殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?
:: 2019/4/4 木曜日::

■[漫画]まさかの三期「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録-」13巻

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」アニメ第3期制作決定 – コミックナタリー

まさかTVアニメ第3期をやるとはなぁ…
最近は禁書目録にSAOと、大長編人気ラノベのTVアニメの続編がブームなんでしょうか。
まぁ、このTVアニメ版のコミカライズである妄言録シリーズが好きな私としましては、
ちゃんと原作の完結まで続きそうで嬉しさと安心さが半々ってところですね。

この13巻ではTVアニメ3期のエピソードになりますね。
ゆきのんの家庭の事情に根ざした依頼と、
3人の恋模様が複雑に絡まりあった感じになりそうですが…
原作読んでないので先の展開がさっぱりわからないのでわりと不安です。

ゆきのんが八幡と一緒に映ってる写真を大切にしまってるのを見つけて、
しかもその写真でゆきのんが八幡の袖を可愛くつまんでるとか、
由比ヶ浜にとってはダメージでかそうだけど大丈夫なんだろうか…
私はどちらかというと由比ヶ浜派だから心配です…

まぁ、一番好きなヒロインという意味では川なんとかさんかもしれないけども。
今回は珍しく出番があった上に、妹の京華と一緒に八幡と喫茶店とか、
とても良いカップルしてたと思うわけですよ。
見た目的には共働きのヤンママって感じがする…
うん… 有りだわ…

ヒロインという意味では忘れてならない妹の小町ですが、
ダメンズ生産機みたいなこと言ってますね、この子。

あぁ… 小町みたいな妹に世話をされたいだけの人生だった…
というか小町ちゃんと結婚したい…
小町ママでおぎゃりたいでござるよ…
バブー

小町の入試が終わって、もうすぐ卒業シーズンということですが、
いろはすが持ってきた依頼がまためんどくさそうなわけで。
どんな結末になるのか、今から戦々恐々です。

:: 2018/4/10 火曜日::

■[漫画]もうちょっとだけ続くんじゃ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録-」12巻

優美子が葉山へチョコを渡すため、
生徒会を巻き込んでお菓子作りイベントを企画した奉仕部。
何故かそこには陽乃さんもきていて…

TVアニメのコミカライズということで始まった妄言録ですが、
今回でそのストックが切れたので「もしかしたら完結なのかも…」
と不安に思ってたんですが杞憂でしたね。
原作のストックが若干あるので、ちゃんと続くみたいです。

ただまぁ、流石にTVアニメ版がベースになっているので、
カバー下で黄昏れていたように材木座は出番がないし、
川崎さんはお菓子イベントでちょっとだけ出番があったけど、
もう少し露出があっても良いんじゃないかなー
と、ちょっと残念に思ったりもしますね。

それにしても由比ヶ浜は相変わらずアホの子で可愛かった…
電子レンジとオーブンレンジの違いが判らなかったり、
ペンギンが鳥類なのを知らなかったりと小学生みたいだった。
でも、雪ノ下よりもある意味で大人ではあるよなぁ…
と、ラストを見て感じたりもしましたね。
いや、おっぱい的な意味ではなく。

しかしこれからは原作ストックを消化することになるんでしょうけど、
果たして追いつく前に原作完結巻は出せるのか。
それだけが心配です…(笑

:: 2017/8/30 水曜日::

■[漫画]進路とバレンタイン「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録-」11巻

イケメン葉山の進路が知りたい…
という恋する優美子の依頼を受けた奉仕部の面々だったけど、
割りと手こずる八幡たち。
葉山の思惑と優美子の想いと八幡の策謀が交差する11巻!

相変わらず八幡はエグい手段を取ってきますね…
京都でのアレとその後の展開で懲りたんじゃないんかい、という気がしますが、
相手が勝手知ったる葉山だからというのもあるのかな。
しかしそれを見開きでこれを見せてくるとか、
作者の佳月玲茅野さんはよくわかってらっしゃると思います。

そんなエグみたっぷりの八幡とは対照的に、
ピュアピュアな優美子が可愛いかったです。
やはり恋する女の子は可愛すぎると思うんですよね。

逆に正ヒロインである雪ノ下さんマジ黒いわー
嫉妬ファイヤーがどす黒いわー
カカオ99%の黒さと苦さですわー
でも、嫉妬するということ自体がとても萌えだと思います。

いろはすは雪ノ下と由比ヶ浜の嫉妬を引き出してくれるから好きです。
でも、それだけで終わるのは勿体ないとアニメでも思ってたので、
そのあざと可愛さをもっと見せて欲しいです!
そして八幡ともども読者の私を胸キュンさせてください!

それはそうと原作はついに完結巻が出るみたいですね。
アニメのコミカライズである妄言録ではどうなるのか以前から心配でしたが、
完結巻がアニメ化されることはあるのでしょうか。
できれば劇場版とかで何とかして欲しいところなのですが…!
どちらにしろ原作の完結までこの妄言録がやってほしいですね…!

:: 2017/2/2 木曜日::

■[漫画]雪ノ下雪乃のデレ微分「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録-」10巻

アニメ版コミカライズの本作ですので、
そろそろアニメ版ラストに追いつきそうでとても心配しているのですが、
そもそも原作も完結していないので、そういった意味でも心配ですね。
人気コンテンツだし、どうなるのかな…

会議が空回りしっぱなし2校の生徒会合同クリスマス会に関して、
拙い言葉だけど本音で向き合った八幡に応える形で、
奉仕部が再始動することになったわけなんだけど…
雪ノ下さんパネェっす。
言葉の切れ味鋭すぎ。

やっぱりこの作品は切れ味が鋭いゆきのんの言葉の爽快感が好きなんだよなぁ。
そして、そんなゆきのんが垣間見せるほんの少しのデレと、
由比ヶ浜さんのあからさまなデレが好きなんだよなぁ…
とまぁ、そう思うわけでありますよ。
所詮、私はラブコメ漫画スキーなので…

そういった意味ではリア充女子の優美子も可愛かったですね。
リア充っぽいけど、恋する相手の葉山相手には奥手なあたり、
処女ビッチというか何というか。
恋する女の子は見た目とか関係なく可愛いんだよね。

とはいえいろはすのあざとさも可愛いんだよなぁ…
それはそれ、これはこれ、と言いましょうか。
ただのファッションというかあざといだけだと判っていても反応しちゃうというか。
いや、それでも実はこのあざとさの裏に好意があるのでは…?
とか考えると勝手に興奮しちゃうというか。
うん、チョロいな、私。
八幡笑えないわ。

それにしても原作12巻はいつ出るんでしょうね。
これは今の劇場版アニメが流行っている昨今の潮流に乗り、
劇場版で最終回をやって原作も同時発売とかなんじゃろうか…
もしそうならこのコミカライズも延命される可能性も…!?
…無理かな。

:: 2016/8/4 木曜日::

■[漫画]アラサーヒロインはアリだと思う「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録-」9巻

修学旅行と生徒会長選挙の騒動で空中分解しそうな奉仕部の中で、
苦悩しながらいろはすの手助けをしている八幡が、
平塚先生の助言を受けて自分の心の中を真剣に打ち明けることで、
和解することになるんだけど…

いやー、平塚先生マジヒロインですわ。
10年早く生まれて10年前に出会ってれば心底惚れてそうというのも分かりますが、
今でも充分惚れても大丈夫だと思うわけですよ。
逆に言えば年齢差以外で心底惚れ抜くことができないのは、
別の誰かが既に心の底に根を張っているという可能性もありますよね。

八幡の言語化が難しい本音を汲みとって和解するシーンも良かったけど、
トラウマスイッチが入って悶絶するシーンがあるあるな感じがして好きです。(笑
それと、いろはすが無意識に八幡に荷物を持ってもらう自然な流れを、
雪ノ下と由比ヶ浜の二人が注目するシーンは良いですよね。
やはりラブコメは適度な修羅場がなくては…!

それにしても学生同士でテーマパークとかリア充すぎるだろJK…
私はそんなイベント修学旅行でしかないぞ…!
何故なら地元にテーマパークが皆無な田舎だったからだ…!
年間パスを持ってる雪ノ下の財力に驚けば良いのか、
それても偏執的な愛情を畏れたほうが良いのか。
いや、どっちでもかなぁ。

それはそうと原作の続きっていつ出るんでしょうね。
このままだとコミカライズが追いつきそうな気がするんですけど…
大丈夫なのかしら…

:: 2016/1/6 水曜日::

■[漫画]いろはす@あざとい「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録-」8巻

アニメ第2期は終わったけどアニメ版のコミカライズは終わらない…!
というかむしろ追い越してもOKくらいの気概を見せてほしいです。
むしろ是非やって欲しいです。

とはいえまだアニメ第2期の終わりまでたどり着いていません。
いろはす生徒会選挙編とWIN-WINな他校とのクリスマスパーティー編の前半になっております。
その構成上どうしても雪ノ下や由比ヶ浜の出番が減り、
いろはすの出番ばかりになってしまうのですが…
うん…、ここまであからさまにあざとければむしろこれはこれで。

荷物持ちの時みたいに素と演技の境界が曖昧なところもありますが、
それすらもギャップ萌えに見えてきてしまうといいましょうか。
あざといからこそ、変に裏を読む必要がない気安さみたいな?
アニメでもいろはすは魅力的だったけど漫画でも良いよね、うん。

また、アニメ版にはなかった描き下ろし特別編があります。
最近出番が少ない川崎さんが登場する話なんですが、
川崎さんは川崎さんで分かりやすくてとても可愛いですね。
特にオチが最高でしたよ!

これってラノベの原作にはあったエピソードなんでしょうか。
うーん、やはりこういった細かいエピソードを拾うためには原作を読むべきなのか…
でもなぁ… 長いんだよなぁ…
悩む…

:: 2015/6/23 火曜日::

■[漫画]出張版も収録「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。―妄言録―」7巻

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録(モノローグ)-(7) (ビッグガンガンコミックス)
著者/訳者:渡 航 ぽんかん⑧ 佳月 玲茅
原作者twitter:渡航(@watariwataru)さん | Twitter
作者サイト:トンカツ食いたい
作者twitter:れち(@r_kaduki)さん | Twitter
Kindle版:1巻
Kindle版:2巻
Kindle版:3巻
Kindle版:4巻
Kindle版:5巻
Kindle版:6巻
Kindle版:7巻

ラノベのアニメ版のコミカライズという、
紆余曲折なこのマンガですが、面白さはどちらの原作にも負けていません。
アニメはそのスピードの早さから、
あっという間にこの7巻の収録内容を追い越してしまいましたが、
じっくりと楽しめるマンガという媒体もいいものですよ。

この7巻ではいろはす生徒会選挙編の前半が収録されているんですが…
いやはや、折本さんとのアレコレが心に痛い。というか刺さる。
メールで一喜一憂したりとかは世代的に学生時代に経験できなかったけど、
誰とでも分け隔てなく声をかける女子というのはどの世代にもいたので、
はてしなくよくわかるものがあります。

だからこそ心に刺さり、そして面白い。
また、それだけではなくて由比ヶ浜と雪ノ下の二人が魅力的なんだよね。
特に「あたし この部活好きなの」と言った時の由比ヶ浜はマジ尊い…
あの「好き」にどんな思いがのせられていたか、
凄く伝わってくる由比ヶ浜の表情は最高でした…

それと1期BD特典だった出張版の漫画を3編収録されています。
そこでも由比ヶ浜は可愛いかったですが、
平塚先生が意外な伏兵としての魅力を放ってましたね。
アラサーとか余裕だな…!

:: 2014/11/19 水曜日::

■[漫画]原作三冠、コミカライズ版第一期完。「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録-」5巻

「このライトノベルがすごい! 2015」で三冠達成!
って帯に出ているんですけど「このライトノベルがすごい! 2015」は明後日発売な訳で。
事前に許可は取ってるんだろうけど、まさかコミカライズ版の帯でネタバレされるとは。(笑
まぁ、何にしてもおめでとうございます。

そんな大人気作である「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の、
アニメ版のコミカライズである本作ですが、今回で文化祭編まで終わり、
アニメ放映分が終わったから完結になってしまうかと思いきや、
人気が高かったせいかアニメ2期も決まって、
そのコミカライズを引き続き佳月玲茅さんが務めるそうで。
いやはや安心しました。

今回は文化祭編のラストまで収録されているんですが…
いやー、痛い… 心が痛い…
特に終盤の見開きにはやられたなぁ。
八幡の最高に最低なトコがズバッと来て心が痛い。

八幡のヒールに徹する姿に対して心が痛いのはもちろん、
自分の中にある相模と同じ所を責められるようで痛い。
八幡が攻めて責めるように、インスタントに充実感が欲しくて、
肩書ばかりで中身が伴わない姿は確かに自業自得だけど、
ラストの「かまって欲しい」という気持ちは判る。
そこをグイグイ抉られて泣いてしまうのも判る。
でも、それもまた自業自得で自己責任な訳で、
同情の余地はないんだけど、それでも心が痛い。

ここらへんは見開きの使い方が秀逸で、アニメよりもインパクトが有ったなぁ。
その後に由比ヶ浜との雪ノ下の二人が見開きで輝いているだけに、
その対比がより八幡の活躍を引き立てているというか、引き下げているというか。
八幡はどうしたってそういった活躍しか出来ないのだろうか…

それにしても今回は由比ヶ浜が可愛かった。
デートしようと積極的な所も良かったし、ライブでも輝いていたし、
描き下ろしの八幡からの着信履歴を見てご満悦な由比ヶ浜も萌えでした。
彼女には報われて欲しいトコなんだけどなー
2期だとどうなるんだろう。
原作読んでないから未知の領域なだけに期待であり不安であり楽しみです。

:: 2014/5/27 火曜日::

■[漫画]雪ノ下雪乃も嘘をつく「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 -妄言録-」4巻

祝! 俺ガイル アニメ2期制作決定!

原作ストックを凄い勢いで食い潰したので2期は絶望的かと思いきや、
何か普通に2期やるようでめでたいことこの上ないですね。
という事はこのアニメ版のコミカライズも続くのでしょうか?
だとすると嬉しいなぁ。

戸塚が可愛い表紙の4巻ですが、中身はそれを相殺するかのようにエグいです。
小学生たちのハブられ事件を解消するために斜め下の案を出し、
それを実行して問題は無くなったけど報われない八幡…
それでも理解してくれる人がいるだけまだ救われているけど、
それにしたって辛いです。

妹にセッティングされた由比ヶ浜とのお祭りデートでは、
由比ヶ浜が3巻に引き続き良いヒロインっぷりを見せてくれます。

mougennroku04_01

まるでメインヒロインのようだ…(ぉ

八幡の「敏感で過敏に過剰に反応してしまう」というのはよく分かります。
非モテ男子っていうのはそういった生き物ですよね。
数多くの失敗を体験したからこその八幡の鈍感っぽいアレには中々悲哀を誘いますが、
今回一番キッツいのは相模たちだよなぁ…

mougennroku04_02

女は男のスケベな視線に敏感と言いますが、
男は女の見下す視線に敏感なんですよね。
特に非モテだとこういった目で見られた時のやるせなさったらないです。
見た目はそこそこ可愛いけど、相模みたいな女性は非モテ男子の天敵ですよ。
だから相模たちがクローズアップされる文化祭編は読んでて心が痛いです。
特に佳月玲茅さんの画力のお陰で相模の視線がホントにキツく感じるからなぁ…
もうちょっと手加減してくれても良いのよ…?

:: 2014/1/10 金曜日::

■[漫画]由比ヶ浜は身体がエロい。「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 -妄言録-」3巻

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 -妄言録(モノローグ)- (3) (ビッグガンガンコミックス)
著者/訳者:渡 航 佳月 玲茅
出版社:スクウェア・エニックス( 2013-12-25 )
コミック ( 165 ページ )
原作者サイト:渡航日誌
原作者twitter:渡航 (watariwataru)さんはTwitterを使っています
作者サイト:トンカツ食いたい
作者twitter:れち (r_kaduki)さんはTwitterを使っています

「このライトノベルがすごい! 2014」で総合1位だった俺ガイル!
そのアニメ版のコミカライズという、少々ややこしい立場の本作ですが、
ぶっちゃけコミカライズ版ではこれが一番面白いと思います。
女の子と戸塚彩加が可愛いですしね!
戸塚彩加が可愛いですしね!(大事なことなので二回言いました

さて、由比ヶ浜とギクシャクしちゃった八幡だけど、
雪ノ下とのお出掛けイベントを経ることで一旦リセットすることに。
でも由比ヶ浜の恋心はリセット出来てないことが明々白々ですので、
由比ヶ浜のラブコメ要員としての見所はまだまだこれからだ…!

というかラブコメ要員としてもそうだけど、
由比ヶ浜ってばお色気要員としても優秀ですよね。
後半からの林間学校ボランティア活動での水着姿もそうだけど、
ショッピングモールでのπスラとか天然でやってるから恐ろしい。

mougennroku03_01

自分が巨乳であることをナチュラルに見せつけるとか、
由比ヶ浜、おそろしい子…!

それにしても八幡の台詞回しが相変わらず秀逸ですよね。
ここら辺は原作の魅力が光っていると言えましょう。
というかここまでぼっち台詞を生み出すとか、
渡航さんの私生活が心配です。

それはそうと平塚先生がまだ独身の理由が今回のエピソードで何となく判ったけど、
やれば出来る良い身体してるんだからもうワンチャンあると思います!
頑張れ、平塚先生!

HTML convert time: 0.861 sec. Powered by WordPress