殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!
:: 2019/6/6 木曜日::

■[ラノベ]学園探偵タスク「噂の学園一美少女な先輩がモブの俺に惚れてるって、これなんのバグですか?」

主人公の鷹野佑は子供の頃の手痛い失敗のせいでモブに徹していたんだけど、
ある日美人で有名な衣川マト先輩に惚れられているとしか思えない状況になってしまう。
困惑するしかない佑だけど、ほぼ同時に試験問題漏洩疑惑に、
ロリ巨乳の幼馴染みである西村理乃が巻き込まれていると知り、
昔目指していた名探偵としての片鱗を出していき…

イラストが西沢5㍉さんということで気になっていたんですが、
どうやらサイバーセキュリティモノとしてもよく出来ているらしいというのでポチったものの、
Kindle版は1ヶ月遅れなので今更読んだ次第ですが…
これが予想以上に面白かったです。

可愛い絵柄で萌えラブコメを予想させておきながら、
想像以上に大人のえげつない汚さが背景にあるのには驚かされました。
食い物にされる子供たちが自分たちを守る武器として、
マト先輩はサイバーセキュリティとしての能力を鍛え上げ、
理乃は演技力とダンス力を培っているのには驚かされましたね。

それでもどうしようもないところを主人公の佑がとっさの機転と洞察力を持って切り抜けるのは、
ライトノベル的な面白さがありました。
あえて言うなら「なれる! SE」や「神様のメモ帳」に近い作品ではないでしょうか。
これらの作品が好きな人には高確率で刺さる作品だと思います。

私はサイバーセキュリティの話は素人に毛が生えたレベルなので、
どこまで凄いのかはわかりませんが、
プロの方々からも太鼓判を押されているようなので、
そういった方面の人にも刺さると思います。
まぁ、タイトルと表紙からしてサイバーセキュリティモノには思えないので、
そういった人たちにリーチできるかはわかりかねますが…w

ラブコメ的には一段落ついたと思うけれど、
まだ波乱は起こせると思うので是非続きを読んでみたいですね。

:: 2019/4/9 火曜日::

■[ラノベ]メンヘラ聖女とメルヘンメイド「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」6巻

新たなヒロインは聖女は聖女でも教会によって生み出された人工聖女のメリッサ!
教会暗部によって生み出され地獄を見てきたメリッサは、
色々と斜め上なところはあるけれど基本的に良い子なんですよね。
事情を知るとタカヒロのことを助けてあげようと暴走しちゃうところも愛おしく感じます。

メリッサはWeb版より幾分かメンヘラ度が下がってる気がしないでもないですね。
初めて自分と同じレベルカンストの友人ができてテンションが上がっていることを差し引けば、
まぁ、これくらいは仕方ないかな、と思わなくもないです。
付き合わされるタカヒロはたまったもんじゃないでしょうけども。

Web版から一番変わったのはユミエルですね。
メリッサとルートゥーのレベルカンスト白黒コンビを抑えるため、
大天使ユミエル状態になったのは驚きというか。
フリーライフの戦闘力はどんどんオーバーキルになっていくなぁ…

今回一番ヒロインしてたのはメリッサと大天使ユミエルのどちらかというと…
うーん、やはり… ドロテアさんでしょうか…!
タカヒロを敵視しているのに黒騎士(中身はタカヒロ)に助けられて恋しちゃうとか、
とても美味しいと思いました!
やはりヒロインは恋しちゃってこそですよ。
そういう意味ではカオルも良い味出してましたけどね!

ヒロインは取り敢えず出揃った感じですので、
これからの展開と書籍での加筆っぷりを楽しみにしたいと思います。

:: 2018/12/10 月曜日::

■[ラノベ]最強○×計画「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」5巻

スローライフを送りたいタカヒロと勤勉なユミエルの物語も第二部突入!
今回はメインヒロインが1名追加だけでなく、サブヒロインも1名追加ですよ!
Web版から書き下ろしも2本追加されているので、
Web版既読組にとってもお得な内容になっております。

新ヒロインにして最強ヒロインのルートゥーが登場です!
ゴスロリ幼女という属性であり、しかも規格外の大金持ちで、
そして何よりもレイドボスである混沌龍とか強すぎるわけですよ。(戦闘力的な意味で
登場の仕方はわりとシリアスだったけど…
この作品、フリーライフなのよね…

という訳で見事なまでにフリーライフでの日常を送るルートゥーは、
色々とやらかしたりするけれど、
彼女なりに真面目なので憎めないし、
何より可愛いから問題ないよね!

もう一人のサブヒロインであるドロテアだけど…、
彼女は厳密には初登場なわけではなく、二度目の登場です。
そう…、フリーライフでは貴重なおしっ娘ヒロインの再登場なのです!
まぁ、この巻ではおもらししてないんですけどね。
貴重なおしっ娘ヒロイン枠なので、彼女の活躍に期待したいものです。
尿的な意味で。

しかし… Web版もそうだったけど豚肉が食べたくなるラノベですね。
私はどちらかというと煮込み系の方が好きなんですけど、
豚焼き肉と白米が食べたくなりました。
いや、ここは生姜焼きあたりが妥当かもしれない…
今度作ってみようかな…?

:: 2018/12/8 土曜日::

■[ラノベ]ノンストップ! セクハラカズマさん!「この素晴らしい世界に祝福を! 15 邪教シンドローム」

ウィズとバニルによってあっさりと正体がバレてしまったセレナさん。
カズマに口止めして魔王軍の幹部にしてダークプリーストなのを隠しながら、
アクセルの街で信者を獲得していくんだけど、
そのせいでぞんざいな扱いをされたアクアを哀れんで一念発起のカズマさん。
誰にもセレナの秘密を言えない状況で、一人でセレナに立ち向かうが…!?

カズマさんってば本当に性根からひん曲がってますね!
いや、今までの言動からしてわかりきってはいましたけども!
セレナへの嫌がらせの数々からして酷かったけど、
セレナに傀儡化されてからが更に酷いというね!
もうダメだこいつ!

良心のリミッターを外されたカズマさんには、
照れとかもなく、直球でセクハラをしまくるところは、
正直「良いぞ、もっとやれ」と思ってしまいました。
おっぱい鷲掴みにされるセレナさんも良かったけれど、
パンツを見せつけてくるめぐみんも良かったです。
というかめぐみん… わりとだめんず好きだよね…

しかし、ここへきてラストが近づいてきた感がありますよね。
いつまでもこのままグダグダな日常が続いてほしくもあるんですが、
流石にそろそろシリーズも長くなってきましたからね。
ここらで完結に動くのはありだと思うのですが、
はたしてどんな結末になるのやら、予想がつかないですね…

まぁ、何はともあれめぐみんとの仲は進展して終わりを迎えて欲しいものです。
アクアにギルドのみんなに広めてもらう感じでヤっちゃって欲しいですね!
あのエロ同人みたいに! あのエロ同人みたいに!

:: 2018/8/12 日曜日::

■[ラノベ]これまでと、これから「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」4巻

突如タカヒロの前に現われた幼馴染みのれんちゃん。
かつてフリーライフの一員であり、一緒に地球世界から飛ばされてきた面子が、
何故今目の前にいるのか…?
そんな謎を孕みつつ、タカヒロがこの世界にやってきた頃からの過去編が語られます。

今回は第一部ラストということもありちょっとシリアス要素多めですね。
それでも飄々というか軽いテイストはちゃんとあるので、
読んでて重いという感じがしないのがこの作品の良い所です。
緊迫した戦闘の後にキャバクラ行ったりしますからね!
ちょっとお色気要素があるのもアリかな! と思いますよ、ええ。

タカヒロだけがこの世界に残った理由とかはツラいものがありますが、
現在のタカヒロがそれなりに楽しそうに生きているのを知っているだけに、
それほど悲壮感を感じることがなかったのは良いですね。
その後に出てくるユミエルに癒されるというのもありますが。

しかし髪がロングだった時代のユミエルもこれはこれで…
表紙のユミエルとか料理の仕方も全然わからない感じが出ていて、
この頃にしか出せない可愛さがあって良いと思う訳ですよ。
いや、別にロリコン的な意味ではなくて。

さて、次の第二部ではまた元のノリに戻ります。
エピローグでちょっと不穏な雰囲気を出していますが、
懸命な読者ならヒロインが追加されるフラグだとわかると思いますので、
そういった意味では期待できるかと思います。
うーん、かにビームさん、あの子をどんなデザインにしてくれるんだろう…
楽しみだなぁ。

:: 2018/8/11 土曜日::

■[ラノベ]めぐみん、エロ同人誌のセリフみたいなことを言い出す「この素晴らしい世界に祝福を! 14 紅魔の試練」

ゆんゆんの族長試験を受けるために紅魔の里に行くことになったカズマ一行。
出発前からにぎやかだったけど、紅魔の里でも賑やかで、
更にめぐみんのデレっぷりが半端なくて可愛くて、
次々とキュン死させるようなことを言い出して…

いやー、めぐみんがホント可愛いですね。
カズマが性欲発散させるのを「手伝ってあげましょうか?」とか言い出したり、
自分以外の女に命を張るのを妬いたり、
魔王を倒したら何でもしてあげると約束したり、
もうお前がナンバーワンだ、と白旗をあげたくなる気分です。

中身は間違いなくめぐみんのままなのに、
これだけデレ要素を見せてくれたらもう降参ですよ。
この夏コミでもめぐみんのエロ同人誌を既にポチってますが、
それを更にエロく思わせる言動しまくりで、
エロ同人誌のエロとの相乗効果で大変にハッスルであります。

しかし最後に出てきたプリーストのセレナさんですが…
まぁ、正体はお察しの通りなんですが…
その… ウィズがいるのを事前に調べるべきだったね、としか…
次巻での出番があるんだろうけども、
取りあえず頑張れ、とちょっと応援したくなるくらい気の毒さでしたね。

しかしそろそろめぐみんとエロいことしても良い気がするんですが。
カズマが言うように何だかんだでなし崩しでエロいことしてくれる気がするので、
レーベルの限界を突破して、是非とも子作りして欲しい所存であります。

:: 2018/3/4 日曜日::

■[ラノベ]惚れ惚れられ「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」3巻

フリーライフも3冊目。
週休二日になったけどタカヒロは相変わらず忙しそうな気がします。
まぁ、厄介なヒロインたちに気に入られちゃってるからね。
モテ男だから仕方ない。

ヒロインたちの中で一番正統派なのはカオルだと思うんですよね。
正統派というか普通というか、他が濃すぎるというか。
普通に恋する女の子してるのが可愛いというか。
こう、癒やしになっているよね。
待ち合わせでドキドキで、間違えてハラハラとか、
最高に可愛いじゃないですか。
まぁ、タカヒロ争奪戦に勝てるかといえば不安しかないんだけど。

今回は惚れ薬ならぬ惚れられ薬というベタなアイテムが出ましたけど、
アプローチにもそれぞれの個性が出てて面白いですね。
ひたすら舐めてくるクルミアは大人なのか子供なのか…
いや、子供なんだろうけど体は大人で行動も捉えようによっては大人という…
うん、我ながらちょっとダメな大人になったなぁ、と思いました。

さて、次巻で第一部が完になりますね。
Web版の時は割りとダラダラ続いてた気がするんですが、
書籍版だとやはりそこら辺はテンポ良く展開している感じですね。
カオルのお祖父さんの里帰り編とか好きなので、
早くそこまで読みたいものであります。

:: 2018/1/5 金曜日::

■[ラノベ]アンデッドでも恋がしたい!「この素晴らしい世界に祝福を! 13 リッチーへの挑戦状」

めぐみんが本命でダクネスが浮気相手なハーレム系主人公にジョブチェンジし始めたクズマさん。
そんなラブコメリア充なクズマさんの影響なのかウィズにも恋模様が…!?
粘着質なストーカーからのプロポーズにトキめいてしまうなんて、
行き遅れリッチーをこじらせすぎだよ、ウィズってば。

まぁ、オチは早い段階で読めてましたけどね!
でもこのラノベの肝はそんな謎解きもどきにはなくて、
クズマさんのクズっぷりとめぐみんたちのハチャメチャな日常な訳でして。
今回のめぐみんの「人の男」発言は中々に良かったですよ!
これは薄くてエロい本が捗るな!

しかしダクネスってば図らずもソーププレイしてないですかね、これ。
やはりダクネスはエロネスだわぁ…
そんなエロネスに積極的に流されようとするクズマさんは本当にクズだわぁ。
良いぞ、もっとやるんだ…!
ねじりこむように挿入れるべし!

それにしてもウィズがチョロすぎて心配なんですけど!
行き遅れなことを気にしてたし冒険者時代のぼっちっぷりがあるんだろうけど、
あんなに美人なのにチョロすぎて心配しちゃうんですけど!
これはもう、クズマさんがクズっぷりを発揮するしかないのでしょうか。
大丈夫、リッチーはひんやりしてるから夏場だけの浮気相手には丁度良いよ!

でも次のメインはゆんゆんになりそうですね。
ゆんゆんのフラグは立ちそうで立たない気がするんだよなぁ。
むしろ、ゆんゆんのお陰でめぐみんと一線越えないかと期待している私が居る。
大丈夫、一線を越えるラノベは今までいっぱいあったから!
きっと大丈夫だよ!

:: 2017/11/4 土曜日::

■[ラノベ]働きたくないでござる…!「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」2巻

プレイしていたネトゲと酷似した世界に飛ばされて3年。
今では王都グランフェリアで何でも屋を営みつつ自堕落に生きたいタカヒロが、
メイドのユミエルに尻を叩かれつつ働く日常モノの2巻目です!

1巻で顔見せが終わったからと、早速の日常編です。
神剣を持つ王子様が出てきたり、年越しイベントをやったりしてますが、
それらもひっくるめて日常編であります。

今回一番好きなエピソードはやはり孤児院でのお世話編でしょうか。
気がつけば毛玉さんは子供の愛らしさを書くのがとても上手いと思うんですよね。
タカヒロに群がる子供たちの何と愛らしいことよ…
特にトカゲっ子のリラードの洗顔シーンとか超可愛いと思うんですよね。
うーん、ずっとお世話したい。

あと、書籍化でだいぶ変わったのはユミエルの印象でしょうか。
かにビームさんの愛らしい挿し絵の影響も大きいのでしょうが、
だいぶマイルドになったように思えますね。
これくらいの塩梅が丁度良い気がします。

ちなみにWeb原作は本編完結しましたが、後日談編も始まってます。
こっちも面白いですけど…
ゲイリー・ベイン編はちょっと下品すぎるから、
書籍化は難しいんじゃないかな、と思いますね…(笑

:: 2017/9/11 月曜日::

■[ラノベ]このダクネスにもラブコメを!「この素晴らしい世界に祝福を! 12 女騎士のララバイ」

今回はダクネス回です!
もうちょっと詳しく言うとダクネスがヒロインのラブコメ回です!
おかしい… このすばなのに真面目にラブコメやってるぞ…!
まぁ、すぐにふざけた展開になるのは実にこのすばでしたけども!

これはもうめぐみんルート確定で良いのでしょうか。
でもまぁ、クズマさんだからなぁ…
エロ同人みたいにダクネスを愛人として手篭めにしそうな気もします。
あのエロ同人みたいに! あのエロ同人みたいに!
まぁ、この巻では逆にダクネスに手篭めにされそうになってたけどね!
カズマさんもノリノリでしたが!

というかめぐみんも結構ノリノリというか包容力があるというか。
カズマの言動に呆れてとはいえ、できちゃった婚でなし崩しも有りとか思っちゃうくらいに、
カズマさんに対して許しちゃってるあたり最高じゃないですか。
ダクネスもエロネス化してきたことといい、
どっちが先に最後の一線を越えるかのレースになってきた気がしないでもない。
ちなみに勝者にはクズマさんが送られます。
副賞は勝手についてきたアクア(酒代請求書付き)です。

しかしアレですね。
一線を越えたら更に自堕落で退廃っぷりが加速しそうですね。
それでもアクアとは間違いなくラブコメしないところは想像に難くないですが。
個人的にはエリス様となら有りだと思うんですけどね、ラブコメ。
だってピュアで可愛いんだもの。

カズマさんには是非ともめぐみんとダクネスとエリス様を侍らせた、
ハーレム系主人公として頑張って欲しい所存であります。

HTML convert time: 1.255 sec. Powered by WordPress