本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身IX」 8月10日発売予定!
ゲルラッハ攻防戦!
:: 2022/3/15 火曜日::

■[漫画]遙かなる旅路「UQ HOLDER!」28巻

UQ HOLDER!28巻UQ HOLDER!28巻
出版社:講談社
作者名:赤松健
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健さん(@kenakamatsu) / Twitter
紙書籍通販:UQ HOLDER! (28)
Kindle版まとめ買い:UQ HOLDER!
DMM電子書籍:UQ HOLDER! (28)

ヨルダ討伐に赴いた冥王星に待ち受けていたのは周到な罠。
しかも同時に真祖バアルが衛星カロンで地球近傍に転移してきて、
地球の防衛網も絶体絶命の大ピンチに。
三太は操られていた一空先輩を涙の果てに撃破し。
刀太たちはバアル討伐のためにカロンへと乗り込むが…?

ヨルダやバアルに先手を取られまくってヤキモキしていましたが、
最後に頼りになるのは前作主人公…!

ヨルダに囚われながら策を練りに練って、
前作と今作のW主人公でヨルダの策を撃破するだけでなく、
それらを逆に利用してヨルダの魂を封印するとか、壮大でした。

しかし、最後のキーマンがまさかこの人だったとはなぁ…

でも、確かに時間停止という反則技を使えるのは超鈴音ですよね。
別の世界線から時空を越えて助けに来てくれるとか、
3-Aの友情パワーは凄いですよ。

そんな3-Aの面々の未来が裏表紙にもスコだけ描かれてますが、
この世界線でもハッピーエンドなのではないでしょうか。
ハーレムエンドなのかiPS細胞なのかはわかりませんが…!

エヴァンジェリンの長かった初恋の物語も一区切りつきつつ、
これからの壮大な物語が予感できる良いエンディングだったと思います。
巻末描き下ろしから考えると次回作があるとすればゲンゴロ先輩の世界なのかなー
まぁ、赤松健先生は次回作の前に国会議員に立候補するみたいなので、
今後どうなるのかはわかりませんが…!

それにしてもヨルダの敗者への無限共感能力という絶大で対処不能な能力の解決方法が、
弛みない人類の進歩の積み重ね、というのがある意味現実的ではありました。
今日より少しだけマシになるような明日を目指して、
前を向いて進んでいきたいものですね。

:: 2021/11/11 木曜日::

■[漫画]太陽系の運命を賭けた最終決戦へ…!「UQ HOLDER!」27巻

UQ HOLDER!27巻UQ HOLDER!27巻
出版社:講談社
作者名:赤松健
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健さん(@kenakamatsu) / Twitter
紙書籍通販:UQ HOLDER! (27)
Kindle版まとめ買い:UQ HOLDER!
DMM電子書籍:UQ HOLDER! (27)

刀太ハーレムがそれぞれ刀太と結ばれたエロエロな26巻から、
少しだけどそのテンションが持ち越されてニヤニヤしちゃうところから始まりましたね!

それぞれがヤった回数を赤裸々に教え合うとか…
エロすぎだけど、これでしか摂取できない栄養分というのがあるのです。
しかし刀太ってば不死身だからとスタミナ無尽蔵すぎるな!
絶倫!

しかし、ラブコメ&エロコメ回の後はバトル回というのがお決まりの流れなので、
ヨルダたちが居る冥王星に動き有り、
ということでソッコーで飛ぶことになったUQホルダーだけど、
そこは周到に張り巡らされた罠があったわけで…

アクシズ落としならぬ、カロン落とし…!?
UQホルダーだけじゃなく、地球も大ピンチがすぎる…

それにしても源五郎先輩と一空先輩の深掘りも終わって、
本当に最終回が近いんだなぁ、と感じましたね…
特に一空先輩は、物悲しいというか何というか…

ヨルダに汚染されたとわかってはいても、
あんなセリフを言ってる一空先輩は見たくなかったし、
そんな一空先輩を倒さざるを得なかった三太が切なすぎるぜ…

この三太と一空の姿が、刀太と雪姫の姿と重ならなければ良いんだけど…
雪姫は散々フラグ立ててるからなぁ…
何とかハッピーエンドというか、刀太ハーレムハッピーエンドに向かって欲しいです。

次巻、遂に完結…!
ネギま!から続いた物語も本当に終盤戦です!
うーん、楽しみだ…!

:: 2021/7/15 木曜日::

■[漫画]エロCG回収ルート「UQ HOLDER!」26巻

UQ HOLDER!26巻UQ HOLDER!26巻
出版社:講談社
作者名:赤松健
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健さん(@kenakamatsu) / Twitter
紙書籍通販:UQ HOLDER! (26)
Kindle版まとめ買い:UQ HOLDER!
DMM電子書籍:UQ HOLDER! (26)

UQホルダーの面子と合流し、生き残っていた旧友たちとも再会できた刀太。
しかしまだ合流できてない面子もいるし、
何よりもヨルダ戦に向けた準備もしないといけないんだけど、
45年振りに会えた九郎丸の気持ちは張り裂けそうで…

赤松健漫画を長年読んでいる私ですが、ここまでガチでエロいのは初めてですね。
もちろん少年誌ですから詳細な描写はなかったけれど、
それでも充分にエロかったです。
バトル回の次だからエロコメ回が来るとは思ってたけど、ここまでガチでくるとはなぁ…

その先鋒を務めるのは九郎丸!

目の前で世界を救うために世界樹と同化してしまった刀太を想い、
ずっと待ち続けた九郎丸が、その想いを溢れ出してしまったシーンからは圧巻でしたね。
もう九郎丸ってば完全に女の子でしたね。
特に「ご褒美欲しい」と言った時の表情とか可憐な雌顔って感じで、
これは鈍感な刀太も勃起するわってな感じでした。

そして次の夏凜先輩ですが…
カードに反応がなかったから太陽系には居なさそうでしたが、
まさかアルファケンタウリAまで飛ばされていたとは…
45年間、たった独りで宇宙空間を飛び続けたとか孤独すぎる…

刀太にはヒロインのピンチを颯爽と救って惚れ直して欲しいと想ってたけど、
夏凜先輩だけレベルが違うピンチでしたね。
元々惚れて協定結んでたところに地獄の業火で焼かれる寸前で助けられたら、
そりゃ盛り上がっちゃうのも仕方ないでしょう。

とはいえ可愛すぎでしょう…!

これがツンデレのデレ期というものか…!

それはそうとU○Eatsだから駅弁スタイルだったのでしょうか?
そこだけが気になります。(←最低

途中で雪姫の回想を挟んでどうなるかと思ったけど、
キリヱもちゃんと出番があってホッとしました。
どこに行ったかと思ってたけど、まさか平行世界に飛ばされてたとはなぁ…
UQホルダーの面々は一々スケールが大きいな!

しかし不老不死でなくなったのは意外でしたね…
成長したキリヱはキリヱで可愛いとは思うのですが…
やはりコンプラ的に12歳ボディでのエロシーンはNGだったのかしら…

でも14歳ボディならOKだったのかしら…
私、気になります!

さて、そんなご褒美回満載な26巻でしたが、
前書きによると28巻で完結みたいですね。
最終決戦間近だし、そうなるとは思ってましたが…
はたしてどういった結末になるのか。
ちゃんと雪姫のエロシーンはあるのか。
とても気になります…!

:: 2021/3/13 土曜日::

■[漫画]45年の友情「UQ HOLDER!」25巻

UQ HOLDER!25巻UQ HOLDER!25巻
出版社:講談社
作者名:赤松健
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松健さん(@kenakamatsu) / Twitter
紙書籍通販:UQ HOLDER! (25)
Kindle版まとめ買い:UQ HOLDER!
DMM電子書籍:UQ HOLDER! (25)

ヨルダを倒す準備で低軌道リングに行ったUQホルダーを待ち構えていた真祖バアル。
周到な準備でキリヱも無力化して襲い掛かってきた騒動から43年。
記憶と片腕と力の大半を喪い目覚めた刀太を狙ってバアル傘下の魔族が動く!
巨大なエネルギー源と、何よりも大切な仲間を失い絶望の最中で刀太は…

いやはや、手に汗握る展開ですね!
色々と足りない状態の縛りプレイでも諦めず、
地べたを這うようにして進んでいく刀太は主人公してますよ。
やはり刀太には絶望は似合わないですね…!

しかし、あんなにしぶとい不死人たちが簡単にやられるはずがないとは思ってましたが、
まさか死んだふり作戦だったとは…

かつてネギま!でフェイト一派がナギたちを騙すためにやった作戦を、
今度はUQホルダーたちが使う、というのは味がありますね。
まぁ、それでも夏凜先輩とはまだ再会出来てないし、
キリヱもどうなってるかわからない状態なのは心配ですが…
折角ならヒロインたちのピンチを颯爽と救う刀太を見てみたいですね!
そして惚れ直す感じで!

そして、UQホルダーたちの新たなアジトがまた面白い!
ネギが遺したアトリエという伏線がやっと回収されたわけですが、
まさか移動図書館、というか発掘戦艦だとは…!

発掘戦艦とかオタクの大好きなやつー!
ヤマトやΝ-ノーチラス号とか大好きですからー!
まぁ、戦艦である前に図書館というのが何ともアレですが…
図書館島と何か関係があったりするのかしら…

それにしても敵も中々にえげつない強さだよなぁ。
敵に回った一空先輩がここまで強いとは…
ディープラーニング的なアレで強くなったんでしょうか。
味方だった時はわりと空気だったのになぁ…

次巻では夏凜先輩が救われてくれると良いんだけど…
ぶっちゃけラブコメ回、待ってます…!

:: 2020/11/15 日曜日::

■[漫画]エロコメ、ラブコメ、そして絶望…「UQ HOLDER!」24巻

UQ HOLDER!24巻UQ HOLDER!24巻
出版社:講談社
作者名:赤松健
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松 健さん (@KenAkamatsu) / Twitter
紙書籍通販:UQ HOLDER! (24)
Kindle版まとめ買い:UQ HOLDER!
DMM電子書籍:UQ HOLDER! (24)

九郎丸を一族の軛から解き放った刀太。
その甲斐あって九郎丸は名実ともに刀太の相棒となったわけだけど、
それだけではなく、不死狩りの一族はヨルダ=バオトの潜伏先と期限まで調べており、
その情報を得たUQホルダーは一週間後に敵の本拠地である冥王星に向かうことになって…

この24巻は激動ですよ…
前半のラブコメパートで萌えに悶えさせたところで、
後半からは怒濤の展開ですからね…!
正直、ここまで物語にストレスが掛かるのは、
前作「ネギま!」を含めて初めてではないでしょうか。

取りあえず前半のラブコメパートは最高でしたね…!
九郎丸、キリヱ、夏凜先輩の三人が気を失った刀太を介護するという、
最高にニヤニヤできる展開でした…

九郎丸とキリヱが積極的なのはわかるんですよ。
二人とも恋心が限界突破してますから理由があればイチャラブしたいですもんね。
それに対して夏凜先輩は色々と言い訳をしながらも、
一番積極的に動いてしまっているんですよね…w
この三人で一番エロいのはやはり夏凜先輩だと思うんだ…!

そして刀太のことを想っているのは不死人だけでなく、
一般人のしのぶとみぞれの二人もいるわけですよ。
表紙にもなっている通り、二人にも出番があるわけですよ。
みぞれは雪広あやかの血脈を感じさせる情熱を見せてくれたし、
しのぶはしのぶでロマンティックなキスシーンを見せてくれました…

良い… これは実に良いハーレム具合ですよ…!
このままヨルダ=バオトを倒して帰還したら刀太ハーレムも完成を見るな…!

と楽観的に考えていたらまさかの展開…
確かにこの作品はラブコメとバトルが交互にくるものですが、
ここまで悲観的になってしまうバトル展開は初めてですよ…
どんな時にもキリヱというジョーカーがある限り安心だと思っていたけれど、
そのジョーカーが敵側も持ってるとか、そんなん考慮しとらんよ…

正直、赤松健作品でここまで緊迫した展開が起きるとは予想できませんでしたし、
この先の展開がまったく読めないんですが、だからこそ次の展開が気になります…!
どうなる、刀太…!?

:: 2020/7/12 日曜日::

■[漫画]九郎丸ルート攻略完了!「UQ HOLDER!」23巻

UQ HOLDER!23巻UQ HOLDER!23巻
出版社:講談社
作者名:赤松健
作者サイト:AI Love Network
作者twitter:赤松 健さん (@KenAkamatsu) / Twitter
紙書籍通販:UQ HOLDER! (23)
Kindle版まとめ買い:UQ HOLDER!
DMM電子書籍:UQ HOLDER! (23)

雪姫に一度リセットして周りの子から誰かを選んでみてはどうか?
と提案された刀太は、まずは少しよそよそしくなっていた九郎丸とデートすることに。
しかしそこに九郎丸を狙う不死狩りを生業とする桃源神鳴流の一派と、
九郎丸の兄が襲い掛かってきて…

今回はバトルメイン回でしたね。
そして「ラブひな」の頃から連綿と続く神鳴流ですが、
ここへきて裏火星で活躍していた桃源神鳴流という設定が開示されました。
確かに「ネギま!」でも刹那さんが使う本家の神鳴流と、
月詠が使う神鳴流は別モノっぽい感じがしましたからね。

その月詠ですが、まさか帆乃香と勇魚の師匠をやっていたとは…
未だに存命ということは魔族の血が流れている可能性が高いですね。
刹那さんの頼みで師匠をやっていたみたいですけど…
そもそも帆乃香と勇魚はやはりiPS細胞のお陰で生まれたのかしら…

そして九郎丸ですが、彼女の不死性の秘密も出てましたね。
これまた「ラブひな」の頃から登場していた妖刀ひな。
その魂とも言うべきモノと融合していたからだったとは驚きです。
今回はそのせいで刀にされたりと大変でしたが、
刀になるなら名前からして刀太だろ、という気がしなくもなかったですw

その刀太ですが…

もう これで 終わってもいい だからありったけを

と思ったかは定かではないですが、第二形態と言うべきモノになってましたね…
大切な相棒を助けるために覚醒するとか少年漫画の主人公すぎますね。
まぁ、九郎丸を助ける方法はわりとラブコメ主人公っぽかったですがw

さて、今回はバトルメイン巻だったので、次はラブコメメイン回ですね。
既に別マガ最新号ではこの続きが載っているのですが、
これまた極上のラブコメっぷりを見せてくれているので、
24巻もご期待ください!

HTML convert time: 3.087 sec. Powered by WordPress