主にエロ漫画誌で大活躍中の幾花にいろさんのデビュー初期4コマ漫画等が単行本に! 「机ノ上神話 幾花にいろ初期作品集」
2月7日発売!
:: 2019/2/6 水曜日::

■[漫画]奔放な王子様と苦労人な王女様「理想のヒモ生活」5巻

理想のヒモ生活5巻理想のヒモ生活5巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:渡辺恒彦
原作者サイト:渡辺 恒彦
作者名:日月ネコ
作者twitter:日月ネコ ひのつきねこ (@Hinotsuki_Neko) | Twitter
Kindle版:理想のヒモ生活 (5)
Kindle版まとめ買い:理想のヒモ生活
DMM電子書籍:理想のヒモ生活 (5)

双王国からやってきたフランチェスコ王子とボナ王女。
シャロワ王家の人間が国外に出てくる珍事にざわめく王宮で、
善治郎はその身分の高さと仕事の無さから二人を歓待することになって…

フランチェスコ王子の伸び伸びとした言動が面白いですね。
彼は彼なりの事情であのように振る舞っているわけですが、
自分の興味の赴くままに行動する王子の姿を見てると、
ヒモ生活を目当てに異世界にやってきた善治郎が望んでいた理想なんじゃないかな?
とも思えますね。

まぁ、善治郎は性格的にあそこまで奔放に出来ないんでしょうけども…
わりと損な性格だよね、善治郎って…
本人的には嫁さんと子供がいるのが一番の幸福なんだろうなぁ…

もう一人の王族であるボナ王女は可愛らしいですね。
原作の時点で苦労人であることはわかっていましたが、
このコミカライズでは可愛さマシマシになっている気がします。

ボナ王女可愛いよボナ王女。
恋愛方面は疎そうなのがちょっと勿体無いけどね。
これからも苦労が多いだろうけど頑張ってほしいものです。

巻末の原作者書き下ろし短編ですが、今回はガラス職人見習いくんが主人公ですか。
こんな細かい脇役の中でも更に脇役にまでスポットをあてるとか驚きです。
アウラはガラス製造は苦労も多いでしょうけど、成果には恩賞を与える女王ですからね。
報われて欲しいものであります。

:: 2019/1/12 土曜日::

■[漫画]乙女心と黒桜「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」7巻

Fate/stay night [Heaven's Feel]7巻Fate/stay night [Heaven’s Feel]7巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:TYPE-MOON
原作者サイト:TYPE-MOON Official Web Site
作者名:タスクオーナ
作者サイト:A/O LABO
Kindle版:Fate/stay night [Heaven’s Feel] (7)
Kindle版まとめ買い:Fate/stay night [Heaven’s Feel]
DMM電子書籍:Fate/stay night [Heaven’s Feel] (7)

みなさん、もうlost butterflyは観ましたか?

私はもう観ました!
もうね、最高でしたよ!

これだよ! これが私が15年前にハマりにハマったFate/stay nightであり、
惚れに惚れたヒロインである間桐桜なんだよ!
FGOのお陰か満員御礼でしたけど、
恐らくその大部分が初めてのFate/stay nightだったと思うので、
これが、これこそがFateシリーズの原点にして深奥なんだと高らかに叫びたい気分です。

元がエロゲーなだけに桜がとてもエロかったけど、
桜の身体の描き方が生々しい肉感があったというか、
深夜アニメよりもグラビアアイドルよりでしたね。
つまりは、人間らしくてとても素敵でした。
これこそが桜なんだよなぁ。

そんなFate/stay night [Heaven’s Feel]の世界を漫画でも体験させてくれる、
タスクオーナ版の7巻ですが、劇場版で言えばまだI. presage flowerの途中です。
桜はエロ可愛く、イリヤがロリ可愛いところが描かれていて、
まだダークな面は抑えめになっています。
そう、この頃はまだ平和な方だったんだなぁ…

もちろん劇場版とリンクしているんですが、
より正確に言うと、劇場版と同じく原点であるPC版をリスペクトしています。
言峰綺礼が(FGOガチャで散々見てきた)麻婆豆腐を食べるシーンとか、
PC版のイベント絵そのまんまだなぁ、とか思いながら読んでました。
こういった原作への忠実さはタスクオーナさんらしいですね。

しかしこの7巻だけ読むと桜の乙女心に気付かないわ、
イリヤの可愛いお誘いにも気付かないわと、
士郎の朴念仁さが際立っているように思えます。
まぁ、それが士郎だから仕方ないけどね!

それにしても衝撃なのは、巻末漫画で弁明してた通り、
2019年現在だとPC版のFate/stay nightってプレイするの難しいんですね…
全年齢版はスマホとかでも出ているみたいだけど、
プレイ環境とかも難しいし、そもそもソフトが出回ってないらしいけど…
当時流通で相当溢れてたし我が家にも当然あるだけに15年という時の流れを感じさせられますね。
うーん、私も歳を取るわけだわ…

:: 2019/1/6 日曜日::

■[漫画]和の成長と佳乃子の恋「であいもん」6巻

であいもん6巻であいもん6巻
出版社:KADOKAWA
作者名:浅野りん
作者サイト:浅野ん家
作者twitter:浅野りん (@rin_asano) | Twitter
Kindle版:であいもん (6)
Kindle版まとめ買い:であいもん
DMM電子書籍:であいもん (6)

この6巻の主役は和ですね。
いえ、元から和が主人公の物語だとは思うのですが、
一果ちゃんは今回は大人しめで、
和が大人として更に成長できたように思えます。

元々、和は大人なんですよね。
ちょっとひょうきんというか軽いイメージがあるけれど、
一果の保護者として浮ついてなく、
保護者であろうという意識はしっかりしてましたし、
今回も二者面談でも和らしい考えを見せてくれました。

それも、和が歩んできた半生があってこその考えですし、
その考えを、今回、お祖母さんとの話でしこりを無くし、
和菓子職人として成長をしたように思えます。
このまま一果が緑松を継ぐのかもしれませんが、
和は和らしく、人を笑わせることができる和菓子職人になってくれれば、
と思います。

それと今回もう一人重要な人物がいまして。
それは和の元カノの佳乃子さんなわけです。
二人が出会いが描かれてるんですけど、
わりと運命感じちゃう出会いなだけに、
佳乃子が惚れるのもわかるし、
何より和の細かな気遣いや思い出を大事にするところを見せられたら、
そりゃ離れられないよね、と。

正直、私は美弦ちゃんもアリだとは思ってるんですけれど、
年齢的にも色々と釣り合いが取れるのは佳乃子だと思うし、
こういった積み重ねを見せられたら応援せざるをえないわけですよ。
次の7巻では更に佳乃子の可愛さが見せられますからね…
これは物語の方向性自体も佳乃子推しという可能性があるのではないでしょうか…!

とはいえ、この6巻で一番ラブコメしてたのは、
まちがいなくアラ還の和のご両親ですけどね!
三十数年前の二人の出会いからのラブコメとかニヤニヤできるし、
現在の二人の夫婦のイチャラブとかもっとニヤニヤできますよ!
はげ頭まで真っ赤になるお父さんがとても可愛かったです!

:: 2018/11/8 木曜日::

■[漫画]異世界での竜退治。ただし主人公はお留守番「理想のヒモ生活」4巻

理想のヒモ生活4巻理想のヒモ生活4巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:渡辺恒彦
原作者サイト:渡辺 恒彦
作者名:日月ネコ
作者twitter:日月ネコ ひのつきねこ (@Hinotsuki_Neko) | Twitter
Kindle版:理想のヒモ生活 (4)
Kindle版まとめ買い:理想のヒモ生活
DMM電子書籍:理想のヒモ生活 (4)

第一王子が生まれて穏やかなヒモ生活が過ごせるかと思いきや、
ガジール辺境伯領との交易の要である塩の街道に異変が発生。
その調査と解決に跡取りである三男のチャビエルが向かうも、
予想以上の規模の群竜が原因だとわかって…

今回はチェビエルくんが頑張ってましたね。
初陣らしさが出ていて微笑ましいですが、
微笑ましいとは言えないくらいに厄介な事態で…
プジョル将軍が出張ることになるのはちょっと可哀想だけど、
そこで腐らず、自分ができる精一杯をやっているあたり、
頑張る新社会人を見ているみたいに思えて好感が持てます。

そして善治郎ですが、子供ができたからといって自堕落にならず、
体力つくりをするために自分から運動をはじめたり、
ヒモのはずが勤勉で、良い夫してますよね。

まぁ、ちょっと、デリカシーは足りないですけども…
水車の歯車のちょっとした知恵とか軽く内政チートしてるし、
いい感じに原作の良さも出てると思います。

その原作ですが、書き下ろし短編小説も良かったです。
血統魔法の初代という設定がサクっと出てきたり、
原作既読者にも興味深い内容でしたよ。
早く原作の続きが読みたくなってくるので、
できれば半年に1冊くらいのペースになって欲しいものです…

:: 2018/9/9 日曜日::

■[漫画]ぷよさんオリジナル新連載「漆葉さららは恋などしないっ」1巻

容姿端麗な漆葉さららはとてもモテる女の子である!
ほぼ毎日のように誰かしらから告白されており、
女子からは陰口をたたかれているんだけど何も感じないわけもなく、
そのストレスを教壇にぶつけているところを同じクラスの心石くんに目撃されてしまう。
嫌なところを見られたさららさんは脅迫されるのか、と妄想していたところ、
呼び出された放課後の教室で告白っぽい雰囲気になったので、
「恋などしない」と心構えをしていたところ…

「呪われてるね」と予想外なことを告げられて…

”涼宮ハルヒちゃんの憂鬱”や”長門有希ちゃんの消失”のぷよさんが描く、
初の長編オリジナルラブコメストーリーです。
多分、ラブコメです。

普通のラブコメが始まると思ったら呪いだの祝福だのの話になり、
しかもその元凶が心石くんの母親代わりのバーチャルじゃない狐耳美少女とか、
設定と展開の濁流に飲み込まれて頭が混乱しそうになります。
取り敢えずぼっち気質なさららちゃんが心石くんのお姉ちゃんと連絡先を交換して、
とても浮かれているところは可愛いというのはわかりました。

さららちゃんには恋人よりも同性の友達の方が嬉しそうだなぁ…
まぁ、今後心石くんとのラブコメも期待できそうではあるんだけど、
取り敢えず今回は友達が出来て浮かれるさららちゃんの可愛さが一番でしたね。

それにしても目つきが悪い美少女が描きたかったとか、
FGOでの刑部姫好きっぷりから考えても、
ぷよさんはそういう性癖なんでしょうね。
性癖を真正面からぶつけるスタイル、良いと思います!

:: 2018/8/6 月曜日::

■[漫画]日常の桜「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」6巻

Fate/stay night [Heaven's Feel]6巻Fate/stay night [Heaven’s Feel]6巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:TYPE-MOON
原作者サイト:TYPE-MOON Official Web Site
作者名:タスクオーナ
作者サイト:A/O LABO
Kindle版:Fate/stay night [Heaven’s Feel] (6)
Kindle版まとめ買い:Fate/stay night [Heaven’s Feel]
DMM電子書籍:Fate/stay night [Heaven’s Feel] (6)

「Fate/stay night[HF]」第2章は2019年1月12日公開、新ビジュアルも(動画あり) – コミックナタリー

劇場版第2章の公開日が決まりましたね。
第1章の出来がすこぶる良かったので期待値が高まりますが、
第2章と第3章はかなり雰囲気が暗くなることがほぼ確定していますので、
原作をプレイしていない方々は今から覚悟した方が良いかと思います。

さて、このコミカライズは展開的に第2章の内容までいってませんが、
非常に丁寧に作られているので満足感で言えば劇場版にも負けていません。
特にこの6巻での桜との日常風景はとても尊いものがあるので、
その尊さを噛み締めながら読んでました。

まずね、看病したいと言い出した桜が可愛い。
そして、士郎に頼られて満面の笑みを浮かべる桜が特に可愛い。
さらに、眠る士郎に対して「大好きです」と言う桜がなまら可愛い。
こんな日常がずっと続いたら良いのに…、と思ってしまうんですよね。
まぁ、ずっと続かないのがわかっているからこそ、この日々が尊く感じてしまうんですけどね…

他にもどら焼きのところでも桜の可愛さが出てましたよね。
遠慮とダイエットと美味しそうなどら焼きの間で揺れ動いてて可愛い。
こういった普通の女の子の一面を見せてくれるのが桜の魅力の一つだと思うんですよ。
英霊でもなく、魔術師でもなく、普通の女の子なんですよね、桜って。
人間臭さが溢れているからこそ、私は大好きなんです。

土蔵での私服桜のインパクトだったり、
「先輩になら いいです」の表情とか、本当に随所の桜が素晴らしかったです。
それだけにこれからの展開に戦々恐々ですよ。
まぁ、しばらくは大丈夫だと思いますが…

さて、次巻からしばらくは怒涛の展開になると思いますが…
はたしてどこまで進むのかな…?

:: 2018/8/5 日曜日::

■[漫画]恋の決め手は石灯籠「であいもん」5巻

であいもん5巻であいもん5巻
出版社:KADOKAWA
作者名:浅野りん
作者サイト:浅野ん家
作者twitter:浅野りん (@rin_asano) | Twitter
Kindle版:であいもん (5)
Kindle版まとめ買い:であいもん
DMM電子書籍:であいもん (5)

不養生で熱を出して寝込んで昔の夢を見る和と、
それを看病するイベントがあったり、
ひなまつりでの女子会がボードゲームで悲惨なことになったり、
色々とあるけれど、新学期も始まります。

この5巻は美弦ちゃんが可愛かったです。
まず和の看病イベントが良かった。

看病、というほどでもなかったんですけどね。
少しでも近くに居たいという想いがあるんだろうなぁ…
色々と妄想… もとい、想像を巡らすのも可愛い。
つまるところ、恋するJKは可愛いということです。

JKなので進路の悩みも抱えることになるわけで…
それも和は意識してないんだけどその悩みを解決することで、
更にフラグが立ったのは興味深いというか…
恋の泥沼にますますハマりそうで見てて面白そうというか…!
やはり今後も美弦ちゃんからは目が離せませんね!

それとひなまつりの女子会が凄まじかったです!
酒が入った妙齢の女性たちが織りなすボードゲームが、
まさかこんなサツバツとしたものになるとは…!

小梅ちゃんも一果ちゃんも汚れないままでいて欲しい…
そのままの君でいて…

それにしても全体的にコメディ色強かったけれど、
特に石灯籠のウェイトリフティングはとびっきりのアレでしたね。
あまりの展開に笑い転げてしまいました。
でも、確かに和服でもわかるくらいに骨格からガッシリしてましたし、
描写に説得力はあったような気がしますが…
恋の決め手はウェイトリフティングか…
美弦ちゃんはマネしないで欲しいかな…!

:: 2018/6/5 火曜日::

■[漫画]新たな家族「理想のヒモ生活」3巻

理想のヒモ生活3巻理想のヒモ生活3巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:渡辺恒彦
原作者サイト:渡辺 恒彦
作者名:日月ネコ
作者twitter:日月ネコ ひのつきねこ (@Hinotsuki_Neko) | Twitter
Kindle版:理想のヒモ生活 (3)
Kindle版まとめ買い:理想のヒモ生活
DMM電子書籍:理想のヒモ生活 (3)

異世界の女王に婿入りした善治郎のヒモ生活だけど、
ヒモのような自堕落は生活はせずに、
愛する嫁のアウラを支える日々。
しかしシャロワ・ジルベール双王国から想定外の書状が届き…

3巻にして早くも妊娠&出産です!
この3巻では善治郎の血筋の問題が発覚したりイベントも多いですが、
やはり一番の見所は第一子誕生でしょう。

元々、王族が少ないから子作り目的が第一だったとはいえ、
こんなに早く王子が誕生するとは…
また、それに絡めて原作では書かれていなかった善治郎の家庭環境や、
それに由来する生き方が描写されてましたね。
おかげで善治郎という人物に深みが増したように思えます。

深みが増したといえば書き下ろし短編で取り上げられたイネスですよ。
漫画版ではまだ本格的に登場してませんけど、
原作ではそれなりの頻度で出てくる準レギュラーですからね。
そのイネスにそんな過去があったとは…
意外に感じたけれど、原作の行間を読むと確かにそんな雰囲気が感じられます。
うーん、なるほどなぁ。

しかしこんな書き下ろしを読むと早く原作の続きを読みたくなるわけですが…
果たしていつになるのか…!
早く… 早く出てくれー…!

:: 2017/12/4 月曜日::

■[漫画]国内外の問題と勤勉なヒモ「理想のヒモ生活」2巻

理想のヒモ生活2巻理想のヒモ生活2巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:渡辺恒彦
原作者サイト:渡辺 恒彦
作者名:日月ネコ
作者twitter:日月ネコ ひのつきねこ (@Hinotsuki_Neko) on Twitter
Kindle版:理想のヒモ生活 (2)
DMM電子書籍:理想のヒモ生活 (2)

外戚がなく、血統魔法の適正を色濃く受け継ぎ、
異世界に駆け落ちした王家直系の子孫の中でも適齢期の男性という条件から、
異世界の女王アウラに”子作り以外何もしない”婿として召喚された善治郎。
褐色爆乳美女のアウラに一目惚れしたこともあり、
現代日本からの婿入り道具一式とともにやってきた善治郎は、
結婚式と初夜を経て悠々自適なヒモ生活が始まるはずだけど…?

私が大好きな「理想のヒモ生活」のコミカライズ2巻です。
結婚式が終わったからこれで一安心かというとそうでもなく、
王族としてのマナーや魔法のお勉強に国内貴族への顔見せの晩餐会だけでも大変なのに、、
今度は唐突な国外の王族との対面と、ヒモという言葉とは裏腹にイベントが目白押しです。

今回コミカライズに際して上手く演出したなぁ、
と感じたのはこの場面ですね!

男尊女卑の世界で男勝りなアウラを好む善治郎の嗜好が分からないとこぼす伯爵ですが、
うん、その、善治郎の嗜好ってば分かりやすいよね!
もちろんおっぱいだけじゃないんだけど、おっぱいも重要なファクターなんですよね!
そういった善治郎の好みを如実に表現するこの演出には笑いました。(笑

他にも良いなぁ、と思ったのは病気の善治郎を看護するアウラの姿ですね。

このアウラの表情は良いですよねぇ…
こう、母性というか慈愛が滲み出ているというか。
始まりは100%打算だったのに、善治郎から愛されていることを日々実感することで、
アウラもここまでの表情を出すようになったんだなぁ…
と、そう感じられますね。

もちろん原作でもそういった表現がされていたわけですが、
こうやって絵にされると説得力が違いますね。

結構好きな場面も削られていることはあるけれど、
それ以上に面白いものを見せてくれるこのコミカライズは好きです。
3巻も楽しみですね。

:: 2017/10/27 金曜日::

■[漫画]原作は18禁ゲームです「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」5巻

Fate/stay night [Heaven's Feel]5巻Fate/stay night [Heaven’s Feel]5巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:TYPE-MOON
原作者サイト:TYPE-MOON Official Web Site
作者名:タスクオーナ
作者サイト:A/O LABO
Kindle版:Fate/stay night [Heaven’s Feel](5)
Kindle版まとめ買い:Fate/stay night [Heaven’s Feel]
DMM電子書籍:Fate/stay night [Heaven’s Feel](5)

みなさん、もう劇場版Fate/stay night [Heaven’s Feel]は観ましたか?

もちろん観ましたよね!
原作を充分咀嚼して映像として必要なところを抽出した上で、
間桐桜という一人の少女の魅力を引き出すことに特化した見事な劇場映画でしたね!
原作や関連作品で少しだけ触れられていたstay night本編が始まる前の、
桜が中学生の時のエピソードも素晴らしかったです!
また、僅かな間や表情だけで表現する、それぞれの感情に深く揺さぶられましたよ!
まぁ、まだ全三部のうちの第一部なのでまだまだこれからですけどね!
大丈夫、新ヱヴァを何年も待っている私にとって一年なんて短いもんですよ!

このタスクオーナさんによるコミカライズは既に劇場版にストーリー的に追い抜かされましたが、
内容はかなりしっかりしていて読み応えはバッチリです。
劇場版では多少端折られたところもじっくり丁寧にやっているので、
原作原理主義者とかにもお勧めできる内容ですね。

まぁ、原作に忠実にやっているだけに葛木メディアさんの悲劇度が大変なことになってますが…
いやー、本当にもう、可哀想で…
今となってはhollowとかで可愛い若奥様やってたりテニスウェア着てたりするイメージがありますが、
そうだよなぁ… 原作では割りと悲劇的な人だったなぁ…
と、そう思い起こされますね。

あと、原作が18禁ゲームだということも思い出させてくれますね!(笑
高熱を出して苦しむ桜が艶めかしかったり、
士郎が見る淫夢での凛がエロエロだったりと、容赦ありませんね!
流石に映画だとだいぶここら辺のシーンは端折られてましたが、
ヤングエースという名前から分かるように連載誌は少年誌ではありませんからね!
局部さえ描かなければ割りと何でもOKなことが良い意味で作用していると思いました!

次の劇場版までに何とかストーリーを追い越して欲しいところですが、
多分完結は劇場版の方が早いと思います。(笑
とはいえ、こちらのコミカライズは原作を忠実になぞっているので、
これはこれで必見なので、映画で気になった方は是非とも読んで欲しいです。

HTML convert time: 0.976 sec. Powered by WordPress