水上悟志新作「プラネット・ウィズ」1巻が7月30日に発売!
7月からTVアニメ放送開始!
:: 2018/6/11 月曜日::

■[漫画]恋する妹は切なくてすぐ抱きついちゃうの「エロマンガ先生」7巻

エロマンガ先生7巻エロマンガ先生7巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:伏見つかさ
原作者サイト:LUNAR LIGHT BLOG
作者名:rin
作者サイト:ROYAL
作者twitter:rin (@rin_ROYAL) | Twitter
Kindle版:エロマンガ先生 (7)
Kindle版まとめ買い:エロマンガ先生
DMM電子書籍:エロマンガ先生 (7)

突如ネット越しに現れたエロマンガ先生G(グレート)!
エロマンガ先生と同じ人に師事した兄弟子にあたる人で、
エロマンガ先生というPNを賭けて、
イラストの公開勝負をふっかけてきたんだけど…!

という訳でエロマンガ先生 VS エロマンガ先生G編です!
ムラマサちゃんが出てこないので私のテンション低めですが、
原作通りなのでこればっかりは仕方ない。

ムラマサちゃんは出ないけど新キャラは出ます!
エルフちゃんの幼馴染みの万能の天才、アルミちゃんです!

可愛い顔してるだろ…
これでエルフに恋するガチレズなんだぜ…

ムラマサちゃんも大概アレでしたけど、
アルミちゃんも別ベクトルで大概アレです。
まぁ、この作品はエロマンガ先生ですからね。
変な人しかでないよね、基本。

でもアルミちゃん以上に可愛いのがエロマンガ先生である。
メインヒロインの風格を見せるエロマンガ先生、強い。

エロマンガ先生はえっちな女の子なのだ…
仕事のためとはいえ、こんなにえっちな格好をするだなんて…!
あ、個人的には手首縛ったり目隠しとかもアリだと思いますので、
マサムネに協力して貰ったりするのも良いんじゃないかな!

それにしても恋する表情のエロマンガ先生は最高に可愛かったですね。
やはり恋する女の子は最萌なのであるなぁ。
早くエロいことすれば良いのに。(台無し

:: 2018/5/8 火曜日::

■[漫画]鈴乃が可愛い「はたらく魔王さま!」13巻

はたらく魔王さま!13巻はたらく魔王さま!13巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:和ヶ原聡司
原作者twitter:和ヶ原聡司 (@wagahara211) | Twitter
作者名:柊暁生
作者サイト:Christmas-holly
作者twitter:柊暁生 (@102_55) | Twitter
Kindle版:はたらく魔王さま! (13)
Kindle版まとめ買い:はたらく魔王さま!
DMM電子書籍:はたらく魔王さま! (13)

ちーちゃんの父方の実家で農作業をすることになった真奥たち一行。
エミリアとベルも合流し、熊退治といったハプニングがありつつも、
穏当な雰囲気で進むと思いきや、近隣では作物泥棒が出没するらしく、
真奥たちは佐々木家の農作物を守るために立ち上がり…

原作5.5巻の内容もこの13巻で完結です!
ただの農作業のはずなのに熊退治や泥棒退治と、
次々とトラブルに遭うあたりは真奥たちの人徳なのかもしれない。(笑

それにしてもこの5.5巻では「はたらく魔王さま!」にしては珍しく、
明確なラッキースケベ的な要素があったんですよね。
それがこのシーンです!

鈴乃のおっぱいタッチ!
まるで90年代のラブコメ漫画みたい!(笑

一瞬、虚を突かれた表情をするのが可愛いし、
恥じらって赤面するのも可愛いし、
総じて鈴乃が可愛いです!
物語としてこのシーンが必要かと言われれば、
特に必要ないとは思うのですが、
読者サービス的にはとても必要だと思います!

そんな鈴乃も車を受け止めた上で持ち上げるとか、
流石の能力を見せてくれるわけですが…
まぁ、普段は可愛い女の子ですからね。
実年齢が幾つなのかは知りませんが…!

それにしても作物泥棒ですが、モブなのにいい感じのデザインでしたね。
ちょっとイキってる感じのヤンチャしはじめたばかりの大学生って感じで。
鉄パイプを振り回すシーンとか、腰がはいってなくて、
とてもそれっぽいと思いました。

また、この13巻には他のエピソードも2つ程入っており、
真奥が子猫を拾う短編と、第0話とも言える短編も収録されております。
特に子猫の銀シャリを拾う短編が良くてですね…
具体的に言うと鈴乃が可愛かった…!

もうこの時点で子猫に惚れているのがわかるわけですが、
一人きりで子猫を可愛がっているシーンとか、
微笑ましいにも程があるって感じででしてね!
これは是非とも読んでもらいたい可愛さでした。
子猫的な意味でも、鈴乃的な意味でも!

さて、次の巻からは原作6巻のエピソードに入りますね。
久しぶりに物語が大きく動くことになると思うので、
心して待ちたいと思います。

:: 2018/4/29 日曜日::

■[漫画]よつばと小春子「よつばと!」14巻

よつばと!14巻よつばと!14巻
出版社:KADOKAWA
作者名:あずまきよひこ
作者twitter:あずまきよひこ (@azumakiyohiko) | Twitter

出ました! 2年5ヶ月ぶり!

前回から4ヶ月早くなってるよ!
電撃大王を読んでるとそこそこ載ってる気がしていたんだけど、
あれは前後編とかに分割されていたからなのかな…

■第91話 よつばとしごと

新しくテーブルを導入するとーちゃん。
次々と家具を導入しているように見えるけど、
よく考えたら引っ越してきてからまだ半年経ってないんですよね…
そりゃ家具の買い足しとかするよなぁ。

ちなみにジャンボが座ってる椅子(?)ですが、
あれは6巻で本棚作る時に端材で作ったやつですね。
相変わらず芸が細かい…

それにしてもビーズでネックレス作りかー
よつばの子供らしいところが出てて可愛いかったです。

■第92話 よつばとヨガ

しまうーと風香と一緒にヨガ!
ハロウィンの時といい、よつばが変なことをする時は大抵この二人が元凶な気がしますね。
でも、こういうのに連れて行ってくれる近所のお姉さんって素敵だと思うの。
それもこれもよつばが可愛いからなんだけどね!

ヨガ教室で炸裂する無邪気なよつばの容赦ない一言とか、
かなり笑っちゃいましたが、
それ以上によつばのヨガの才能が凄かったですね。
でも、ある意味よつばらしい気がする…
泳ぎ方とかも凄かったですしね。

ちなみにラスト4ページは単行本描き下ろしです。

■第93話 よつばとおひめさま

ビーズといい、最近はよつばの女の子らしいエピソードが多いですね。
ジュラルミンをお迎えしたあたりから加速したような気がしますが、
これはこれで良い…

髪をに結んだリボンは蝶々結びですね。
これは12巻に虎子に教えて貰ったことです。
ちゃんと綺麗な結び方になってて成長を感じます。

それにしてもあさぎは結構面倒見が良いですよね。
つくつくぼーしの時もそうですが、よつばが何をしたいのか察する能力も高いですし。
何より、よつばが女の子らしくなっている要因の一つな気がします。
やっぱり恵那っていうよつばと歳の近い妹がいるからかな?

風香は… そういった女の子らしい遊びをしなかった気がする…(笑

■第94話 よつばとまえのひ

よつばの東京行き前日です。
明確な舞台が設定されてないというか、
ごちゃまぜ風な風景で作られている作品なだけに、
今回、初めて舞台探訪ができる場所が設定されるだけにちょっと感動です。
まぁ、原宿はちょっと行きにくいけど…

それはそうとヨガを続ける風香ですが…
やっぱりダイエットしているのかな。
バランスボールといい、つねにダイエットしている印象がありますね!
まぁ、現役女子高生ならこれくらい普通なのかもしれない。

スーパーのレジのお姉さんですが、この人は12巻でも出てきましたね。
よつばの手のペンキの時といい、子供の扱いが上手い印象があります。

あと、とーちゃんの切符渡すのはよつばの役目、というのは、
5巻で海に行った時にちゃんとやってましたね。
あの時から始めたのか、それ以前からやっていたのかはわかりませんが。

■第95話 よつばとはらじゅく

自動改札機はなー
初めてやるにはちょっとハードルが高いですよね。
私は小学生の頃に大阪に遊びに行った時が初体験だったかな?
高校の同級生は修学旅行で東京行った時が初めてで、失敗してました。(笑
田舎者あるあるなのです。

それにしても舌打ちおじさんは格好悪かったですね。
自動改札に慣れてる人にはイラつくんだろうけど、
子供の失敗に舌打ちは格好悪いです。

そして失敗しても完遂させるとーちゃんの教育方針は好きです。
失敗したままだと自信なくなっちゃいますもんね…
失敗しても信じて任せてやり遂げさせることで自信がつくわけです。
お陰でよつばの良い笑顔が見られて対満足であります。

ちなみによつばが何故クレープを食べたがっていたかですが、
風香に言われたというのもそうですが、
8巻で風香の文化祭で食べて美味しかったという印象があるからでしょうね。
そう考えると、風香も結構よつばに影響を与えているんだなぁ。

■第96話 よつばとよよぎこうえん

とーちゃんの妹である小春子が登場です!
ちなみに単行本で修正が入ってて電撃大王掲載時からちょっと変わってます。
具体的にどこが変わったかというと…
うーん、ちょっと大人っぽくなったかな?

今回、小春子に会いに来た理由ですが、
12巻でばーちゃんが言っていた通り、小春子の車を貰いに来たみたいですね。

これは恐らくMINI CONVERTIBLEですね。
中古なんだろうけど、都内で車を持てていることといい、
小春子は結構高給取りさんなんだろうか…
割りと優秀そうだしなぁ…
何よりメガネで黒髪ポニテだし…(奸計ない

■第97話 よつばとランチ

ホテルにランチを食べに行くとか…
ちょっと格好いいな…! 憧れる…!
お姫様みたい!

それにしても小春子さん…
よつばの食育的なアレといい、割りとマジメですよね。
そして何よりこれですよ。

君、JKだった頃に修学旅行のホテルのバイキングで、
「リミッター解除!」とか言ってたクチじゃないでしょうか?(笑

ばーちゃんと同じでレギュラーキャラにはなりそうにないけれど、
また出てくれると嬉しいですね。
正月には再会できそうだけど…
リアルだとあと何年かかるかな…
それだけがちょっと心配です。(笑

:: 2018/4/13 金曜日::

■[漫画]活躍するのはお兄様「魔法科高校の優等生」9巻

魔法科高校の優等生9巻魔法科高校の優等生9巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:佐島勤
作者名:森夕
Kindle版:魔法科高校の優等生 (9)
Kindle版まとめ買い:魔法科高校の優等生
DMM電子書籍:魔法科高校の優等生 (9)

本作は深雪視点のスピンオフですけど、
この9巻に限っては出番の多くは達也になっています。
まぁ、モノリスコードでの一条との対戦は九校戦では見所ですからね。
達也の活躍を見守る深雪というの見せ場と言えるでしょう。

深雪さん、良い笑顔です。
やはり達也への愛情が抑えられないというか、抑える気がないというか。
これでこそ深雪だと言えるでしょう。
ミーハーっぽいはしゃぎ方をしているほのかも可愛いですけどね。

ほのかも今回はミラージ・バットで活躍してくれたんだけど、
どうしても達也編が印象に残ってしまいますね。
まぁ、ほのか的には達也が活躍している方が嬉しいんだろうけど。
いや、一番嬉しいのは達也に褒めて貰うことかな?

それと巻末にちょろっとだけあった劇場版の感想漫画ですが、
森夕さんが描かれるリーナが可愛かったです。
できればリーナ編まで描いて欲しいけれど…
先は長いからなぁ。
あと何年かかるんだろうか…(笑

:: 2018/4/3 火曜日::

■[漫画]俺たちの戦いはこれからだ…!「絶対ナル孤独者」4巻

絶対ナル孤独者4巻絶対ナル孤独者4巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:川原礫
原作者サイト:
原作者twitter:川原礫 (@kunori) on Twitter
作者名:越水ナオキ
作者サイト:15th floor
作者twitter:越水ナオキ (@miz2215th) on Twitter
Kindle版:絶対ナル孤独者 (4)
Kindle版まとめ買い:絶対ナル孤独者
DMM電子書籍:絶対ナル孤独者 (4)

残念ながらこの4巻で完結です。
SAOの川原礫作品が原作でも中途半端なところで打ち切られるとか、
本当に出版不況なんだなぁ、と思い知らされますね。
結構好きな作品なんだけどなぁ。

好きな作品ではあるんですが、嫌いなキャラもいます。
3巻でも言いましたがオリヴィーこと斉藤オリヴィエです。
今回も私が嫌いなところが発露されまくりです。

主人公のミノルにはお前のミスでタクシーの運転手が死んだ、
と暴力をふるった上に罵るということを仕出かしたのに、
自分はその殺人犯である発火者を密かに包囲しようという作戦にこれですよ。

油断ならない強敵だと分かっているのに、
自己満足のロマンのために無駄に音をたてるバカ。
発火者が特課のメンバーの包囲に気付いたのって、
実はこのバカな所業のせいなのでは? と思いますね。

他人のミスには厳しくて、自分のミスには甘い。
というか自分のミスはミスだと気付かないその無神経さ。
だからオリヴィーって好きになれないんだよなぁ。

この巻で完結することの何が残念って、
オリヴィーが痛い目を見る前に終わることですね。
もう一人のヒロインだる小村スウが登場したばかりで、
出番をもっと見たいというのももちろんあるんですが。

ちなみに作者の越水ナオキさんは次作ではブギーポップを手がけるみたいですが…
実を言うと私はブギーポップを読んだことがないので、
ほぼ初体験になるので、割りと楽しみにしています。

:: 2018/3/29 木曜日::

■[漫画]お友達ごはん「新米姉妹のふたりごはん」5巻

新米姉妹のふたりごはん5巻新米姉妹のふたりごはん5巻
出版社:KADOKAWA
作者名:柊ゆたか
作者twitter:ゆたか (@yutaka7) on Twitter
Kindle版:新米姉妹のふたりごはん (5)
Kindle版まとめ買い:新米姉妹のふたりごはん
DMM電子書籍:新米姉妹のふたりごはん (5)

新米姉妹のふたりごはんも5冊目です。
流石にこれだけの時間があればあやりもサチとの仲だけでなく、
絵梨との仲も少しずつ深めていくわけで…
今回はちょっと絵梨を始め、他にも仲が良い子ができてきます。

あやりと絵梨のお出掛け回、良かったですね!
外出先でも制服なところは真面目なあやりらしいけれど、
そんなあやりが絵梨と一緒に服を選んでいるシーンとか、
とても普通の女の子っぽくて良かったです。

キグルミを真面目に気に入って着てしまうあたり、
とってもあやりらしいな、と思いました。(笑
似合うのはサチだと思うけれど、
楽しむあやりも可愛いと思うんですよね。

そんな可愛いところがあるあやりだけれど、
コミュ障が祟って学校で友達がいなかったのは予想通りというか…
まぁ、そんなあやりにも友達が出来たようで何よりですよ。
ちゃんと付き合えばあやりの可愛さは伝わりますもんね!
篠田さんから始めて、そこから少しずつ友達が増えていけば良いと思います。

しかし篠田さんに対して良いお姉さんをしようとするサチ…
いつもの子供っぽさを抑えてて「無理すんなよ…(笑」と思っちゃいましたね!
そのうちボロが出るような気がしますけど、
背伸びしてお姉さんぶるところもサチらしくもあります。

そんなサチの子供らしさが溢れるメロンパン回も良かったですね。

メロンパンには色々な種類があるのは知ってましたが、
それを自分で作れちゃうあたり、あやりはやっぱり凄いですね…
本当にサチは良い妹を持ったなぁ。
羨ましい…(笑

:: 2017/11/29 水曜日::

■[漫画]ネバーエンディングかわいい「苺ましまろ」8巻

苺ましまろ8巻苺ましまろ8巻
出版社:KADOKAWA
作者名:ばらスィー
作者サイト:ばら画像置き場

7巻の感想で「8巻が出るのはこのペースだと2017年頃になるかも」と言いましたが…、
正にその通りでしたね!
「苺ましまろ」4年半ぶりの新刊です!
帯に書いてある「かわいさ、超オリンピック級!!」というコピーは、
4年ごとにしか単行本が出ないことを暗喩しているのでしょうか…(笑

一話あたりのページ数は変わらないけれど、
連載時の掲載ページ数が毎月3ページとかだからこれくらい掛かっちゃうんですよねー
なので、連載読んでても面白さがピンと来ないことが多かったんですが、
単行本になってまとめて読むと面白さが衰えてないことがわかります。

ただ、流石に連載が長いので色々と変わったなぁ、と思うところもあります。
具体的に言うとスマホが出てきたことでしょうか。

小学生がスマホを持つというのは珍しいですが、
そもそも連載開始時の2001年にはスマホとか出てないですからね。
ある意味時代に合わせているなぁ、と思いますですよ。
まぁ、やってるネタは不変的な面白さなんですけどね。
何しろ上の画像を見て分かるとおり、バカがバカやってますから。
そんなバカに素直に騙される純真な茉莉ちゃんは相変わらず可愛すぎる…

ちなみにアナちゃんだからさり気なく普通にスマホを使ってますが、
美羽が自分用を買って貰ったら見せびらかすんだろうなぁ、と思います。
現時点でお母さんのスマホを借りて使いこなしているあたり、
子供らしいポテンシャル魅せてますが。

他にも初詣行ったり美羽考案の謎解きをやったり、
イベントものも結構色々とやってますが、
紙ずもうをやり始めて熱血展開になったり、
女の子らしい恋バナ(?)やったりと日常的なモノもあります。
まぁ、どれも笑えるエピソードばっかりなのはとても「苺ましまろ」してますが。(笑

いつまで経っても笑えて萌える面白さです。
ですが、続きが4年後にしか読めないのはちょっと悲しいですね…
東京オリンピックの前には読めるようにお願いしたいところであります。(笑

:: 2017/11/28 火曜日::

■[漫画]夢で会えたら「とある科学の超電磁砲」13巻

とある科学の超電磁砲13巻とある科学の超電磁砲13巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:鎌池和馬
作者名:冬川基
Kindle版:とある科学の超電磁砲 (13)
DMM電子書籍:とある科学の超電磁砲 (13)

学園都市で流行っている、相手に自分の夢を見させられるカード”インディアンポーカー”
その発信源である操歯涼子は自らの身体を二分割してまでサイボーグ研究をしている少女だった。
その研究の副産物として生まれたドッペルゲンガーの魔手が彼女に伸びようとしている時、
食蜂から操歯がサイボーグ研究を推し進める真の理由を聞いた御坂美琴と、
研究機関からドッペルゲンガー捕獲依頼を受けた暗部”屍喰部隊”がかち合って…

いやー、面白かったですね!
主に”屍喰部隊”のリーダーの胃痛的な意味で!(笑
暗部とはいえ実力的にはまだまだな”屍喰部隊”が第3位に敵うはずもなく、
想定外の機能を持った操歯涼子のドッペルゲンガーを相手に、
嘘で嘘を塗り固めて依頼達成のために御坂さんと上手いこと共同戦線を張るリーダー…
ちょっとチビるくらいに頑張る彼女が面白かったです。(笑

あと、目的を達成した後はもう逃げても良いはずなのに、
御坂さんのお人好しさと、寄せられた信頼に応える形で、
ツンデレ的に協力し、目的達成後も協力しているところは良かったですね。

暗部だなんだと言っても、根は良い子なんじゃないかなー、と思うわけですよ。
そこが可愛いと思っちゃうんですよね。
何よりマスク外した素顔も可愛いですし!

ドッペルゲンガーの望みも破滅的ではあるけれど、破壊的ではなく、
彼女が彼女なりの苦悩を持っているからこその事件だと考えると、
ちょっと同情的になってしまいますね。
最後の展開も、これはこれで良い終わり方じゃないかなー、と思います。

あ、もちろんのことですがこれで「とある科学の超電磁砲」は完結じゃありませんよ。
既に電撃大王本誌では新章が始まってますので、
次巻も楽しみにしておきましょう!
初っ端からラブでコメる御坂美琴さんは必読ですから!

:: 2017/11/27 月曜日::

■[漫画]たとえば帆風さんが食蜂さんといちゃいちゃしたりするそんな世界がもしあるとすれば。「とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ」1巻

「とある魔術の禁書目録」の外伝である「とある科学の超電磁砲」
その「とある科学の超電磁砲」の外伝がこの「とある科学の超電磁砲 アストラル・バディ」です。
外伝の外伝とかかなり珍しいコミカライズですが、
ぶっちゃけ「とある科学の超電磁砲」を読んでるだけで充分楽しめるかと思います。

この「アストラル・バディ」のコンセプトは常盤台の日常です。
超が付くほどのお嬢様学校である常盤台中学ですが、
御坂美琴さんと白井黒子さんおイメージのお陰で、
あまりお嬢様学校というイメージは薄いかもしれません。

ですが、そんなイメージを払拭できる主人公が配置されました。

食蜂派閥のNo.2にして銀髪縦ロールのお嬢様にしてLv.4の帆風潤子さんです!

所作や佇まいが優雅なのは当たり前で、
その思考回路もほんわりおっとりが基本の正にお嬢様!
超電磁砲11巻で卑猥な言葉を何一つ理解してなかったことから予想してましたが、
女の子同士の恋愛という発想がない初心さ!
純粋培養のお嬢様って感じがして、とても可愛いのです!

そんな帆風さんがオカルトな幽霊少女に取り憑かれて、
幽霊少女の正体を調べながら過ごす常盤台の日常が描かれています。
もちろん帆風さんは食蜂さんに心酔している派閥No.2ですので、
その日常における食蜂さん成分は必然的に多くなっております。

うーん、食蜂さんのむっちりフトモモ…
イイネ!
ちゃんとオーバーニーの締め付け跡をうっすらと描いているあたり、
脚へのフェチっぷりを感じますね!

「とある科学の超電磁砲」ファンなら充分楽しめると思います。
時系列的にはドリームランカー編直後くらいなので、
それほど違和感なく読めると思います。
まずはComicWalkerで1話をお読みください。
面白いよ!

:: 2017/10/30 月曜日::

■[漫画]農家で「はたらく魔王さま!」12巻

はたらく魔王さま!12巻はたらく魔王さま!12巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:和ヶ原聡司
原作者twitter:和ヶ原聡司 (@wagahara211) on Twitter
作者名:柊暁生
作者サイト:Christmas-holly
作者twitter:柊暁生 (@102_55) on Twitter
Kindle版まとめ買い:はたらく魔王さま!
DMM電子書籍:はたらく魔王さま! (12)

海の家のバイトから戻ってきたは良いけれど、
マッグの店舗改装まで暇な真奥の元にちーちゃんから仕事の依頼が舞い込むことに。
それはちーちゃんの父親の実家、長野での農作物収穫バイトで…

この12巻はBD/DVD特典の小説5.5巻のコミカライズです!
ですので原作読者の人でも知らない人が多いと思いますが、
非常に良い内容ですので安心してお読みください。
私としてはこのエピソードがコミカライズされるのを待ちに待ってましたからね!
どれくらい楽しみにしていかというと、
電撃大王のアンケートで何度も嘆願したくらいです。(笑
みんな… 意見を正規の手段で届けたら、結構願いは叶うものみたいだぞ…!

丁度この5.5巻が出た頃は「銀の匙 Silver Spoon」や「のうりん」で盛り上がっていた頃なので、
農作物関連の話題も意外としっかり描かれてますが、
私としてはやはりキャラクターの魅力に注目したいですね!
その筆頭はやはりメインヒロインのちーちゃんでしょう!

伯母や祖母に真奥との仲をからかわれたりしてアタフタしてるちーちゃん可愛い!
それに親戚の家ということもあり、くつろいでいる感じもあって良いですよね。
あと、何と言っても真奥とのコミュニケーションでしょう。
ラフな格好で会いに来たのに平然としている真奥への無言のリアクション!

原作にも描写があったけれど、
漫画で表現されたこの表情の変化に女性らしさを感じました。
この直後に真奥が時間差で感想を言ってきてアタフタするところも含めて可愛かったです。

それと私が大好きな鈴乃!
今回は農家のお手伝いということで和服も似合ってるし、
何よりおさんどんしている姿が板についていて可愛かったですね!

鈴乃は「デスサイズ・ベル」という異名を持っているし、
エンテ・イスラでは重要な役職に就いているみたいだけど、
こういった家事を担っている姿が一番似合ってると思うんですよね。
鈴乃の将来は、家事をするお母さん的ポジションで居て欲しいものです。

お母さんと言えばエミリアは…
実家での農家人生を奪った真奥たちに対して思うところはあるみたいですが、
それを飲み込んだ上で一緒に農作業が出来るあたり、丸くなったというか。
でも、それでもクマを相手にしちゃうあたりは、
やっぱり勇者だなぁ、と思いました。(笑
クマを相手にがっぷり四つに組み、昇竜から投げとか余裕でした。
うん… 純真なアラス・ラムスの言葉にトホホなところとか可愛かったですよ?

おまけと言ってはなんですが、
ちーちゃんの従兄の子供であるひーくんに操縦されるアルシエルが面白かったです。

原作読んだ時に、このシーンをビジュアルで見たかったんですよね。(笑
予想通りの構図で、予想以上に可愛く愉快で面白かったです!

HTML convert time: 1.057 sec. Powered by WordPress