僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!
:: 2019/4/3 水曜日::

■[漫画]このマンガがすごくなりそう!「天国大魔境」2巻

天国大魔境2巻天国大魔境2巻
出版社:講談社
作者名:石黒正数http://www5.plala.or.jp/okan/
作者twitter:石黒正数 (@masakazuishi) | Twitter
Kindle版:天国大魔境 (2)
Kindle版まとめ買い:天国大魔境
DMM電子書籍:天国大魔境 (2)

「このマンガがすごい!2019」のオトコ編で第一位を取ったのには驚かされたというか。
ちょっと早くない? とは思いましたけど、
作者の石黒正数さんはちゃんとわかっておられたので安心しました。
この作品が面白くなることに関しては疑いはないのですが、
おそらくその面白さが本領発揮するのは3~5巻頃じゃないかな、と睨んでいますので。

とはいえこの2巻でも面白いのは確かなんですよね。
キルコが元男だという発言には驚かされたといか、
TS(性転換)モノ好きとしてはそれだけで加点してしまうわけです。
でも、その原因がわりと真面目な感じだったのにはまた驚かされたというか。
シスコン少年が思春期特有の背伸びをした結果瀕死になり、
姉の体と入れ替わるとかわりとシリアスだなぁ、と思いました。

まぁ、シリアスの中にも笑いをちゃんと挟んでくれるんですけどね。
キルコ本人は真面目にやってるんだけど、
そのセンスの壊滅っぷりでギャグになってるのが笑えるんですよ。

キル光線はキルコとKillをかけてるからまだ許せるけど…
マルタッチはなぁ…
マルくんがタッチするからとはいえ、そのまますぎるというか…
確かに時間がない場面で考えたから仕方ないのかもしれないけど…
いや、やっぱりないわ…!w

人喰いを倒す手段を考えるのに、
男の頃に憧れていた兄貴分のロビンに教えられたことを実践するとか、
キルコがちゃんと元男なんだな、とわかる描写があるのは良いな、と思います。
ネーミングセンスは本当にアレだと思うけど。

そして天国にいると思われるトキオだけど、
あそこはあそこで何か色々とおかしいのが少しずつ分かってきましたが…
世界観の設定とか含めて色々と謎が多すぎるので、
それらが詳らかになるのが今から楽しみですね。

:: 2018/10/29 月曜日::

■[漫画]これまでも、これからも「あたりのキッチン! 」4巻

あたりのキッチン! 4巻あたりのキッチン! 4巻
出版社:講談社
作者名:白乃雪
作者サイト:Shirono Yuki – Home
作者twitter:白乃雪 (@ShironoYuki_jp) | Twitter
Kindle版:あたりのキッチン! (4)
Kindle版まとめ買い:あたりのキッチン!
DMM電子書籍:あたりのキッチン! (4)

ドイツ在住の作者が描く、日本の地方都市のコミュ障女子大生の、
地元に根ざした食堂でのバイト生活を描く「あたりのキッチン!」もこの4巻で完結です。
完結巻ということで清美さんと阿吽の縁がやっと詳らかになっています。
まぁ、殆どの読者は察していたであろう内容なんですけどね。

今回は清正くんたちが受験生ということで、
進路に関する話が多かった印象があります。
清美さんももうすぐ就活ということで進路のことを考え始めたり、
私もかつて通ってきた道なだけに感慨深いですね。

清正たちに鈴代さんが勉強を教えていたところで、
鈴代さんが語っていた内容ですが…

これは本当にそう思いますね。
大学入ってからもそうですが、
社会に出て、会社で仕事をする上で取っ掛かりになるのは、
いつも高校までに習った勉強内容だったりします。
そこが身についている人とついてない人とで、
大きく差を感じることが多いです。
そういった意味でも清正たちはしっかりと学問を身に着けて欲しいけど…
一時記憶になりそうな気がしないでもないですね…

それと清美さんが幼い頃に今は亡きお父さんと約束した内容ですが…
なるほど、だから阿吽で働こうと思ったんですね…
いくらおかみさんに助けられたとはいえ、
コミュ障な清美さんが接客業なんて無理だと思ってたんですが、
この約束を心の何処かで覚えていたんでしょう。
まぁ、そもそも覚えていなかったら一人暮らしで大学に入るとは思えないですし。
やはり清美さんは記憶力が良いなぁ。

それにしてもこれからみんなどうなっていくんでしょう。
清美さんと清正がくっついて阿吽を継ぐのか…
それとも○○ちゃんが清正を幼馴染みパワーで引っこ抜くのか…
それと兼原くんは鈴代さんに恋愛対象として意識してもらえるのか…

:: 2018/7/25 水曜日::

■[漫画]18年ぶりの帰還「天国大魔境」1巻

天国大魔境1巻天国大魔境1巻
出版社:講談社
作者名:石黒正数
作者サイト:おかんの家4
作者twitter:石黒正数 (@masakazuishi) | Twitter
Kindle版:天国大魔境 (1)
DMM電子書籍:天国大魔境 (1)

先日星雲賞を受賞した「それでも町は廻っている」や、
10年前に「外天楼」を描いた石黒正数さんの新作がこの「天国大魔境」です。
元々石黒正数さんはアフタヌーンの四季賞出身ですので、
アフタヌーンで連載されることはおかしくないんですが、
それでもちょっと驚きましたね。

何か大きな災害が起こり、文明が崩壊した近未来世界を舞台にした物語です。
恐らくまだ21世紀、災害から15年と作中で語られているのでそう遠くない未来ということでしょう。
そこでは何か異形の生物が人を食い、人類は文明の残り香で何とか生活しているみたいで、
その世界で天国を求めて旅するマルとそのボディーガードのキルコ。
そして、マルと似た容姿のトキオという少年が過ごす、どこかの閉ざされているけど幸せそうな施設。
天国と魔境の二つが描かれた作品です。

この1巻の時点で伏線がメチャクチャ張り巡らされているのが分かります。
「それ町」もそうでしたけど、伏線の張り方が綿密であり長いんですよね。
世界観の説明も登場人物たちの会話から断片を拾って類推していかなくてはならなくて、
そういった楽しさもあったりします。
まぁ、総じて長編としての面白さが秘められているのがよくわかる内容なので、
覚悟を持って読んだ方が良いかもしれません。

あと、今までの石黒正数作品と違って、ちょっとエッチな要素はありますね。
女性の裸も描かれるし、キルコの身体とか妙に性的に描かれてるし。

退廃的な世界観だからインモラルさを出しているのか、
中々に悩ましくはあります。

第1話を読むことができますが、雰囲気を感じるくらいしかできないかもしれません。
恐らく長編になると思うので、この1巻だけでは面白さの半分も理解できてない気がします。
それでも今までの石黒正数作品の面白さを知っているので、期待は高まってしまいますね。
はたしてこの「天国大魔境」はどんな物語を描いてくれるのか…
とても楽しみです。

余談ですが、私みたいに性転換モノ好きな人は読むべきだと思います。
まさか… 中身が男だったとは…

:: 2018/4/25 水曜日::

■[漫画]ブルマスク水ブルマ「大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック」2巻

亡き父が青春時代に母と過ごした記憶がフラッシュバックするという、
ちょっと変わった体質を持つ鈴木実くんが母に恋しちゃって大変な漫画の2巻です。

母がヒロインなだけに昭和を感じさせる雰囲気が多いですね。
まぁ、普通に考えて大蜘蛛ちゃんは30代後半なわけだから、
旧スク着たりブルマ履いたりしててもおかしくない訳なんですが…
一ちゃんの言ってた通り、ブルマを描きたいからこんな設定にしたのでは…?
と思うくらいにはブルマまみれですね、この漫画。(笑

ブルマは女の子をかわいくする前世紀のロスト・テクノロジーとは、
また言い得て妙なような、煩悩まみれなだけのような名言を…

両親の学生時代のエピソードとかは青春しててトキメキを感じますね。
特に大蜘蛛ちゃんが鈴木くんに惹かれ始めたキッカケとか、
大蜘蛛ちゃんの笑顔が素敵すぎてキュンキュンしましたよ。

そりゃー、こんな笑顔を一人称視点で体験したら、
実母に恋しちゃうのも仕方ないよなぁ、と思わされます。

一応、一ちゃんとの間にフラグが立ちそうではあるんですが…
はたしてそちらのルートに分岐することはあるのかとか、
諸々と気がかりですので、今後も楽しみにしていきたいです。

:: 2018/4/24 火曜日::

■[漫画]思い出のカプセル「あたりのキッチン! 」3巻

あたりのキッチン! 3巻あたりのキッチン! 3巻
出版社:講談社
作者名:白乃雪
作者サイト:Shirono Yuki – Home
作者twitter:白乃雪@4/23あたりのキッチン3巻 (@ShironoYuki_jp) | Twitter
Kindle版:あたりのキッチン! (3)
Kindle版まとめ買い:あたりのキッチン!
DMM電子書籍:あたりのキッチン! (3)

実はこの作品はアフタヌーンで結構気に入ってまして、
いわゆるグルメ漫画に該当するとは思うのですが、
どちらかというとグルメ漫画というよりも、
コミュ障主人公の清美さんを中心とした人間ドラマ漫画として楽しんでます。

流石に知り合いには慣れてきた清美さんですが、
人間関係が増えたために、そこから更に新たなキャラが増えてきて、
相変わらずキョドることが多いあたり変わらないなぁ、と思いますね。
今回の新キャラは美人の鈴代さんに惹かれている見た目ヤンキーだけど純情な兼原くん。

男子校出身で女性に慣れてないながら、
頑張って仲良くなろうと行動するところは好感触なんだけど、
鈴代さんが恋愛に興味ないから初手で撃沈する悲しさ…
まぁ、まずは友達からですよ!
最新のエピソードでは割りと仲良くなってきたしワンチャンあるかもですよ!

それと清正に恋する国重ちゃんは相変わらず可愛いですね。
素直になれない幼馴染みとか最高じゃないですか。
ただ、意中の清正は超鈍感で気付かない上に、
清美さんに惹かれてるっぽいですけどね!

幼馴染み属性が好きな私としては国重ちゃんを応援したいのですが…
どうやら清美さんと清正も幼馴染みっぽいんだよなぁ…
以前からそれっぽい感じでしたが、この3巻のタイムカプセル回で確信を深めましたよ。
はたしてその事実にみんなが気付くのはいつの日になるのだろうか…

それはそうとあとがきにも書かれてますが、
作者の白乃雪さんってドイツ在住なんですよね。
日本の地方都市でバリバリの日本食を食べてそうなイメージだっただけに、
このことを知った時は驚きました。
しかも、日本食への恋しさが募ってこの漫画が生まれたというのを知り、
食への執念って凄いな、と思った次第であります。

:: 2017/10/23 月曜日::

■[漫画]鈴木くんの家庭の事情「大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック」1巻

鈴木実は幼い頃に父を亡くし母子家庭で育ったこと以外は一見普通の高校生。
ただ、母の職業が漫画家であることがちょっとだけ特殊だったり、
何より、父の葬儀以降、父の視点で母との青春時代の思い出をフラッシュバックするという、
特殊すぎる体質になったために母に恋することになっただけで…

「謎の彼女X」の植芝理一さんの新作は母に恋するマザコン漫画…!?

まさか2017年にもなって「八神くんの家庭の事情」を思い出すとは思いませんでした…
いえ、単に若作りのお母さんと日常的に接しているから恋しているわけではなく、
母とのラブコメの思い出を亡き父の視点で追体験してしまうという、
植芝理一さんらしい一捻りがあるが故なんですけどね。
それでもビックリですよ。

正直、母に恋するというコンセプトの時点で若干忌避感があったんですが、
それでも読み続けてしまうくらいにお母さんである大蜘蛛綾ちゃんは魅力的です。
まず、綾ちゃんに恋しているお父さん視点で見せられる高校時代の思い出で、
その少女らしい可憐さにヤラれます。
次に、息子の実視点で現在の母親らしい豊満な身体になった上でのスキンシップを描かれて、
人妻属性をも感じさせてくるんですよ。
これはダメです、ヤラれてしまいます。

あと、大蜘蛛綾連載作が「未確認彼女X」なあたりはセルフパロディ感がありますね。
まぁ、とはいえ植芝理一さんが年若い未亡人ということはないのでしょうが!
いや、ワンチャンあるか…?(ない

ちなみに講談社作品らしく第一話の試し読みがあります。
初っ端からフルカラーで昭和らしいブルマがドアップで出てくるので、
中々の迫力がありますので、是非ともノックアウトされて欲しい所存であります。

HTML convert time: 0.706 sec. Powered by WordPress