殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?
:: 2019/4/4 木曜日::

■[漫画]まさかの三期「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録-」13巻

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」アニメ第3期制作決定 – コミックナタリー

まさかTVアニメ第3期をやるとはなぁ…
最近は禁書目録にSAOと、大長編人気ラノベのTVアニメの続編がブームなんでしょうか。
まぁ、このTVアニメ版のコミカライズである妄言録シリーズが好きな私としましては、
ちゃんと原作の完結まで続きそうで嬉しさと安心さが半々ってところですね。

この13巻ではTVアニメ3期のエピソードになりますね。
ゆきのんの家庭の事情に根ざした依頼と、
3人の恋模様が複雑に絡まりあった感じになりそうですが…
原作読んでないので先の展開がさっぱりわからないのでわりと不安です。

ゆきのんが八幡と一緒に映ってる写真を大切にしまってるのを見つけて、
しかもその写真でゆきのんが八幡の袖を可愛くつまんでるとか、
由比ヶ浜にとってはダメージでかそうだけど大丈夫なんだろうか…
私はどちらかというと由比ヶ浜派だから心配です…

まぁ、一番好きなヒロインという意味では川なんとかさんかもしれないけども。
今回は珍しく出番があった上に、妹の京華と一緒に八幡と喫茶店とか、
とても良いカップルしてたと思うわけですよ。
見た目的には共働きのヤンママって感じがする…
うん… 有りだわ…

ヒロインという意味では忘れてならない妹の小町ですが、
ダメンズ生産機みたいなこと言ってますね、この子。

あぁ… 小町みたいな妹に世話をされたいだけの人生だった…
というか小町ちゃんと結婚したい…
小町ママでおぎゃりたいでござるよ…
バブー

小町の入試が終わって、もうすぐ卒業シーズンということですが、
いろはすが持ってきた依頼がまためんどくさそうなわけで。
どんな結末になるのか、今から戦々恐々です。

:: 2018/4/10 火曜日::

■[漫画]もうちょっとだけ続くんじゃ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録-」12巻

優美子が葉山へチョコを渡すため、
生徒会を巻き込んでお菓子作りイベントを企画した奉仕部。
何故かそこには陽乃さんもきていて…

TVアニメのコミカライズということで始まった妄言録ですが、
今回でそのストックが切れたので「もしかしたら完結なのかも…」
と不安に思ってたんですが杞憂でしたね。
原作のストックが若干あるので、ちゃんと続くみたいです。

ただまぁ、流石にTVアニメ版がベースになっているので、
カバー下で黄昏れていたように材木座は出番がないし、
川崎さんはお菓子イベントでちょっとだけ出番があったけど、
もう少し露出があっても良いんじゃないかなー
と、ちょっと残念に思ったりもしますね。

それにしても由比ヶ浜は相変わらずアホの子で可愛かった…
電子レンジとオーブンレンジの違いが判らなかったり、
ペンギンが鳥類なのを知らなかったりと小学生みたいだった。
でも、雪ノ下よりもある意味で大人ではあるよなぁ…
と、ラストを見て感じたりもしましたね。
いや、おっぱい的な意味ではなく。

しかしこれからは原作ストックを消化することになるんでしょうけど、
果たして追いつく前に原作完結巻は出せるのか。
それだけが心配です…(笑

:: 2017/8/30 水曜日::

■[漫画]進路とバレンタイン「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録-」11巻

イケメン葉山の進路が知りたい…
という恋する優美子の依頼を受けた奉仕部の面々だったけど、
割りと手こずる八幡たち。
葉山の思惑と優美子の想いと八幡の策謀が交差する11巻!

相変わらず八幡はエグい手段を取ってきますね…
京都でのアレとその後の展開で懲りたんじゃないんかい、という気がしますが、
相手が勝手知ったる葉山だからというのもあるのかな。
しかしそれを見開きでこれを見せてくるとか、
作者の佳月玲茅野さんはよくわかってらっしゃると思います。

そんなエグみたっぷりの八幡とは対照的に、
ピュアピュアな優美子が可愛いかったです。
やはり恋する女の子は可愛すぎると思うんですよね。

逆に正ヒロインである雪ノ下さんマジ黒いわー
嫉妬ファイヤーがどす黒いわー
カカオ99%の黒さと苦さですわー
でも、嫉妬するということ自体がとても萌えだと思います。

いろはすは雪ノ下と由比ヶ浜の嫉妬を引き出してくれるから好きです。
でも、それだけで終わるのは勿体ないとアニメでも思ってたので、
そのあざと可愛さをもっと見せて欲しいです!
そして八幡ともども読者の私を胸キュンさせてください!

それはそうと原作はついに完結巻が出るみたいですね。
アニメのコミカライズである妄言録ではどうなるのか以前から心配でしたが、
完結巻がアニメ化されることはあるのでしょうか。
できれば劇場版とかで何とかして欲しいところなのですが…!
どちらにしろ原作の完結までこの妄言録がやってほしいですね…!

:: 2017/6/27 火曜日::

■[漫画]そしてアニメへ…「ガーリッシュ ナンバー」3巻

ガーリッシュ ナンバー3巻ガーリッシュ ナンバー3巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:渡航
原作者twitter:渡航 (@watariwataru) on Twitter
作者名:堂本裕貴
作者twitter:堂本裕貴 (@domoto64) on Twitter
Kindle版:ガーリッシュ ナンバー (3)
Kindle版まとめ買い:ガーリッシュ ナンバー
DMM電子書籍:ガーリッシュ ナンバー (3)

アニメの前日譚となるこのコミカライズもこれで最終巻です。
結構面白い作品だっただけに寂しくなりますが、
この続きはアニメになっているのでそちらで愉しめば大丈夫ですよね。
アニメ放映期間中はdアニメに入ってなかったので見れなかったけど、
今ならdアニメに登録しているので見られるはず…!

アニメはアニメとして楽しむとしてこのコミカライズですが、
ちーちゃんが可愛かったですね!
根性は腹黒なんだけど、ゲスではないのでそれほど不快ではなく、
何より悟浄くんへのブラコンっぷりとか素敵でしたよ。

何だかんだ言ってお兄ちゃんのこと好きだよね、ちーちゃん。
悟浄くんは悟浄くんで、何だかんだいってシスコンだし。(笑

そして悟浄くんと気安い関係の片倉さんだけど、
彼女は彼女で世知辛い現実という重さはありつつも魅力的で、
私はとても好きですね。

SHIROBAKOのずかちゃんもそうだけど、
頑張ってる女の子は報われて欲しいですよ。
アニメだとどうなっているのか気になるので今から楽しみです。
まぁ、世間的にはアニメで知ってる人の方が多いのでしょうけども。(笑

この前日譚はこれで終わりですが、
最後に描き下ろしで万葉様の過去回想編があったんですが、これが実に良かったです…
悟浄くんへの畏敬の念というか、そういうのがあったというのも良いし、
その妹であるちーちゃんにさり気なく助け舟を出してたというのも良い…
うーん、やっぱりアニメを見るのが楽しみになってきたぞ…!(←周回遅れ

あと、単純に漫画として面白かったので堂本裕貴さんの次回作にも期待ですね。
うーん、まだ読んでなかったんだけど「りぶねす」読んでみようかな…

:: 2017/2/2 木曜日::

■[漫画]雪ノ下雪乃のデレ微分「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録-」10巻

アニメ版コミカライズの本作ですので、
そろそろアニメ版ラストに追いつきそうでとても心配しているのですが、
そもそも原作も完結していないので、そういった意味でも心配ですね。
人気コンテンツだし、どうなるのかな…

会議が空回りしっぱなし2校の生徒会合同クリスマス会に関して、
拙い言葉だけど本音で向き合った八幡に応える形で、
奉仕部が再始動することになったわけなんだけど…
雪ノ下さんパネェっす。
言葉の切れ味鋭すぎ。

やっぱりこの作品は切れ味が鋭いゆきのんの言葉の爽快感が好きなんだよなぁ。
そして、そんなゆきのんが垣間見せるほんの少しのデレと、
由比ヶ浜さんのあからさまなデレが好きなんだよなぁ…
とまぁ、そう思うわけでありますよ。
所詮、私はラブコメ漫画スキーなので…

そういった意味ではリア充女子の優美子も可愛かったですね。
リア充っぽいけど、恋する相手の葉山相手には奥手なあたり、
処女ビッチというか何というか。
恋する女の子は見た目とか関係なく可愛いんだよね。

とはいえいろはすのあざとさも可愛いんだよなぁ…
それはそれ、これはこれ、と言いましょうか。
ただのファッションというかあざといだけだと判っていても反応しちゃうというか。
いや、それでも実はこのあざとさの裏に好意があるのでは…?
とか考えると勝手に興奮しちゃうというか。
うん、チョロいな、私。
八幡笑えないわ。

それにしても原作12巻はいつ出るんでしょうね。
これは今の劇場版アニメが流行っている昨今の潮流に乗り、
劇場版で最終回をやって原作も同時発売とかなんじゃろうか…
もしそうならこのコミカライズも延命される可能性も…!?
…無理かな。

:: 2016/12/16 金曜日::

■[漫画]コネと人脈、そして実力「ガーリッシュ ナンバー」2巻

先日dアニメストアに入会したのでアニメの視聴環境がやっと整った訳なんですが、
仕事(とソシャゲ)が忙しくて実はまだ見てなかったりします。
まぁ、それはそれとしてこのコミカライズは素晴らしい訳ですよ。
たまに厳しい現実を見せてくるけど、コミカルに振り切った回もあって楽しいんですよね。(笑

厳しい現実というより痛々しい現実なのが、
ワークショップに行った千歳が見た新人声優たちの人脈と勘違いしている行動。

ああいうのって見たことあるけどかなり痛々しいんですよね…
本当の人脈とは悟浄くんが言っているように実績ありきなんですよ。
何かしらの実績を残さない限り実力社会じゃお声が掛かる訳ないじゃないですか。
それが分からないから痛々しいんだよなぁ…

逆にコミカルにメーターが振り切ったのが3サイズ回ですね!
確かに最近のアニメはアイドルモノとか多いですからね!
ゲーム内容と同じ衣装を着て歌って踊れる必要があるから、
3サイズが必要なこともあるでしょう!
そして女の子は見栄を張る生き物ですから、ぽっちゃり気味な八重は頑張っちゃうでしょう!

あのゆるふわ天使な八重ちゃんがこんな表情をしているだけで笑えるというかね!
こう、乙女の本気というのを感じちゃうわけですよ。(笑

そんな八重ちゃんが脂肪だけでなく実力も身に付けているのに、
それでもオーディションに落ちちゃうのは厳しい現実だなぁ、と思います。
本当に声優業界って狭き門だよなぁ…
その狭き門を潜り抜けてトップにいる二人と千歳は仕事場で一緒になるわけですが…

ついにアニメ本編のメンバーが揃い始めましたね。
アニメの前日譚ということから考えると、
このコミカライズはそろそろ終わりに近付いているといことっでしょうか。
だとすると寂しいなぁ…
いっそのこと後日談もやれば良いのに…(笑

:: 2016/11/27 日曜日::

■[漫画]このふざけた世界へようこそ!「ガーリッシュナンバー 修羅」

ガーリッシュ ナンバー 修羅 (電撃コミックスEX)
著者/訳者:池澤 真 津留崎 優 QP:flapper
出版社:KADOKAWA( 2016-11-26 )

原作者twitter:渡航(@watariwataru)さん | Twitter
作者サイト:ふらいとちきん
作者twitter:津留崎優(@hatori_niwatori)さん | Twitter
作者twitter:池澤真(@tibimaru_0404)さん | Twitter
Kindle版:ガーリッシュ ナンバー 修羅

現在アニメ放映中のガーリッシュナンバーですが、
我が家は放映圏外なので全く見てないというか、視聴不可能です。
なのでどうしてもコミカライズとノベルの情報しか入ってこないので、
そちらの設定でしか理解できてないんですが、それでもわかります。
この「ガーリッシュナンバー 修羅」が異色であることを…!

girlishnumber_syura_01
(証拠画像)

フルカラー4コマという豪華すぎるコミックなんですが、
キャラクターが良い感じに崩壊しているのが面白いですね。
八重が食欲魔神になってるのは割りと定番ネタだと思うけど、
千歳が農業に目覚めたりとかやりたい放題すぎるというか。
お前はどこのTOKIOなんだと言いたい。(笑

そして万葉のキャラ崩壊っぷりが凄いですね。
ソシャゲ廃人となった万葉の壊れっぷりが楽しいですが、
これ、どう考えても作者夫妻の言動が元ネタですよね。
万葉がプレイしているのは多分FGOだと思う。(笑

アニメを見ていない私でも楽しめたのでオススメしたいけど、
むしろアニメのファンだとキャラ崩壊に違和感があるかもしれませんね。
まぁ、それでも原作の特徴を捉えているとは思うので、
大丈夫だと思います。
多分…(笑

:: 2016/8/4 木曜日::

■[漫画]アラサーヒロインはアリだと思う「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録-」9巻

修学旅行と生徒会長選挙の騒動で空中分解しそうな奉仕部の中で、
苦悩しながらいろはすの手助けをしている八幡が、
平塚先生の助言を受けて自分の心の中を真剣に打ち明けることで、
和解することになるんだけど…

いやー、平塚先生マジヒロインですわ。
10年早く生まれて10年前に出会ってれば心底惚れてそうというのも分かりますが、
今でも充分惚れても大丈夫だと思うわけですよ。
逆に言えば年齢差以外で心底惚れ抜くことができないのは、
別の誰かが既に心の底に根を張っているという可能性もありますよね。

八幡の言語化が難しい本音を汲みとって和解するシーンも良かったけど、
トラウマスイッチが入って悶絶するシーンがあるあるな感じがして好きです。(笑
それと、いろはすが無意識に八幡に荷物を持ってもらう自然な流れを、
雪ノ下と由比ヶ浜の二人が注目するシーンは良いですよね。
やはりラブコメは適度な修羅場がなくては…!

それにしても学生同士でテーマパークとかリア充すぎるだろJK…
私はそんなイベント修学旅行でしかないぞ…!
何故なら地元にテーマパークが皆無な田舎だったからだ…!
年間パスを持ってる雪ノ下の財力に驚けば良いのか、
それても偏執的な愛情を畏れたほうが良いのか。
いや、どっちでもかなぁ。

それはそうと原作の続きっていつ出るんでしょうね。
このままだとコミカライズが追いつきそうな気がするんですけど…
大丈夫なのかしら…

:: 2016/7/24 日曜日::

■[漫画]やはりこの声優業界はまちがっている。「ガーリッシュ ナンバー」1巻

ガーリッシュ ナンバー (1) (電撃コミックスNEXT)
著者/訳者:堂本裕貴
出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス( 2016-07-26 )

ComicWalker:ガーリッシュ ナンバー
原作者twitter:渡航(@watariwataru)さん | Twitter
作者twitter:堂本裕貴(@domoto64)さん | Twitter
Kindle版:ガーリッシュ ナンバー (1)

狭き門を潜り抜けてデビューした新人声優の烏丸千歳。
実兄にして元声優の悟浄をマネージャーに持ち、
モブ声優をこなす彼女は仕事というか人生を舐めきっていた…

girlish_number01_01

この物語はゲスくて仕事を舐めている新人声優の烏丸千歳による、
新たな声優物語である…!(多分

原作が「俺ガイル」の渡航さんで作画は「りぷねす」の堂本裕貴さんの新作です。
10月から始まるTVアニメの前日譚らしいのですが、
この漫画版だけでも充分面白いですよ。
というか単行本の帯に載っている情報から初めてこれが前日譚であることを知りました。
いやー、てっきりこれがそのまんまアニメ化されるもんだと…(笑

原作者が渡航さんな時点である程度察することができますが、
主人公は前述したとおりに割りとひねてます。
しかし、ひねているからこそ声優業界の現実を「おかしい」と感じて、
それでいながら業界を泳いでいるんですよね。

しかし… 声優業界は稼げないと言われるけど…

girlish_number01_02

こう… 具体的な金額が見えるとヤバイな…
ソシャゲがこんだけ流行ってるから仕事が増えてると考えがちだけど、
増えたとしても単価が安ければ意味がないというね。

それにしてもこんなに声優という仕事を舐めきってそうな千歳が、
よく新人声優としてデビューできたな、と思ってたんですが、
どうやら天然で天才な予感がヒシヒシと感じられますね。
仕事を舐めていながら才能があるからデビューできるとかシビアだな…
それ故に作中に出てきた中堅ながら低収入な片倉さんが辛いぜ…

漫画として面白いですし、渡航作品としても面白いですし、
TVアニメの前日譚ということで予習する意味でも意義があると思うので、
同日発売の小説版ともども手にとってみると良いと思います。

:: 2016/1/6 水曜日::

■[漫画]いろはす@あざとい「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録-」8巻

アニメ第2期は終わったけどアニメ版のコミカライズは終わらない…!
というかむしろ追い越してもOKくらいの気概を見せてほしいです。
むしろ是非やって欲しいです。

とはいえまだアニメ第2期の終わりまでたどり着いていません。
いろはす生徒会選挙編とWIN-WINな他校とのクリスマスパーティー編の前半になっております。
その構成上どうしても雪ノ下や由比ヶ浜の出番が減り、
いろはすの出番ばかりになってしまうのですが…
うん…、ここまであからさまにあざとければむしろこれはこれで。

荷物持ちの時みたいに素と演技の境界が曖昧なところもありますが、
それすらもギャップ萌えに見えてきてしまうといいましょうか。
あざといからこそ、変に裏を読む必要がない気安さみたいな?
アニメでもいろはすは魅力的だったけど漫画でも良いよね、うん。

また、アニメ版にはなかった描き下ろし特別編があります。
最近出番が少ない川崎さんが登場する話なんですが、
川崎さんは川崎さんで分かりやすくてとても可愛いですね。
特にオチが最高でしたよ!

これってラノベの原作にはあったエピソードなんでしょうか。
うーん、やはりこういった細かいエピソードを拾うためには原作を読むべきなのか…
でもなぁ… 長いんだよなぁ…
悩む…

HTML convert time: 0.916 sec. Powered by WordPress