りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2020/11/27 金曜日::

■[漫画]2年生編、スタート「氷菓」13巻

氷菓13巻氷菓13巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:米澤穂信
原作者サイト:汎夢殿
原作者twitter:米澤穂信さん (@honobu_yonezawa) / Twitter
作者名:タスクオーナ
作者サイト:A/O LABO
紙書籍通販:氷菓 (13)
Kindle版まとめ買い:氷菓
DMM電子書籍:氷菓 (13)

本来なら今年の春に出るはずだった13巻が半年遅れで刊行されましたが、
その理由は容易に察することができるだけに納得しています。
2019年7月18日の事件で亡くなられた関係者の方々のご冥福をお祈りし、
怪我をされた方々の回復を切に願うばかりです。

「遠まわりする雛」の解決編と「ふたりの距離の概算」、
つまり2年生編が収録されている13巻です。
解決編に関してはアニメで観ていたこともあり、
放映当時の思い出に浸りながら読むことができました。
ラストのえるの笑顔、良かったですね…

そして2年生編にして新入生が入ってくる新章ですが、
新歓祭で見掛けた小さな違和感から始まった「わたし気になります」が、
新入生の大日向さんも巻き込んで…
というか首を突っ込んできての推理合戦になってて面白かったです。
大日向さんは里志に近いのかもしれませんね。

それにしても小さな違和感から始まった事件も、
奉太郎が観察力と想像力を働かせることでこれほど真実に至れるんだなぁ…
と、改めて思いますね。
観察力だけならえるの方が上かもしれませんが、
想像力だけはやはり奉太郎が飛び抜けて高いですよね。

それにしても大日向さんは元気なヤマネコって感じがしますね。
後輩としてこれから古典部を盛り上げてくれそうだと思いましたが、
早速やらかして、もといやってくれましたか。
奉太郎の誕生日会とか楽しそうなイベントですよね。
これは続きが楽しみです。

:: 2019/5/28 火曜日::

■[漫画]チョコレート、雛、そして…「氷菓」12巻

氷菓12巻氷菓12巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:米澤穂信
原作者サイト:汎夢殿
原作者twitter:米澤穂信 (@honobu_yonezawa) | Twitter
作者名:タスクオーナ
作者サイト:A/O LABO
Kindle版:氷菓 (12)
Kindle版まとめ買い:氷菓
DMM電子書籍:氷菓 (12)

この12巻には「手作りチョコレート事件」と「遠まわりする雛」のラスト直前まで収録されています。
そうです、アニメラストエピソード「遠まわりする雛」の解決編は次の13巻に収録です。
つまり、アニメ化されていない二年生編のエピソードもコミカライズが決定しているのです!

これほど喜ばしいことはないですね…!

ただまぁ、次の13巻は来年の春… つまり約1年後に刊行とのことですので、
そこは気長にお待ち下さい、になってしまいますが。
来年の春に二年生編のアニメが始まる可能性も0ではないのかもしれない…
でも京アニは自社作品がメインになってるし可能性は限りなく0かな…

さて、この12巻の話になりますが…
「手作りチョコレート事件」はアニメを見ていた時から思ってましたが、
里志の心がまったくもってさっぱりわかりません。
こだわる、こだわらないに固執しているのもわからないし、
それで摩耶花の想いを踏みにじる気持ちもわからないし、
その副作用でえるの気持ちを傷つけたのに名乗り出ないのもわかりません。

奉太郎もその気持ちを本当にわかるわけではないけれど、
それでもその心中を慮ってるのは伝わってきます。
安い青春物語なら里志が言うようにぶん殴って終わりそうですが、
奉太郎はそういうのとは無縁の存在ですからね。
この落着の仕方は奉太郎らしいな、と思います。

そして「遠まわりする雛」ですが…
こちらは実に良かったです。
生き雛のえるの可愛さが素晴らしかったのはもちろん、
社務所のおっさんたちのやり取りがとてもリアルで、
臨場感が半端なかったです。

私は岐阜出身じゃないけれど、田舎出身ですので覚えがあります。
田舎のおっさんたちは実際あんなもんですよね…
排他的で他所者に対しては警戒心が強く、
無駄に高圧的な人もいれば、ちゃんと節度をわきまえた人もいるし、
人の顔色を伺ってばかりで物事を表層でしか考えてない人もいる…
こういったモブの描写までしっかりとやってるのは流石だな、と思います。
原作からしてそうなんでしょうけど、
それに表情や仕草の演出でさり気なく強調しているのが良いんですよね。

しかし二年生編か…
原作はKindleで買って積んでる状態なので、
読もうと思えば読めるんだけど…
先に読むべきか、コミカライズ版を新鮮な気持ちで読むか…
悩む…!

:: 2017/10/28 土曜日::

■[漫画]解くだけでなく解かせる謎「氷菓」11巻

氷菓11巻氷菓11巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:米澤穂信
原作者サイト:汎夢殿
原作者twitter:米澤穂信 (@honobu_yonezawa) on Twitter
作者名:タスクオーナ
作者サイト:A/O LABO
Kindle版:氷菓 (11)
Kindle版まとめ買い:氷菓
DMM電子書籍:氷菓 (11)

何か実写映画化されるみたいですね、氷菓。
元々の文庫からして実写化向きのレーベルだったとはいえ、
京アニ版から入った身としてはちょっと身構えるというか。
まぁ、面白いんだろうけど、多分観ないんだろうなぁ…
だって、私はそういう人種なんだもの。

さて、この11巻ではクリスマスからバレンタインのイベントまで収録されています。
クリスマスのイベントはBDBOX特典の短編だったんですが、まさか単行本に収録されるとは。
まぁ、面白い作品だっただけに多くの人に読まれるべきだと思いますけどね!
原作にはなかったエピソードだけに、原作ファンも楽しめたのではないでしょうか。

そしてお正月の荒楠神社への初詣の話ですが、
これはいつもと違って、謎を解くのではなく、解かせるというのがメインですよね。
今までは奉太郎の冴えた頭脳で解くのが面白かったけど、
今回は分かる人には分かる暗号的な謎を作るというのが面白いですよね。
友達だからこそ知る、お互いの知識の幅を利用しての作問はやはり面白いです。

それと、やっぱりえるは可愛いですよね…
着物姿は最高でしたよ…
何というか、着こなしてるなぁ、と。
やっぱり千反田えるは和服でも大天使だと再確認した11巻でした。

:: 2016/8/5 金曜日::

■[漫画]クドリャフカの終演「氷菓」10巻

氷菓 (10) (カドカワコミックス・エース)
著者/訳者:タスクオーナ
出版社:KADOKAWA/角川書店( 2016-07-22 )

原作者サイト:汎夢殿
原作者twitter:米澤穂信 (honobu_yonezawa)さんはTwitterを使っています
作者サイト:A/O LABO
Kindle版:氷菓 (10)
Kindle版まとめ買い:氷菓

盛り上がりを見せるカンヤ祭と十文字事件。
この10巻では4巻に跨って繰り広げられた「クドリャフカの順番」のフィナーレと、
それとは別の短編2つが収録されています。
いやー… ホント長かったなぁ「クドリャフカの順番」…

漫画で読んで改めて理解できたんですが、
奉太郎が田名辺先輩と話していた流れっていうのは、
単なる事件の解決ではなく、文集買い取りの交渉がメインであり、
詰まるところ、えるが入須先輩に助言されて行った交渉と本質的に同じなんですね。
同じ「私は困っています」という言葉だけでも、
えると奉太郎ではこんなに使い方とニュアンスが違ってくるんだというのが、
何とも興味深くて面白かったです。

それと田名辺先輩の葛藤とかそういったものは分かるなぁ…
私も10年以上ブログを書いてきたけど、面白いブログを書ける人ってのは本当にいるもので、
センスとか才能とかそういったものを感じざるを得ないんですよね。
ただ、そういった才能を持っていながらそれを活かそうという人は少なくて、
殆どの人はブログを書かずに別の趣味に力を入れたりしているんですよね…
私がいくら望んでも、どんなに努力しても手に入らないものを当たり前のように持ちながら、
それに価値を見出さずに捨てるような行為をする人が身近にいると、
もどかしいという気持ちがよく分かります。

まぁ、そんな個人的にどうしようもないほど共感できるエピソードもありましたが、
小木先生のヘリコプターの短編や、瓢箪から駒な偽一万円札推理事件とか、
面白い短編も入ってて良かったです。
「クドリャフカの順番」のような長大なエピソードも良いですけど、
こくいったサックリ読める短編も良いモノだと思います。

:: 2015/9/6 日曜日::

■[漫画]分野と才能と青春と「氷菓」9巻

氷菓 (9) (カドカワコミックス・エース)
著者/訳者:タスクオーナ
出版社:KADOKAWA/角川書店( 2015-08-26 )
原作者サイト:汎夢殿
原作者twitter:米澤穂信 (honobu_yonezawa)さんはTwitterを使っています
作者サイト:A/O LABO
Kindle版:氷菓 (1)
Kindle版:氷菓 (2)

Kindle版:氷菓 (8)
Kindle版:氷菓 (9)

今年の2月に「氷菓」BD-BOXがついに発売されましたね!
「氷菓」BD-BOX [Blu-ray]

特典である描き下ろし漫画も読んだんですけど…
暗号解読はしばらく粘ったけれど全然解けなかったので、
諦めて読み進めたことを告白しておきます。(笑
里志のくせに良い暗号作るじゃないか…

で、この9巻なんですが「クドリャフカの順番」のクライマックス直前まで収録されています。
古典部 vs 怪盗十文字の騒動をメインに、
里志やナコルル先輩といった、
”自分の好きな分野に対して才能がなく、その分野に興味がない友人に才能がある”
という悩みを持つ若者たちの葛藤がそこにはあります。

「氷菓」の面白さは高校生らしい人が傷つかないミステリーだけではなく、
高校生らしい若者たちの葛藤を描いた青春群像であることも魅力の一つだと思います。
だからこそなのか、里志やナコルル先輩の苦渋とやり切れなさと諦観が滲んだ表情とか、
心を良い感じにヤスリがけしてくれますよ。
うーん、痛い… でも、ちょっと心地いい…

でも一番の魅力的なのはやっぱりえるだよねー
”卑猥な話”という言葉で固まるえるの純情さが尊い…
そういえば入須先輩からのアドバイスがえるには合わなかった件ですが、
よく考えれば里志やナコルル先輩とはある意味正反対である、
”自分の苦手な分野に対して才能がない”状況なんですね。
漫画でじっくり読んだことでやっと分かりましたよ。

ちなみに作画のタスクオーナさんですが、
現在「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」も同時連載中です。
Fate/stay night [Heavens Feel](1)Fate/stay night [Heavens Feel] (角川コミックス・エース)

それでいてこの「氷菓」9巻の作画は全然クオリティが落ちてないので、
今後も安心して読むことが出来そうです。
次回はついに「クドリャフカの順番」のクライマックスですね。
楽しみです。

:: 2015/1/27 火曜日::

■[漫画]読めばアニメを見たくなる「氷菓」8巻

氷菓 (8) (カドカワコミックス・エース)
著者/訳者:タスクオーナ
出版社:KADOKAWA/角川書店( 2015-01-23 )
原作者サイト:汎夢殿
原作者twitter:米澤穂信 (honobu_yonezawa)さんはTwitterを使っています
作者サイト:A/O LABO

Kindle版:氷菓 (1)
Kindle版:氷菓 (2)

Kindle版:氷菓 (7)
Kindle版:氷菓 (8)

お料理研究会での料理対決で八面六臂の活躍を見せたえるだけど、
活躍しすぎて材料を切らしてしまったため、
最後の料理人である摩耶花は料理が出来ない状態に。
そんな窮地に陥った古典部チームに届いたのは、
古典部で店番をしている奉太郎の声で…

この8巻も面白かった!
アニメで感じた面白さを追体験させてくれるだけでなく、
漫画としての面白さが詰まってますからね。
アニメ放映から時間は経ってしまいましたが、
当時の感動を色彩豊かに思い出させてくれます。

でも実はアニメとは異なっている点も若干あって、
漫研の摩耶花と別派閥の子たちが着ていたコスプレが、
ボカロ系からまどマギに変わってましたね。(笑
その関係で派閥メンバーが一人増えてたけどそこも含めて些細なお遊びでしょう。
いや、アニメ放映時からの時代の変化に沿った変更なのかもしれませんね。

コスプレといえば漫画でじっくり読んで気付いたんですが、
摩耶花のコスプレって「ひみつのアッコちゃん」なんですね。
奉太郎に手鏡を渡す所でやっと気付きましたよ。
そして後書き読むまで初日のコスプレが「11人いる!」だったのに気付かなかったという…
いやー、通りで7巻の帯コメントが萩尾望都さんだった訳ですよ。
我ながら間抜け…

そしてアニメですが来月BD-BOXが出ます。

「氷菓」BD-BOX [Blu-ray]

TV未放映の単行本特典のプール回も収録されていますし、
タスクオーナさんの新規描き下ろしがあるのでファン必携ですね!
実は私はBOXが出るだろうと通常discを買い控えていただけに、
非常に楽しみであります。

私、BOXが届いたらアニメと漫画版を交互に鑑賞するんだ…

HTML convert time: 0.897 sec. Powered by WordPress