月刊アクション | フラン☆Skin


水上悟志新作「プラネット・ウィズ」1巻が7月30日に発売!
7月からTVアニメ放送開始!
:: 2018/6/12 火曜日::

■[漫画]瞬間、心重ねて「つぐもも」21巻

つぐもも21巻つぐもも21巻
出版社:双葉社
作者名:浜田よしかづ
作者サイト:浜田よしかづ『Yの食卓』
作者twitter:浜田よしかづ (@yoshikadu2010) | Twitter
Kindle版:つぐもも (21)
Kindle版まとめ買い:つぐもも
DMM電子書籍:つぐもも (21)

九殿武闘会編も大詰め!
すなおさんと煤墨は死力を尽くし舞台も大崩壊する激戦!
そして鮮やかな決着!
そしてついに出てくる隷付喪神派の首魁、斑井!
多数のつぐももを強制的に従える斑井に対して、
一也と響華はどう戦うのか…!

すなおさん強くなったなぁ。
奏歌と戦っていた時点で既に十分強かったけれど、
それから更に強くなってますよ。
すなおさんが”かみがかり”を使えることに驚く観客は良い俺TUEEEでしたね!

つづら殿に居た頃のすなおにとは違うのですよ!
一也と戦い、虎鉄との絆を深め、数々の激戦をくぐり抜けて成長したのですよ!

煤墨はあるみから”かみがかり”を使える情報を得ていたみたいだけど、
すなおさんの実力は見た以上に凄かった、ということもあるでしょう。
でも、それ以上に奏歌との戦いを経て、自分の実力を高める意志が向上し、
更に強くなっていた、というのもあると思います。
”かみがかり”を使う前の戦い方からもそれが明らかでしょう。

まぁ、そういった真面目なところだけではなく、
エロ方面でもすなおさんは大活躍でしたね!

”かみがかり”は使ったあとが大変ですからね。
新たな知見を試す意味でも一也のケアは必須なので仕方ないのです!
それにしても容赦なく凝視したり揉んだり触れ合ったり、
やはり一也も年頃の男の子だね!
大丈夫、すなおさんはツンデレなだけで一也にベタぼれだから!
霊力以外も挿入しても問題ないよ!

そして一也の戦いが始まるわけなんですが、
斑井の策を破るため、響華と心を通わせて戦う一也がカッケーんすよ。
親付喪神派らしい戦い方と言えましょう。

でも、斑井はまだまだえげつない策を持っているので、
一也には頑張ってほしい所存であります。

ちなみに次巻で長かった九殿武闘会編もやっと終了です。
先月発売した月刊アクションでちゃんと終わっているので間違いありません。
ですのでご安心ください。
そしてご期待ください!
糸信さんがしてくれた良い仕事の結果がわかりますよ!

:: 2018/5/13 日曜日::

■[漫画]14歳と中学教師「ノブナガ先生の幼な妻」2巻

ノブナガ先生の幼な妻2巻ノブナガ先生の幼な妻2巻
出版社:双葉社
作者名:紺野あずれ
作者サイト:Fleeting Youth
作者twitter:紺野あずれ (@azure_konno) | Twitter
Kindle版:ノブナガ先生の幼な妻 (2)
DMM電子書籍:ノブナガ先生の幼な妻 (2)

28歳独身童貞なこじらせオタクの織田信永が、
戦国大名織田信長の正室・側室所縁の品に触ると何故かヒロインが出てくる!
実家の蔵の茶碗から濃姫こと帰蝶が出てきたと思ったら、
岐阜城で陶磁器を触ったら2人目の姫が現れて…!

今度の新キャラは生駒吉乃!
ちょっと戦国モノが好きな人なら知っている、信長の寵愛を受けていた未亡人キャラで、
嫡男である織田信忠を産んだ重要人物でもあります。
今度はタイムスリップではなく生まれ変わりらしく中身は享年の29歳なんだけど、
見た目はどう考えてもJCなんですよね…
うーん、残念!

じぽかくー!(児童ボルノ確定ー!)

でも流石は吉乃さんです、躊躇いがないです。
女性の着物が左前なのは男が後ろから右手を差し込んでおっぱいを揉むため、
という説を聞いたことがありますが、まさかこのように実践してくるとは…!
生駒吉乃… 恐ろしい子…!

躊躇いなく全裸になるわ一緒にお風呂であんなプレイするわ、
色々と順応しすぎな気がしますが、これはこれでOKです!
しかし信永はダメオタなんだけど、童貞をこじらせているお陰なのか、
中々一線を越えてきませんね。
これが普通の童貞ならとっくに一線を越えているところだろうになぁ。

というかよくよく考えれば紺野あずれさんの漫画で男主人公って珍しいですよね。
エロ漫画の時からヒロイン視点の漫画ばかりだったと思うのですが。
そういった意味ではこの漫画には新鮮味がありますね。
まぁ、やってる内容は相変わらずくだらないですけども。(褒めてます

閑話休題

それにしてもそういった運命なのか、信永の周りには生まれ変わりが多いですね。
枇杷島ちゃんはともかく、まさか星ヶ丘先生までそうだったとは…!
そしてこの展開は読めなかった…

バブみを感じる…(?)

でも、側室の生まれ変わりとはいえ好感度がはじめからMAXって訳じゃないんですね。
そこらへんはヒロインが一人の人間として描かれていて有りなんですけど、
割りと生殺し感があるのも否めないですね。
まぁ、月刊アクションで脱童貞シーンを描けるとは思えませんけども。

しかし逆に考えれば好感度を高めていくギャルゲ的攻略要素が残されているわけで。
そういった意味ではこの先が楽しみではあるんですが、
帰蝶たちがそういったルートを許してくれるかははてしなく疑問ではあります。

さて、次巻ではどう考えても男の娘ヒロインが登場です。
まぁ、信長らの時代って衆道が一般的だったものね…
しかし生えてるのかー…
水をかぶると女になっちゃうふざけた体質だったりしませんかね?

:: 2017/11/14 火曜日::

■[漫画]28とJC「ノブナガ先生の幼な妻」1巻

ノブナガ先生の幼な妻1巻ノブナガ先生の幼な妻1巻
出版社:双葉社
作者名:紺野あずれ
作者サイト:Fleeting Youth
作者twitter:紺野あずれ (@azure_konno) on Twitter
Kindle版:ノブナガ先生の幼な妻 (1)

中学教師の織田信永はオタクをこじらせた28歳、独身。
織田信長の子孫と言われて、漢字違いの同じ名前を付けられ28年。
合コンでも名前をからかわれてばかりの非モテ人生だったけれど、
ある日、親に頼まれ実家の蔵を整理していたら割れた茶碗から女の子が現れて…

変態ラブコメ漫画オーソリティーの紺野あずれさんの新作は、
戦国時代からタイムスリップしてきた濃姫こと帰蝶との子作り漫画!
もちろん連載誌である月刊アクションはエロ漫画雑誌ではないので、
エロシーンはありませんが、エロコメではあります。

ヒロインである帰蝶は数え年で15歳なので実質JCなわけですが、
戦国時代を政争の道具として生きてきたので子作りも義務でしかなく、
躊躇なく裸になってしうのです!
なるほど、戦国大名の娘ならは全裸で子作りに勤しむのも致し方ないな!

とはいえ、ちょっと物足りなさを感じちゃうのも確かなわけで…
いや、私にもジト目クールロリ属性はあるので全然イケるクチなんですよ。
「おねがい☆ティーチャー」の森野苺ちゃんとか好きですし。(例えが古い

でもね、やはり紺野あずれさんといえば赤面だと思うわけですよ。
全裸になるのは良いんだけど、恥じらいは重要だと思うんですよ!
とか思ってたら帰蝶の貴重な赤面顔キター!

うんうん、これぞ紺野あずれ漫画だよね!(満面の笑み
そうかー、現代エロ知識で攻めると赤面顔が見られるのかー
夢が広がるな!

とはいえ28歳がJCがに手を出したら犯罪なのが現代でありまして。
危険な帰蝶を手の届くところに居させるために自分が教鞭をとる学校に編入させ、
ライバルとのエロコメを演じたりと中々良い感じになっております。

しかしJCライバルヒロインだけでなくまた更に新キャラを出すとは…
2巻への期待が今から高まりまくりですね!

余談ですが、信永にはそういった意志はなさそうですが、
可愛い女の子を手元において育てるシチュは割りと源氏物語だな、と思いました。
16歳にいたるまでに、どういったエロコメヒロインに育つのか…
というか歴史が変わる可能性があるからやはり手を出せないまま終わるのか…
うーん、この先どうなるのか今から楽しみですね!

:: 2017/11/12 日曜日::

■[漫画]すなおになれば「つぐもも」20巻

つぐもも20巻つぐもも20巻
出版社:双葉社
作者名:浜田よしかづ
作者サイト:浜田よしかづ『Yの食卓』
作者twitter:浜田よしかづ (@yoshikadu2010) on Twitter
Kindle版:つぐもも (20)
Kindle版まとめ買い:つぐもも
DMM電子書籍:つぐもも (19)

武闘大会で一進一退の戦いを続ける一也たち。
隷付喪神派の卑怯な手段に苦戦しながらも、
たかのは見事にコンプレックスを持っていた兄のたくみを撃破。
勢いに乗って勝ち星を付けたいところだけど…

TVアニメ版、面白かったですね。
見ていた同年代の友人たちと「『天地無用!』を見ているようだった…」
と、自分たちの歳を感じさせる感想を交わしてました。(笑
私たちの年代にとってはとても懐かしいノリで面白かったけど、
今の若い子たちが楽しめたかはちょっと心配かもですね。

さて、まさかまだ武闘大会が続くとは思いませんでしたが…
これは… もしかしなくても後2冊くらい続きそうな予感が…(笑
まぁ、圧巻のバトル描写だけではなく、
きちんとサービスシーンを盛り込んでくれるので安心して読めるのですが。
桐葉さんたちのエピソードも番外編で読めるから寂しくはないのですが。
それでも、ちょっとヤキモキするところはありますけども。(笑

それにしても織小花さん、予想通り足元をすくわれましたね!
慢心… 環境の違い…!
それに対して狐面さんこと、すなおさんの油断のなさよ!
というか、やっぱり狐面さんはすなおさんでしたね!

まぁ、バレバレでしたけど!

そしてあそこの形で気付いた一也は流石だと思います。
面が割れて即、エロいことになるのも流石だと思います。

やっぱりね、すなおさんはエロいことやってこそだと思うわけですよ。
私はつぐももヒロインの中でも特にすなおさんが好きでしてね…
もちろん初登場時はちょっといけ好かないなー、と思ってましたけど、
典型的なツンデレを見せられたらコロっていっちゃいましたね。
エロ要員としても素晴らしく、再登場を待ちに待ってましたよ!
まさか戦闘要員としてもここまで魅せてくれるとは思いませんでしたけども。

さて、次巻はすなおさんの戦闘シーンも佳境ですね!
すなおさんのエロシーンも佳境に差し掛かる気配がプンプンとしてますので、
そちらの方も大期待しております!!!(笑

:: 2017/8/21 月曜日::

■[漫画]notハッピーエンド「青春のアフター」4巻

青春のアフター4巻青春のアフター4巻
出版社:双葉社
作者名:緑のルーペ
作者サイト:青人草の日曜日
作者twitter:緑のルーペ (@midorinorupe) on Twitter
Kindle版:青春のアフター (4)
Kindle版まとめ買い:青春のアフター
DMM電子書籍:青春のアフター (4)

気付かなかったなぁ…
見事に騙された…! 騙されきってしまった…!
まことじゃないけど、これは騙されるって!
だって同じ服、同じ顔なんだもん!
でもまぁ、カチューシャの有無というヒントはあったんだよね…
歴史は変わらないけど、チャンスだけはくれてたのかもしれない。

作者自身もハッピーエンドではないと言ってたけど、誰にとってのバッドエンドなんだろう…
バッドにとってのバッドエンドなのかというと、どうなんだろう?
確かに初恋は実らなかったし、不毛な回り道をしたけれど、
エロゲーで言えばベターエンドと言えなくもない。

ではみいこにとってのバッドエンドなのかというと、これもどうなんだろう?
確かに10年以上待たされることになったけれど、
最後にはちゃんと浮気することなく10年以上想い続けることで、
想い人と再会することができたんだからトゥルーエンドと言えるんですよね。

結局誰にとってのバッドエンドかというと、やっぱりさくらなのかなぁ、と。
初恋の相手と結ばれることはなく、次に好きになった人にはもう恋人がいて、
やっと結ばれたと思ったら記憶が戻って離れていってと、
これはもうバッドエンド以外何者でもないですよ。
結局梅子としてその後どうなったかもわからないし…
もう、色々と切ないし、辛いよなぁ…

いやはや本当に、ものの見事に、最後まで緑のルーペさんの作品でしたね。
心の柔らかく傷つきやすいところを容赦なく抉られた気分です。
でも、最高に面白かったです。
ありがとうございました。

ちなみに後書きにもありますが、先日の夏コミでIF同人誌が発行されたみたいです。


気付いたのがつい先日なんで今はとらのあなの通販待ちです。
早く読みたい…!

:: 2017/8/15 火曜日::

■[漫画]nice boatへ到る道「間くんは選べない」2巻

間くんは選べない2巻間くんは選べない2巻
出版社:双葉社
作者名:板倉梓
作者サイト:WATTS TOWER 漫画家 板倉梓のホームページ
作者twitter:板倉 梓 (@wattstower) on Twitter
Kindle版:
Kindle版まとめ買い:
DMM電子書籍:間くんは選べない (2)

取引先の巨乳美人の里見さんに告白するも返事がなくて落ち込む間くんが、
ひょんなことから女子高生の鏡香ちゃんに好かれて告白され付き合うことに。
初めての彼女に浮かれていたら、里見さんからも時間差でOKの返事が!?
優柔不断な間くんはどちらに選ぶこともできずになし崩しで二股することになるんだけど…

いやー…
読んでいて辛いというか、胸が痛くてたまらないというか。
今まで板倉梓さんの作品でトキメキを感じたことは多々ありますが、
ここまで心をメッタメタに串刺しにされたことはありませんでしたからね。
痛気持ち良い…、というには痛すぎるけど、面白いです。

というかね、間くんのクズさが凄いんですよ。
見た目は普通の良い人っぽいけど単なる優柔不断なだけで、
脱童貞させてくれた里見さんに決めたと言いながら、
すぐに鏡香ちゃんの涙にほだされてすぐにセックスしちゃうとか、
もうね、クズ of クズですわ。

それでいて二人のセックスが気持ち良いとか最低の二股野郎で、
これはもうホワイトアルバムどころかSchool daysの領域ですよ。
どう考えてもハッピーエンドになるとは思えないし、
むしろnice boatになるとしか思えないというか、むしろなるべきな気がするなぁ。

面白い作品ですが、ホワイトアルバムやSchool daysが楽しめる人のみにお勧めです。
二股、ダメ、絶対。

:: 2017/3/17 金曜日::

■[漫画]武闘大会でもおっぱいだ!「つぐもも」19巻

つぐもも(19) (アクションコミックス(月刊アクション))
著者/訳者:浜田 よしかづ
出版社:双葉社( 2017-03-11 )

作者サイト:浜田よしかづ『Yの食卓』
作者twitter:浜田よしかづ(@yoshikadu2010)さん | Twitter
Kindle版:つぐもも (19)
Kindle版まとめ買い:つぐもも
DMM電子書籍:つぐもも (19)

4月からアニメが始まるというのに、
メインヒロインが誰も出てこない19巻ですよ!
新ヒロインは活躍しているし、
何よりもエロ展開も多いけれど、それにしたって凄いタイミング。
というか19巻は4月発売で良かったのではないのか。
まぁ、双葉社だしなぁ… そこら辺のノウハウ少ないのかも…

さて、19巻はいわゆる武闘大会編になります!
武闘大会という硬派なジャンルで持ち味のエロが活かせるのか不安になりますが、
そこは元祖ドラゴンボールでも下着姿で純情なナムさんを翻弄した人もいましたからね。
むしろBまで余裕な「つぐもも」なら下着姿どころかモロ出しですよ!

鼻血が出て透明人間が見えたりはしませんが、おっぱいです。
むしゃぶりつきたくなるほどにおっぱいです。
卑怯な手段を使ってっくる相手にはおっぱいトラップで対抗ですよ!
おっぱい星人にはおっぱいキャラでハニートラップ!
うーん、この展開… 流石だな…!

バトル的には相手の卑怯で残酷な手法にはむかっ腹が立ちますが、
それを叩きのめしてくれるであろう一也の活躍を待ちたいところであります。
まぁ、別の意味での活躍は既に見せてくれてるんですけどね。(笑

鬼の居ぬ間にエロ行為…!
響華さん…
もっと一也を乗っ取っても良いのよ…?

それにしてもアニメではどこまで放映されるんでしょうね。
巻数的にもそうですが、エロ規制的にも…
私、気になります!

:: 2016/11/16 水曜日::

■[漫画]一番大切な人≠一番好きな人「青春のアフター」3巻

青春のアフター(3) (アクションコミックス(月刊アクション))
著者/訳者:緑のルーペ
出版社:双葉社( 2016-11-11 )

作者サイト:青人草の日曜日
作者twitter:緑のルーペ(@midorinorupe)さん | Twitter
Kindle版:青春のアフター (3)
Kindle版まとめ買い:青春のアフター

読めば読むほどに心に抉られるんだけど、面白い。
でも、読むのにとても体力と気力がいるので、
心身が疲れている時に読むことはオススメできません。
覚悟を持ってから読むようにしましょう。

さくらを傷つけてしまったまことが逃げるようにみい子の両親へ挨拶に行き、
そこで幸せハッピーエンドにしてくれないのが緑のルーペクオリティ。
倉橋が余計な気を使ってさくらともどもみい子の実家に押しかけて、
まことの心を更にドロドロにしちゃってもうね…、見てらんない…!

まことの心の声を薄っぺらで薄汚い表現で描いてるのが更に心にくるんですよ。
この心の声を聞きたくないし読みたくないんですが読んじゃうんですよ。
そしてその言葉にどこか共感できてしまうんですよ。
でも、それが自分の心の弱さと汚さを否が応でも見せつけられるんですよ。
結果として自分の心をシャベルでエグるかのように傷つけられるんですよ…
でも、面白いから読んじゃうんだよなぁ…

4人+1人で南の島で心の癒やしがあると思ったらまさかの展開だからなぁ…
あのさくらはさくらではなく、タイムスリップしたさくらでしょうね。
いや、タイムスリップした梅子と言った方が正確なのかもしれない…

次の4巻で完結するみたいですが、はたしてどうなるのか。
さくらと梅子の関係が明らかになったり、
みい子とさくらのどちらを選ぶことになるのか。
まぁ、生半可な決着じゃないのは確定なんだろうけど、
最後までしっかりと見守りたいと思います。

:: 2016/9/13 火曜日::

■[漫画]連載10年弱でまさかの&待望のアニメ化!「つぐもも」18巻

つぐもも(18) (アクションコミックス(月刊アクション))
著者/訳者:浜田 よしかづ
出版社:双葉社( 2016-09-12 )

作者サイト:浜田よしかづ『Yの食卓』
作者twitter:浜田よしかづ(@yoshikadu2010)さん | Twitter
Kindle版まとめ買い:つぐもも

TVアニメ化ってマジすか!?

昔から結構人気があったけど当時はWeb雑誌連載だったので、
Web雑誌からのアニメ化ってのがほぼなかったので諦めてたし、
何よりエロすぎだし、そろそろ完結しそうだしでアニメ化とは無縁だと思ってたんですが…
まさかアニメ化… しかもTVアニメ化するとはなぁ…
謎の白い光線と大量の湯気が出てくる予感しかしねぇ…!(笑

過去編で奏歌のことをしり、さあこれからだという所で、
つづら殿の内部抗争に巻き込まれて幽閉されてしまったかずや。
そんなかずやの前に現われたのは迷い家の付喪神、響華。
かずやの能力で僅かばかりの力を取り戻した響華のお陰で脱出したかずやは、
話の流れで九殿武闘会に出ることになって…

シリアスな雰囲気だろうが容赦なく脱がせるだけでなく、
挿入直前のところまでヤリまくる!
流石はつぐもも! そこにシビれる! 憧れるぅ!
それもこれも霊気を回復するためだから仕方がないのです。
だって、それがかずやの能力なんだから…!
いやー、何というか清々しいですよね…
もう最高すぎて白旗を振るしかないですよ。(笑

しかも付喪神だけでなく、新キャラのたかのも容赦なく脱がせるだけでなく、
響華さんのお陰で大変にフラグを立てるのが良かったですね。
あそこで狐面さんが出てこなかったらエロ漫画の領域まで行っていたでしょうね!

それにしても助っ人の狐面さん…
刀の付喪神と契約し、かずやが見覚えがある股間を持ち、
かずやに嫉妬からの暴力を振るう女性すそはらい…
一体どこのすなおさんなんだ…

:: 2016/4/14 木曜日::

■[漫画]過去、そして現在へ「つぐもも」17巻

つぐもも(17) (アクションコミックス(月刊アクション))
著者/訳者:浜田 よしかづ
出版社:双葉社( 2016-04-12 )

作者サイト:浜田よしかづ『Yの食卓』
作者twitter:浜田よしかづ(@yoshikadu2010)さん | Twitter
Kindle版:つぐもも (17)
Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] つぐもも

長く続いた過去編もこの17巻で終わりです。
奏歌があまそぎと同化してしまった16巻から、
彼女がどのように討伐され、そして生き延びたか。
そしてなぜ一也の記憶は閉ざされていたのか。
そういった謎が一気に詳らかになります。

それにしても過去を知った今となっては、
一也が背負った運命の苛酷さには同情を禁じ得ないですね。
幼い一也には記憶を封印するしか対処できなかったけど、
時間を経て成長し、すそはらいとして色々を経験することで、
今ではその運命に決然と対峙できるまでになったのは感慨深いものがあります。

桐葉さんも奏歌を倒すことを決断した時の逡巡と、
覚悟ができてからの思い切りの良さは、
奏歌と長く培った信頼があってこそだけに、
読み応えはあったけど辛いものがあったなぁ…
そんな桐葉さんも今となっては…
と思うと更に辛さが…

それにしてもくくりちゃんが小さくなった理由や、
黒曜さんがやってきた理由まで色々と詳らかになったわけですが、
そのお陰でロリくくりちゃんのお風呂プレイまで詳らかになって、
大変によろしいサービスシーンだったと思います。(キリッ
個人的には聖水、もとい神水プレイがマニアックで素晴らしいと思います!

やっと現在まで時間軸が戻ったけれど、
問題は山積みどころか更に追加されたので大変だとは思うけど、
一也ならなんとかしてくれるのでは、と思わせてくれますね。
続きも楽しみです。

HTML convert time: 0.699 sec. Powered by WordPress