りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2016/8/14 日曜日::

■[漫画]藍澤渚の決断「実は私は」18巻

実は私は 18 (少年チャンピオン・コミックス)
著者/訳者:増田英二
出版社:秋田書店( 2016-08-08 )

Kindle版:実は私は (18)
Kindle版まとめ買い:実は私は

白神さんが吸血したい気持ちをポンコツアピールをするおうちデートだとか、
色々と初々しい感じがする18巻の冒頭ですが、
途中から中々に大きく物語が動きます。
そう、以前から出ていた箱女の正体がついに判明…!

jitsuha18_01

10年後から来た宇宙人、藍澤渚がJK藍澤渚と黒峰くんの二人の前に立ちふさがる…!

いやね、10年後から来たという意味深なプロフィールだけでなく、
10年後なのに制服着てるのかというツッコミどころではなく、
箱女時代に言った未来に対する予言とか気になるところとか、
ホント色々あるんだけどね。
シリアスな展開になりそうだと覚悟していたらコレですよ。

jitsuha18_02

ホントこの漫画は真面目に物語を運ぶということを知らないな…!

とか思ってたらラストにまさかの展開です。
ぶっちゃけこの漫画においてシリアスとはギャグの前振りとしか思ってなかったんですが、
ここにきて大きなシリアス展開ですよ。
別の漫画かのようなシリアス展開に戸惑いますが、
それだけ完結が近いということなんでしょうね。

面白い作品なので最後まできっちりと追いかけていきたいと思います。

:: 2016/6/9 木曜日::

■[漫画]岡とみかん「実は私は」17巻

実は私は 17 (少年チャンピオン・コミックス)
著者/訳者:増田英二
出版社:秋田書店( 2016-06-08 )

Kindle版:実は私は (17)
Kindle版まとめ買い:実は私は

ついに独身にも春が…!

独身をこじらせていた紅本先生にさくらさんが想いを告げることで、
独身にもやっと幸せな未来を描くことができるようになったけれど、
素直に祝うことができない校長のせいで前回の感動を台無しにするコメディもありつつも、
いつも通りの「実は私は」です。

いつも通りとはいえクライマックスが近いのか振り幅が大きいんですよね。
何の振り幅かというとシリアスとコメディの振り幅です。
黒峰くんとみかん、みかんと岡という一方通行の想いがシリアスに描かれたかと思うと、
福の神のお陰で急激にコメディ展開に入ってしまい、
しんみりすれば良いのか笑えば良いのか表情筋も戸惑うレベルですよ。(笑

まぁ、岡の最高に格好悪いけれど、最高に格好良い告白とかは、
青春していて良いなぁ、と素直に思わされましたけどね。
とはいえ、それからの揺り返しもまた凄かった…

jitsuha17_01

あの嶋ですら驚愕する岡の変貌っぷりには笑いと戸惑いが襲ってきましたが、
これもまた一つの青春の形だと思うと微笑ましく思えますね。
まぁ、将来黒歴史になりそうではあるのですが。(笑

しかしシリアスをやったらコメディをやらずにはいられないのか、
唐突な焼き芋会とかもくだらなくて笑いましたね。
次回は焼き芋職人の藍澤渚がメインのドシリアス展開なのでその余震とも言えますが…

取り敢えず黒峰くんの生殖能力が失われていないかどうかが気になるところです。(笑

:: 2016/4/10 日曜日::

■[漫画]白馬に乗った仏の王子様「実は私は」16巻

実は私は(16): 少年チャンピオン・コミックス
著者/訳者:増田英二
出版社:秋田書店( 2016-04-08 )

Kindle版:実は私は (16)
Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] 実は私は

気がつけばもう16巻ということで、
アニメ化も経験したしそろそろチャンピオンでも中堅以上の作品になったというのに、
相も変わらずシリアスとギャグの振り幅が大きなギャグ漫画になっております。
いい加減慣れたはずなのに、そのテンションの落差に振り回されている私がいる…(笑

意外とブラコンシスコンな黒峰兄妹の話だったり、
痴女が嶋公に躍起になって妙なフラグを立てたり、
スーパーのタイムセールに痴女とメガネと宇宙人が立ち向かったり、
相変わらずアホすぎる話が怒涛のごとく押し寄せてきて笑わせにきてますよ。
もうね、本当にくだらなくて笑いしか出てこない。(笑

しかしそんなくだらない話ばかりではなく、
今回は表紙にもなっているように独神・紅本明里にゼクシィの季節がついに…!
とはいえ何だかんだで嫉妬というかババ馬鹿な校長が暗躍…
というか周辺住民に対しても明らかすぎるアホなことをやることに…

jitsuha16_01

悪魔に囚われた姫を助ける白馬に乗った仙人とか、
ある意味明里ちゃんにとっては願ってもないシチュでしたね!
独身をこじらせた明里ちゃんにとっては最上級のものといって良いでしょう!
お幸せに!

それにしてもアホな漫画でありながら、
割りとしっかりとストーリーを進めてきますねこの漫画。
今後どういった結末を描くのかイマイチ判りませんが、
ラストまでこのノリで突っ走っていって欲しいものです。

:: 2016/1/23 土曜日::

■[漫画]抑えきれない本能の発露「実は私は」15巻

実は私は(15)(少年チャンピオン・コミックス)
著者/訳者:増田英二
出版社:秋田書店( 2016-01-08 )

痴女の獅穂が友を作り、恋を知り、奈落の底へ転げ落ちる「実は私は」15巻!
前半は獅穂の魅力が詰まった内容なんですが、
後半からは本来のヒロインである白神さんがちゃんとヒロインしてますよ。
もっとも作品の性質上ギャグ要員としても活躍しているんですけどね!

正直ね、私の中では獅穂は痴女だからヒロイン枠ではなかったんですよ。
14巻で急に恋する乙女の表情を見せてからヒロインとしての魅力が開花し始め、
花火大会で黒峰くんに告白する流れはもう最高にヒロインしてましたね!

jitsuha15_01

そう、好きな人に告白するのってそれくらい緊張しちゃうんだよ!
あぁー、正に青春だわー…
まぁ、こんなに良い話の次に容赦なくギャグ回を持ってくるあたり、
「実は私は」らしいなぁ、と思ってしまうのですが。(笑

そして後半からの白神さんのターン!
恋人二人が海にデートとかいかにも青春じゃないですか!
二人きりの浜辺で花火とか最高のシチュエーションじゃないですか!

jitsuha15_02

くそぅ、こいつらイチャラブしやがって! 羨ましいぞコンチクショウ!
ギャグだけじゃなくてこういった話もやっちゃうから「実は私は」は油断できない!

しかし、白神さんの想いが高まりすぎてまさかの吸血。
校長の迫力ある登場でこの漫画にもついにシリアス要素が…!?
はたして吸血鬼にとっての吸血にはどんな意味があるのか…!?
白神さんの父、源二郎が隠してきた事実がいま詳らかに…!?

jitsuha15_03

性行為だ(ぶっちゃけ)

な、なんだってー!

チャンピオンではかつて「バキ」が性行為シーンだけヤングチャンピオンで連載するという、
ウルトラCを繰り広げてましたが、
吸血で代替することで堂々と少年誌でやっちゃってるじゃん 性行為…!
「実は私は」はある意味「バキ」を超えたのかもしれない…

アニメ放映が終わって大人しくなるかと思えばこれですよ。
「実は私は」からはまだまだ目を離せませんね!

:: 2015/11/17 火曜日::

■[漫画]痴女の目にも涙「実は私は」14巻

実は私は 14 (少年チャンピオン・コミックス)
著者/訳者:増田英二
出版社:秋田書店( 2015-11-06 )

Kindle版:実は私は (1)
Kindle版:実は私は (2)
Kindle版:実は私は (3)

Kindle版:実は私は (12)
Kindle版:実は私は (13)
Kindle版:実は私は (14)

TVアニメは無事終わったけれど原作のノリはノンストップ。
割りとシリアスっぽい展開があったと思ったら、
唐突にカブトムシ捕りをしようとし始めたり、
全校を巻き込んでの流しそうめん回をやったりと、
読者の心を一箇所に留めずにジェットコースターのように展開していきます。

とはいえこの14巻は全体構成が非常に秀逸というか、
後半からは痴女二世こと紫々戸獅穂がメインでしたね。
みかんが未来に行った時の話が伏線になっているのには無駄に感心しましたよ。

今まで何度も痴女として黒峰くんにちょっかいかけてきたけど、
狼男である自分を怖がらず、自然体に接してくれた黒峰に惹かれつつも、
白神さんの友人として一歩下がったところに居たのに、
未来の知識で自分が黒峰くんの嫁かも? となった時のあの表情!

jitsuha14_01

いつもはだけてばかりいる獅穂だけど、
全裸よりもこの赤面顔が一番魅力的だよ!

まぁ、この後ふつうにラブコメしないあたりは、
何とも「実は私は」だなぁ、としみじみ思ったものですが、
それにしたってあんなオチがあるとはなぁ…(笑
サブヒロイン三人とも目的は違えども、
頑張って未来を変えようね…!

しかし桃地…
未来を変えたら自分が生まれることはないと思うんだけど…
そこまで思い至れないほどにバカなのか…
哀れな…

:: 2015/9/13 日曜日::

■[漫画]進路に悩む若人たち「実は私は」13巻

実は私は 13 (少年チャンピオン・コミックス)
著者/訳者:増田英二
出版社:秋田書店( 2015-09-08 )

Kindle版:実は私は (1)
Kindle版:実は私は (2)
Kindle版:実は私は (3)

Kindle版:実は私は (11)
Kindle版:実は私は (12)
Kindle版:実は私は (13)

現在絶賛アニメ放映中の「実は私は」13巻!
今期はあまりにも粒揃いすぎるので話題性は相対的に低くなってますが、
アニメの出来はかなり良い部類に入っていると思いますよ。
みかんの外道っぷりがかなりマイルドになっているあたり、
良い意味で原作改変しているところも好感度高いですしね。

13巻になり、主人公カップルがイチャラブしたりと、
物語としては成熟期に入ってきている感があるんですが、
ここに来て更に新キャラ登場ですよ。
しかもカリスマ痴女に対抗するサキュバス!

jitsuha13_01

白神さんと同レベルの痴女力を持つサキュバスとかネタ枠でしかない!
まぁ、この漫画は「実は私は」ですからね!
そりゃまともなサキュバスなわけないよね…(笑

福の神のフクちゃんで一話使う贅沢というかクレイジーなこともありつつも、
今回は三年生らしい進路のことで悩むあたり青春モノっぽさはありましたね。
まぁ、委員長の進路は予想外すぎましたが…

jitsuha13_02

ホント何言ってんだこの人…(笑
しかし2015年にもなってキラッ☆は若干古いネタ感は否めないな。
でも委員長らしい…

それにしても黒峰くんの嫁が白神さんではないという未来情報が出たり、
まだまだ波乱の展開が用意されているので今後もアニメともども注目しないとですね。

HTML convert time: 0.629 sec. Powered by WordPress