ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2012/8/9 木曜日::

■[漫画]残念だけど肉は美味しい。「僕は友達が少ない+」2巻

僕は友達が少ない+ 2 (ジャンプコミックス)
著者/訳者:田口 囁一
出版社:集英社( 2012-08-03 )
コミック ( 212 ページ )
公式サイト:感傷ベクトル -sentimental vector-
作者twitter:田口囁一 (sasa1) on Twitter
絵師twitter:春川三咲 (harulll3saki) on Twitter

現在転換期を迎えている原作「僕は友達が少ない」
そしてそのアナザーストーリーな「僕は友達が少ない+」ですが、
全2巻という短さながら、真っ当な青春ラブコメとして突っ走り、
非常に爽やかな内容(*除く)で締めくくられました。

正直言いましてこのコミカライズが始まった時は、
「原作が星奈ルートに入ったから夜空ルートを補完するのかなー」
などと太平楽に考えてたら1巻の表紙が星奈で、
更に2巻ではどう見ても星奈エンドです、本当にありがとうございました!

でも2巻で一番輝いていたのは夜空だと思うんですよね。
子供の頃の思い出を小鷹は忘れていると思い、拗ねていた夜空が、
小鷹との仲を深めるために自分から一歩踏み出すあのシーン!
見開きの演出もあって凄く印象深かったです。
最終回で小鷹の背中を押しながら一人泣いてたりととかホンマに夜空ってば良い女過ぎですよ…
いやー、青春だなぁ…

まぁ、それだけに後日談的に収録されている外伝の外伝な「僕は友達が少ない*」はそれを見事にぶっ壊し、
ある意味原作らしいぶっ飛びっぷりでかなり笑わされましたんですけどね。(笑
理科ファンとしては少ないながらも出番があったのに安心しつつ、
田口囁一ver.の理科はこれだけ面白いキャラなのにもう見ることが出来ない事に残念に思います…

:: 2011/10/5 水曜日::

■[漫画]ジャンプレーベルの肉ルート「僕は友達が少ない+」1巻

僕は友達が少ない+ 1 (ジャンプコミックス)
著者/訳者:田口 囁一
出版社:集英社( 2011-10-04 )
コミック ( 188 ページ )
原作者サイト:平坂読web yellow spring
原作者twitter:平坂読 (hirasakayomi) on Twitter
作画者サイト:感傷ベクトル -sentimental vector-
作画者twitter:田口囁一 (sasa1) on Twitter

作画担当の田口囁一さんの同人誌はそこそこ持ってまして、
何度か即売会で話したことがあるんですが、当時話されてた内容が

「ヒロインはロリ貧乳こそが至高」

といったものでして…
ネギま!のエヴァンジェリンみたいなロリババァはアリらしいんですが、
根っからの貧乳萌えで、描く同人誌のヒロインも全員ロリ貧乳な囁一さんが、
はがないの、よりにもよって巨乳ヒロインな肉ルートを描く、
と聞いた時は一体どうなることかと思いましたが、どうにかなったかな、という1巻。

という訳で、はがないの肉ルートとも言える「僕は友達が少ない+」
基本的にジャンプSQ19連載ですが今月号のジャンプSQでは出張掲載してます。
一話完結で読みやすいのでそちらで確認するのもアリかと思います。

原作でも一番人気なのがギャルゲーマーで残念な柏崎星奈こと肉。(逆
その肉が夜空より先に小鷹と知り合いになって始まる残念なストーリーな訳です。
夜空がエア友達と話してた代わりに、肉はトモプラスというゲームをやっている場面を、
小鷹に見つかってから友達作りのために色々を始めて隣人部を作るんですが…

肉ってばチョロ!(ぉ
MF文庫Jのヒロインは斯くあるべしとばかりのチョロさに驚きですよ。
隣人部の活動で小鷹とデートする際は本気で楽しんでたし、
フラグの立ち方が本当に半端ないっすね。
というか最近の原作でもそうですが、その代わりに夜空の扱いが不憫すぎて泣けます…

ちなみにまだ1巻なのでMy Faoriteキャラな理科が出てません。
というか幸村も出てないです。
その代わりにマリアと小鳩が既に出ているわけなんですが…
これはアレかな…、囁一さんの要望だったりするんでしょうか。(笑

それはそうとこの表紙は凄いですね。
アリだとは思うけど、書店でこれが平置きされてるのはある意味壮観でしたよ。
肉々しくて。(笑

HTML convert time: 0.859 sec. Powered by WordPress