僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!
:: 2020/6/15 月曜日::

■[漫画]ヤンキー漫画となろう世界のマリアージュ「異世界ヤンキー八王子」1巻

異世界ヤンキー八王子1巻異世界ヤンキー八王子1巻
出版社:双葉社
作者名:奥嶋ひろまさ
作者twitter:奥嶋ひろまささん (@HiromasaOkujima) / Twitter
紙書籍通販:異世界ヤンキー八王子 (1)
DMM電子書籍:異世界ヤンキー八王子 (1)

初めてこの漫画を読んだ時の率直な感想は
「井上雄彦の絵柄のヤンキーたちが小説家になろうの世界で秋田書店のノリで冒険してる!」でした。
1巻でまとめて読み終わって改めて考えてみましたが…
うん、あながち間違ってない感想な気がしますね!

巨大な地震が起こったら学校ごと異世界に転移するというのは「轟世剣ダイ・ソード」から続き、
今も小説家になろうで脈々と受け継がれている系譜なんですけど、
その学校が工業高校であり、転移するのが秋田書店や少年画報社にしか残っていないような、
ヤンキー漫画に出てくるような喧嘩上等なヤンキーたち、というのが特徴的なのです。

異世界転移のお約束なんて知らないヤンキーたちが、
いつもの喧嘩のノリでモンスター相手に無双するのが面白いんですよね。
トレントみたいな木のモンスターが出てくれば、
ファンタジー脳だと火魔法を使いたくなるんですけどヤンキーたちは違います。

こいつらチェンソー出してきやがった…!

まぁ、確かに工業高校だしチェンソーくらいあるだろうし、
ヤンキーだから喧嘩慣れしてるから度胸もあるんだろうけど、
それにしたってこれはヒドいw

しかもちゃんと木を倒すやり方を授業で習った通りにするとか、
ヤンキーのくせにちゃんと授業聞いてたんだな、ということが分かって面白さが倍増ですよw

助けてあげた異世界の幼女が住む村を助けるために、
襲ってきたオークたちともタイマン張ろうとして、
チェンソーなんていう最強の武器があるのに素手で殴り合いとか、
オークたちにも呆れられるバカっぷりを出しているのも最高です。

うーん、やっぱりこいつら喧嘩馬鹿のヤンキーだわ。

それに勇者のみが抜くことができる岩に刺さった剣とか、
ファンタジー世界の王道のアイテムが出てきても…

工業高校的手段で何とかしてしまうのがヒドいw

こいつらヤンキーにファンタジー世界のお約束とかは通じないのである!

まぁ、そんな感じに全体的にヒドいけど最高に面白いですね。
長年ヤンキー漫画を描いてきた作者さんだからこそ、
ヤンキーたちのノリを把握していて面白さが倍増しているんだと思います。

次の2巻では水産高校の生徒たちが出てくるので、
工業高校のノリだけで終わらないので面白さはまだまだ加速しそうなので楽しみです!

:: 2020/5/22 金曜日::

■[漫画]異世界編、完!「つぐもも」25巻

つぐもも25巻つぐもも25巻
出版社:双葉社
作者名:浜田よしかづ
作者サイト:浜田よしかづ『Yの食卓』
作者twitter:浜田よしかづ (@yoshikadu2010) | Twitter
紙書籍通販:つぐもも (25)
Kindle版まとめ買い:つぐもも
DMM電子書籍:つぐもも (25)

TVアニメ2期放映中!
そしてやっと異世界編が完結です!
触手エロが無くなると思うと寂しいとは思うのですが、
私はすなおさん推しなので、すなおさんが出てくる現実への復帰を喜ばしく思います。

そもそもなんで異世界編になったかというと、
一也の修行のためだったといことをすっかり忘れてました。
実際、魔力というモノがある異世界小説の中では、
魔力を操る人たちが培ってきた技術体系というものがあるので、
それによって霊力を操る術を学ぶことができる、というのはなるほど、と思いました。

まぁ、そこに到るまでに脇道に逸れまくったのはちょっとどうかと思いますが…w

本当にね、糸信さんが叱るのも至極ごもっともなわけですよ。
ちゃんと事前に情報収集と予測さえ立てていれば、
異世界編は単行本1冊で終わってたと思いますしね!
まぁ、そうなると触手エロがなくなるわけで悩ましいところではあるのですが。
一也も今回のことで霊力の操作方法だけでなく、
情報収集と分析の重要さを糧としてくれたのではないかな、と期待したいところです。

取り敢えずこれからは現実に戻っての話になるわけですが、
そこにすなおさんが出てくるのかどうかが私としては気になるところです。
出て欲しいなぁ…
ラブコメ的な意味でもエロ的な意味でも…!

余談ですが、作中でひたすらエロいことしまくってるくせに、
アルコールに対しては注意書きがあるのには笑ってしまいましたw

この作品のコンプラはエロ以外は真面目に取り組んでおります!

:: 2020/1/23 木曜日::

■[漫画]まだまだ続くよ異世界小説世界編「つぐもも」24巻

つぐもも24巻つぐもも24巻
出版社:双葉社
作者名:浜田よしかづ
作者サイト:浜田よしかづ『Yの食卓』
作者twitter:浜田よしかづ (@yoshikadu2010) | Twitter
紙書籍通販:つぐもも (24)
Kindle版まとめ買い:つぐもも
DMM電子書籍:つぐもも (24)

【ネタバレ】異世界編はまだ終わりません。

つぐももはエロ面白くて好きけど、ここ数年は一つのシリーズがやたら長い気がするな…
何とか次の25巻ではこの異世界編が終わってほしいものであります。

さて、今回は一也と桐葉さんの出番は少なめです。
出るには出るし、出すものは出しているんですが、
今回のメインヒロインは響華さんだと思うの。

一也のことが大好きな響華さんは、
一也に放って置かれると寂しくてすぐオナニーしちゃうの。

そんな響華さんも簡単に騙されて奴隷落ちしちゃうんですけどね…
自分と実妹の窮地を助けてくれた相手も躊躇なく騙して奴隷として売るとか、
我々読者のティルトへのヘイトがとどまるところを知らない…

一応ティルトの事情もわかるんですよ。
種族的なことでずっと差別されてひどい目に遭わされてきただろうから、
同じ種族である妹以外を信じられないんでしょう。
信じられるのはお金だけなんだろうけど、
だからといって如何にも胡散臭い奴隷商のダバダの甘言に騙されるとか、
人を見る目がなさすぎるというね…

せめて損得抜きで自分を助けてくれた響華さんたちくらい信じられればねぇ…
土下座されても糸信さんみたいにすぐ納得できないですよ。
糸信さんはその名前の通り、人を信じることを是としているのかもしれませんし、
ティルトも社会の犠牲者なのかもしれませんが、
リンチされるだけで許して良い罪の重さとは思えないんですよね。
令和の現在、人を騙すという罪は昭和の頃よりもはるかに重く感じる今日このごろです。

次の25巻では桐葉さんと一也が活躍するだろうし、
エロ展開もたくさんあると思います。
というかまぁ、折角異形の怪物に取り込まれたんですし、触手エロですよ触手エロ。
いつも通りにバトル&エロに期待ですね!

:: 2019/10/31 木曜日::

■[漫画]両手に花エンドは最高です!「ノブナガ先生の幼な妻」5巻

ノブナガ先生の幼な妻5巻ノブナガ先生の幼な妻5巻
出版社:双葉社
作者名:紺野あずれ
作者サイト:Fleeting Youth
作者twitter:紺野あずれ (@azure_konno) | Twitter
Kindle版:ノブナガ先生の幼な妻 (5)
Kindle版まとめ買い:ノブナガ先生の幼な妻
DMM電子書籍:ノブナガ先生の幼な妻 (5)

TVアニメ化もされた「ノブナガ先生の幼な妻」ですがこの5巻で完結です。
後書きによると全3巻の予定が人気が出てTVアニメ化されるんで5巻に延びたらしいですね。
TVアニメと言えばあとがきにもあるようにメッチャ光ってましたよね!
正直笑いまくったんですが、作者の紺野あずれさんは不本意だったりするのでは…?
という心配をしてたんですが…

良かった… 私の心配は杞憂だったんだ…!w
うん、笑って良かったんだよね、アレ!w
というかdアニメだけかと思ったけど全国的に光ってたのか、アレ…

さて、この5巻ですが残念なことに我らがたわわ担当の星ヶ丘先生が…
星ヶ丘先生の中の地徳院さんが成仏されてしまったのです…!
序盤からフラグが立たなさそうな雰囲気がとてもしていましたが、
ワンチャンあるのでは? とも思っていたので、
星ヶ丘先生とのフラグがベッキベキに折れてしまったのはとても残念ですね。
というか、あの素晴らしいたわわなおっぱいをもう拝めないのが残念です。(←正直な意見

終盤の織田信長公の魂がノブナガ先生の身体を乗っ取ってしまう展開は、
学園催眠隷奴みたいなノリの作品ならともかく、
頭空っぽにして楽しむエロコメとしてはわりと要らないですからね。
それを貫き通すことで御先祖さんを説得したノブナガ先生はとてもノブナガ先生でした。

そしてハーレムラブコメとしては納得できる素晴らしい終わり方でした。
うんうん、現代が舞台でも両手に花エンドがあってもええんやで…
織田家は経済力ありそうだし、二人養えるならそれでアリでしょう!
だって、この漫画はハーレムエロコメなんだから!
私はこういう終わり方は大好きです!!!

それはそうと巻末おまけページでの帰蝶が史実で妊娠しなかった理由には笑いました。
そうだよね、紺野あずれさんだよね!
思春期クレイジーズだよね!w

:: 2019/3/16 土曜日::

■[漫画]TSっ娘の恥じらいM字開脚!「ノブナガ先生の幼な妻」4巻

ノブナガ先生の幼な妻4巻ノブナガ先生の幼な妻4巻
出版社:双葉社
作者名:紺野あずれ
作者サイト:Fleeting Youth
作者twitter:紺野あずれ (@azure_konno) | Twitter
Kindle版:ノブナガ先生の幼な妻 (4)
Kindle版まとめ買い:ノブナガ先生の幼な妻
DMM電子書籍:ノブナガ先生の幼な妻 (4)

ワシワシ詐欺、もとい、性転換な明智光秀ちゃんキター!

今までタイムスリップや転生や男の娘と色々出てきましたが、
3巻ラストで出てきた新ヒロインは性転換した上での転生キャラですよ!
大丈夫、我々は歴史の武将が女体化するとか何度も経験してきたので!
しかも元が54歳なので合法です!
いやー、素晴らしい!

明智光秀ちゃんが織田信長を裏切った理由とかサラッと流してますが、
まぁ、この漫画の主題は歴史モノじゃないですからね。
明智光秀と帰蝶が従姉妹という説もサクッと取り入れられてますが、
そういった歴史要素は重要じゃないのです。
この漫画に重要なのは…

そう…! 恥じらいからの赤面です…!

元が54歳の男ということで諦めてたんですが、
まさか恥じらいからの赤面をしてくれるとは思わなかったですよ。
いやはや、流石は紺野あずれ漫画です。
読者が何を楽しみにしているのかわかっておられる!
こういうので良いんだよ、こういうので。(何故か上から目線

しかし、出会ってすぐに恨み骨髄な相手の生まれ変わりに惚れるとか、
明智光秀ちゃんはチョロすぎて心配になるレベルですね。
しかもノブナガ先生はかなりアレな変態ですから。
でもまぁ、ノブナガ先生は男の欲望に素直なだけに憎めないんだよなぁ…

女性陣はドン引きだけど、男性読者は何故か納得してしまうのです…
童貞力が高い変態なんだけど、それ故に憎めないというか。
そう、だって男はみんな変態だからー! だからー…!(エコー

チョロいと言えば帰蝶も大概チョロいですよね。
普通にピュアなデートを一回しただけで、
ノブナガ先生の普通の良い所を実感しただけで嫁心ついてしまうとか。
まぁ、史実でも織田信長と帰蝶はわりと仲が良かったみたいですし、
元々相性が良かったのかもしれません。

それにしてもヒロインたちがそれぞれ積極的に仕掛けてきて、
大変にエロい展開になってきたのは嬉しい限りですね。
はたしてどこまで攻めるつもりなのか…
紺野あずれさんはTVアニメ化してもそこら辺は自重しなさそうだし、
とても楽しみです。

:: 2019/3/15 金曜日::

■[漫画]派遣奴隷になろう!「つぐもも」23巻

つぐもも23巻つぐもも23巻
出版社:双葉社
作者名:浜田よしかづ
作者サイト:浜田よしかづ『Yの食卓』
作者twitter:浜田よしかづ (@yoshikadu2010) | Twitter
Kindle版:つぐもも (23)
Kindle版まとめ買い:つぐもも
DMM電子書籍:つぐもも (23)

アニメ2期とかマジっすか!

アニメ1期は面白かったけど… まさか2期とはなぁ…
ちなみにアニメ1期を見た友人とは
「アニメ見た? どうだった?」
「ノリが90年代で驚いた」
「わかる。天地無用!のノリだった」
「せやろ」
みたいな会話を繰り広げたものであります…

さて、この23巻では響華さんのアフターケアから始まります。
第一夫人である桐葉さんが復活したので、
お払い箱になると思った響華さんが可愛かったです。
今までの自分のツンな言動を思い返して落ち込んだり、
一也の言葉を早とちりして涙を流すところとか可愛いですね。
ツンデレが綺麗に堕ちていくこういった描写は大好物であります。

でも、そんな響華さんですが新章では出番がありません…
新章は異世界編とも言うべき展開です…!

先日友人に月刊アクションを読ませてみたら、
「なんで『つぐもも』がなろうみたいな異世界転生モノになってるの???」
と驚いてましたが、これには理由があるのです。
ファンタジー小説のあまそぎの中に入るという展開だから仕方がないのです!
以前は夢の中に入ってTS展開もあったくらいなので問題ないのです!
まぁ、今回はTS展開ではなくて奴隷展開ですけどね!
平和ボケした日本人の一也と桐葉さんはとてもチョロすぎだと思うの…

まぁ、奴隷に落とされてからの俺TUEEE展開はアリだと思いますし、
何よりファンタジーでエロなお約束が実行されたのは素晴らしいですね!

そう… 触手です…!
いやー、良いですよね、触手。
みんないろんな体液を調べられるために体の隅々まで触手で弄られるとか、
最高じゃないですか…!
うんうん、これでこそ「つぐもも」だよ…!

23巻だけではこのなろう編、もといファンタジー小説編は終わってませんので、
もうしばらくはファンタジーな世界観を楽しめると思います。
さて、次はどんなファンタジーエロなのかなぁ…
楽しみだ…

HTML convert time: 0.761 sec. Powered by WordPress