殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?
:: 2016/8/21 日曜日::

■[漫画]全力を振り絞って…!「ツマヌダ格闘街」20巻

ツマヌダ格闘街 20巻 (ヤングキングコミックス)
著者/訳者:上山 道郎
出版社:少年画報社( 2016-08-16 )

作者サイト:別冊兄弟拳
作者twitter:上山道郎(@ueyamamichiro)さん | Twitter
Kindle版まとめ買い:ツマヌダ格闘街

長く続いた「ツマヌダ格闘街」ものこの20巻で堂々完結!
最後の戦いを飾るのは初期の頃からライバルであったジロー・王!
今まで培ってきた経験と身につけてきた技術を全てぶつけ合い、
ミツルはどのような決着を見せるのか…!?

いやー、熱かったですね…!
この熱量を的確に言い表す語彙がないのがもどかしいですが、
もうとにかく熱戦だったとしか言えません!
特に終盤の三昧の境地が切れた先の二人の戦いは、
身につけた技術を考えるよりも反射のレベルで繰り出していて、
食い入るように読みましたよ!

劇中でドラエさんがお忍びでミツルに会いに行った時の話がありましたが、
これでドラエさんがミツルへの好感度が初めから高かった理由が分かりました。
ミツルにとっては一番や一流になることは目的ではなくて、
全力を出しきれることがまず第一で、その結果として一番や一流になれたら嬉しい、
くらいのスタンスということなのでしょう。
それがドラエさんが祖父から受け継いだ教えと重なったからこそ、
ドラエさんはあんなに献身的になったんだなぁ。

ラストのエピローグも良かったですね。
みんないい感じの組み合わせで落ち着いたみたいで良かったです。
エリザの相手がカイン王子というあたり、
元ネタの「チンプイ」の春日エリのことを考えると王子繋がりでニヤリとしましたね。(笑

これからもミツルの戦いは格闘やイラストの分野で続いていくでしょうが、
ドラエさんがいる限り幸せだと思います。

みんなお疲れ様でした!
そしてお幸せに!

:: 2016/3/8 火曜日::

■[漫画]師と弟子の絆「ツマヌダ格闘街」19巻

ツマヌダ格闘街 19巻 (コミック(YKコミックス))
著者/訳者:上山 道郎
出版社:少年画報社( 2016-02-16 )

作者サイト:別冊兄弟拳
作者twitter:上山道郎(@ueyamamichiro)さん | Twitter
Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] ツマヌダ格闘街

ドラエさんと血の繋がった家族が続々と登場する19巻!
家族が見守る中、ドラエさんの姉弟たちが参加する王冠マッチが開催!
タッグ戦という変則的なスタイルで繰り広げられる、
ツマヌダチームと外国人チームの戦いは面白いです!

今回の戦いの見所はやはりドラエさんの弟のイヴォンの詠春拳と、
カイン王子のボクシングスタイルの引力拳の対決でしょう。
流石はドラエさんの血筋と言いましょうか、イヴォンの詠春拳も完成度は高かったけど、
実戦経験が豊富で、その経験を糧に成長したカイン王子に軍配が上がったのは、
当然と言える流れかもしれません。
もちろんタッグ戦の勝利に関してはパートナーのイリヤの活躍があってこそですけどね。

そしてドラエさんとミツルの前に現れた柔道着姿のパジャマ仮面!
その正体は割りとバレバレでしたが、まさか30代の頃の橘明道の弟子だとは…
打投極の打を実践的に使っていた脂が乗り切っていた頃の橘明道とか、
確かにヒーローだったろうなぁ、と思いますよ。
あのまま村の一員になってたらまた別の物語があったんだろうけど、
やはり死んだ(と思っていた)妻と子供のことをまだ忘れられなかったんでしょうね…

そんな師匠と弟子の不思議な絆のエピソードを挟んでの、
運命的なミツルとジローの決戦に突入するわけなんですが…
こんなに自信に溢れて強そうなミツルは初めて見るかもしれない。
戦いが始まるまではまだジローが有利かと思っていたんですが、
これはもしかするともしかするかもですね。
これは次の20巻も目が離せませんよ!

:: 2015/8/20 木曜日::

■[漫画]生き残るための空手「ツマヌダ格闘街」18巻

ドラエさんの姉アーニャが主催するツマヌダ選抜vs外国人招待選手5人で競う「輝ける道記念大会」
ミツルとジローの対決は延期されたけれど、
鷹羽和義と孫安福の師弟の代から続く因縁の対決はまだ始まったばかり!
序盤では孫安福が優勢で進んできたけど、鷹羽も師から託された技があり…

初めは異色の組み合わせかと思ったけれど、終わってみると良い試合でした。
鷹羽と孫安福の明暗を分けたのは二人の功夫の差でしょうね。
才能とかそういったものではなく、純粋に年季の差が功夫に現れたのでしょう。
というか、改めて考えるとジローはよく孫安福に勝てたもんだわ…

そしてもう一つの試合で鷹羽の姉弟子であるアミが初めてまともに試合をしてましたが…
うーん、予想はしていたけれど本当に強いなぁ。
才能もあったんだろうけど、覚悟と鍛錬の質が半端無かったということかな。
それでも試合で得られるものがあったようなので良かったと思います。
しかし…、同年代でアミに勝てるのってドラエさんくらいではなかろうか…
それくらいに圧倒的な強さでしたね。

格闘編だけではなくドラエさんのドラマ編も大きく動きましたね。
17巻で出てきたメイドさんの正体はやはり予想通りでしたけれど、
ドラエさんの実父も出てくるフラグがビンビンに立っているので、
まだまだ魅せてくれると思われますよ!

それとドラエさんとミツルが真剣を持つことになってたけれど、
これは剣術編が開始したりするのでしょうか。
表紙にも珍しく純白の背景に真剣を構えたドラエさんがいますしね。
今までもスポーツチャンバラとか示現流の話はやってたけれど、
もうちょっと踏み込んだ内容になるのかなぁ。
大会の結果ともども気になりますね。

:: 2014/8/19 火曜日::

■[漫画]二人のドラエさん「ツマヌダ格闘街」16巻

新章開始!

15巻で王子杯が終わったので新章が始まるのは当然ですが、
まさかこういった展開になるとは思いもよりませんでした。
中身を読むまで、この16巻の表紙でドラエさんが2人いるのも、
てっきり15巻の表紙で出番が無かったからかと思いましたからね。(笑

エリザの執事である新風イリヤが選手としてデビューしたと思ったら、
ロシアからやってきたバウワン・アマンガムが挑んできての連戦。
システマを修めた巨体相手に苦戦していたら、
何故か向こうの陣営にもドラエさんが居て…

今回はドラエさんの血縁関係が判るエピソードです。
タチアナことドラエさんの実姉アナスタシア・ポコロフスカヤは、
ドラエさんよりもちょっと明るくお茶目な性格ではあるけれど、
家族思いな所とかはそっくりだと思います。

彼女が登場することで、自分とミツルの関係を客観視することが出来たのか、
ドラエさんが赤面するシーンは非常にレアですね。
これはレミィやエリザにとって最強のライバルが目覚めたのではないでしょうか。
まぁ、そう簡単にいかないような気がしますが…
もしかしてロシア編とか今後あるんだろうか…

HTML convert time: 0.982 sec. Powered by WordPress