りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2015/6/10 水曜日::

■[ラノベ]巣立ちの季節「生徒会探偵キリカ」6巻

久しぶりの「生徒会探偵キリカ」の新刊ですが、
今回はついに天王寺狐徹と戦うことになる生徒会選挙。
誰よりも強く、何よりも好敵手を求める天王寺狐徹を相手に、
天王寺狐徹を愛する人々が立ち向かうというお話。

まず、天王寺狐徹が持つ思想と野望とその展望が面白かった。
民主主義のめんどうくささとその欠陥。
そしてその欠陥をついて絶対王政を狙う野心。
その野心の裏付けとなる現代技術により革新という現在を含めて、
一介の高校生とは思えないスケール感には圧倒されましたね。

そんな狐徹を前に稀代の詐欺師であるひかげが打った手が面白かった。
もう詐欺は詐欺でも結婚詐欺師の手口としか思えなかったけど。(笑
キリカと朱鷺子さんにナチュラルにかわいいと褒めていたりと、
天然でジゴロなのに更に結婚詐欺師としてのスキルまで備わったら、
これはもうパーフェクトに女の敵なのではないだろうか。

今回は何から何まで狐徹の手のひらの上だったのには驚いた。
ひかげはその中で狐徹の予想を超えたけど、所詮は全て手のひらの上。
唯一その手のひらの上から巣立ったのがキリカというのには更に驚きましたが、
飛び立った彼女は誰よりも輝いていたと思います。

それにしてもこれで完結でもおかしくない終わり方だったんですが、
まさかこれで完結じゃないですよね…?
できればもうちょっとは続いて欲しいんじゃよ。

:: 2014/9/14 日曜日::

■[ラノベ]たった一つの冴えたやり方「神様のメモ帳」9巻

神様のメモ帳 (9) (電撃文庫)
著者/訳者:杉井光
出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス( 2014-09-10 )
作者サイト:杉井光・公式サイト NEET TEEN
作者twitter:杉井光(hikarus225)さん | Twitter
絵師サイト:迷子通信
絵師twitter:岸田メル(mellco)さん | Twitter

Kindle版:神様のメモ帳 1
Kindle版:神様のメモ帳 2

Kindle版:神様のメモ帳 7
Kindle版:神様のメモ帳 8

長らく刊行が途絶えていた「神様のメモ帳」の最終章。

かつて予言されていたように、最終章はアリスのことが書かれた章です。
彼女の出生の秘密と、紫苑寺の家に纏わる妄執渦巻く禁断の内容でしたが、
それ以上に異常なのが今回は探偵役であるはずのアリスが容疑者であり、
探偵役は鳴海が引き受けるという展開でした。

序盤は秒間60連射の婚姻届な天然ジゴロを見せる鳴海プロデュースのアリスの赤面劇場でしたが、
途中からは面白さが加速に加速を重ねて興奮が高まりまくってましたよ。
鳴海が詐欺でいくことを明言し、仲間の力を借りに借りまくって、
最後の窮地には身体を張ってのアクションと満足度が非常に高い展開でした。
何より一番良かったのは、お互い連絡を取り合ってないのに、
アリスなこうする、という信念と信頼だけで大博打を張っちゃう鳴海の度胸ですね。
これはカッコイイですよ。

実を言うと鳴海がやろうとしていたことは割りと早い段階から気付いてました。
高田裕三さんが描いていた「毎日が日曜日」でも同じトリック使ってましたし、
紫苑寺の忌まわしき因果もそれほど捻っているものではなかったので簡単だったかも。
まぁ、中高生にとっては良い刺激だと思います。

とはいえ、やっぱりこの作品の面白さはトリックに重点が置かれているものではないので、
その面白さは全く色褪せるものではなかったですし、
エピローグも良い余韻を味わえるものだったと思います。
刊行期間中には色々とあったけど、作品単体で見れば十二分に面白い作品だったと思います。
9巻という長さもシリーズとしては納まりが良いですし、是非手に取って欲しい作品です。

:: 2014/2/4 火曜日::

■[ラノベ]私を文化祭に連れてって「生徒会探偵キリカ」5巻

カラー口絵のネタバレっぷりが半端無いので本文を読み終わるまで閉じていることを推奨します。
そもそも何故こんなに盛大にネタバレしたし!
カラーでこのシーンを見ることが出来たのは嬉しいけど、
もうちょっとやり方はなかったのか…

生徒総数8000人を超える白樹台学園の文化祭「御白穂祭」がとうとう開催!
もちろん近隣の商店街からローカル局まで巻き込んだ規模なので、
準備段階から色々とトラブルが重なる上に、
芸能科女生徒主体の演劇部のトラブルやスキャンダルで、
文化祭当日も問題が続出して…

今回はひかげの詐欺師っぷりがそれほど前面に出てなかった感触があります。
まぁ、キリカの予想通りな怖がりなトコとか、
月島さんという強烈すぎる新キャラの印象が強かったというのもあるんですけどね。
しかし、ミスコンに対するみんなの姿勢が凄いですね。
朱鷺子さん、目的のためならそこまでおやりになりますか…!
もっと挿し絵を披露してくれたって良いんですよ朱鷺子さん!

それにしてもまさかひかげの姉、牧村ひなたが登場するとは思いませんでした。
てっきり電話だけにしか出てこないもんだと…
刑事コロンボの「うちのかみさん」、
スレイヤーズの「ルナ=インバース」的なキャラだと思ってたんですが、
氷菓の「折木供恵」的なキャラだったということですね。
というか、どこまでスーパーなお姉さんなんだろう…
片鱗だけしか見せてないのに、もう既に狐徹を凌いでるんじゃないかな…

ひかげの詐欺師っぷりはちょっと低調でしたけど、ジゴロっぷりは全開でしたね。
化粧されて姉のひなたそっくりになった時の美園先輩の壊れっぷりも凄かったけど、
素でキリカにミスコンを勧めてキリカを壊しちゃうトコとか最高にジゴロでした。
今後ともジゴロってニヤニヤさせて欲しいものであります。

:: 2013/6/13 木曜日::

■[ラノベ]魔王軍へようこそ!「生徒会探偵キリカ」4巻

「体育科 VS それ以外」という大雑把すぎる紅白戦を毎年繰り広げる白樹台の運動会。
あの孤徹が率い、朱鷺子さんと郁乃さんも一致団結した生徒会軍団すら3年連続敗退し、
運今年こそ営権と予算枠3000万円を手に入れようと雪辱を誓う執行部の中で、
ひかげは今ひとつ乗り切れないけど…

相変わらず杉井光作品らしく、主人公のひかげのツッコミと口八丁の詐術が炸裂しまくりで、
策士策に溺れさせるための策とかマジえげつかったですね!
そして孤徹もひかげに指摘されてからは生徒会長としての本分を全うするために、
あの手この手で生徒を喜ばせ、鼓舞する為に八面六臂の活躍をするトコは凄かったです。

ただ、今回は敵である魔王軍もとい、体育科を率いる魔王こと瀧沢瑠威那の存在感が凄かった。
生徒会の面々は当初瀧沢の中二病なアレっぷりに見下してたけど、
その実、孤徹をも感服させる人間性を秘めていた所が熱かったです。
中二病というオブラートに包まれてはいるけど、
その中身は瞠目すべき傑物という意外性には驚かされたし、
特に彼の選手宣誓は心に届いてくるものがありました。

また、麗しい生徒会の面々によるチアリーディングや、
楓花さんによるブライダル新体操とか大変素晴らしいサービスシーンがあったのもgood!
ラブコメ的にもキリカのツンデレで和んだり、美園さんの一子相伝の恐ろしい手管とか、
ピンからキリまでニヤニヤできましたね。

あと余談ですが、ぽんかん⑧さんのイラストで中二病キャラということで、
瀧沢瑠威那の声は檜山修之で脳内再生されました。
ビジュアルは全然違うんですけどね…(笑

:: 2012/10/6 土曜日::

■[ラノベ]生徒会の水着姿を激写!「生徒会探偵キリカ」3巻

これはハーレム生徒会での詐欺師の探偵業を綴った作品です!(ぉ
今回も前半と後半の事件が2つ収録された内容で、
そしてラストにはちょっとした事件というか伏線があります。
しかし、ここでこの種を蒔くとか案外早い完結になるのかしら…

しかし3巻目になって言うのも遅いけど、キリカは本当に可愛いですね!
ひかげが鈍すぎる、というのもあるんだけど、それ故にヤキモキするキリカが見られて嬉しいというか!
というかひかげはどんだけ全方位にモテてるんだホント。
狐徹と戦うという伏線が張られたけど、ハーレム競争じゃないのかコレ。

事件の前半はカンニング問題ですが、ひかげが姉弟丼を頂きそうになる話でもあります。(ぉ
しかし随所に差し込まれるプログラマーの寝ていない自慢は、
ネットでもリアルでも割りとよく聞くネタですよね。(笑
いや、ホント寝ろよお前ら、と。
何にしても好きな人とずっと一緒のクラスに居たいという乙女の願いが可愛らしい話でした。

後半は水着盗撮とソーシャルゲー問題。
マニアックなフェチが原因とか杉井光らしかったですね。
というか恥じらいがMAXでテンパるキリカが可愛いですよね!
いやまぁ、美園先輩とかの水着姿とかも充分魅力的なんですけどね!
しかしこれでひかげも本格的な詐欺師の仲間入りだなぁ…
将来が楽しみなようなそうでないような…
結婚詐欺師にだけはならないようにね!

それと全くの余談なんですが、スク水が大量投棄されていた事件で思い出したんですが、
私の高校時代、母校で体育時間中の女子が更衣室からスカートをクラス全員分盗まれて、
数日後隣町の駐車場で発見された事件を思い出しました。
…あれは一体なんだったんだろうなぁ。

:: 2012/9/14 金曜日::

■[ラノベ]ツンデレな魔弾の射手「楽聖少女」2巻

楽聖少女2 (電撃文庫)
著者/訳者:杉井光
出版社:アスキー・メディアワークス( 2012-09-07 )
文庫 ( 376 ページ )
作者サイト:杉井光・公式サイト NEET TEEN
作者twitter:岸田メル (mellco) on Twitter
絵師サイト:迷子通信
絵師twitter:岸田メル (mellco) on Twitter

美少女なベートーヴェンとのラブラブな日常を綴った物語。

多少誇張してますが、大体その通りだと思うのですがどうか。
200年後の21世紀の日本からゲーテに呼び出されて、ゲーテとして過ごすことになったユキが、
ナポレオンと話したり、魔弾の射手のツンデレっぷりにツッコミ入れたり、
そんな物語です。

格闘家なハイドンのに連なる脳筋たちが出てきたりと、
何かどんどん神様のメモ帳に近い構図になってきた気がします。
というかこの作品は全体的にコメディ調が強いですよね。
まぁ、そもそも悪魔が普通に出てきたり、ナポレオン一人で戦線突破とかオカルトだしなぁ…

ちなみに作中で言っている通り、ヨーロッパは強い契約社会ですよね。
人種も言葉も違うので、契約というのが非常に重要で、
阿吽の呼吸や暗黙の了解がまかり通る日本がむしろ異常なんですよね。
新約聖書が神との新たな契約を意味していることからも、契約の重要性が分かるかと。

これはこれで面白い作品だと思うのですが…
うーん、やっぱり「神様のメモ帳」の続きも読みたいんですよね。
アニメの出来が残念だったとはいえ、原作の面白さは不朽だと思いますので、
同時並行で良いので両方の刊行をお願いしたいです。

HTML convert time: 2.632 sec. Powered by WordPress