殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?
:: 2019/7/30 火曜日::

■[漫画]心の形「プラネット・ウィズ」3巻

プラネット・ウィズ3巻プラネット・ウィズ3巻
出版社:少年画報社
作者名:水上悟志
作者サイト:続・みずかみ小屋
作者twitter:水上悟志 (@nekogaeru) | Twitter
Kindle版:プラネット・ウィズ (3)
Kindle版まとめ買い:プラネット・ウィズ
DMM電子書籍:プラネット・ウィズ (3)

暴走した晴海が宗矢の怨敵である龍の形態になり、
宗矢だけでなく流れ弾で町に被害が出るようになってしまう。
先生と宗矢はドーピング薬(見た目はワンカップ酒)でパワーアップして
空を飛んで対抗するが暴走した龍の強さは半端なくて…

アニメ版は本当によく水上悟志さんの面白さを再現してたんだなぁ…
と、漫画版を読んでしみじみと思いますね。
バトルが盛り上がってくると脳内でBGMが再生されるし、
のぞさんとのシーンも脳内で声優が喋ってるのです。

というか、声優さんって凄いんだなぁ、と改めて思いましたね。
デトックス後の根津屋先輩の大人しさに関しては、
漫画版でも落ち着いた雰囲気は出ていましたが、
アニメ版での声の演技による説得力は大きかったと再認識した次第です。

あとね、やっぱりのぞさんが良いですよ。
名探偵のぞさんからのタックルのぞさん、
そして土下座のぞさんですよ。
漫画版だとじっくりとのぞさんの魅力を堪能できるのが良いですね…
宗矢のことを慮ってくれるのぞさんは、とても愛の進化種族だな、と思いました。

それと岳蔵の爺さんはやっぱりカッケーですわ。
ネビュラウェポンの中での煩悩塗れな夢を堪能する姿もある意味カッケーですが、
やはり宗矢と先生との真っ向勝負がカッケーんですわ。

普段はヒヒ爺なのにいざとなったら強いとか、どこの時代劇なんだと。
でも、そこが格好良いと思ってしまうんだよなぁ。

余談になりますが、水上悟志さんの過去作である「サイコスタッフ」の電子書籍新装版が出ました。

サイコスタッフ 新装版

私は旧版を初版で持ってるしマンガ図書館ZでのPDF版も持ってますが、
表紙が描き下ろされていたのでついついポチってしまいました。
うーん、やはりアレだな…
梅子ー! 好きだー!
の「めぞん一刻」感が最高だな…!w

:: 2018/12/2 日曜日::

■[漫画]アヴェンジャー「プラネット・ウィズ」2巻

プラネット・ウィズ2巻プラネット・ウィズ2巻
出版社:少年画報社
作者名:水上悟志
作者サイト:続・みずかみ小屋
作者twitter:水上悟志 (@nekogaeru) | Twitter
Kindle版:プラネット・ウィズ (2)
DMM電子書籍:プラネット・ウィズ (2)

アニメはあっという間に駆け抜けていきましたけど、
漫画はじっくりと続いています!
この2巻ではアニメ版第4話の途中までが描かれています。
うーん、このペースだと全7巻か全8巻くらいになるのかな?

アニメ版でもそうでしたが、宗矢が啖呵を切るところは格好良かったですね。
単に自分のエゴをぶつけているだけなんですけど、
自分の立ち位置を明確に定めた上で、強大な敵に挑むのは中々に熱いです。
まぁ、銀子は物理的に熱い思いをしているんですけども。
やはりこの時から竜造寺隆の強さは規格外ですよね…

戦いが終わった後は宗矢とのぞさんの日常編があるんですけど…
のぞさんは良いヒロインですよね。
銀子とはまた違った日常の癒やしをくれるというか。
さり気なく宗矢の入部届を偽造するあたり、ちょっとハラグロですけどね。

根津屋先輩は憎めない人だったなぁ。
いや、まだ死んでないんですけども。
高校卒業しても中二病を続行するとかキテレツなんだけど、
ネビュラウェポンに取り込まれてからの夢の内容も憎めないというか…
うん… 嫌いじゃないな、この人…

そしてはるちゃんこと熊代さんですが…
わりと愛が重いというか、レズみを感じるというか…
タレ目ロングで優しげなのに柔道が強く、
女子力が低いのにコンプレックス持ってそうな所が可愛いというかですね。
可愛いのに宗矢相手にはガチで強いところを見せてくれるあたり、
色々とギャップを感じさせられて萌えます。

そういえば宗矢とのバトルで脚でギガキャットハンマーされて驚いてましたけど、
アラフォー的にはアレって足でかめはめ波や足で土爪の影響を感じますよね。

どうやら当たってるみたいですし。
水上悟志さんは私と同世代だからそりゃそうだよね、と。
みんなも「ドラゴンボール」だけでなく「3X3 EYES」も読んだ方が良いですよ!
もちろんこの「プラネット・ウィズ」もね!

ちなみに先日発売されたBDに収録されていたラフ短編ですが、
のぞさんが可愛かったです。
のぞさん好きな人は是非買って読むと良いと思います!

:: 2018/7/30 月曜日::

■[漫画]Welcome to 水上悟志ワールド「プラネット・ウィズ」1巻

プラネット・ウィズ1巻プラネット・ウィズ1巻
出版社:少年画報社
作者名:水上悟志
作者サイト:続・みずかみ小屋
作者twitter:水上悟志 (@nekogaeru) | Twitter
Kindle版:プラネット・ウィズ (1)
DMM電子書籍:プラネット・ウィズ (1)

ゴスロリメイド服の銀子と謎の猫の着ぐるみである先生と暮らす記憶喪失の少年、黒井宗矢。
世話好きの委員長、高天原と平穏な日常を過ごしていたが、
ある日突如として世界各地の洋上で謎の飛行物体が現われた。
世界が騒然となる中、7人のヒーローが変身して立ち向かった…!
宗矢も銀子に戦いへと促されたが、戦う相手は飛行物体ではなくヒーローだと言われ…

うぉおおお! 遂に… 遂に水上悟志作品がTVアニメ化…!

「散人左道」の頃からファンだったけど、代表作である「惑星のさみだれ」を含めて、
漫画好きなら誰もが知っているけど、アニメ化とは何故か縁遠かった人だからなぁ…
TVアニメ用に描き下ろされたネームを元にTVアニメと漫画が作られているので、
水上悟志ファンとしては100%満足できるアニメであるのも嬉しいですね!
これで世界は水上悟志を知ることになる…!

物語としては7人のヒーローに立ち向かうヴィラン的なポジションの主人公という、
少し捻った設定になっていますが、中身はとても水上悟志作品らしいです。
「惑星のさみだれ」を読んだことがある人ならその設定だけでニヤリと出来ますし、
実際作中でも「惑星のさみだれ」のフィギュアとかが出てきてますからね。
先生のハレンチな行動を含めてニヤリと出来るかと思います!

いやー、それにしても本当に面白い…!
世界観自体も面白いし、キャラクターが1巻から立ちまくりで面白いし、
グランドパラディンというネーミングセンスも一周回って面白いし、
ちょっとシリアスかと思ったら突然笑わせにくるのも面白い!
「あんまんかよ!」には漫画でもアニメでも爆笑しまくりでしたよ!

色んな面白さが1冊の単行本の中に詰め込まれてて、許容量を超えて溢れてきそうです。
単行本を何度も読み返したくなるし、アニメも何度も見返したくなります。
アニメは尺の都合でどうしても削らない部分が数%出てきちゃってるので、
原液そのままな面白さを楽しみたいなら是非この漫画版を読んで欲しいですね!
もちろん、原作ファンはTVアニメも見て欲しいです。
進行の都合上、どうしてもアニメ版の方が早く終わると思いますが、
どちらも完結までずっと追っていきたいです。

それにしても…
1年半前くらいの水上悟志さんは連載終わってFGOばっかりやってまして…

水上悟志さんのFGO日記漫画まとめ – Togetter

正直ちょっと心配してたんですが、まさかこんな企画を水面下でやっていたとは…!
良かった… FGOガチャの沼に引きずり込まれなくて…
あ、でも、概念礼装の一つくらいは仕事で描いてくれても良いかな、と思います!(笑

HTML convert time: 0.812 sec. Powered by WordPress