りゅうおうのおしごと! 15 小冊子付き特装版 9月15日頃発売!
幼馴染みの年上の巨乳JDが本気を出してきたぞ!
:: 2021/9/11 土曜日::

■[ラノベ]風が吹く前「精霊幻想記 20.彼女の聖戦」

精霊幻想記 20.彼女の聖戦精霊幻想記 20.彼女の聖戦
出版社:ホビージャパン
作者名:北山結莉
作者サイト:北山結莉
作者twitter:北山結莉さん(@yuri_kitayama) / Twitter
絵師名:Riv
絵師twitter:Rivさん(@rivleaf) / Twitter
連載サイト:精霊幻想記(Web版)
紙書籍通販:精霊幻想記 20.彼女の聖戦
Kindle版まとめ買い:精霊幻想記
DMM電子書籍:精霊幻想記 20.彼女の聖戦

ハルトに心臓を貫かれても復活した聖女エリカはガルアーク王国への聖戦を布告する。
勇者として召喚された彼女が王制打倒のために破滅的に邁進する原因は、
貴族の横暴と村人の愚かさによって自分と婚約者を殺された凄惨な過去だった。
一方、ガルアーク王国へと帰国したハルトは勇者沙月への訓練を行うが貴族の反感を招き…

うーん、このオチは何とも…
カラー口絵が不穏な感じだったので身構えてましたが…
端的に言うとうしとら的な展開ですね…
これはしばらく鬱っちゃう感じだなぁ…

前半はリーゼロッテの恋(無自覚)が可愛らしかったり、
ドヤ顔セリア先生が可愛らしかったりと微笑ましかったんですが、
途中からグレゴリー公爵の足の引っ張り合いが見苦しくなりましたね…
まぁ、予想通りちゃんとざまぁ展開だったのにはスッキリしましたけども。
騎士のウィリアムはわりと好感が持てたけれど、公爵は最後までダメダメでしたね。

そして聖女エリカとの戦いですが、
はじめは不死の彼女を封印するものだと思ってたんですよ。
ただ、途中から一気によくわからない展開になったと思ったらアレですからね…
かなりチンプンカンプンなところにオチがアレなわけで…
うーん、この先がどうなるのか読めないわ…

:: 2021/6/11 金曜日::

■[ラノベ]冥王、殺人姫、蒼穹歌姫「インフィニット・デンドログラム 16.黄泉返る可能性」

今回のインフィニット・デンドログラムはユーゴーたちがメインの物語。
レイとネメシスの出番は全くないけれど、
レイとネメシスと対になる超級タッグは出てきます。
その名は冥王ベネトナシュとそのエンブリオのペルセポネ。
もう一つのレイの可能性です。

黄河から盗まれた珠を巡る三つ巴の勢力がカルディナ第二の都市コルタナに集うことで、
珠の持ち主である悪徳市長を中心に騒動が起こってしまうんですが、
市長は自業自得でざまぁ展開で爽快感はありましたが、
市長の犠牲になった人々の悲劇の前には微々たるものでしょうね。
それを体感できてしまうからこそ、冥王はリアルの人生を投げ捨てて、
この世界を生きているのが悲しいですね。

殺人姫エミリーの強さは常軌を逸してましたが、
ユーゴーは相性差と成長した観察眼と諦めのなさが上手いこと噛み合いましたね。
とはいえ、偶然というか運の部分が多いので、
二回目が通じるかは微妙なところだとは思うのですが…

それにしても冥王の必殺技はわりと反則級ですよね。
もちろん、彼が今まで培ってきた信頼と実績あってこそですが、
英霊召喚みたいなものじゃないですか。
どれだけ引き出しがあるのかわからないだけに初見殺しが出来そう…

レイと冥王が出会った時に何が起こるのか…
心配であり、楽しみです。

:: 2021/5/3 月曜日::

■[ラノベ]ハルトに仕える者の矜持「精霊幻想記 19. 風の太刀」

精霊幻想記19. 風の太刀精霊幻想記19. 風の太刀
出版社:ホビージャパン
作者名:北山結莉
作者サイト:北山結莉
作者twitter:北山結莉さん(@yuri_kitayama) / Twitter
絵師名:Riv
絵師twitter:Rivさん(@rivleaf) / Twitter
連載サイト:精霊幻想記(Web版)
紙書籍通販:精霊幻想記 19.風の太刀
Kindle版まとめ買い:精霊幻想記
DMM電子書籍:精霊幻想記 19.風の太刀

聖女エリカから辛うじてリーゼロッテを救出できたハルト。
しかし覚醒勇者の圧倒的な能力には手ひどくやられてしまう。
ハルトが負傷しているのを好機と見たレイスは、
逆恨みに燃える天上の獅子団を使嗾してガルアーク王国に強襲を仕掛けて…

かつてハルトが危惧した通り、ハルトを恨む者たちが美春たちを襲うことになり、
レイスのチートな能力と傭兵たちの悪逆さに背筋が凍る思いでしたね。
サラにアルマといった精霊の里出身の女の子たちが強いのは分かってましたが、
それにしたってレイスに何枚も切り札をきられて窮地に陥ってしまったのにはハラハラしました。

でも、だからこそそこに間に合ったゴウキたちが輝いてましたね。
ハルトの両親にして親友夫婦の敵討ちに助力することは叶わなかったけど、
その仇敵の部下たちからハルトの大事な人たちを守ることが出来たとか、
武士として本懐を遂げたようなものでしょう。
ゴウキ夫妻は本当に良い仕事をしてくれたなぁ。

ただ、ハルトの手札が次々と明らかにされたため、
ガルアーク王国でもハルトの出生の秘密とかがバレる可能性もあるわけで…
しかもレイスがこれからも暗躍し、聖女エリカが侵攻してくるんだよなぁ…
ハルトはこれからも大変ですね。
とはいえ味方も多く、そして強いことが今回よく分かったので多少は安心できるかと思います。
女性関係に関してはゴウキさんは力になれそうもないですけどね…!w

:: 2021/2/7 日曜日::

■[ラノベ]期待のヒーロー「インフィニット・デンドログラム」15巻

インフィニット・デンドログラム15巻インフィニット・デンドログラム15巻
出版社:ホビージャパン
作者名:海道左近
作者サイト:海道 左近
絵師名:タイキ
絵師サイト:LUSTER
絵師twitter:タイキさん(@taiki99) / Twitter
紙書籍通販:インフィニット・デンドログラム 15. GAME OVER
Kindle版まとめ買い:インフィニット・デンドログラム
DMM電子書籍:インフィニット・デンドログラム 15. GAME OVER

講和会議の席で行われた獣王との戦い。
そしてその裏ではクラウディアが企み盗賊王ゼタが実行した王都襲撃があった。
犯罪クラン<IF>が作りあげた改人たちが跳梁跋扈する中で、
王都に残ったマスターたちは壮絶な戦いを繰り広げ…

ライザーさん、最高に格好いいですよね…
登場初期からネタキャラのようで噛ませ犬のようであったライザーさんですが、
何度負けても折れず、諦めず、立ち上がり、
恩人との絆の結晶を最後まで使い切って人々を護るとか…
熱いにもほどがあるでしょう…!
ライザーさん、貴方こそヒーローですよ…!

そして王城に侵入した改人たちですが、
テオドールたち聖騎士の戦いが熱かったですね!
圧倒的なレベル差を前に諦めずに戦う姿は、
かつて目の当たりにしたレイに影響を受けているんでしょうね…
その努力が見事に結実した瞬間には熱くこみ上げるものがありましたよ…

そして色々と出てきたこの世界の設定ですが中々に濃いですね…
これ、何とも難しいというか何というか。
邪神を倒したいクラウディアと、妹を護りたいアルティミアで、
絶対に相容れない関係が詳らかになってしまったというか。
平和な解決策が見当たらないですね…

次回からはレイ以外が主人公の物語に移りますが、
Web版から考えると結構な長編になりそうですね。
次にレイたちが出てくるのは何巻あとかな…?

:: 2020/12/17 木曜日::

■[ラノベ]破滅の聖女「精霊幻想記 18. 大地の獣」

精霊幻想記18. 大地の獣精霊幻想記18. 大地の獣
出版社:ホビージャパン
作者名:北山結莉
作者サイト:北山結莉
作者Twitter:北山結莉さん (@yuri_kitayama) / Twitter
絵師名:Riv
絵師Twitter:Rivさん (@rivleaf) / Twitter
連載サイト:精霊幻想記(Web版)
紙書籍通販:精霊幻想記 18.大地の獣
Kindle版まとめ買い:精霊幻想記
DMM電子書籍:精霊幻想記 18.大地の獣

聖女エリカを名乗る勇者・桜葉絵梨花に攫われたリーゼロッテを助ける為、
エリカを追うことになったリオとアリア。
そしてリオを危険視するレイスはリオを二重尾行し、
更には帝国で強襲部隊を編成しつつあり…

リオはチートだと思ってましたけど、
本当のチートは勇者なんですね…
リオは努力と才能でチートに近い実力を得ているだけで、
神から与えられただけで大地を揺るがす力を得たとか、
勇者は本当にチートだわ…

エリカだけど、民衆が破綻することをわかっていながら王制を破壊しようとしているような…
王制による権力構造で婚約者を殺されてしまったなら、
破滅願望を抱いて民衆を率いてこの世界がどうなろうとも、
王制を全部破壊してしまおう、というつもりなのかも知れませんね…

それにしてもレイスは本当に不気味ですね。
こいつだけは何をやるつもりなのかさっぱりわかりません。
敵討ち部隊はリオを襲うつもりなのか、それともガルアーク王国の仲間を襲うつもりなのか…
後者の場合ならムラクモからの部隊が活躍してくれそうですね…

:: 2020/10/17 土曜日::

■[ラノベ]綱渡りの詰め将棋の果てに…「インフィニット・デンドログラム 14 物理最強」

インフィニット・デンドログラム14巻インフィニット・デンドログラム14巻
出版社:ホビージャパン
作者名:海道左近
作者サイト:海道 左近
絵師名:タイキ
絵師サイト:LUSTER
絵師twitter:タイキ / taiki −𝗦𝗦𝗦さん (@taiki99) / Twitter
紙書籍通販:-インフィニット・デンドログラム- 14.物理最強
Kindle版まとめ買い:-インフィニット・デンドログラム-
DMM電子書籍:-インフィニット・デンドログラム- 14.物理最強

ガードナー獣戦士理論の究極形にして完成形。
世界最高のステータスを持つ超級ベヘモット。
彼女を倒すために策を練りに練ってきたレイだけど、
超級の中でもシンプルな強さを極めた彼女に対して、
そもそもまともな戦いが出来るのか…?

ベヘモットへの対策を練っているのはわかってたんですよ。
何しろ情報はかなり揃っているし、味方には頭脳戦が強いルークがいるし。
とはいえ、それでもこんなに味方がバタバタ死ぬとは。
というか、詰め将棋のように詰めても新しい情報で一発で盤面がひっくり返るとか、
わりと絶望的なんですよね。

それでも諦めずに立ち向かうあたりが不屈なんだけど、
文字通り自分が死んだとしても一矢報いるとか、とてもレイらしいな、と。
そして見事に漁夫の利を得ているところとか月夜先輩らしいな、と。
いやほんと、皇国のことを言えないくらいに悪辣でしたね、月夜先輩。

クラウディアの事情とかも結構ディープみたいですが、
それについていけるアルティミアも大概タフですよね。
親友として通じ合っているけれど、
お互いに譲れないモノのために戦争に突入するわけですが…

その前にまずは王都での戦いもありますね。
あっちはあっちで結構なバトルなので楽しみです。

HTML convert time: 0.632 sec. Powered by WordPress