ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2021/11/4 木曜日::

■[漫画]天真爛漫で破天荒「死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く」4巻

圧倒的な武勲を立てて三階級特進したオリビアとその仲間たちだけど、
帝国に北部から侵攻されて王国そのものが窮地に立たされることに。
そこでキール要塞を手に入れて膠着状態にすることが出来た南部の第七軍から、
救援部隊を出すことになったんだけど、軍議でアシュトンが迂闊なことを発言してしまい…

アシュトンの有能さと卑屈さが楽しめる冒頭から始まる4巻ですが、
オリビアの扱いの難しさと言動の破天荒さも相変わらずです。
部隊への演説も実にオリビアらしいですが、
ゼットの手がかりを求められる王都に寄れないとなると、
一気に不機嫌になるのもオリビアらしいですね。


そんなオリビアを言葉巧みになだめすかして、
目的達成のモチベーションをきちんと与えて誘導するあたり、
クラウディアは猛獣使いとしての才能があるな、と思いました。

しかし、やはりオリビアは奔放すぎるので、
第六軍からの救援要請に対応するのはともかくとして、
その手法というか戦法というか…
オリビアという突出した単独戦力に依存したモノで、
クラウディアもアシュトンも頭が痛かっただろうな、と思います…w

頑張れ、クラウディアとアシュトン。
オリビアのぶっ飛んだ行動はまだ序の口だぞ…!

:: 2021/9/27 月曜日::

■[漫画]王太子媚薬事件「Unnamed Memory」2巻

Unnamed Memory2巻Unnamed Memory2巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:古宮九時
原作者サイト:Unnamed Memory -info-
原作者twitter:古宮九時さん(@furumiyakuji) / Twitter
作者名:越水ナオキ
作者サイト:15th floor
作者twitter:越水ナオキさん(@miz2215th) / Twitter
紙書籍通販:Unnamed Memory (2)
Kindle版まとめ買い:Unnamed Memory
DMM電子書籍:Unnamed Memory (2)

「沈黙の魔女」に子孫を残せない呪いを掛けられた王太子オスカーと、
オスカーが塔を攻略した報酬に結婚を申し込まれた「青き月の魔女」ティナーシャ。
二人の王都での日常は少しずつ波乱に満ちたものへと移り変わっていきそうで…

1巻では殺人事件だったので、次はどんな凄惨なことが起こるのかと思ってたら、
まさかの王太子媚薬事件とは…

わりと明け透けに迫っていたのであまり感じなかったんだけど、
オスカーにも普通に性欲があったんだなぁ。
ティナーシャのおっぱいと絶対領域に惑わされるとは、
良い審美眼を持ってらっしゃる。

王太子に媚薬を盛るとか、セキュリティどうなってるのかと思ったけど、
叔父にあたるパスヴァール公爵が主犯だったということで納得です。
というかこの公爵、身元もよくわからない老魔法士に言われたことを信じたり、
迂闊にもほどがあるというか、考えが足りないというか。
自分にとって有益な情報に飛びつくあたり、軽率にすぎますよね…
そりゃ、こんなのが叔父だとオスカーもあんな顔をするわなぁ…

まぁ、今回はティナーシャが魔女だったことで事なきを得ましたが、
こんな嫌がらせのような事件も全てはドルーザの魔法湖の異変に続いており、
それを見破ったティナーシャが解決に向かうことに。
オスカーもついてきて、更には護衛たちも当然来るんだけど、
そこにオスカーのことが好きなメレディナがいることで、
ちょっと複雑なことになってるのが微笑ましいんだけど、ピンチでもありますね。

自分が好きな人が自分以外に夢中で、
しかもその相手が自分より強くて美しいとか、
そりゃ焦っちゃうよなぁ…
それでも自分ができることを頑張ってるメレディナは健気で可愛いと思うんですよ。

とはいえメレディナはティナーシャが魔女だということも知らないし、
オスカーに結界が張られていることを知らないのが可哀想だったというか…
まるでピエロのようでちょっと可哀想でしたね。

次の3巻で今回の一連の事件が一段落しそうですが、
メレディナの乙女心がどうなるのか心配なところです。

:: 2021/9/17 金曜日::

■[漫画]夢見る少女でいさせたい「エロマンガ先生」12巻

エロマンガ先生12巻エロマンガ先生12巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:伏見つかさ
原作者サイト:LUNAR LIGHT BLOG
作者名:rin
作者twitter:rinさん(@rin_royal) / Twitter
紙書籍通販:エロマンガ先生 (12)
Kindle版まとめ買い:エロマンガ先生
DMM電子書籍:エロマンガ先生 (12)

アニメ化が決まって喜び、周りに祝福され(一部からは呪いみたいな祝福だったけど)、
これから夢に向かって邁進していくことになったマサムネだけど、
家事と高校生をしながらのアニメ化企画進行中は多忙を極めて大変で…

寂しいですがエロマンガ先生のコミカライズはここで完結です…
アニメ版とほぼ同じような終わり方なのは区切りが良いけれど、
まだ原作が続いていて、このコミカライズも面白いのに終わるのは残念無念です…

最終巻ですが、最後まで面白かったですね。
エルフや先輩、そしてアルミちゃんたちから激励を受けたけれど、
アルミちゃんからの助言は実感が籠もってた上に思いやりもありましたね。

マサムネにとっては本懐であるから今更だけど、
決意をより固める、良い助言だったと思います。

ただ、そんな良い話よりもラブコメ展開が最高だったんだよな…w
全裸夜這いしてくるエルフちゃんが最高にエロくてですね。
男子ってこういうのが好きなんですよ!
うーん、わかってらっしゃる。

ただ、それを看過するエロマンガ先生ではないですし、
誰よりも先にマサムネのファンだったことも明かして、
ちゃんとマサムネとのフラグも回収して大団円になるのは流石だな、と。
BSSなんて許さないとばかりに正妻の座を確保するのにはニヤニヤしました。

まぁ、一途なマサムネ相手でも油断せずに女関係の清算を要求したりするあたり、
幼くてもエロマンガ先生は女なんだな、って思いましたが。
とはいえ恋敵たちはラオウ並みに手強いのでこれからもまだ手を焼きそうですけどね!
続きは原作で楽しむしかないのが寂しいですが、
このコミカライズは良い終わり方だったのではないかな? と思います。

:: 2021/7/6 火曜日::

■[漫画]まさかのアニメ第2期!「はたらく魔王さま!」18巻

はたらく魔王さま!18巻はたらく魔王さま!18巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:和ヶ原聡司
原作者twitter:和ヶ原聡司さん(@wagahara211) / Twitter
作者名:柊暁生
作者サイト:Christmas-holly
作者twitter:柊暁生さん(@102_55) / Twitter
紙書籍通販:はたらく魔王さま! (18)
Kindle版まとめ買い:はたらく魔王さま!
DMM電子書籍:はたらく魔王さま! (18)

いやはや驚きですね。
第1期から8年近く経っているし、
原作はとっくに完結しているし、
その間にメシとか始まってたけど、まさか2期が決定するとは…
このコミカライズがしっかりと面白く支えてくれていた、というのが大きいのではないでしょうか。

さて、原作10巻のクライマックスが近付いてきたこのコミカライズ18巻ですが、
エミリアの可愛さが光ってましたね。
憎くて仕方なかったはずの魔王のことを思うと心がグチャグチャになり、
涙をボロボロとこぼすエミリアがとても可愛かったです。

そして、アルシエルからの書簡で日本での日々を思い出した時の表情…
これもまたとても良かったですね。
どれだけ日本での暮らしが大切だったのか、というのが伝わってきたし、
魔王への想いも伝わってきたように感じます。

まぁ、その魔王ですが相変わらずアシエスとの融合は上手くいかないし、
エミリアのことは普通にライバルだと思ってますからね…

うーん、罪つくりな男だなぁ。

エミリアとアルシエルのバトルは迫力があるけれど、
それ以上に今までずっと塞ぎ込んでいたエミリアの溌剌とした姿を見られるのが嬉しかったですね。
やはりエミリアは元気で居てくれないとですよ。

次の19巻でおそらく原作10巻のラストまで描かれると思いますが、
そのまま完結までちゃんと描ききってくれると良いんですが、
アニメ第2期に合わせて完結とかにならないようにお願いしたいところです。
何しろメインヒロインであるちーちゃんの見せ場はまだまだこれからなので。

:: 2021/6/28 月曜日::

■[漫画]クリスマスのプレゼント「新米姉妹のふたりごはん」9巻

新米姉妹のふたりごはん9巻新米姉妹のふたりごはん9巻
出版社:KADOKAWA
作者名:柊ゆたか
作者twitter:柊ゆたかさん(@yutaka7) / Twitter
紙書籍通販:新米姉妹のふたりごはん (9)
Kindle版まとめ買い:新米姉妹のふたりごはん
DMM電子書籍:新米姉妹のふたりごはん (9)

サチとあやりの二人暮らしもついに9冊目。
作中はクリスマスが近づいてきた冬なので、
それに合うお料理を作ったりをするんだけど、
サチはちょっと大掛かりなものも作ることになって…

初っ端からうどんを作ってますが、
確かにうどんは讃岐の方ではまだ手作りしてる家庭もそこそこある気がしないでもないというか。
足踏みが必要なのはよく言われるものですが、
美少女が足踏みしているというのは絵になりますね…

作中のコラムにあるように、足踏みというのはとても理に適ったやり方なんですが、
衛生的に忌避してしまいがちではあるんですよね。
今では袋とかも衛生的になっているし問題ないとは思うのですが。
まぁ、そういうのとは別ベクトルで美少女の足踏みうどんは需要がある気がします。(キリッ

それはそうと、サチがクリスマスプレゼントとして準備したのが、
マンションの屋上菜園というから驚きですね。
同じマンションの知り合いが多いサチだからこそ根回しができたんでしょうが、
それにしても凄い行動力です。

そんなサチの行動力に引っ張られる形&料理の腕であやりもおばさま方と交流を深めていくのは、
見ていて微笑ましいというか…
そんなあやりを見守るサチも微笑ましいというか…
うん、二人とも尊いな…

そんな二人が初めて出会った時のエピソードも収録されていますが、
今よりも少し幼さが見えるあやりと、
サチの笑顔に触れて心が少しほぐれるあやりが良いですね。

この二人がこれからどんどん絆を深めていくのを知っているだけに微笑ましくなるというか。
二人の仲の良さが垣間見れるカバー下の漫画もとても良いと思いました。

あと、エビアレルギーを発症した柊ゆたかさんはとてもご愁傷さまです…
今後作中でエビ・カニ関係の料理が出ないかと思うと寂しいですね…

:: 2021/5/26 水曜日::

■[漫画]戦場の化物、日常の天使「死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く」3巻

オリビア少尉の活躍でイリス会戦では勝利を収めたファーネスト王国。
追撃の勢いそのままにカスパー砦の先鋒まで任されたけれど別働隊の戦力はわずか2500。
流石に砦を落とすまでは出来ないと思っていたクラウディアだけど、
オリビアが推薦するアシュトンの献策が見事にハマって…

帝国の人たちが可哀想になるほどの快進撃でしたね。
敵味方が知らない隠し通路を探り当てて内部から撹乱するとか、
わりとありふれた手法ではあるんですが、
一騎当千なオリビアが内部から蹂躙することでとてもエグいことになってますね。

敵の新兵器も初見で対処しちゃうわ、
決死の特攻も余裕で裁いて返り討ちにしちゃうわ、
オリビア少尉ってばマジぱないの。

そんな帝国軍にとっては残虐非道なオリビア少尉だけど、
日常だと可愛いところが多いんですよね。
上官相手でも独特のリズムで接するからオットー副官はイライラして、
パウルのおじいちゃんはニコニコするのです。

そしてクラウディアと絵本のことについて話してる時は、
とても可憐な笑顔を見せてくれるんだよなぁ…

こんなに可憐なのに戦場では化け物と恐れられるという、
その二面性がこの作品の面白さなんだと思います。

次の戦場は北になり、オリビア少尉を狙う女将軍も出てきますが、
オリビア無双はまだまだ続くので4巻も楽しみです。

HTML convert time: 0.770 sec. Powered by WordPress