ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2021/11/11 木曜日::

■[漫画]太陽系の運命を賭けた最終決戦へ…!「UQ HOLDER!」27巻

UQ HOLDER!27巻UQ HOLDER!27巻
出版社:講談社
作者名:赤松健
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健さん(@kenakamatsu) / Twitter
紙書籍通販:UQ HOLDER! (27)
Kindle版まとめ買い:UQ HOLDER!
DMM電子書籍:UQ HOLDER! (27)

刀太ハーレムがそれぞれ刀太と結ばれたエロエロな26巻から、
少しだけどそのテンションが持ち越されてニヤニヤしちゃうところから始まりましたね!

それぞれがヤった回数を赤裸々に教え合うとか…
エロすぎだけど、これでしか摂取できない栄養分というのがあるのです。
しかし刀太ってば不死身だからとスタミナ無尽蔵すぎるな!
絶倫!

しかし、ラブコメ&エロコメ回の後はバトル回というのがお決まりの流れなので、
ヨルダたちが居る冥王星に動き有り、
ということでソッコーで飛ぶことになったUQホルダーだけど、
そこは周到に張り巡らされた罠があったわけで…

アクシズ落としならぬ、カロン落とし…!?
UQホルダーだけじゃなく、地球も大ピンチがすぎる…

それにしても源五郎先輩と一空先輩の深掘りも終わって、
本当に最終回が近いんだなぁ、と感じましたね…
特に一空先輩は、物悲しいというか何というか…

ヨルダに汚染されたとわかってはいても、
あんなセリフを言ってる一空先輩は見たくなかったし、
そんな一空先輩を倒さざるを得なかった三太が切なすぎるぜ…

この三太と一空の姿が、刀太と雪姫の姿と重ならなければ良いんだけど…
雪姫は散々フラグ立ててるからなぁ…
何とかハッピーエンドというか、刀太ハーレムハッピーエンドに向かって欲しいです。

次巻、遂に完結…!
ネギま!から続いた物語も本当に終盤戦です!
うーん、楽しみだ…!

:: 2021/8/15 日曜日::

■[漫画]魔導大祭と男の子の喧嘩「杖と剣のウィストリア」2巻

杖と剣のウィストリア2巻杖と剣のウィストリア2巻
出版社:講談社
原作者名:大森藤ノ
原作者twitter:大森藤ノさん(@fujinoomori) / Twitter
作者名:青井聖
作者twitter:青井聖さん(@Aoi_00008) / Twitter
紙書籍通販:杖と剣のウィストリア (2)
Kindle版まとめ買い:杖と剣のウィストリア
DMM電子書籍:杖と剣のウィストリア (2)

幼馴染みとの約束を守るため、魔法を使えないのに魔法学院で頑張る少年ウィル。
2年に一度開かれる「魔導大祭」には過去のトラウマから出る気はなかったんだけど、
バイト先で尊敬するドワーフを成績優秀者のユリウスにバカにされ、
喧嘩&挑発されたこで出ることになって…

3人一組の競技に出るために頼ったのはコレットなんだけど、
コレットが頼ったのがシオンというのが何とも…w

男心を翻弄するコレットってばマジ小悪魔。
大好きな男の子のためなら、気のない男相手にも媚びをうっちゃうのだ。

まぁ、そんな扱いされた上に、
ウィルの眼中にないとかなったらキレるのは仕方ないけど、
協議中に喧嘩を売るとか、シオンってば周りが見えてないですよね。
事前にちゃんとネゴっておかなかったコレットとウィルも悪いんですけどね。
しかし涙目で自分事を見ろとかいうシオン…

お前はこの作品のヒロインなのかよ、と突っ込まざるを得ないな…w

シオン戦は前哨戦でユリウス戦が本命みたいだけど、
イグノールに漁夫の利を取られそうな気がする…
はたしてどうなるのかな…?

:: 2021/7/15 木曜日::

■[漫画]エロCG回収ルート「UQ HOLDER!」26巻

UQ HOLDER!26巻UQ HOLDER!26巻
出版社:講談社
作者名:赤松健
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健さん(@kenakamatsu) / Twitter
紙書籍通販:UQ HOLDER! (26)
Kindle版まとめ買い:UQ HOLDER!
DMM電子書籍:UQ HOLDER! (26)

UQホルダーの面子と合流し、生き残っていた旧友たちとも再会できた刀太。
しかしまだ合流できてない面子もいるし、
何よりもヨルダ戦に向けた準備もしないといけないんだけど、
45年振りに会えた九郎丸の気持ちは張り裂けそうで…

赤松健漫画を長年読んでいる私ですが、ここまでガチでエロいのは初めてですね。
もちろん少年誌ですから詳細な描写はなかったけれど、
それでも充分にエロかったです。
バトル回の次だからエロコメ回が来るとは思ってたけど、ここまでガチでくるとはなぁ…

その先鋒を務めるのは九郎丸!

目の前で世界を救うために世界樹と同化してしまった刀太を想い、
ずっと待ち続けた九郎丸が、その想いを溢れ出してしまったシーンからは圧巻でしたね。
もう九郎丸ってば完全に女の子でしたね。
特に「ご褒美欲しい」と言った時の表情とか可憐な雌顔って感じで、
これは鈍感な刀太も勃起するわってな感じでした。

そして次の夏凜先輩ですが…
カードに反応がなかったから太陽系には居なさそうでしたが、
まさかアルファケンタウリAまで飛ばされていたとは…
45年間、たった独りで宇宙空間を飛び続けたとか孤独すぎる…

刀太にはヒロインのピンチを颯爽と救って惚れ直して欲しいと想ってたけど、
夏凜先輩だけレベルが違うピンチでしたね。
元々惚れて協定結んでたところに地獄の業火で焼かれる寸前で助けられたら、
そりゃ盛り上がっちゃうのも仕方ないでしょう。

とはいえ可愛すぎでしょう…!

これがツンデレのデレ期というものか…!

それはそうとU○Eatsだから駅弁スタイルだったのでしょうか?
そこだけが気になります。(←最低

途中で雪姫の回想を挟んでどうなるかと思ったけど、
キリヱもちゃんと出番があってホッとしました。
どこに行ったかと思ってたけど、まさか平行世界に飛ばされてたとはなぁ…
UQホルダーの面々は一々スケールが大きいな!

しかし不老不死でなくなったのは意外でしたね…
成長したキリヱはキリヱで可愛いとは思うのですが…
やはりコンプラ的に12歳ボディでのエロシーンはNGだったのかしら…

でも14歳ボディならOKだったのかしら…
私、気になります!

さて、そんなご褒美回満載な26巻でしたが、
前書きによると28巻で完結みたいですね。
最終決戦間近だし、そうなるとは思ってましたが…
はたしてどういった結末になるのか。
ちゃんと雪姫のエロシーンはあるのか。
とても気になります…!

:: 2021/4/29 木曜日::

■[漫画]魔法学院の劣等生だけどダンジョンに進級を求めるのは間違っているだろうか「杖と剣のウィストリア」1巻

杖と剣のウィストリア1巻杖と剣のウィストリア1巻
出版社:講談社
原作者名:大森藤ノ
原作者twitter:大森藤ノさん(@fujinoomori) / Twitter
作者名:青井聖
作者twitter:青井聖さん(@Aoi_00008) / Twitter
紙書籍通販:杖と剣のウィストリア (1)
DMM電子書籍:杖と剣のウィストリア (1)

世界を脅かす「天上の侵略者」を退け世界に平和をもたらした最強の魔法使い「至高の五杖」
今も世界を支えている存在のみが見ることが出来る夕陽を一緒に見ようと約束した幼馴染みが、
その圧倒的な才能によってあっという間に「至高の五杖」に至ったため、
約束を守ろうと主人公のウィルは「至高の五杖」を目指し魔法学院で勉学で勤しむも、
”魔法が使えない”という劣等生なため、進級の単位をダンジョンでの実習で稼ぐ日々で…

ダンまちの大森藤ノさんが原作を担当し、別冊少年マガジンで連載を始めた新作です。
ダンメモで進撃の巨人コラボがあったし、その流れで別マガでやることになったんじゃないでしょうか。
魔法が使えないけど鍛え上げた筋肉を使って無双するとか、ジャンプでやってるくらいに王道だし、
魔法至上主義の学校では評価されない戦士としての技量が凄まじいとか一昔前のなろうでの王道だし、
何よりもダンジョンが主軸になっているあたりが大森藤ノさんらしいなぁ、と思う次第です。

ウィルは劣等生なので一部の教師や級友には蔑まされてるんだけど、
そこで挫けずへこたれず、幼馴染みの約束を胸にひたむきに頑張る姿が胸を打つんですよね。
そんなウィルに好意を持つ人ももちろん居て、級友のコレットちゃんもその一人です。

ウィルをいじめる相手に対して毅然と振る舞い、
窮地のウィルを助けるために駆けつけたりと健気なんですが、
ウィルには幼馴染みにして「至高の五杖」のエルファリアがいるからなぁ…
コレットちゃんには失恋が約束されてそうでちょっと切ないですね…w

1巻ということで序盤ではあるんですけど、
この作品がどんな物語であるかは詰まっていますね。
2巻からは早速とばかりに学院で開催される魔導大祭編が開始されるみたいだし、
これから更に盛り上がりそうです。

ちなみにマガポケで第一話が読めます。

杖と剣のウィストリア – 原作/大森藤ノ 漫画/青井聖 / 【第1話】一振りの剣のように | マガポケ

第一話だけ読めばどんな作品かわかると思いますので、気になる方は是非どうぞ。

:: 2021/3/13 土曜日::

■[漫画]45年の友情「UQ HOLDER!」25巻

UQ HOLDER!25巻UQ HOLDER!25巻
出版社:講談社
作者名:赤松健
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健さん(@kenakamatsu) / Twitter
紙書籍通販:UQ HOLDER! (25)
Kindle版まとめ買い:UQ HOLDER!
DMM電子書籍:UQ HOLDER! (25)

ヨルダを倒す準備で低軌道リングに行ったUQホルダーを待ち構えていた真祖バアル。
周到な準備でキリヱも無力化して襲い掛かってきた騒動から43年。
記憶と片腕と力の大半を喪い目覚めた刀太を狙ってバアル傘下の魔族が動く!
巨大なエネルギー源と、何よりも大切な仲間を失い絶望の最中で刀太は…

いやはや、手に汗握る展開ですね!
色々と足りない状態の縛りプレイでも諦めず、
地べたを這うようにして進んでいく刀太は主人公してますよ。
やはり刀太には絶望は似合わないですね…!

しかし、あんなにしぶとい不死人たちが簡単にやられるはずがないとは思ってましたが、
まさか死んだふり作戦だったとは…

かつてネギま!でフェイト一派がナギたちを騙すためにやった作戦を、
今度はUQホルダーたちが使う、というのは味がありますね。
まぁ、それでも夏凜先輩とはまだ再会出来てないし、
キリヱもどうなってるかわからない状態なのは心配ですが…
折角ならヒロインたちのピンチを颯爽と救う刀太を見てみたいですね!
そして惚れ直す感じで!

そして、UQホルダーたちの新たなアジトがまた面白い!
ネギが遺したアトリエという伏線がやっと回収されたわけですが、
まさか移動図書館、というか発掘戦艦だとは…!

発掘戦艦とかオタクの大好きなやつー!
ヤマトやΝ-ノーチラス号とか大好きですからー!
まぁ、戦艦である前に図書館というのが何ともアレですが…
図書館島と何か関係があったりするのかしら…

それにしても敵も中々にえげつない強さだよなぁ。
敵に回った一空先輩がここまで強いとは…
ディープラーニング的なアレで強くなったんでしょうか。
味方だった時はわりと空気だったのになぁ…

次巻では夏凜先輩が救われてくれると良いんだけど…
ぶっちゃけラブコメ回、待ってます…!

:: 2020/11/15 日曜日::

■[漫画]エロコメ、ラブコメ、そして絶望…「UQ HOLDER!」24巻

UQ HOLDER!24巻UQ HOLDER!24巻
出版社:講談社
作者名:赤松健
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松 健さん (@KenAkamatsu) / Twitter
紙書籍通販:UQ HOLDER! (24)
Kindle版まとめ買い:UQ HOLDER!
DMM電子書籍:UQ HOLDER! (24)

九郎丸を一族の軛から解き放った刀太。
その甲斐あって九郎丸は名実ともに刀太の相棒となったわけだけど、
それだけではなく、不死狩りの一族はヨルダ=バオトの潜伏先と期限まで調べており、
その情報を得たUQホルダーは一週間後に敵の本拠地である冥王星に向かうことになって…

この24巻は激動ですよ…
前半のラブコメパートで萌えに悶えさせたところで、
後半からは怒濤の展開ですからね…!
正直、ここまで物語にストレスが掛かるのは、
前作「ネギま!」を含めて初めてではないでしょうか。

取りあえず前半のラブコメパートは最高でしたね…!
九郎丸、キリヱ、夏凜先輩の三人が気を失った刀太を介護するという、
最高にニヤニヤできる展開でした…

九郎丸とキリヱが積極的なのはわかるんですよ。
二人とも恋心が限界突破してますから理由があればイチャラブしたいですもんね。
それに対して夏凜先輩は色々と言い訳をしながらも、
一番積極的に動いてしまっているんですよね…w
この三人で一番エロいのはやはり夏凜先輩だと思うんだ…!

そして刀太のことを想っているのは不死人だけでなく、
一般人のしのぶとみぞれの二人もいるわけですよ。
表紙にもなっている通り、二人にも出番があるわけですよ。
みぞれは雪広あやかの血脈を感じさせる情熱を見せてくれたし、
しのぶはしのぶでロマンティックなキスシーンを見せてくれました…

良い… これは実に良いハーレム具合ですよ…!
このままヨルダ=バオトを倒して帰還したら刀太ハーレムも完成を見るな…!

と楽観的に考えていたらまさかの展開…
確かにこの作品はラブコメとバトルが交互にくるものですが、
ここまで悲観的になってしまうバトル展開は初めてですよ…
どんな時にもキリヱというジョーカーがある限り安心だと思っていたけれど、
そのジョーカーが敵側も持ってるとか、そんなん考慮しとらんよ…

正直、赤松健作品でここまで緊迫した展開が起きるとは予想できませんでしたし、
この先の展開がまったく読めないんですが、だからこそ次の展開が気になります…!
どうなる、刀太…!?

HTML convert time: 0.736 sec. Powered by WordPress