ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2021/7/7 水曜日::

■[ラノベ]ロリ巨乳JKをエロ調教!「監禁王」2巻

監禁王2巻監禁王2巻
出版社:一二三書房
作者名:マサイ
作者サイト:マサイ
作者twitter:マサイさん(@masaye7) / Twitter
絵師名:ぺい
絵師サイト: Proom
絵師twitter:ぺいさん(@ppp_room) / Twitter
Web版:監禁王
紙書籍通販:監禁王 2
DMM電子書籍:監禁王 2

悪魔のリリに能力を貰っていじめっ子を監禁陵辱する木島文雄。
自分をフったロリ巨乳の真咲ちゃんが手の平をくるっと翻して、
監禁した黒沢さんの彼氏にアプローチするのを目撃し、
真咲ちゃんを監禁するだけでなく、見張っていた女刑事も監禁洗脳調教するのであった…!

洗脳された寺島涼子さんの思考回路がぶっ飛んでて面白いですね。
悪魔の洗脳によってここまで変化するんだ、というのもそうですが、
文雄への忠誠度とエロ度が凄いことになってるのが興味深いんですよね。
あと、変態度もとても上がってるのは元々の素養かもしれない…

そして真咲ちゃんですが、1m越えIカップバストというのが凄い。
そんな彼女を洗脳するプログラムを組み立て文雄は良いところまで行ってたんだけど、
最後の最後で読み違えてるあたり、まだまだ女心わかってないんだけど、
そこが文雄らしいというか…
エロの才覚はあるけれど、女心はそのまま鈍感で居て欲しい気がしないでもないです。

ドーピングあってこそだけど、エロの持久力が凄いことになってて、
真咲ちゃんたちが気絶するまで攻めるのはとても良いですね。
私の性癖にとても合っていて、とても推せます。
真咲ちゃんと涼子の二人がかりでも失神しちゃうとか最高にエロいと言えましょう。

最後に陸上部集団監禁事件が勃発してますが、
その切っ掛けと思い切りがとても文雄のヘタレでビビリなところが出てて良いと思うのです。
そして、これからの展開もとても面白いので3巻にも期待したいところです。
このご時世、どこまで続刊が出るのかわかりませんが、
少なくとも第一部完まではやって欲しいところです…

:: 2021/1/3 日曜日::

■[ラノベ]監禁&洗脳、そして陵辱!「監禁王」1巻

監禁王1巻監禁王1巻
出版社:一二三書房
作者名:マサイ
作者サイト:マサイ
作者twitter:マサイさん(@masaye7) / Twitter
絵師名:ぺい
絵師サイト: Proom
絵師twitter:ぺいさん(@ppp_room) / Twitter
Web版:監禁王
紙書籍通販:監禁王 1
DMM電子書籍:監禁王 1

いたって普通の高校生の木島文雄の前に突如現れた悪魔のキャンペーンガール。
史上稀に見るレベルの悪の才能があると言われるも実感がなかったが、
ある日好きな子にラブレターを出したらカースト上位のクラスメイトに朗読され、
みんなの前で土下座をさせられてしまう。
そこで吹っ切れた文雄は悪魔に貰った”部屋を作り出す能力”で女子生徒を監禁して…

小説家になろうの18禁版、ノクターンからの書籍化作品です。
エロ描写もしっかりしつつ、洗脳手法もしっかりしているという、
エロ面白い作品になっております。

主人公の文雄は悪の才能があると言われているけれど、
現時点ではそれほど悪いことをやっているわけではないというか。
いや、監禁洗脳陵辱は悪だけど、イジメられたその仕返しの復讐でしかないし、
そもそもがイジメた方が悪いよね、という話でもあるというか。

それに超常の能力を持っているとはいえ、
童貞をバカにされたくないけどセックスはしたいという、
わりとクズなところがアホで面白いんですよね。
何というか憎めないバカというか。
私は結構好きです。

エロシーンも結構エロくてですね。
非処女相手だけどしっかりと洗脳しつつ陵辱して、
少しずつ好感度をあげつつエロく仕上げていくのは読んでてゾクゾクしちゃいますね。
うーん、素敵。

結構面白いシリーズでコンスタントに更新されているので、
是非とも続刊が出て真咲ちゃんの巨乳が揉みしだかれて欲しいです。
イラストもエロいですし、わりとお勧めな新作ですよ!

HTML convert time: 0.697 sec. Powered by WordPress