りゅうおうのおしごと! 12 小冊子付き限定版 2月14日発売!
小冊子はまるごと姉弟子だ!
:: 2019/12/24 火曜日::

■[漫画]行け! ファンネル!「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」16巻

この16巻でついにアニメ版を追い越すことになりました!
原作における総撃編に入っていくわけなんですが…
しばらくはダルい展開に入るのでこの16巻で取りあえずスカッとしたいところですね!

まずは初っ端の見開きが素晴らしいですね。
ロゥリィの存在感には惚れ惚れします。
うーむ、流石は神様というか… 存在感があるなぁ。

そして見開きと言えばレレイも素晴らしい!
金属製のファンネル、もとい漏斗を浮かばせてるシーンは良いですね…
これが宇宙空間だともっと映えそうですね!!!

まぁ、何故漏斗を使うかというと、
モンロー/ノイマン効果を安価で効率的に使うためなんですが、
そこら辺は丁寧に説明することはなく、
絵で少し分かりやすい図解をしている程度です。
この漫画を読んでる人にはそれだけで充分だと思いますね!

ゾルザルをやっつけて撤退戦をするまではとてもスッキリしたんですが、
その後はちょっとフラストレーションが溜まるんですよね。
ゾルザル派もバカばかりじゃないのでゲリラ戦を仕掛けるのはわかるんだけど…
ゲリラ戦ってのは本当に悪辣だなぁ、と思わされますね。
騙し討ちとか当たり前だし自国民相手に略奪もするとか、本当にイビル…

そしてそれ以上にイビルなのがマスゴミの古村崎ですね。
建前と本音をくるくる入れ替えて、
自分が都合が良いように牽強付会するところとか本当にストレス溜まりますよね!
かつてこれほど死んで欲しいキャラがいたであろうか?
いや、いない…!

早くレレイたち伊丹一行の活動を見て癒されたいところなのですが…
これがまぁ、しばらくは難しいと思いますので、
本当に手早く総撃編を終わらせて欲しいものであります…

:: 2019/11/25 月曜日::

■[漫画]主人公の帰還「ゲート SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり 4. 漲望編」

ついに… ついに伊丹が登場したぞー!
SEASON2になって主人公が徳島に交代したんだけれど、
伊丹とそのヒロインたちに惚れ込んでゲートが好きになった身としては、
やはり伊丹たちが出てこそ本番だと思ってしまうわけです。
徳島くんには悪いんだけどね…

とはいえ4巻の主軸は伊丹というわけではありません。
おそらく伊丹たちが本格的に活躍するのは次の5巻になりますが、
それでも外伝から数年経った彼ら、彼女らの姿は拝めるのでありがたいです。
伊丹は相変わらずの自衛官生活ですが、
レレイは東大の研究室で門の研究をしているとか、彼女らしいですよね。
充分大人と言える年齢になっても変わらずクールなんだけど、
伊丹相手だけ笑顔でデレているとか最高に可愛いですよ…
あぁ… もっと見ていたい…

それとテュカですが、彼女の現状にはちょっと苦笑いというかw
日本でエルフらしい生活をしたらニートと思われたため有閑マダムと名乗るとかw
それでタワマンに暮らして主婦たちのマウント合戦に巻き込まれるとか、
テュカはテュカで大変だなぁ、と思うわけですよ。
まぁ、そんな生活も伊丹に呼ばれたら喜んで脇に置いて、
すぐに駆けつけるあたり変わってなくて魅力的だな、と思います。

徳島くんと江田島さんの現地人と一緒でのお姫様救出作戦ですが、
相手側に人民解放軍に雇われた日本人がいるというのは意外でしたね。
知恵がまわるぶんだけゾルザルよりよっぽど厄介だと思いますが、
自業自得とはいえかなりのピンチに身を置いているので、
ちょっと応援したくなっちゃいますね…
まぁ、あのレディを相手に手玉にとってエロいことをしているところが、
ちょっと唆られるっていうのが一番大きいんですけどね!

しかし国際情勢が今の日本を念頭に置かれているので、
無駄にリアリティを感じてきちゃいますね。
はたして特地で資源を得ることができそうな日本はどのような選択を取るのか?
というか、伊丹たちは無事に江田島たちと合流できるのか?
次の5巻はとても楽しみです。

:: 2019/6/26 水曜日::

■[雑記]ロッロロロロロゥリィ!「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」15巻

自衛隊の降下作戦により翡翠宮に立て籠もっていた日本使節団と、
ゾルザルによって監獄に囚われていた講和派も救出することが出来たが、
ピニャは皇城で囚われたままだった…
一方、伊丹たちはコダ村の村長たちが怪異に襲われている場面に遭遇し…

やっと原作の動乱編クライマックスに入りましたね。
アニメ版もこの動乱編までだったので知っている人も多いかと思います。
まぁ、この後にも総撃編と冥門編がある上に外伝、更にはSEASON2があるわけで…
竿尾悟さん、頑張ってください…!

しかし原作やアニメで知っていたけれど、
この作品におけるマスゴミ代表である古村崎のゴミっぷりにはとても辟易させられます。
古村崎に負傷した騎士団員たちを見世物にされてパナシュが激怒していましたが、
勇敢に戦った騎士団員ではなく一般市民と報道していた事実を知ったら更に激怒しそうですよね。
ゲートという作品の中でも古村崎は是非死んで欲しいキャラだな、と再認識させられました。

そして我らが主人公の伊丹たちですが、
コダ村の村長の窮地に現れるとか正にヒーローですね。
村長自身も恐怖に身を竦ませながらも、
子どもたちを守るために剣を持って怪異たちの前に立ちはだかるとか、
本当に格好良いな、と思いました。

それにしても無辜の自国民を焦土作戦のために怪異たちに襲わせるとか、
ゾルザルの作戦ってのは本当に悪辣ですよね。
その悪辣さが今の歪んだテューレを生み、そして操られるとか、
周りに悲劇を巻き起こす自業自得で、本当に傍迷惑だなぁ…

次巻ではついに動乱編も終わり、アニメの続きが描かれるはずです。
ただ… この後の総撃編と冥門編はあんまりスカッとしないので、
サクサクっと描いて欲しいな、と思う次第であります。
というか、早く外伝を竿尾悟さんに描いて欲しい…!
15巻でも悪所で伊丹の浮気現場的な修羅場を見せてくれてたけれど、
そういうのももっと南海漂流編でも見たいのです…!

:: 2019/1/28 月曜日::

■[ラノベ]亜神の試練「ゲート SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり 3. 熱走編」

ゲートのSEASON2もこれで3冊目。
舞台はまたもや特地の海に戻り、
海賊討伐のために海自のミサイル艦と海上保安庁が活躍する!
そして徳島と江田島は暗躍する外国人を特定するために動いていて…

今回はヤオとロゥリィの二人が出てきたのでご満悦の私です。
かつてアルヌスで原油の精製工場をぶち壊してましたけど、
今回もそれと同じ活動をしていたのは納得というか何というか…
伊丹とは別行動になるんでしょうけど、定期的に会ってたりするんでしょうか。
そこが気になるところです。

そんなロゥリィに会ってメイベルがどうなるのかと思いましたが、
見事にPTSDになっているようで、ちょっとスカッとしちゃいましたね!w
このSEASON2では徳島のために健気な活躍をしてくれてますけど、
以前のシリーズでは本当にやらかしてくれちゃってましたからね。
ヤオと同じ気持ちになるというものです。

海自のミサイル艦がガレオン船の海賊を次々と沈めるのは爽快感がありますよね。
1対9でも余裕で瞬殺とか流石すぎですよ。
装備もそうですけど、それらを操る海自の練度の高さが凄いです。
ただ、法律に縛られまくりで海軍同士の戦いに手が出せないのはもどかしいですけどね。
でも、最後は法律の抜け穴を通して参戦するのには思わずガッツポーズを取りましたけど。
そうだよね、国際法で定められているなら仕方ないよね!

それにしてもその抜け穴を通す時の作戦ですが、
海自の言い訳がジブリすぎて笑ってしまいました。w
徳島の料理対決の時の胴元のセリフもそうですけど、
こういったメジャーネタのオマージュを衒いなく入れてくるのが面白かったです。

しかし、簡体字を使う他国のエージェントってもうバレバレですよね…
しかも、レディを操っている大元を辿るとあの人が出てくると思うし…
こりゃまた、最終的には帝国でドンパチがあるかもですね…!

:: 2019/1/10 木曜日::

■[漫画]奴等は空からやってくる「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」14巻

翡翠宮に立てこもる日本の使節団を救うため、
ついに自衛隊による帝都を目標とした空挺作戦が開始!
圧倒的な装備と日々の訓練によって育まれた練度によって、
即座に制空権を手にした自衛隊は監獄に囚われた貴族たちも解放して…

いやー、大掛かりになってきましたねー
ミリタリー好きな人からすると、
今回のような異種格闘技戦みたいな今回の戦いは垂涎モノでしょう。
自動小銃といった現代兵器を持つ自衛隊が圧倒的優位とはいえ、
陣地に立てこもる防衛戦と違って、敵地での救出作戦ですからね。
中、近距離で戦えば事故も起こるわけで…
自衛隊の犠牲者が必ずしも0ではないというのが難しいところです。

その空挺作戦を見せつけられたゾルザルは即座に守りに入ってますが、
栗林のトラウマを植え付けられているというのもあるけれど、
よくよく考えれば翡翠宮で起こっている事態をまるで把握してない可能性がありますよね…
テューレが報告をあげてない可能性は高いし、
そう考えるとゾルザルって本当に道化だな、と。
まぁ、そうなったのも自業自得なんで全く同情はできませんけどね。

自衛隊の装備に圧倒される帝国側だけでなく、
帝国の薔薇騎士団の構成メンバーと被害状況に驚かされる自衛隊側も、
しっかり描かれているのは流石だな、と思いました。

それにしてもミリタリーモノとしては良い出来だと思うのですが…
ぶっちゃけると早くロゥリィ、テュカ、レレイ、ついでに伊丹たちに会いたいですね。
私は彼女たちのことが一番好きなので!

:: 2018/6/23 土曜日::

■[漫画]レレイの思いと伊丹の器量「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」13巻

学術都市ロンデルでついにレレイの導師号試験が始まろうとするが、
”笛吹男”による見えない刺客が次々と放たれていた。
その頃帝都では翡翠宮を巡る凄惨な攻防が繰り広げられ、
ピニャもまた絶望の中にいて…

この13巻でもレレイが可愛かったです。
試験を前にいつも通り平静なように見えて、
その実、ちゃんと緊張しているのがほんのわずかに見て取れるし、
導師号確実だと思ったのに保留になって若干不機嫌になってるのもわかって、
そういった所が年相応に感じられてとても可愛く思えるんですよ。

それとこういった微妙な変化を見せるあたり竿尾悟さんはプロだなぁ、と思わされますね。
そしてそれに気付く伊丹がモテるのもわかるというものです。
現地の不思議な風習は単にレレイの気持ちを後押ししただけで、
こういった細かいところがレレイには響いてるんじゃないかな、と思います。

あと、何だかんだで義姉であるアルフェに見せる表情は良いですね…

伊丹に見せる恋愛的な笑みではなく、
心を許せる家族に対する親愛が感じられて心が温かくなります。
アルフェって何だかんだで良いお姉ちゃんしてますよね。

そんなアルフェに恋しているエルフのフラットくんですが、
彼が天体観測で気付いた異常は今後の伏線になりますので注意しておきましょう。
まぁ、それはそれとしてフラットとアルフェの恋愛事情に、
年甲斐もなくはしゃぐ乙女たちが面白かったです。(笑

伊丹も心の中でツッコミ入れてましたけど、
この中でミモザ老師が一番若いというのがファンタジーだよなぁ。
でも、そこが面白い…!

しかし、そういった面白さとは違った事態がアルヌスでは起こっていまして…
マスゴミと呼ばれるのも当然な新キャラである古村崎が出てきて、
胸クソレベルが格段に上がってしまいましたね。
ゾルザルと違ってこういったバカは簡単に死んでくれないので、
とてもストレスが溜まるのが問題です。
まぁ、中年太りしたキャラデザのお陰でちょっと溜飲は下がりましたけど。(笑
やはりこういったクソザコは見た目から貧相じゃないとね!

それと国内の自称ジャーナリストよりも他国の軍部の方が自衛隊を正確に評しているあたり、
なんだかやりきれませんが、そんなもんなのかもなぁ、と思います。
自衛隊の日報とかを読む限りそう考えてしまう今日この頃であります。

さて、次の14巻ではついに本格的な帝都攻略が始まりますね。
主要な目的は要人の救出だけど、伊丹的にはレレイの願いを叶えることなので、
そこで胸がスカっとする展開が待っていると期待しております!

:: 2018/4/21 土曜日::

■[ラノベ]鎧鯨との闘い「ゲート SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり 2. 謀濤編」

米国籍ジャーナリストのチャンの救出任務に就いた江田島一佐と徳島二曹。
保護するために特地の政治状況に翻弄され、現地の姫様たちと海賊たちと戦い、
更には特地害獣である鎧鯨に襲われる羽目になってしまう。
窮地を海事潜水艦「きたしお」に助けられたが窮地はまだ去っておらず…

やっと前シリーズのキャラが沢山でてきたぞ…!

いやー、何というか安心感がありますね。
メイベルとか敵キャラだったはずなんだけど、
ヒロインとして出てきたら「可愛い」としか思えない!(笑
まぁ、ロゥリィにコテンパンにやられて凹んでる状態だからなー
あと、徳島にベタ惚れ状態なところとか可愛いとしか言えない!

あと、冒頭の鎧鯨と「きたしお」との戦いは中々に熱かったです。
何だかんだで自衛隊の兵器と怪獣との戦いというのは面白いものです。
しかもその描写がしっかりとしているからたまらない。
これもまた「ゲート」シリーズの面白さの一つだよなぁ。
まぁ、一番の面白さはヒロインの魅力だと思うんですけどね!

そういった意味ではプリメーラ姫は魅力が薄いかな…
責任転嫁で徳島を詰ったりマスコミ扇動でオデットを利用したり、
正直、ピニャ殿下に比べて同じ姫でも全然ダメですね。
むしろショタのオー・ド・ヴィの方が有能で可愛いとか思ってしまう…
いや、うん、私はそっち方面には疎いはずなんだけどなぁ…

シェリーと望月さんが出てきたのは嬉しいんだけど、
ロリだったシェリーがどんな風に成長したのかビジュアルの想像が難しいので、
黒獅子さんや竿尾悟さんに良い仕事をして欲しいと思う所存であります。

:: 2017/7/23 日曜日::

■[ラノベ]新シリーズ開始!「ゲート SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり 1 抜錨編」

ゲート SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり1巻ゲート SEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり1巻
出版社:アルファポリス
作者名:柳内たくみ
作者twitter:柳内たくみ(とどく=たくさん) (@takumi899) on Twitter
絵師名:Daisuke Izuka
絵師twitter:Daisuke Izuka(okome) (@okome_di) on Twitter
前シリーズDMM電子書籍:ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

待望のゲート新シリーズの舞台は… 海…!

という訳で外伝を挟んで始まった「ゲート」の新シリーズは、
舞台を海にして、海上自衛隊の活躍がメインであります。
作者の柳内たくみさんは元々自衛隊出身とはいえ陸自の方だったみたいで、
今回のシリーズのために海自に協力してもらって綿密な取材をされたみたいです。
だから新シリーズが始まるまで時間が掛かったんですねー

しかし… 問題は… 伊丹が主人公じゃないということです…!

まぁ、海自がメインの作品で陸自の伊丹に出番はないのは仕方ないんですが、
ロゥリィ、レレイ、テュカ、そしてヤオやピニャといった女性キャラが好きだった私としては、
とても…、とても残念でならないのです…!

もっともこの後の展開次第では出て来るでしょう。
アトランティアで圧政をする女王とか前シリーズのレディでしょうしね。
でも、取り敢えずこの抜錨編には一切出てこなかったのでとても悲しかったです…

今回の主役となるのは外伝にも出ていた江田島さんの部下で料理人の徳島です。
江田島と二人で特地に勝手に潜入して奴隷化された華僑系米国籍ジャーナリストを救出するため、
ティナエという海運国家のゴタゴタに巻き込まれながら、
江田島の経験&知識と徳島の料理の腕を使って奮闘するというストーリーです。

物語的には面白かったですし、艦船の描写とかは充分面白かったですね。
ライトノベルだと帆船モノは受けないと言われてますが、
私は漫画ですけど「海皇紀」とか好きだったので有りだと思いましたね。
飛行できる亜人が海守りとして船に乗船しているところとか特地らしい設定で面白かったです。

新ヒロインのオデット、プリメーラ、シュラの三人も可愛かったですけど、
今のところはまだ前シリーズのヒロインたちほどの魅力は感じないですね…
まぁ、巻が進むと魅力が出て来るのかもしれないけれど…
続きに期待といったところでしょうか。

取材は恐らく一段落したと思いますので続刊は早めに出ると期待したいところです。
頼みますよ…! 主にロゥリィたちが出る意味で…!

:: 2017/4/27 木曜日::

■[漫画]少女の献身「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」11巻

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり11巻ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり11巻
出版社:アルファポリス
原作者名:柳内たくみ
原作者twitter:柳内たくみ(@takumi899) on Twitter
作者名:竿尾悟
作者サイト:ギャラリーさを
作者twitter:竿尾 さを (@niffysix) on Twitter
DMM電子書籍:ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり (11)

ゾルザルのクーデターによって事実上制圧された帝都。
日本の外交団も翡翠宮に南京された状態なので自衛隊は救出作戦を策定する。
それとは別に帝都ではオプリーチニナたちが講和派を弾圧し、
恐怖政治の体をなし始めて、その凶刃は幼いシェリーにも迫っていて…

可愛いシェリーが可哀想で辛い…
優しい両親に憧れの想い人がいるという、
幸せの中にいたシェリーが突如としてどん底に叩き落される辛さよ…

もう、これだけでゾルザルを断罪するには充分ですよ。
まぁ、今回はゾルザルの出番はないんですけどね。
うーん、早く殺したい…

そんな悲劇のヒロインであるシェリーが、
両親の仇を討つために急速に精神的に大人になり、
汚れていくのを良しとするのは辛いなぁ…
もっと子供らしい日々を送って欲しかった…

また、今回は戦闘シーンはほぼなかったですね。
ただ、次回以降の戦闘に向けて準備をしている自衛隊のシーンは大量にあるので、
ミリタリー的には結構満たされるのではないかと思います。

しかし原作ではこの描写シーンかなり少なかったのに、
ここまで重厚に描くとは…
流石は竿尾悟さん… こだわるなぁ…(笑

:: 2017/1/10 火曜日::

■[漫画]女神の微笑「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」10巻

皇太子ゾルザルによるクーデターが勃発した帝国。
一気に政情不安定になり庶民の生活も窮乏し、
苦労がまたもや水の泡となったピニャが絶望する中、
伊丹たち一行は冥府の神ハーディに会うためにベルナーゴに赴いて…

いやー、レアでしたねー
何がレアってレレイの笑顔ですよ。

ハーディがレレイに乗り移ることで、
基本的に無表情だったレレイの感情表現が豊かになったお陰で、
色々な表情を見ることが出来たのは嬉しい誤算というか。
まぁ、あくまで中身はハーディなんですけどね。
レレイの掛け値なし純度100%の感情発露が見られるのは、
恐らく外伝最終巻だと思われるので、コミカライズを待つのは大変そうな予感…

それとゾルザルによる内政改革ですが、
何というか中二病患者がやりそうな断行ばかりなのが痛痒いというか。
こう、何というかNAISEI的なモノが感じられてモゾモゾしちゃうんですよね。
これがゾルザルの意志がそのまま通ってればまだマシだったんだろうけど、
テューレの意志で捻じ曲げられちゃってるからなぁ。
それもまたゾルザルの悪行の因果応報なのでモニョるんですけどね。

ハーディが炎龍を目覚めさせた理由もわかったけど、
それによって事態は国と国の問題ではなく、世界と世界の問題へと発展しそうですね。
まぁ、ここらへんは原作読んでればわかると思いますので、
コミックでは次巻以降のお楽しみということで。

さて、次巻あたりで動乱編もクライマックスに近付くでしょうか。
一時はアニメに追い越されましたがもう少しで追いつきそうな予感…!
このままアニメでは描かれなかった本編ラストだけでなく、
外伝のコミカライズまで期待したいところです。
まぁ、まだまだ先の話ですけどね。(笑

HTML convert time: 0.764 sec. Powered by WordPress