りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2020/11/28 土曜日::

■[ラノベ]実に九年半ぶり「涼宮ハルヒの直観」

涼宮ハルヒの直観涼宮ハルヒの直観
出版社:KADOKAWA
作者名:谷川流
絵師名:いとうのいぢ
絵師サイト:FUJITSUBO-MACHINE.JP
絵師twitter:いとうのいぢさん (@itoww) / Twitter
紙書籍通販:涼宮ハルヒの直観
Kindle版まとめ買い:「涼宮ハルヒ」シリーズ
DMM電子書籍:涼宮ハルヒの直観

涼宮ハルヒシリーズ、9年半ぶりの新刊発売です。
2003年から続いているシリーズですが、当時生まれた子たちも高校を卒業するくらいに時間が経ってます。
実際私の姪っ子は今年、西宮北高校(ハルヒたちが通う高校のモデル)を卒業するんですよ…
ちなみに姪の父(私の兄)よりも私の方が西宮北高校に行った回数が多いです。
だって私はオタクだから…!

今回の直観には
短編「あてずっぽナンバーズ」
中編「七不思議オーバータイム」
長編「鶴屋さんの挑戦」
の3本が収録されています。

「あてずっぽナンバーズ」はいとうのいぢさんの画集に収録されていたこともあり、
SOS団の着物姿という華やかな衣装が踏まえられた短編でしたね。
775249を構成する61,71,179の素数ですが、
普通に考えると古泉のウエスト61cm、体重71kg、身長179cmでしょうね。
まぁ、そんな小難しいことを考えなくてもおんぶされるハルヒが可愛いのが全てです。

「七不思議オーバータイム」はハルヒが主体ではなく、ハルヒが無茶しないように事前に七不思議を作る話。
ミステリ研の子がこの後に再登場するとは思いませんでしたが、まぁ、これも伏線だったのかな?
相変わらず古泉は高校生にしてはやたらと博識ですね。
しかし長門さん… タンパク質がD型になったら色々とヤバイ気がするのですが…w

「鶴屋さんの挑戦」は長編で読み応えがありましたね。
冒頭の古泉とTさんの本格ミステリの話はサッパリわかりませんでしたが、
みくるちゃんの可愛さに関してはとてもよくわかりました。
多分みくるちゃんは「呪術廻戦」も読めないと思うんだ…!

それと鶴屋さんエピソード1,2,3ですが細かいネタは結構早くからわかりました。
場所と言語は比較的早くから気付いてましたが、
最後のネタばらしに関しては全然気付かなかったですね。
ミステリとしても面白かったですけれど、
SOS団のみんな、特にハルヒがハルヒらしくて読んでて面白かったです。

それにしても鶴屋さんに預けた金属片とかサッパリ忘れてましたが、
ちゃんとキョンが覚えていることから考えると、
ちゃんとこのシリーズは伏線を回収することを考えているというか、
完結に向かうつもりはあるんですね。
できれば私が還暦になる前には完結して欲しいものです…w

:: 2020/11/11 水曜日::

■[ラノベ]めぐみんのスク水!「この素晴らしい世界に祝福を! よりみち2回目!」

色々な短編ロンダリングの短編集2冊目です。
時系列的に古いのからわりと最近のまでマチマチですが、
カズマやアクアは昔から何も変わってないのでご安心ください。
基本的に馬鹿ばっかです。

短編というかSSみたいな話ばかりでしたが、
異世界日本へ行っためぐみんたちの話は中々に印象深かったですね。
カズマがやろうとしていたことは早々に察しは付きましたが、
エロすぎて補導されそうになるダクネスとかは予想できませんでしたよ…
あと、ゲーセンで名乗りをあげるめぐみんが可愛い。

めぐみんが可愛いと言えば水着回でしたね…!
エロさで言えばウィズのビキニ姿も素晴らしいし、
ゆんゆんの豊満な肉体でのスク水とかはマニアックで良かったですが、
めぐみんはシンプルにスク水が似合ってて素晴らしいと思いました。
エロ同人誌の素材として最高だと思うんだ…

ぼっちなゆんゆんは可愛かったけれど、
やはりこの子は色々と残念だから保護しないといけないな、と思いました。
うーむ… やはりめぐみんを嫁にしつつゆんゆんを愛人にするのが最適解かな…
アクアとダクネスは…
頑張れ…!

本編は完結したけれど、もっと軽率に短編とか後日談とか出して欲しいな、と思いました。
率直に言うとめぐみんラブコメ成分をもっとください、お願いします!

:: 2020/10/13 火曜日::

■[ラノベ]俺たちのラブコメ編はまだ始まったばかりだ…!「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」9巻

寂しいですけどフリーライフはこれでシリーズ完結です。
Web版では第二部とも言える続きはあるのですが、
商業ラノベとしてはこれで完結なんですよね…
第二部からはハーレムラブコメ要素が増えてくるので、
読んでみたかったので残念ですね…

シリーズ完結ということで残った3ヒロインを焦点に絞った章と、
ラストバトルの章があるのですが、
正直言ってこの作品にバトル要素というのは求めていないので、
前半のヒロインたちとのキャッキャウフフがメインのお楽しみです。

ルートゥーは竜なりにラブコールを送ってて、
それもまた可愛かったし、
メリッサは過去の清算という重く暗い話かと思いきや、
タカヒロがあっさりと解決して微笑ましかったし、
正ヒロインのユミエルは大天使でしたね…

収穫祭編での各ヒロインの見せ場はそれぞれ魅力がありましたけれど、
ラブコメとしてはこれから美味しいデザートが始まるところだっただけに、
やはり寂しさはありますね…
続きのWeb版ではそういった美味しいところがありますので、
やはりWeb版も読んで欲しいです。

あと過去回想というか、高校生時代の話で出てきた、
れんちゃんの妹のツンデレ幼馴染の蓮華ですが、
彼女はかなり美味しいキャラなので、
気になった人は是非ともWeb版の蓮華編を読んでみて欲しいですね…!w

:: 2020/5/7 木曜日::

■[ラノベ]伝説の勇者になろう!「この素晴らしい世界に祝福を! 17 この冒険者たちに祝福を!」

アホのアクアが魔王城に潜入しちゃったので、
めぐみんにマナタイトを潤沢にプレゼントして、
爆裂魔法を撃ちまくって貰って結界を破壊しちゃうZE!

ってな感じで始まるこのすば本編完結巻です!
初っ端から爆裂魔法を炸裂させまくるめぐみんが最高ですね!
魔王軍最強の幹部も名乗りも許さずエクスプロージョンするとか、
とてもこのすばらしいと思います。

このすばらしいと言えば、カズマさんの卑怯っぷりも際立ってましたね。
騙し討ちに闇討ちに自爆と、チートっぷりを活かしつつの魔王討伐は、
もう流石の一言ですよ。
こんな人間のクズがモテモテなんて世も末ですが、
カズマさんだから仕方ないのです。

最初から最後まで最高に楽しかったですが、
惜しむらくはめぐみんと凄いことをするシーンが収録されなかったことでしょうか…
おかしい… めぐみんと子作りする描写があってしかるべきなのに…
美少女文庫あたりでスピンオフされないものなのだろうか…
その際にはダクネスも交えて3Pでよろしくお願いしたいところです…

:: 2020/1/10 金曜日::

■[ラノベ]か弱いララティーナお嬢様可愛い「この素晴らしい世界に祝福を! よりみち!」

最近はBD/DVD特典小説をまとめた総集編的な単行本が出ることが多いラノベ業界ですが、
このすばでもそのビッグウェーブに乗ったのがこの本です。
まだまだデレ期に入ってないめぐみんとか懐かしく思いますが、
アクアはこの頃から全く変わってないんだなぁ、としみじみと思う次第であります。

変わってないと言えばカズマさんですね。
この頃から本当にカズマさんはクズマさんですよね…
そんなクズのカズマさんですが何故か憎めないわけです。
まぁ、だからこそ劇場版になるくらいに人気なんでしょうけども。

今回一番可愛かったヒロインと言えば…
やはり… ララティーナお嬢様でしょうか…
唯一の取り柄である筋力が制限されてしまい、
上げ膳据え膳になっているララティーナお嬢様とても可愛い。
この状態だったらラブコメ的にめぐみんといい勝負出来たかもだなぁ…
いや、やっぱり無理かも?

それと意外といったらあれですけれど、
クリスは登場初期にアクアの正体に気付いてなかったんですね。
まぁ、アクアがカズマによって異世界に連れ去られるとか、
完全に想定外だったんでしょうし、仕方ないのかな?

それはそうと劇場版特典小説の書籍化はいつですかね。
私は公開翌日に行ったのに手に入らなかったんですけど。
あと、シリーズの最新刊とアニメ3期はまだなんでしょうか。
早くしてください、お願いします。

:: 2019/11/13 水曜日::

■[ラノベ]望郷の想いと庶民派ヒロイン「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」8巻

バカンスのはずが生徒たちのサバイバルを手伝ったりと、
気が休まることがなかったタカヒロですが、
今度は生徒たちに付き合わされて見に行った闘技大会で最悪の景品が出ているのを知り、
黒騎士の格好で参加することになったりと大変な目に遭うことに…!?

この物語は基本的にコメディなので、
シリアスかと思ったら見事に肩透かしをされることは多々ですが、
闘技大会の時は本当に凄い肩透かしでしたね…
その次のゾンビイベントもシリアスかと思いきや薔薇と百合で…
うん、本当にこの作品はコメディなんだなって身にしみました。

しかし、ジパング編はちょっと… いえ、かなりうるっときました。
カオルの祖父である岩庭弥彦さんが50年ぶりに故郷の妹と再会とか、
年月を感じさせられて、何度も読んでるのに涙腺を刺激されました…
私はどうも、こういった、長い年月を待ち続けるモノってのに弱いらしく…
直後にコメディがあるとわかっていても泣いちゃうんですよね…

ジパング編でカオルに姫属性が追加されたわけですが、
カオルの一番の強みである庶民派ヒロインの座は揺るがないし、
そもそもそこが一番タカヒロに対して好感度が高いので、
今後とも庶民派ヒロインとして癒やしを提供して欲しいものであります。

HTML convert time: 0.898 sec. Powered by WordPress