りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2020/10/5 月曜日::

■[漫画]おっぱい退散!「プラネット・ウィズ」5巻

プラネット・ウィズ5巻プラネット・ウィズ5巻
出版社:少年画報社
作者名:水上悟志
作者サイト:続・みずかみ小屋
作者twitter:水上悟志さん (@nekogaeru) / Twitter
紙書籍通販:プラネット・ウィズ (5)
Kindle版まとめ買い:プラネット・ウィズ
DMM電子書籍:プラネット・ウィズ (5)

龍の力を宿した龍造寺隆を倒して燃え尽き症候群となった宗矢。
しかしグランドパラディンは倒れてもネビュラ封印派は諦めておらず、
鷹取女史は封印派に与して地球人を封印しようとする!
しかしネビュラ穏健派は宗矢が戦いに行こうとせず…

この5巻の扉絵、とても心に響いちゃいましたね…
ケンカしたままのカトルネ。
十九に引っ越したベルケル。
本借りたままのタイラン。
シリウスで過ごしていた頃の宗矢の平和な日々がわかるだけに、
切なさと愛しさがこみ上げてきて、それを隣りで聞いていたのぞさんの気持ちはいかばかりか…
のぞさんはマジ良いヒロインやで…

それはそれとして白石さんに抱きつかれておっぱいに意識が持って行かれる宗矢ですが、
思春期の童貞少年なら仕方ないですよね。
むしろ当然だよね。
というか、あそこからのぞさんの青春エナジーを感じて正気に戻るとか、
宗矢さんマジパねぇっすわ。

あと、アニメ版を観てて思ってたけど虎居さん格好いいですよね。
漫画版でじっくりと読んでるとマジで主人公みたいだな、と思いました。
初めは宗矢の敵として立ち塞がったけど、
宗矢にとって頼れる兄貴分みたいで、やっぱり格好良かったです。
「惑星のさみだれ」の東雲半月に通じるものがあるよなぁ。

次巻では封印派の首魁とのバトルですね。
犬と猫のバトルですが、熱いぜ…!

:: 2020/2/29 土曜日::

■[漫画]正義よりも優しさを…「プラネット・ウィズ」4巻

プラネット・ウィズ4巻プラネット・ウィズ4巻
出版社:少年画報社
作者名:水上悟志
作者サイト:続・みずかみ小屋
作者twitter:水上悟志 (@nekogaeru) | Twitter
紙書籍通販:プラネット・ウィズ (4)
Kindle版まとめ買い:プラネット・ウィズ
DMM電子書籍:プラネット・ウィズ (4)

グランドパラディンの首魁である龍造寺隆と、
ネビュラの封印派の筆頭である閣下と白石こがね。
両者のサイキックバトルは劣勢に立たされた封印派が、
穏健派である先生&宗矢&銀子に戦いを押しつけて…

先週アニメを見返したんですが、
やはり漫画版は情報量が多いですね。
じっくり活字で読めるというのもありますが、
単純に内容が補完されているというのも大きいですね。

しかしじっくり読むことで思ったのは…、
銀子が可愛いということですね…!
宗矢のスピード感溢れすぎるバトル展開に翻弄される銀子が可愛かったです。
流石は平和主義リエルのお姫様と言いましょうか…
あと、宇宙船子機に着替えさせられる銀子もちょっと良かったです。
スウェット姿とかレアだな…

まぁ、可愛さで言えばのぞさんも負けてないですけどね!
バトル中に祈るのぞさんも良かったけれど、
ババア無理すんな、な白石さんに惹かれる宗矢に対して、
ジェラってるところとかニヤニヤできる可愛さですし、
デートにニヤニヤするのぞさんにもニヤニヤしちゃいました。

これが… メインヒロインの姿だ…!

このペースだと7巻あたりで完結しそうですね。
できればBDに付いてきたおまけネームも短編として完成原稿で読みたいところですが…
それはちょっと難しいのかもしれない…?

:: 2019/7/30 火曜日::

■[漫画]心の形「プラネット・ウィズ」3巻

プラネット・ウィズ3巻プラネット・ウィズ3巻
出版社:少年画報社
作者名:水上悟志
作者サイト:続・みずかみ小屋
作者twitter:水上悟志 (@nekogaeru) | Twitter
Kindle版:プラネット・ウィズ (3)
Kindle版まとめ買い:プラネット・ウィズ
DMM電子書籍:プラネット・ウィズ (3)

暴走した晴海が宗矢の怨敵である龍の形態になり、
宗矢だけでなく流れ弾で町に被害が出るようになってしまう。
先生と宗矢はドーピング薬(見た目はワンカップ酒)でパワーアップして
空を飛んで対抗するが暴走した龍の強さは半端なくて…

アニメ版は本当によく水上悟志さんの面白さを再現してたんだなぁ…
と、漫画版を読んでしみじみと思いますね。
バトルが盛り上がってくると脳内でBGMが再生されるし、
のぞさんとのシーンも脳内で声優が喋ってるのです。

というか、声優さんって凄いんだなぁ、と改めて思いましたね。
デトックス後の根津屋先輩の大人しさに関しては、
漫画版でも落ち着いた雰囲気は出ていましたが、
アニメ版での声の演技による説得力は大きかったと再認識した次第です。

あとね、やっぱりのぞさんが良いですよ。
名探偵のぞさんからのタックルのぞさん、
そして土下座のぞさんですよ。
漫画版だとじっくりとのぞさんの魅力を堪能できるのが良いですね…
宗矢のことを慮ってくれるのぞさんは、とても愛の進化種族だな、と思いました。

それと岳蔵の爺さんはやっぱりカッケーですわ。
ネビュラウェポンの中での煩悩塗れな夢を堪能する姿もある意味カッケーですが、
やはり宗矢と先生との真っ向勝負がカッケーんですわ。

普段はヒヒ爺なのにいざとなったら強いとか、どこの時代劇なんだと。
でも、そこが格好良いと思ってしまうんだよなぁ。

余談になりますが、水上悟志さんの過去作である「サイコスタッフ」の電子書籍新装版が出ました。

サイコスタッフ 新装版

私は旧版を初版で持ってるしマンガ図書館ZでのPDF版も持ってますが、
表紙が描き下ろされていたのでついついポチってしまいました。
うーん、やはりアレだな…
梅子ー! 好きだー!
の「めぞん一刻」感が最高だな…!w

:: 2018/12/2 日曜日::

■[漫画]アヴェンジャー「プラネット・ウィズ」2巻

プラネット・ウィズ2巻プラネット・ウィズ2巻
出版社:少年画報社
作者名:水上悟志
作者サイト:続・みずかみ小屋
作者twitter:水上悟志 (@nekogaeru) | Twitter
Kindle版:プラネット・ウィズ (2)
DMM電子書籍:プラネット・ウィズ (2)

アニメはあっという間に駆け抜けていきましたけど、
漫画はじっくりと続いています!
この2巻ではアニメ版第4話の途中までが描かれています。
うーん、このペースだと全7巻か全8巻くらいになるのかな?

アニメ版でもそうでしたが、宗矢が啖呵を切るところは格好良かったですね。
単に自分のエゴをぶつけているだけなんですけど、
自分の立ち位置を明確に定めた上で、強大な敵に挑むのは中々に熱いです。
まぁ、銀子は物理的に熱い思いをしているんですけども。
やはりこの時から竜造寺隆の強さは規格外ですよね…

戦いが終わった後は宗矢とのぞさんの日常編があるんですけど…
のぞさんは良いヒロインですよね。
銀子とはまた違った日常の癒やしをくれるというか。
さり気なく宗矢の入部届を偽造するあたり、ちょっとハラグロですけどね。

根津屋先輩は憎めない人だったなぁ。
いや、まだ死んでないんですけども。
高校卒業しても中二病を続行するとかキテレツなんだけど、
ネビュラウェポンに取り込まれてからの夢の内容も憎めないというか…
うん… 嫌いじゃないな、この人…

そしてはるちゃんこと熊代さんですが…
わりと愛が重いというか、レズみを感じるというか…
タレ目ロングで優しげなのに柔道が強く、
女子力が低いのにコンプレックス持ってそうな所が可愛いというかですね。
可愛いのに宗矢相手にはガチで強いところを見せてくれるあたり、
色々とギャップを感じさせられて萌えます。

そういえば宗矢とのバトルで脚でギガキャットハンマーされて驚いてましたけど、
アラフォー的にはアレって足でかめはめ波や足で土爪の影響を感じますよね。

どうやら当たってるみたいですし。
水上悟志さんは私と同世代だからそりゃそうだよね、と。
みんなも「ドラゴンボール」だけでなく「3X3 EYES」も読んだ方が良いですよ!
もちろんこの「プラネット・ウィズ」もね!

ちなみに先日発売されたBDに収録されていたラフ短編ですが、
のぞさんが可愛かったです。
のぞさん好きな人は是非買って読むと良いと思います!

:: 2018/11/30 金曜日::

■[漫画]長篠かと思ったら関ヶ原だったでござる「ドリフターズ」6巻

ドリフターズ6巻ドリフターズ6巻
出版社:少年画報社
作者名:平野耕太
作者twitter:平野耕太 (@hiranokohta) | Twitter
Kindle版:ドリフターズ (6)
Kindle版まとめ買い:ドリフターズ
DMM電子書籍:ドリフターズ (6)

2年半ぶりの新刊だー!

また間が空いたけど、ドリフターズだから仕方ない。
面白いからいつまででも待つし、
一度出たら何度も読み返すのです。
だって、面白いんだもの。

ついに黒王軍と決戦することになった豊久たち。
野戦築城に鉄砲と火薬の増産にエルフとドワーフの味方と、
やれるだけのことをやっているんだけど、
まぁ、物量そのものが違う上に関ヶ原の小早川がいますからね。

まぁ、小早川と違ってこっちは脅されてるんだけど、
本当にラスプーチンは外道ですよ。
きたないな、流石ロシアきたない。
約束破って背後から襲うことに定評のあるロシアらしい汚らしさですよ。
正に外道!

しかし… これからどう逆転劇ができるのか…
はてしなく不安というか、無理ゲー感が漂ってたんですよ。
特に豊久が関ヶ原と同じようにアレしてしまうわけで。
如何にハンニバルがボケから復活しようと、無理じゃないかと。
でも、そう言えば二人二航戦が居ましたよ。
しかも時代は変われども新選組ですよ。
これは土方さん、何かやってくれそうじゃないですか?

問題は… 続きを読めるのがまた2年近く先になりそうだということでしょうか…
できれば1年くらいで出して欲しいですね…!

:: 2018/9/4 火曜日::

■[漫画]隅から隅まで河合荘「僕らはみんな河合荘 コレクションBOOK 入居の手引き」

大きさが画集サイズなので書店ではそういったものが置いてある棚を探さないと見つからないと思います。
まぁ、内容から考えて画集サイズが最適解だと思うんですけどね。
一応Kindleとかの電子書籍でも出てますが、大きな画面じゃないと魅力を損なうと思います。
とはいえ紙書籍はどこも品切れみたいなので手に入りにくいようですが…

内容は単行本の表紙とそのボツとなったラフや、
今までのアワーズ表紙を飾った数々のカラーイラストといったものだけでなく、
アニメ化の際のイラストやサイン会での特典おまけ漫画といったものまで幅広く収録され、
更にはそれらに一言コメントが付けられており隅から隅まで楽しめる内容になっております。

もちろん描き下ろしの漫画もあります。
とはいえ本編は11巻で完結しているので本当におまけみたいなものなんですが、
そのおまけだけで十二分に面白いのでファンは必見だと思うんですよね。
特に本編終了から数年後を描いた漫画では椎名が可愛すぎてやばいです。
いい大人になってもラブコメヒロインできる椎名は逸材なんだなぁ…
と、改めて思った次第であります。

書店の特典イラストからアニメの特典漫画まで全部収録されているので、
全てを集めているガッチガチのファンではない私には嬉しい内容でした。
それとイラストのラフもボツになった理由とか面白くて、
読み応えがバッチリなんですよね。
3巻表紙の律先輩表情違いが何故ボツになったのかとか、
なるほど、と納得できるものだったし、細かいところまで面白かったです。

それにしてもこれで本当に河合荘は終わったんだなぁ…
「惑星のさみだれ」「それでも町は廻っている」もそうだけど、
アワーズは思い入れが強い作品が綺麗に完結してくれて嬉しいんだけど、
終わった後の淋しさにだけはどうしても慣れませんね。

単行本は末永く本棚の一列を占拠すると思うので、
これからも何度も読み返したいと思います。

HTML convert time: 0.686 sec. Powered by WordPress