎名センセイそれガチすぎる : それが声優!WEB

様々な実在声優だけではなく、実在漫画家も起用するとは…
懐が広い漫画であるなぁ。(笑

:: 2015/7/16 木曜日::

■[漫画]NOW ON AIR!「それが声優!」1巻

それが声優! (1)
著者/訳者:畑 健二郎 あさの ますみ
出版社:一迅社( 2015-07-08 )
原作公式サイト:それが声優!WEB
原作者サイト:浅野真澄/あさのますみオフィシャルサイト
原作者twitter:浅野真澄(@masumi_asano)さん | Twitter
作者twitter:畑健二郎(@hatakenjiro)さん | Twitter

ついにTVアニメが放映開始された「それが声優!」
原作が同人誌だというのは有名な話だとは思いますが、
今回はTVアニメ化を機に商業単行本として発売されることになりました。
まぁ、畑健二郎さんが描いているから「同人誌が商業漫画に!」
という興奮はほとんどないんですけどね。(笑

この作品は新人声優の一ノ瀬双葉が同じく新人の萌咲いちご、
そして子役歴10年の小花鈴ちゃんと出会い、三人でユニットを組み、
お互いを刺激しあいながら声優として成長していく物語です。

何しろ原作が現役声優の浅野真澄さんですから、
声優のネタは鮮度が良いうえに、リアリティがありまくりです。
それでいて畑健二郎さんの漫画なので分かりやすく面白いんですよね。
4コマ漫画というのも読みやすくて取っ付き易いです。

この1巻で一番盛り上がるドラマは、
ドラマCDで役をもらいながら、アニメ化で役を降ろされた双葉が凹み、
先輩声優である汐留ヒカリさんに励まして貰うところでしょう。
ドラマCDからの配役変更はファン側も残念なことが多いのですが、
やっぱり声優さんも辛いんだなぁ…

とはいえ、SHIROBAKOでずかちゃんの不遇っぷりを見ていたので、
双葉は名前のある役をポンポンやっているだけ、
充分に実力と運を持ってるとしか思えなくなってきたのも確かです。(笑
まだまだ凹むことが多いだろうけど、がんばれ双葉!

HTML convert time: 0.641 sec. Powered by WordPress