本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身Ⅻ」 12/9発売!
遂にシリーズ完結!
:: 2022/9/2 金曜日::

■[漫画]憎しみの向こう側「プラネット・ウィズ」8巻

プラネット・ウィズ8巻プラネット・ウィズ8巻
出版社:少年画報社
作者名:水上悟志
作者サイト:続・みずかみ小屋
作者twitter:水上悟志さん(@nekogaeru) / Twitter
紙書籍通販:プラネット・ウィズ (8)
Kindle版まとめ買い:プラネット・ウィズ
DMM電子書籍:プラネット・ウィズ (8)

「プラネット・ウィズ」もこの8巻で堂々完結です!
アニメ版で既に完結まで見てるし、
配信だけでなくBD版も見ているのですが、
水上悟志ファンとしてはやはり漫画版で読むと感慨深いものがあります。

帯にあるように漫画版オリジナルの場面が追加されているため、
ご褒美的な楽しみはもちろんあるんですが、
大筋ではほぼアニメ版と同じなので、
アニメ版が好きだった人にも満足度が高いと思います。

のぞさんの過去回想でのオカルト研合宿回では、
まだまだ純朴だった頃の宗矢くんが見られてほのぼのしますよね。
まぁ、純朴すぎて色々と発言が危ういために、
のぞさんがモヤモヤしちゃってるのも、今となっては良い思い出だと思います。

龍とのバトルも派手で面白かったけれど、
二人の先輩にしごこれて身に付いた柔道技が決まって嬉しそうな宗矢が可愛かったですね。
戦うのには基本的に先生に乗ったり、他人の手を借りることが多い宗矢だけど、
自分が努力して身に付けた力と技を使って達成感を得るというのは、
あまり多くなかった気がしますしね。
そりゃ泣いちゃうでしょう。

銀子の泣き顔もアニメ版と同じで良かったけれど、
フルカラーで描かれたのぞさんの笑顔も良いモノです。
「プラネット・ウィズ」はアニメ版と漫画版、どちらも良い作品だなぁ、と思いますね。
もしこの漫画版しか知らないようなら是非アニメ版も見て欲しいですし、
アニメ版しか知らない人はこの機会に是非漫画版も読んで欲しいです。
面白いよ!

:: 2022/2/4 金曜日::

■[漫画]焼肉食べ放題には勝てなかったよ…「プラネット・ウィズ」7巻

プラネット・ウィズ7巻プラネット・ウィズ7巻
出版社:少年画報社
作者名:水上悟志
作者サイト:続・みずかみ小屋
作者twitter:水上悟志さん(@nekogaeru) / Twitter
紙書籍通販:プラネット・ウィズ (7)
Kindle版まとめ買い:プラネット・ウィズ
DMM電子書籍:プラネット・ウィズ (7)

うぉおおおお!!!!

ついに! ついにさみだれアニメ化だー!!!

プラネット・ウィズが成功したらこの道が開けるのではないかと思い、
配信サイトで見て、BD買って、友人に布教してとファン活動を頑張ってましたが、
それほどガッツリとした手応えがなかったので半ば諦めてただけに喜びも倍増です!
業界で働いている同士たちよ… ありがとう!!

で、プラネット・ウィズも完結まで残り僅かというところですが、
アニメでは描かれなかった5年間のうち、
宗矢とのぞさんが恋人関係となり大学に進学してからの話もこの7巻には収録されています。

アニメでは少しだけ触れられていた熊代さんと因幡さんの二人に絡まれていた件ですが、
どのようにして宗矢が二人と関わることになったかという理由も明確になっております。

銀子が頑なに食べさせてくれなかった肉を食べ放題…!
大学生になったら先輩が奢ってくれるというのはよくありますが、
それが宗矢には特攻だったというわけですね。

シリウス人は成長期が遅く、宗矢も大学生になってから身長が伸びてますしね。
身体的にも動物性タンパク質を求めているから仕方ないのです。
肉体的にしごかれて、精神的に上下関係を刷り込まれたみたいだけど。
決して寝技で熊代さんのおっぱいに悩殺されたとかではないはずなのです…!
白石さんの時みたいにのぞさんが精神的に引き留めてくれたはずなのです!
おっぱい退散!

あと、根津屋先輩の短編は笑っちゃいましたね。
わりとメタいこと言ってるけど、嫌いじゃないですよ根津屋先輩。
岡さんと良い仲になっても良いと思うけど、
多分、チャンスを逃しまくってるうちに結婚式に呼ばれるタイプだと思うよ根津屋先輩。

龍との決戦はアニメと同じですが、
スケール感が半端なく感じられて圧巻でしたね。
次の8巻がラストになるみたいですが、
アニメになかったエピソードも追加されそうなので楽しみです。

:: 2021/5/12 水曜日::

■[漫画]漫画版描き下ろし回があるよ1「プラネット・ウィズ」6巻

プラネット・ウィズ6巻プラネット・ウィズ6巻
出版社:少年画報社
作者名:水上悟志
作者サイト:続・みずかみ小屋
作者twitter:水上悟志さん(@nekogaeru) / Twitter
紙書籍通販:プラネット・ウィズ (6)
Kindle版まとめ買い:プラネット・ウィズ
DMM電子書籍:プラネット・ウィズ (6)

封印派の羊谷によって微睡みに沈んだ地球人たち。
しかし、楽園の民の助力と多くの人の田助もあり、その多くを目覚めさせた宗矢。
シリウスという星はもう既にないけれど、
のぞさんや、支えてくれたみんなのために宗矢は封印派に挑むことに…!

この6巻ではアニメ版しか観てない人に読んで欲しい内容になっています。
どういうことかというと、BD BOX収録のアニメ未発表ネームが描かれてるんですよ!
そう、つまり、封印派との決着が付き、龍との決戦までの4年間が描かれているのです!

のぞさんとオープンキャンパスデートをしたら、
グランドパラディンの熊代さんと因幡さんが居て、
体育会系な二人に弄られるんですよ!

アニメで4年後の二人との関係を見てるとそういう過去があったんだろうなぁ、
とは分かってましたけど、やはり詳しく見てみたかったんですよね!
それにしても柔道部でしごかれるとか… エッチだ…
だって、寝技とかもあるし!
はるみ様はとてもおっぱい大きいし!
のぞさん、寝取られるかもだし!!!

その、のぞさんとの青春キラメキ激エモシーンも描かれているので、
そういうのが大好きな人は是非とも!
この6巻を読むべきだと!
思うのです!!!

それとやっぱり封印派とのバトルでは岳蔵じいさんがMVPだな、と思いました。
じいさんがカッコイイ漫画はやはり名作だな!

:: 2020/10/5 月曜日::

■[漫画]おっぱい退散!「プラネット・ウィズ」5巻

プラネット・ウィズ5巻プラネット・ウィズ5巻
出版社:少年画報社
作者名:水上悟志
作者サイト:続・みずかみ小屋
作者twitter:水上悟志さん (@nekogaeru) / Twitter
紙書籍通販:プラネット・ウィズ (5)
Kindle版まとめ買い:プラネット・ウィズ
DMM電子書籍:プラネット・ウィズ (5)

龍の力を宿した龍造寺隆を倒して燃え尽き症候群となった宗矢。
しかしグランドパラディンは倒れてもネビュラ封印派は諦めておらず、
鷹取女史は封印派に与して地球人を封印しようとする!
しかしネビュラ穏健派は宗矢が戦いに行こうとせず…

この5巻の扉絵、とても心に響いちゃいましたね…
ケンカしたままのカトルネ。
十九に引っ越したベルケル。
本借りたままのタイラン。
シリウスで過ごしていた頃の宗矢の平和な日々がわかるだけに、
切なさと愛しさがこみ上げてきて、それを隣りで聞いていたのぞさんの気持ちはいかばかりか…
のぞさんはマジ良いヒロインやで…

それはそれとして白石さんに抱きつかれておっぱいに意識が持って行かれる宗矢ですが、
思春期の童貞少年なら仕方ないですよね。
むしろ当然だよね。
というか、あそこからのぞさんの青春エナジーを感じて正気に戻るとか、
宗矢さんマジパねぇっすわ。

あと、アニメ版を観てて思ってたけど虎居さん格好いいですよね。
漫画版でじっくりと読んでるとマジで主人公みたいだな、と思いました。
初めは宗矢の敵として立ち塞がったけど、
宗矢にとって頼れる兄貴分みたいで、やっぱり格好良かったです。
「惑星のさみだれ」の東雲半月に通じるものがあるよなぁ。

次巻では封印派の首魁とのバトルですね。
犬と猫のバトルですが、熱いぜ…!

:: 2020/2/29 土曜日::

■[漫画]正義よりも優しさを…「プラネット・ウィズ」4巻

プラネット・ウィズ4巻プラネット・ウィズ4巻
出版社:少年画報社
作者名:水上悟志
作者サイト:続・みずかみ小屋
作者twitter:水上悟志 (@nekogaeru) | Twitter
紙書籍通販:プラネット・ウィズ (4)
Kindle版まとめ買い:プラネット・ウィズ
DMM電子書籍:プラネット・ウィズ (4)

グランドパラディンの首魁である龍造寺隆と、
ネビュラの封印派の筆頭である閣下と白石こがね。
両者のサイキックバトルは劣勢に立たされた封印派が、
穏健派である先生&宗矢&銀子に戦いを押しつけて…

先週アニメを見返したんですが、
やはり漫画版は情報量が多いですね。
じっくり活字で読めるというのもありますが、
単純に内容が補完されているというのも大きいですね。

しかしじっくり読むことで思ったのは…、
銀子が可愛いということですね…!
宗矢のスピード感溢れすぎるバトル展開に翻弄される銀子が可愛かったです。
流石は平和主義リエルのお姫様と言いましょうか…
あと、宇宙船子機に着替えさせられる銀子もちょっと良かったです。
スウェット姿とかレアだな…

まぁ、可愛さで言えばのぞさんも負けてないですけどね!
バトル中に祈るのぞさんも良かったけれど、
ババア無理すんな、な白石さんに惹かれる宗矢に対して、
ジェラってるところとかニヤニヤできる可愛さですし、
デートにニヤニヤするのぞさんにもニヤニヤしちゃいました。

これが… メインヒロインの姿だ…!

このペースだと7巻あたりで完結しそうですね。
できればBDに付いてきたおまけネームも短編として完成原稿で読みたいところですが…
それはちょっと難しいのかもしれない…?

:: 2019/7/30 火曜日::

■[漫画]心の形「プラネット・ウィズ」3巻

プラネット・ウィズ3巻プラネット・ウィズ3巻
出版社:少年画報社
作者名:水上悟志
作者サイト:続・みずかみ小屋
作者twitter:水上悟志 (@nekogaeru) | Twitter
Kindle版:プラネット・ウィズ (3)
Kindle版まとめ買い:プラネット・ウィズ
DMM電子書籍:プラネット・ウィズ (3)

暴走した晴海が宗矢の怨敵である龍の形態になり、
宗矢だけでなく流れ弾で町に被害が出るようになってしまう。
先生と宗矢はドーピング薬(見た目はワンカップ酒)でパワーアップして
空を飛んで対抗するが暴走した龍の強さは半端なくて…

アニメ版は本当によく水上悟志さんの面白さを再現してたんだなぁ…
と、漫画版を読んでしみじみと思いますね。
バトルが盛り上がってくると脳内でBGMが再生されるし、
のぞさんとのシーンも脳内で声優が喋ってるのです。

というか、声優さんって凄いんだなぁ、と改めて思いましたね。
デトックス後の根津屋先輩の大人しさに関しては、
漫画版でも落ち着いた雰囲気は出ていましたが、
アニメ版での声の演技による説得力は大きかったと再認識した次第です。

あとね、やっぱりのぞさんが良いですよ。
名探偵のぞさんからのタックルのぞさん、
そして土下座のぞさんですよ。
漫画版だとじっくりとのぞさんの魅力を堪能できるのが良いですね…
宗矢のことを慮ってくれるのぞさんは、とても愛の進化種族だな、と思いました。

それと岳蔵の爺さんはやっぱりカッケーですわ。
ネビュラウェポンの中での煩悩塗れな夢を堪能する姿もある意味カッケーですが、
やはり宗矢と先生との真っ向勝負がカッケーんですわ。

普段はヒヒ爺なのにいざとなったら強いとか、どこの時代劇なんだと。
でも、そこが格好良いと思ってしまうんだよなぁ。

余談になりますが、水上悟志さんの過去作である「サイコスタッフ」の電子書籍新装版が出ました。

サイコスタッフ 新装版

私は旧版を初版で持ってるしマンガ図書館ZでのPDF版も持ってますが、
表紙が描き下ろされていたのでついついポチってしまいました。
うーん、やはりアレだな…
梅子ー! 好きだー!
の「めぞん一刻」感が最高だな…!w

HTML convert time: 0.159 sec. Powered by WordPress