りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2021/2/7 日曜日::

■[ラノベ]期待のヒーロー「インフィニット・デンドログラム」15巻

インフィニット・デンドログラム15巻インフィニット・デンドログラム15巻
出版社:ホビージャパン
作者名:海道左近
作者サイト:海道 左近
絵師名:タイキ
絵師サイト:LUSTER
絵師twitter:タイキさん(@taiki99) / Twitter
紙書籍通販:インフィニット・デンドログラム 15. GAME OVER
Kindle版まとめ買い:インフィニット・デンドログラム
DMM電子書籍:インフィニット・デンドログラム 15. GAME OVER

講和会議の席で行われた獣王との戦い。
そしてその裏ではクラウディアが企み盗賊王ゼタが実行した王都襲撃があった。
犯罪クラン<IF>が作りあげた改人たちが跳梁跋扈する中で、
王都に残ったマスターたちは壮絶な戦いを繰り広げ…

ライザーさん、最高に格好いいですよね…
登場初期からネタキャラのようで噛ませ犬のようであったライザーさんですが、
何度負けても折れず、諦めず、立ち上がり、
恩人との絆の結晶を最後まで使い切って人々を護るとか…
熱いにもほどがあるでしょう…!
ライザーさん、貴方こそヒーローですよ…!

そして王城に侵入した改人たちですが、
テオドールたち聖騎士の戦いが熱かったですね!
圧倒的なレベル差を前に諦めずに戦う姿は、
かつて目の当たりにしたレイに影響を受けているんでしょうね…
その努力が見事に結実した瞬間には熱くこみ上げるものがありましたよ…

そして色々と出てきたこの世界の設定ですが中々に濃いですね…
これ、何とも難しいというか何というか。
邪神を倒したいクラウディアと、妹を護りたいアルティミアで、
絶対に相容れない関係が詳らかになってしまったというか。
平和な解決策が見当たらないですね…

次回からはレイ以外が主人公の物語に移りますが、
Web版から考えると結構な長編になりそうですね。
次にレイたちが出てくるのは何巻あとかな…?

:: 2020/12/17 木曜日::

■[ラノベ]破滅の聖女「精霊幻想記 18. 大地の獣」

精霊幻想記18. 大地の獣精霊幻想記18. 大地の獣
出版社:ホビージャパン
作者名:北山結莉
作者サイト:北山結莉
作者Twitter:北山結莉さん (@yuri_kitayama) / Twitter
絵師名:Riv
絵師Twitter:Rivさん (@rivleaf) / Twitter
連載サイト:精霊幻想記(Web版)
紙書籍通販:精霊幻想記 18.大地の獣
Kindle版まとめ買い:精霊幻想記
DMM電子書籍:精霊幻想記 18.大地の獣

聖女エリカを名乗る勇者・桜葉絵梨花に攫われたリーゼロッテを助ける為、
エリカを追うことになったリオとアリア。
そしてリオを危険視するレイスはリオを二重尾行し、
更には帝国で強襲部隊を編成しつつあり…

リオはチートだと思ってましたけど、
本当のチートは勇者なんですね…
リオは努力と才能でチートに近い実力を得ているだけで、
神から与えられただけで大地を揺るがす力を得たとか、
勇者は本当にチートだわ…

エリカだけど、民衆が破綻することをわかっていながら王制を破壊しようとしているような…
王制による権力構造で婚約者を殺されてしまったなら、
破滅願望を抱いて民衆を率いてこの世界がどうなろうとも、
王制を全部破壊してしまおう、というつもりなのかも知れませんね…

それにしてもレイスは本当に不気味ですね。
こいつだけは何をやるつもりなのかさっぱりわかりません。
敵討ち部隊はリオを襲うつもりなのか、それともガルアーク王国の仲間を襲うつもりなのか…
後者の場合ならムラクモからの部隊が活躍してくれそうですね…

:: 2020/10/17 土曜日::

■[ラノベ]綱渡りの詰め将棋の果てに…「インフィニット・デンドログラム 14 物理最強」

インフィニット・デンドログラム14巻インフィニット・デンドログラム14巻
出版社:ホビージャパン
作者名:海道左近
作者サイト:海道 左近
絵師名:タイキ
絵師サイト:LUSTER
絵師twitter:タイキ / taiki −𝗦𝗦𝗦さん (@taiki99) / Twitter
紙書籍通販:-インフィニット・デンドログラム- 14.物理最強
Kindle版まとめ買い:-インフィニット・デンドログラム-
DMM電子書籍:-インフィニット・デンドログラム- 14.物理最強

ガードナー獣戦士理論の究極形にして完成形。
世界最高のステータスを持つ超級ベヘモット。
彼女を倒すために策を練りに練ってきたレイだけど、
超級の中でもシンプルな強さを極めた彼女に対して、
そもそもまともな戦いが出来るのか…?

ベヘモットへの対策を練っているのはわかってたんですよ。
何しろ情報はかなり揃っているし、味方には頭脳戦が強いルークがいるし。
とはいえ、それでもこんなに味方がバタバタ死ぬとは。
というか、詰め将棋のように詰めても新しい情報で一発で盤面がひっくり返るとか、
わりと絶望的なんですよね。

それでも諦めずに立ち向かうあたりが不屈なんだけど、
文字通り自分が死んだとしても一矢報いるとか、とてもレイらしいな、と。
そして見事に漁夫の利を得ているところとか月夜先輩らしいな、と。
いやほんと、皇国のことを言えないくらいに悪辣でしたね、月夜先輩。

クラウディアの事情とかも結構ディープみたいですが、
それについていけるアルティミアも大概タフですよね。
親友として通じ合っているけれど、
お互いに譲れないモノのために戦争に突入するわけですが…

その前にまずは王都での戦いもありますね。
あっちはあっちで結構なバトルなので楽しみです。

:: 2020/9/19 土曜日::

■[ラノベ]聖女STRIKE!「精霊幻想記 17. 聖女の福音」

精霊幻想記17. 聖女の福音精霊幻想記17. 聖女の福音
出版社:ホビージャパン
作者名:北山結莉
作者サイト:北山結莉
作者twitter:北山結莉さん (@yuri_kitayama) / Twitter
絵師名:Riv
絵師twitter:Rivさん (@rivleaf) / Twitter
連載サイト:精霊幻想記(Web版)
紙書籍通販:精霊幻想記 17.聖女の福音
Kindle版まとめ買い:精霊幻想記
DMM電子書籍:精霊幻想記 17.聖女の福音

ガルアーク王国での平和な日々の中、
シャルロット王女の要望で護衛騎士たちへの教導をすることになったリオ。
女性ばかりで居たたまれなさがありながらも平穏で充実していたけれど、
復讐が完遂した報告のためにも精霊の民の里へ行くことになり、
セリアも一緒に赴くことになるんだけど…

セリアなら大丈夫だと思ってましたけど、やはり精霊の民たちにはすんなり受け入れられましたね。
やはりその性格もさることながら、リオの恩師というのが大きそうです。
そして精霊の里でまさかの再会をすることになったらカラスキ王国の忠臣たちですが、
ゴウキたちは納得なんですが、サヨとシンの兄妹も一緒とは…
サヨさん、本当にリオのことが好きなんだなぁ…

それだけにリオのハーレム(仮)を見て萎縮してしまわないかと心配だったのですが、
そこは美春ちゃんが良い仕事してくれましたね。
まさかこの二人にこんな共通点があったとは気付きませんでした。
意外とサヨさんにもワンちゃんあるのかもしれない…

しかし聖女の来襲には驚きましたね。
言ってることが無茶苦茶だと自覚してそうなのに、
あそこまでやることが強引なのは破滅願望でもあるのでしょうか…
好きな人と絶対に会えなくなったから自暴自棄にでもなってるのかな…
まぁ、勝手に召喚されたんだから正当な怒りだとは思いますが、
リーゼロッテさんは完全にとばっちりだよね…

それはそうと坂田弘明くんですが…
彼はずっとオタ活していたらかなり平和なのではないでしょうか…w
正直ちょっと可愛く思えてきた今日このごろですw

:: 2020/6/4 木曜日::

■[ラノベ]理不尽な死に終止符を「インフィニット・デンドログラム 13.バトル・オブ・ヴォーパルバニー」

皇国からの申し出によって講和交渉を行うことになった王国。
講和が成されれば良いけれど、戦争になったらランカーじゃないと参加できない。
レイはチェルシーのクランに間借りさせてもらうはずが、
痴情のもつれで解散してしまっていたため、自らクランを立ち上げることになるが…

今回は前後編ですね。
前哨戦としては強者すぎる二人の戦いもありましたが、
主人公であるレイたちの戦いはまだこれからですからね。
14巻が待ち遠しいですが、我慢できな人はWeb原作を読むことをオススメしますw

それにしても皇国の陰謀が悪辣 of 悪辣ですね。
ルールの隙間を突いてくる上に、
それがダメでもすぐ次のプランに移行できるとか、
流石はフランクリンを擁する国家だけありますよ。

それだけにお馬鹿な魔将軍は逆に可愛いというか。
アッサリと女化生先輩に即死コンボ決められてて、
情報に疎いデメリットをこれ以上なく見せつけてくれましたね。
いやはや、連敗記録が更新されたみたいで喜ばしいことですw

美味しいところは14巻に持ち越しなのが残念ではあるのですが、
カシミヤの強さの秘密がわかるのは美味しかったと思います。
うーん、子供なのに思慮深く努力も怠らず…
同じ子供なのに魔将軍とどうしてこんなに差がついたのか…
慢心… 環境の差…

:: 2020/4/11 土曜日::

■[ラノベ]これぞハーレムラブコメ!「精霊幻想記 16. 騎士の休日」

精霊幻想記16. 騎士の休日精霊幻想記16. 騎士の休日
出版社:ホビージャパン
作者名:北山結莉
作者サイト:北山結莉
作者twitter:北山結莉 (@yuri_kitayama) | Twitter
絵師名:Riv
絵師サイト:SOLOIST
絵師twitter:Riv (@rivleaf) | Twitter
連載サイト:精霊幻想記(Web版)
紙書籍通販:精霊幻想記 16.騎士の休日
Kindle版まとめ買い:精霊幻想記
DMM電子書籍:精霊幻想記 16.騎士の休日

Web版を読んでたんですがここ最近の更新はないし、
そもそもここしばらく文庫版と内容が分岐しちゃってるので、
年末年始あたりに既刊がKindleでセールだったので読破し、
この度最新巻を購入して追いついた次第です。

前世の名前であるハルトを偽名として名乗りながら、
リオとしての人生の仇敵であるルシウスを討ったことで、
一区切りがついたんだけど、
ハルトとしてではなく、あくまでリオとしての人生をいきてくることにして…

うーん、とってもハーレムルートですね。
ハルトを巡って恋心を表に出すか出さないかの違いだけで、
みんなハルトにラブってるのが最高にニヤニヤできますね。
幼馴染みスキーの私は美春推しなんですが、
ライバルが手強すぎるのがちょっと心配ですね。

召喚勇者は瑠衣と沙月以外はちょっと印象が悪いんですが、
今回Web小説のことで怜くんと盛り上がっている弘明を見てると、
ちょっと好感度が上がってしまいましたねw
たまたま貰ったチート能力で無双したいだけの努力もしないイキリ馬鹿という認識だったんですが、
単なる年相応の男の子なんだな、と思わされたというか。
彼は怜くんとオタトークしているだけの方が幸せなんじゃないかな…

それにしてもWeb版とは結構分岐しましたね。
はたして次はどうなるのかな。
そろそろカラスキ王国の人たちと再会したりしないかな?
とは思うのですが、ラストになんか変な人も出てきたし…
うーん、読めない…

HTML convert time: 0.610 sec. Powered by WordPress