りゅうおうのおしごと! 6 ドラマCD付き限定特装版 7月15日発売!
今大人気のライトノベルのドラマCDが聴ける!
:: 2017/2/23 木曜日::

■[漫画]人と共に歩む大切なモノ「眼鏡橋華子の見立て」1巻

眼鏡橋華子の見立て(1) (モーニング KC)
著者/訳者:松本 救助
出版社:講談社( 2017-02-23 )

作者twitter:松本救助(@torimo_mk)さん | Twitter
Kindle版:眼鏡橋華子の見立て (1)
DMM電子書籍:眼鏡橋華子の見立て (1)

ある日モーニングを読んでいたら唐突にメガネ漫画が始まった…
世の中には磨伸映一郎さんのようにメガネっ娘萌え漫画家がいるのは知ってましたし、
メガネっ娘萌え漫画も多数あるのは存じていましたが、
よく考えるとメガネを機能的な意味で蘊蓄を語る漫画は余りなかったように思えます。
そういった意味でも珍しく、新しい漫画だと言えましょう。

私も20年ほどメガネを掛けてますが、それほど詳しい訳ではないんですよね。
とはいえ、大学入学を機に免許を取ろうとしたら度が合ってないと言われ、
その時に作ったメガネで視界がクリアになった時の感動はよく覚えています。
この世界はこんなに美しく、鮮明に輝いていたんだと感動しつつ、
余りの視界の変化に転びそうになったものです。(笑
そして、この漫画はそういった感動を様々な角度から描いているのです。

この漫画のヒロインの眼鏡橋華子さんは重度の眼鏡好き。

美人なんだけど眼鏡のことが好きすぎる、
ちょっと変態入っているんだけど、
そこもまた魅力的な銀座の一等地の眼鏡店を任される雇われ店主。
出版社の編集をしている川原くんはそんな眼鏡橋さんにドン引きしつつも、
どこか惹かれてあしげく通って…

現代人の多くは視力矯正が必要なんだけど、
遠視近視弱視老眼と矯正方法も様々だし、
フレームの機能も多種多様だということを思い知らされますね。
メガネをすると頭痛がするのが当たり前だったというお客さんもいたけれど、
私もちょっとわかるところがありますね…
メガネが耳に負担だった時とかも一時期あったので…

そう言った意味では特に興味深かったのは子供の弱視を見抜き、
それに合ったメガネを紹介した回ですね。

私の弟も小2の頃からメガネを掛けていたんですが、
当時は子供用の眼鏡ってダサいのばっかりだったんですね。
でも、今はこんなにデザインも豊富で、
何より子供のために精力的に活動されている所もあるんですね。
知らなかったなぁ。

現在連載の方は一時お休み中みたいですが、
早く再開して欲しいし、多くの人に読んで欲しい作品です。

:: 2016/7/23 土曜日::

■[漫画]貴方がいる世界「4D」4巻

4D(4)< 完> (モーニング KC)
著者/訳者:汐里
出版社:講談社( 2016-07-22 )

作者サイト:●汐里● 漫画家活動はじめました。
Kindle版:4D (1)
Kindle版:4D (2)
Kindle版:4D (3)
Kindle版:4D (4)

ヒルベルト社に囚われてしまった御崎を助ける為、
四次元へ到る術を持つ密教の僧、求道に助力を求める宮田。
そしてそんな民間同士の問題どころか世界規模にまで災害が広がり、
ディメンションクライシスによって人類は存亡の危機に立たされて…

この4巻で完結になってしまいましたが、
四次元をテーマにしているだけに4巻完結っていうのはキリが良いとも言えるかな。
既知の超能力を四次元という未知の軸を用いることで説明し、
新たな知見をもたらしてくれて面白かったです。

正直最後の展開は割りと駆け足気味だったのが残念でしたが、
最後は綺麗に終わったのは良かったですね。
それにしても事象の地平線をガブリエルのラッパに例えるのは上手かったですね。
割りと難しいテーマでしたが、それ故の面白さがあったと思います。

惜しむらくはラブコメ展開が少なかったことですが、
まぁ、そういった作品ではないですしね…
御崎は良いラブコメ力を持っていただけに惜しく感じてしまうというのもありましたが…
とはいえ奈美と公平の二人がくっついてるのには驚きました。
この二人が有りなら御崎と宮田の年の差とか全然アリですよね!
と、ちょっと安心しました。(笑

:: 2016/4/23 土曜日::

■[漫画]好奇心は猫を殺すか?「4D」3巻

4D(3) (モーニング KC)
著者/訳者:汐里
出版社:講談社( 2016-04-22 )

作者サイト:●汐里● 漫画家活動はじめました。
Kindle版:4D (1)
Kindle版:4D (2)
Kindle版:4D (3)

四次元に適応してきた人間…
つまりは”四次元人”としての能力が発現し始めた頃、
世界もまた四次元からの侵食に曝されていた…
そんな中、数学教師の宮田と教え子にして能力者の御崎は、
御崎の友人の奈美が四次元に迷い込んだと思われる、
パワースポットを訪れて…

1巻の頃からそうだけど、宮田の好奇心のせいで窮地に陥りまくりですね。
今回はパワースポットで第四の方向に進んでしまうというのに、
宮田がその先に進もうとしてしまいビルが空中に出現してくるという、
ありえない事態に見舞われてしまうわけですが…

4d03_01

その反動がほぼ御崎に行くというのがかなり悲惨ですよね。
今回の反動はかなり見ため的にもショッキングなことになっているので、
宮田には是非とも今回もどうにかして欲しいと思ってたんですが、
まさかここに来て1巻に登場した密教僧の愚道に協力を請うとか、
宮田はコネも凄いけど度胸もあるよなぁ。
相変わらず宮田の洞察力と考察力は凄かったけれど、
宮田の本質は好奇心に突き動かされる行動力なのかもしれない。

連載誌であるモーニングではつい先日完結を迎えたので、
次の4巻で完結になりますね。
結構好きな作品なだけに完結は残念ですが、
4巻を楽しみに待ちたいと思います。

:: 2016/2/29 月曜日::

■[漫画]恋する論文「決してマネしないでください。」3巻

kesshite03_01

それって何の役に立つんですか?
何の役にも立ちません!!

言い切った!!

物理とか数学とか化学とか基礎的な研究をやっている人がよく聞かれる、
「それって何の役に立つんですか?」という質問に真っ正面から答えおったー!
掛田氏、カッケーっすよ!
私はこの手の質問を就職した時の面接時によく聞かれて、
その度に返答に窮していたからなぁ…

でもね、作中にあるように役に立たないと思ったことが、
不意に役に立つどころか世界を変えることだってあるんですよ。
電波通信なんて正にその最たる例ですからね!
とはいえロボコンのような見た目的にも面白い研究を見てると、
ちょっと羨ましくなるのも事実なんですが。(笑

基礎研究でも加速器は素人目にも派手で良いですよね。
その加速器の説明も掛田氏の説明が豪快だった。(笑

kesshite03_02

Q.小さすぎて直接弄れない原子核をさらに細かくするには
A.ぶん投げて壊す

確かにその通りなんだけど、言われてみると確かに雑だ!
でもこの壮大にして豪快な発想があってこそ研究は進んできたんですよね。
ロボコンで人参にトランプが刺さらないことに悩んでたAチームに、
アリスが「(人参を)茹でれば?」と助言したように、
一見乱暴に見える発想が次のステージに進ませることができるのです!

とはいえそれも地道な研究の積み重ねがあってこそなので、
飯島さんとの仲を深めるのにまず恋をしていることをデータ取りして明らかにし、
そこから二人の仲を深めるために行動を共にして、
ついには飯島さんが成長することでハッピーエンドを成し遂げた掛田氏は、
研究者の鑑だと思う次第であります。

全3巻という短いながらも、理系人間にとっては面白さが詰まった作品です。
描き下ろしも多数あるので雑誌で読んでいた人にもオススメな単行本ですので、
みんな是非とも買って読んでほしいですね!

:: 2016/1/26 火曜日::

■[漫画]第四の方向「4D」1巻

4D(1) (モーニング KC)
著者/訳者:汐里
出版社:講談社( 2015-12-22 )

試し読み:4D/原作 橘尚毅 漫画 汐里 stage 1
作者サイト:●汐里● 漫画家活動はじめました。
Kindle版:4D (1)

四次元。
それは縦、横、高さ、そしてそれ以外の軸で成り立つ空間。
ドラえもんのお陰で日本人なら誰でも概念は知っているけれど詳しいことは全然知らない。
そんな四次元をテーマにした作品です。

ちょうどアニメで「ディメンションW」という作品をやっていますが、
それとは違ってもうちょっと現実寄りというか理論寄りです。
フィールズ賞に近いと言われながら私立高校の教師になった宮田秀行26歳。
退屈に苛まされる日常の中で彼が学校で出会ったのは、
縦横高さの先にある4本目の軸が見えるという御崎沙也という女子高生で…

4d01_01

私はSF作品とか超能力作品とか好きなんですよね、MMR世代なので!
この漫画は四次元空間を認識できる人間=超能力者として推定して、
その謎に迫るという内容なんですが、
初っ端から命の危機に陥ったりとかなりハラハラさせる展開で、
読んでてグイグイと物語の世界に引きこまれていきます。

四次元空間を認識できるけど知識がないため漠然としか使えない御崎と、
四次元空間を認識できないけど知識があるため使い方を指南できる宮田。
この教師と女子高生の二人のタッグが上手いこと組み合わさっているんですよね。
好奇心が強すぎるために御崎と一緒に危機に陥りながら、
その知識と発想力で御崎を啓発して事態をより一層悪くしたと思ったら、
一気に解決したりと二人の今後が気になっていくんですよね。

1巻はまだまだ序盤なので、できれば1,2巻同時に続けて読んで欲しい作品です。

■[漫画]二人のベクトル「4D」2巻

4D(2) (モーニング KC)
著者/訳者:汐里
出版社:講談社( 2016-01-22 )
作者サイト:●汐里● 漫画家活動はじめました。
Kindle版:4D (2)

この漫画の魅力を端的に述べるなら”納得力”でしょう。

例えばガンダム世界でなぜ遠隔操作型ロボットが活躍しないかというと、
ミノフスキー粒子という存在があるから、という理由付けがあるように、
何かしらの理屈を用意して読者を納得させる力というのは重要だと思うんですよね。
そういう意味ではこの漫画は納得力が高いと思います。

その納得力の源泉は数学者である宮田の説明で、
透視や瞬間移動だけでなく、異質な念動力の性質に迫るだけでなく、
身体に歪みが発生した理屈を考え付き、分かりやすく説明するのが興味深いんですよね。
私が一番納得したのは超能力者が急激に老化した理由ですね。

4d02_01

四次元空間で身体が左右反転したことによって、
分子レベルで左右反転し、その結果アミノ酸が光学異性体になったとか、
数学だけでなく化学も嗜んでいないと発想できないんですよ。
化学かじってた私でもそこまで思い至らなかっただけに凄いと思わされました。

それとラブコメスキーのアンテナがビンビンと反応したのが、
御崎が宮田に対して心を開いてきたところですね!

4d02_02

1巻の頃はツンツンしていたのに2巻にしてこのデレデレさ。
まあ、今までずっと訳の分からない力に翻弄されて、
精神的にひとりぼっちだっただけに、
傍に居て見守って、更には自分には未知の力を解明してくれる。
うん、これは確かに惚れても仕方ないかもしれない。

ただ、四次元の世界は世界中で認知されつつあり、
宗教、科学、大企業、国家と様々な思惑が錯綜しつつありますからね。
二人の関係がどこまで続くか、どのような関係に至るのか。
そういった意味でも続きが気になります。

:: 2016/1/24 日曜日::

■[漫画]偉大なる母の言葉「HaHa」

HaHa (モーニング KC)
著者/訳者:押切 蓮介
出版社:講談社( 2016-01-22 )

作者サイト:カイキドロップ
作者twitter:押切蓮介(@rereibara)さん | Twitter
試し読み:HaHa/押切蓮介 第1話

父は厳格な性格の警察署長。
母は割烹旅館の女将。
しかしその二人の娘はスケバンで…
関門海峡を望む下関で生まれ育った少女の名はのぶえ。
押切蓮介こと神崎良太の母となる女性である。

「ピコピコ少年」シリーズ等で自伝的なエピソードを漫画にしてきた押切蓮介さんですが、
今回は実母の青春を漫画にしてきましたよ!
しかもそのお母さんが前述のとおりにエキセントリックな方で、
第一話からかっ飛ばしてます。

haha01_01

気に入らなければヤクザとも喧嘩してしまい、
昼間から家の旅館からビールを盗んで飲みまくる。
フリーダムにもほどがある生き方だなぁ。

でも読んでいくと気付くんですが、
母・のぶえは決して自由なわけではなかったんですね。
厳格というよりも頑迷な父への反発と、
自立、望郷、出戻り、そして偉大な母の死去と、
「母」ではなく一人の人間としての苦悩を重ねた人生がそこにはありました。

それにしても親子揃って不運に見舞われてるんですね…
交通事故に遭われるのもかなり不幸な部類だと思いますが、
女将である母が倒れてからの旅館の親族乗っ取りが辛すぎる。
でも、こんな苦難を乗り越えてきたからこそ、
押切蓮介さんが例の事件で糞袋になった時も支えることができたのでしょう。

haha01_02

息子の窮地には駆けつけて発破をかけてくれる母。
そんな母親の半生を漫画にして残すのは良い親孝行だと思いますよ。
例の事件も昨年無事解決したことだし、
今年は親孝行しつつ「ハイスコアガール」の続きを頑張っていただきたいです。

それとあとがきがお母さまの直筆でしたが、結構な達筆でしたね。
高校時代はスケバンだったということですが、
幼い頃にきちんとした教育をされたのだなぁ、と思いました。

:: 2015/7/25 土曜日::

■[漫画]幽霊を想って啼く小夜啼鳥の浪漫物語「黒博物館 ゴースト アンド レディ」上下

時は1852年、場所はロンドン ドルーリー・レーン王立劇場。
その場所に取り憑いている灰色の男幽霊、グレイ。
彼の元にある一人の女性が「自分を取り殺してくれる」と奇妙な依頼をしに訪れた。
彼女は後に世界中の人々に知られ、
彼女とその教えを受けた人々によって数え切れないほど多くの人を救った女性。
その名は…

ghostandlady01_01

フロレンス・ナイチンゲール。
後に「ランプの貴婦人」と呼ばれ、現代に受け継がれる”看護”の礎を打ち立てた偉人である。

クリミア戦争で残された銃弾が真っ正面からぶつかって出来た”かち合い弾”
ドルーリー・レーン王立劇場に現われていたという灰色の男の幽霊。
そして、世界に知れ渡る看護の偉人、フロレンス・ナイチンゲール。
全く関係が無さそうなイギリスに纏わる3つの伝記を、
藤田和日郎さんが奇怪で奇天烈で奇跡的な物語に仕上げたのが、
この「黒博物館ゴーストアンドレディ」になります。

これはもう本当に凄かった。
藤田和日郎さんの圧倒的な物語の構成力が冴え渡っており、
ラストにおける物語の畳み方の美しさは見事の一言。
また、自ら”看護”の道を切り開こうとするナイチンゲールがぶつかる、
頑迷な人々という、数々の困難を乗り越えていく強さもまた凄い。
グレイに取り憑かれてから少しずつ、そして確実に強くなる彼女の姿は美しく、
そして何よりも苛烈でした。

それにしてもクリミア戦争における問題人物、ジョン・ホールの憎らしさが半端ないですね。
この人、実在の人物であり、実際にナイチンゲールに数々の嫌がらせをしたんですよね。
それをもう藤田和日郎さんが嬉々として憎さ500%で描くからヒドい。(笑

ghostandlady01_02

現代日本で言うと新国立競技場の件で有名な森喜朗みたいなもんでしょう。
自分の見栄と面子を守るためだけに、他人の不幸を屁とも思ってないクズ中のクズ。
そんな悪役を最後にはきちんと成敗してくれるからスッキリするんですよね。
そこら辺は流石は藤田和日郎さんらしかったです。

そして何よりも藤田和日郎さんらしかったのはナイチンゲールとグレイの関係性。
うしととらのように、人間とそれに取り憑いた幽霊の相棒という関係性。
うしとらと違うのは二人が男と女ということ。
ナイチンゲールがグレイのことを知って徐々に惹かれていく様子もまた愛らしいんだよなぁ。

ghostandlady01_03

90歳で亡くなるまで生涯未婚だったナイチンゲールが愛した幽霊・グレイ。
彼女の最期で二人が再会したラストは本当に素晴らしいの一言でした…

「黒博物館」シリーズの第2弾は浪漫溢れる素晴らしい伝奇物語でした。
またの出会いを楽しみにしたいと思います。

:: 2015/7/7 火曜日::

■[漫画]キムワイプからテルミットまで「決してマネしないでください。」2巻

kesshite02_01

で、でたー!
理系あるあるネタの鉄板、キムワイプだー!

そんな理系ネタが山盛りでてんこ盛りな「決してマネしないでください。」
2巻になってもそのネタは衰えるどころかリミッターを解除したかのごとく、
テルミット反応で鍋ごとPCを消却してデータ消去するなどという、
マネしたら危険すぎるネタまでぶっ込んできています。

とはいえ、味の合成というか変化というか、
若いワインをミキサーにかけてデキャンタージュとか、
マネしてみたくなるネタも結構あるんですけどね。
実験器具が身近にないので気軽にマネできないのが残念です。

また、この漫画のキモである科学史ですが、
アラン・チューニングの業績は知っていましたが、
その死亡原因などは全然知らなかったので勉強になりました。
こういった俗世にまつわるエピソードが多いほど覚えやすくなるから、
学校の勉強ももっとこうなれば良いのに…
とは思いますが、シュレディンガーのエロゲ主人公っぷりを考えると、
倫理上一概にそう主張できないかもですね。(笑

ちなみに今回一番ためになるなぁ、と思ったのはバンビちゃんが言っていた、
「ネイルはガンプラ」です。
何故あんなに女性がネイルに熱心になるのか疑問を抱いている男性諸氏にとって、
これほど納得できる回答はないのではないでしょうか。
読んでて「なるほど!」と膝を打ちましたよ。

それと描き下ろし4コマにゲストキャラとして、
ゆうメンタルクリニックのゆうきゆうさんが出てきたのには驚きました。
合っていると言えば合っているのかな?
出版社も違うのにこういったコラボが普通にできる時代になったのかー
良いことだ…

:: 2015/5/19 火曜日::

■[漫画]起業、製品開発、そして…「ハルロック」4巻

ハルロック(4)< 完> (モーニング KC)
著者/訳者:西餅
出版社:講談社( 2015-04-23 )

作者サイト:西餅の餅は老人にやさしい餅

Kindle版:ハルロック (1)
Kindle版:ハルロック (2)
Kindle版:ハルロック (3)
Kindle版:ハルロック (4)

電子工作女子大生漫画の「ハルロック」が完結!
4巻という短さでしたが、その面白さは最後まで一貫しており素晴らしかったです。
他誌とのコラボとかもやって結構盛り上がりましたからねー
読んでて凄く楽しかったです。

「猫ツイッター」の売り上げで起業することになった晴ちゃん。
今まで趣味で変な電子工作ばかりしてきたけど、
企業として製品を作るとなると考えることが多くなって大変なんだけど、
それすらも楽しいと思えてひたすら試行錯誤を繰り返す晴ちゃん。
そんな晴ちゃんを見た六くんも色々と動き出し…

起業から完結まで一気に駆け抜けた感がありましたけど、
最後まで濃密な面白さが詰まってましたよ!
相変わらずの非凡な製品のアイデアも面白かったですし、
今までの発明品と違って果てしないトライアンドエラーを繰り返さないといけないのに、
それにめげないどころか、疲労しながらも楽しんでいる晴ちゃんの姿が凄い。

harurock04_01

仕事にこなれてしまった私には、
こういった姿勢は初心を思い出させてくれて眩しかったです…

とはいえ、それに巻き込まれてしまったうに先輩にはちょっと同情しました。(笑
まだ小学生だというのにマスコミにも露出して、
子供時代に別れを告げるうに先輩…

harurock04_02

否が応でも大人にならざるを得ないとは…
周りの大人たちは罪深いな…(笑

そして六くんは良い感じに成長出来ましたね。
この作品は得意分野がない六くんが自分なりに成長していく物語でもあったように思います。

好きな作品だっただけに完結して寂しいですが、
最後まで面白かったので楽しかったです。

HTML convert time: 0.856 sec. Powered by WordPress