ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2021/7/27 火曜日::

■[雑記]ゆるふわスローライフ?「廃バスに住む」1巻

廃バスに住む1巻廃バスに住む1巻
出版社:KADOKAWA
作者名:イチヒ
作者サイト:HOME | ichihi
作者twitter:イチヒさん(@ichihi_) / Twitter
連載サイト:廃バスに住む 無料漫画詳細 – 無料コミック ComicWalker
紙書籍通販:廃バスに住む (1)
DMM電子書籍:廃バスに住む (1)

イチヒさんの新作はタイトルそのまんまで、
水道管破裂による浸水被害に遭った教師の雨森はづき先生が、
何をどうしたのか廃バスに住み着くことになり、
ぷちアウトドアを楽しんでるのを眺めるお話です。

若い女性が鍵もない場所で一人で住んでいるとか、
治安の問題が心配になってしまいますが、
そこらへんはふわっとした感じでスルーされてますね。

まぁ、カラスの治安は悪いみたいだけど…
江ノ島のトンビみたいなスキルを持ってるカラスだなぁ…

美人だけどちょっとズレているところがあるはづきさんですが、
廃バス秘密基地のメンバーの大家くんにバレてもゆるふわで、
焦ることもなくのんびりしてて、流石だなぁ、と思いました。
彼女が照れたり焦ったりすることはあるのだろうか…

お風呂とかどうしてるのか気になりますが、
普通に銭湯とか使ってる気はします。
そこらへんの描写とかは2巻になるのかな?
お風呂回に期待…!

:: 2021/7/2 金曜日::

■[漫画]異世界で行商を始めました「佐々木とピーちゃん」1巻

アラフォー独身貧乏サラリーマンの佐々木が癒しを求めてペットショップで出会ったのは、
とても愛らしい文鳥だった。

文鳥に癒される日々を妄想していた佐々木だったが、
その愛らしい文鳥は…

異世界から転生してきた星の賢者様なのであった…!

今、ここに、神戸牛のシャトーブリアンを食べるスローライフを夢見て、
異世界転生文鳥と冴えない中年佐々木との共同作業が始まったのだ…!

という訳で「佐々木とピーちゃん」のコミカライズ1巻です。
原作も面白かったけど、このコミカライズも面白いですね。
ピーちゃんが佐々木とパスを繋いだときの演出とか、
原作だとそんな描写はなかったのに、まるで魔法少女の変身シーンみたいで笑えましたね…w

主人公は冴えない中年だし、画面映えしないだろうからコミカライズは難しいと思ってたんですが、
かなり頑張っていましたね。
特に序盤なんて女性キャラはお隣のJCちゃんくらいしかいないだけに、
どうなることかと思ったんですが、単純に原作の面白さを見せてて良かったです。
それと、カントクさんの絵柄に寄せて原作ファンとしても嬉しかったですね。

1巻は異世界貿易の話がメインでしたが、
2巻からは現代での異能力者との話がメインになると思います。
待望の女性キャラもどんどん出てくるので、
画面の華やかさという意味でも楽しみです。

:: 2021/6/24 木曜日::

■[漫画]アニメ化ですよ! おじさん!「異世界おじさん」6巻

異世界おじさん6巻異世界おじさん6巻
出版社:KADOKAWA
作者名:ほとん
作者サイト:殆ど死んでいる
作者twitter:ほとんさん(@almostdead2012) / Twitter
連載サイト:ComicWalker 異世界おじさん 
紙書籍通販:異世界おじさん (6)
Kindle版まとめ買い:異世界おじさん
DMM電子書籍:異世界おじさん (6)

めでたい! これはとてもめでたい!

まぁね、「異世界おじさん」の面白さは突き抜けてましたからね!
そりゃアニメ化されるに決まってますけど、
あの「殆ど死んでいる」のほとんさんの作品がアニメ化とか、
そりゃ同人誌をずっと読んでた私みたいにとっては喜びも一入ですよ!
いやー、ほとんさんも大きくなったなぁ…

さて、本編ではアリシアフラグ構築編、もとい温泉編も佳境ですよ。
アニメでは謎の白い光線が出るかどうか、コンプラ的にキワドイシーンから始まりますよ!

うーん、やはりアリシアが一番おっぱいが大きいな…
描き下ろし漫画でもあったけど、
わりとドジっ娘で性的アピールをしてしまうあたりもポイント高いですね。
恥じらいもちゃんとあるのが最高というか…
フラグが立ちまくって意識しはじめてるアリシアの可愛さが高まり続けていて、
これはエルフさんも邪魔しちゃいますわ…

ただまぁ、やはりエルフさんの可愛さも負けてないなぁ、とも思ったわけですよ。
たとえばおじさんの本名を知った時の嬉しそうな顔!

あれだけメンヘラというかヤンデレ一歩手前までいってたのに、
おじさんが本名を教えてくれたという、ただそれだけの事実でこの顔ですよ…
嬉しくて嬉しくて、それ以外の感情は完全になくなってて。
さっきまで嫉妬の炎で焼き尽くされそうだった心がこんなに喜びで溢れるだなんて、
エルフさんは本当に恋する乙女だなぁ!

しかもおじさんから綺麗なあだ名を付けて貰って、
これ以上ないくらいに赤面しているツンデレエルフさんの顔!
これにはアリシアもメイベルもまだまだかなわないですわ、
うーん、今のところヒロイン度No.1ですね!

ただ、そんなエルフさんもビックリのおじさんの行動の数々ですが、
ゲームで培われすぎた行動原理と、
異世界で身に染みすぎた陰惨な経験が合わさってしまった結果と考えると、
やむを得ないのかなぁ、と考える次第であります。

それにしても藤宮さんたちが考えてるように、
こんだけフラグを立てまくってたくせに、
それを全部放り投げて日本に戻ってきたんだよなぁ…
おじさん… 罪深いにも程があるぜ…

それと完全に余談というか、アレなんですが、
アニメではやはりSEGAはスポンサーになってくれるのでしょうか。
なってくれると良いなぁ…w

:: 2021/5/30 日曜日::

■[漫画]Key × ZENの新作!「神様になった日」1巻

神様になった日1巻神様になった日1巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:麻枝准
作者名:ZEN
作者twitter:ZENさん(@ZEN_KAMURO) / Twitter
連載サイト:神様になった日 無料漫画詳細 – 無料コミック ComicWalker
紙書籍通販:神様になった日 (1)
DMM電子書籍:神様になった日 (1)

据えZENのZENさんはもうすっかりKeyの公式コミカライズ作家ですね。
今度は「神様になった日」のコミカライズです。
私はアニメの方を観ていないので初見になるんですが、
key作品らしい破天荒なノリも多々あって1巻の時点で結構楽しいです。

ある日、成神陽太が出会ったオーディンと名乗る少女は自らを全知全能の神を自称。

とても信じられないし、ただの痛い子かと思ったんだけど、
予知能力めいたことを連発したため、
藁にもすがる想いで幼馴染みの想い人、伊座並さんと良い仲になりたいと願い、
色々と奮闘する物語です。
ただし世界の終わりまで30日しかない。

伊座並さんはクールビューティーだし、
陽太は幼馴染みなのに伊座並さんのことを全然理解してないし、
更には結構重度なシスコンだし、
やってることはクレイジーなわけですよ。

特にこの麻雀回はぶっ飛んでてかなり笑いましたねw
独創性が溢れすぎる役が出て、
ローカル役にしても無茶すぎるwww
無茶も通せば笑いになるというか、読んでてゲラゲラ笑っちゃいましたね…!

それでいて伊座並さんの亡きお母さんの回は泣き笑いさせにきたり、
Keyらしいなぁ、とも思う訳です。
続きが気になるので原作アニメを観たい気もしますが、
取りあえずZENさんのコミカライズのネタバレになるので、
まずはこのコミカライズを最後まで追っていきたい所存です。

:: 2021/3/11 木曜日::

■[漫画]あやせに定評のあるわたらい「俺の妹がこんなに可愛いわけがない あやせif」1巻

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=14864860

ピクシブ百科事典に事後に定評のあるわたらいという項目があるくらいの渡会けいじさんですが、
俺妹本編連載時はあやせを中心とした事後絵を大量に描いてらしたんですが、
まさか公式作家としてあやせif漫画を描くことになるとは思いませんでした…!
あれだけあやせイラストを描いていたし、今までも多数の作品を描いてる実力あるし、
最高のコミカライズ担当作家だと言えましょう。

という訳で原作あやせif上下巻のコミカライズなんですが…

最高の出来ですね…!

まず表紙からして本編1巻のオマージュであり、
ちゃんとかんざきひろさんの絵柄に寄せているのがファン心をくすぐります。
桐乃は怒ってる顔でしたが、あやせはあやせらしい表情してて良いし、
京介もあやせへの想いが伝わってきますね。

あと、やはり漫画なのでどのページをめくってもあやせが居るんですが(当たり前)
どのあやせも可愛いんだよなぁ…

京介に相談するあやせも可愛いし、
桐乃にドン引きしてるあやせも可愛いし、
涙目になっているあやせも可愛いし、
笑顔を見せてくれるあやせが最高に可愛いのです!

そしてそして!
あやせと言えば忘れてならないハイキック!

うーん、100点満点!

アニメに負けない躍動感のある、腰の入ったハイキックですね!
京介、よくこれで意識飛ばなかったな…w

ちなみに渡会けいじさんがノリノリで描いたであろうあやせはこちらですね。

あやせがこの目をしているイラストを私はpixivで大量に見たことがある気がするぞ…!

もちろん、真面目に漫画としても良く出来ています。
原作の行間を読んで、あやせの可愛らしい乙女心をちゃんと汲み取って、
さり気ないコマであやせが恋心を育んでいるところを描写しているのは、
ちゃんと原作を読み込んでいるなぁ、と感じられますしね。
そんなシーンにはキュンキュンしちゃいますよ。

それとインタビューを読んで知ったんですが、
確かにあやせは同じ私服を着ていないですね…
うーん、乙女心…!

ComicWalker連載なので無料で最新話が読めますし、
第一話はTwitterにも掲載されてます。

とても良い出来なので、渡会けいじさんファンも俺妹ファンもみんな是非とも読んでください。
最高にあやせが可愛いので!

:: 2020/10/29 木曜日::

■[漫画]可愛い子との出会いとしばしの別れ「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」6巻

デイルの里帰りの旅に同行したラティナ。
初めての旅を楽しんでいたラティナだったけれど、
港街クヴァレで立ち寄ったレストランで偶然魔人族の女性と出会ったことで、
自分のルーツである魔人について尋ねることになり…

ちょっと時間が空いてしまいましたが6巻も面白かったです。
6巻で魔人族の女性から魔人について色々聞くことが出来たり、
デイルが所属するティスロウのことについて教えて貰ったり、
ラティナだけでなく読者にとっても初めての情報が多かったです。

その初めてのことの一つに立ち寄った獣人族のことがあるんですが、
そこで出会ったデイルの友人であるビュンテの子供、マーヤちゃんは可愛かったですね。

ラティナが面倒を見る、妹のような存在ですが、
とても可愛いくてラティナがお姉ちゃんしてて微笑ましかったですね。
マーヤちゃんも初めてラティナを見た時は恥ずかしがってたのに、
すぐに打ち解けて仲良くなるところとか、めっちゃ可愛かったですし、
ラティナとお別れすることになって号泣するところも可愛かったです。

何というか、普通の子供っぽいと言いましょうか。
子供の子供らしさの描写が素晴らしく上手いですね。
お盆や正月に祖父母の家に集まったいとこ同士を見ている気分でした。

ティスロウの村での話はまだ始まったばかりなので、
次の7巻も楽しみです。

HTML convert time: 0.784 sec. Powered by WordPress