本好きの下剋上 ハンネローレの貴族院五年生 1巻、8月10日発売!
本好きの下剋上の待望の続編が早くも刊行開始!
:: 2023/5/30 火曜日::

■[ラノベ]呪いの戴冠「みつばものがたり 2 呪いの少女と死の輪舞」

呪詛と即死呪文を10年間溜め込んだものを人の形にしたようなもの、ミツバ・クローブ。
呪われた彼女を葬るために継母のミリアーネが奸計を巡らせたせいで戦争が勃発し、
ローゼリア王国は崩壊の一途を辿るのであった…

という訳で怒濤の展開が詰め込まれた2巻です。
戦争もあるし革命もあるよ!
ルームメイトのクローネとサンドラも活躍するよ!
そして何よりも血と呪いに彩られた展開ですよ!

ミツバは直接的に殺そうとすると呪いで死んでしまうから、
戦争の最前線に立たせて敵国に殺して貰おうというのはわかるんだけど、
そのためだけに戦争をして領土を切り取られるのはアホすぎる…!
でも、自分以外はどうでも良いと考えてるのがとても貴族っぽいですね!
国王も善人なんだけど、能力がないのが悪ですね!
為政者というのは能力が全て!

そして能力を持つクローネが躍進するのもまた戦争らしいですね。
容赦ない作戦で敵軍の騎兵を多数討ち取り、味方を上手く使ってて、
女傑っぷりが半端ないですよ!
さすが、ミツバと仲良いだけあります。

そのミツバも革命のただ中に有っても自分の立場を確保しつつ、
機を見るに敏であり、容赦ない手段で美味しいところを奪取してて、
本当にイカしますよね!
暴力の使い所をよく弁えていると思います。

ミツバが支配することでこれからローゼリアがどうなるのかはまだわかりません。
Web版も作者の七沢またりさんに第二子がお生まれになったので(おめでとうございます)、
しばらく停滞することになりそうなので…
3巻が出るのはまだまだ先だろうな、と思います。
ただ、2巻以上にハチャメチャになりそうなので、
そういった意味では楽しみです。

:: 2022/12/2 金曜日::

■[ラノベ]七沢またり最新作!「みつばものがたり 1 呪いの少女と死の輪舞」

ローゼリア王国の有力貴族家ブルーローズの跡取り娘として生まれたミツバは、
死産に近く、産まれてからずっと植物状態だったけれど、
金と魔術の力で延命し、10年という歳月を経てついに意識を取り戻した。
3つの魂と莫大な呪いの力を内包した身体を持つミツバを中心に物語は廻りだす…

「死神を食べた少女」「勇者、或いは化け物と呼ばれた少女」「火輪を抱いた少女」
クレイジーな女主人公たちを生み出した七沢またりさん、お久しぶりの新作です。
活動報告によると子育てとか大変みたいですから、6年振りになるのも仕方ないでしょう。
レーベルがMFブックスになってるのは何かあったのかな…?

まぁ、それはともかく本作の主人公であるミツバですが、
今までの作品のように武力がおかしい少女ではありません。
呪詛と即死呪文を10年間詰め込んで出来上がった呪い人形です。
オートカウンターで悪意に対して即死の呪詛が発動しちゃうし、
もちろん任意でも発動できちゃいます。
更に死んでも自動でザオリクが発動しちゃうので対処のしようがありません。
唯一の対策は、敵対せずに仲良くなるだけなのです。
わりと無理ゲーですね!

魔術がある世界だけど、耐魔障壁が出来たことで魔術の有効性が低下した魔術大国が、
魔術で鉛の弾を撃ち出す発明をニコレイナス女史が生み出しちゃったものだから、
戦争で飛び散る血潮が倍増しちゃったデンジャラスすぎる世界観です。
何となく第一次世界大戦前後のヨーロッパっぽい雰囲気ですね。
ローゼリア王国はフランスっぽい国です。
あくまでっぽいですが。

ミツバは貴族の両親は死んで、実家を乗っ取ろうとしている継母には追い出され、
士官学校で砲兵となる勉強をしているんだけど…
そこで出会ったカリスマと武力を持つクローネと、共和制信奉者のインテリ眼鏡のサンドラ。
何だかんだで交流がある二人は今のところミツバとは良い関係なんだけど、
将来のことはわからないんだよね、これが。
煮こごりにならないことを祈るばかりですよ。

1巻では世界観や登場キャラの紹介というか見せ方が大半ですが、
後半にはミツバのクレイジーさがこれでもかというほど見せてくれるので、
ちゃんと満足感は得られると思います。
大砲を使って血と臓物を撒き散らしてくれますよ!
しっかりと士官学校の勉強を活かせて良かったね!

今のところWeb原作は2巻分までは書かれているので、
この1巻の売り上げが大丈夫なら2巻は出ると思うのですが、
1巻以上にクレイジーなのでお覚悟をお願いします。
Web原作の続きも早く読みたいものです。

:: 2014/8/30 土曜日::

■[ラノベ]大森林のスローライフ「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」4巻

Web連載は最近シリアス展開を突っ走ってますが、
この4巻ではかなりコメディ路線で突き進んでいます。
一年で魔大陸を縦断し、冒険者ランクもAに上がったルーデウスたち「デッドエンド」が、
海を渡ってミリス大陸に到達してからの冒険する内容になってます。

今回は結構大胆にWeb版から変えてきてますね。
ルイジェルドの運賃が高すぎて密輸業者を使うのは同じですが、
書籍版では密輸業者の方から接触してきた上に、
ミリス大陸の倉庫でルイジェルドが暴れるのも向こうの依頼ってのが大きな変更ですね。
まぁ、その密輸業者も裏で色々動いていたせいで、
ルーデウスの意外なバトル展開があったのが一番の驚きかな。
でも、そのお陰でルーデウスがキシリカから下賜された予見眼が活躍出来たし、
新入りことギースの経験が活かせていて、良い改変だったと思います。
その余波のせいか大森林での空飛ぶ特訓がスルーされたのはちょっと残念だったけど。

ちなみに4巻で一番好きなシーンは全裸DEルーデウスの牢屋生活ですね。(笑
冤罪で牢屋に押し込まれるとか普通は読者もストレスが溜まるもんですが、
捕まった時から一貫してお気楽的な脳内思考をしていたお陰か、
それとも前世のニート生活を彷彿とさせるふてぶてしさのお陰かは判りませんが。
特にギースが来た時の涅槃仏のポーズとかはかなり笑っちゃいましたねー
しかしこののんびりしていたスローライフの後に、
ミリシオンであんな展開が待っているとは思わなかったのです…

それはそうと、ルーデウスとすれ違ったロキシーですけど、
彼女が思い描く理想…、というか妄想の男性との出会いに関してですが、
読者の想像通り、アレでソレして実現します。
とはいえ、それはまだまだ先のことで恐らく10巻ほど先になると思います。
我慢出来ない人はWeb版を読破しちゃうことをオススメしますですよ!

:: 2014/5/26 月曜日::

■[ラノベ]飛んでミグルド村「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」3巻

34歳無職キモデブニートの異世界転生モノの第3巻。
今回は10歳になったと思ったら魔力災害で、
家庭教師をしていたエリスと二人で魔大陸に飛ばされ、
如何にして中央大陸に戻るか、という展開です。

飛ばされた先が師匠のロキシーの故郷の近くというのに運命を感じますが、
そこで出会ったのがロキシーから聞かされていた悪名高きスペルド族というのは、
更に運命を感じますね。

魔神ラプラスに仕えていたスペルド族に襲った悲劇。
ラプラスの裏切りにより汚名を被ったスペルド族の名誉を取り戻すため、
数百年間魔大陸に引きこもっていた無職のルイジェルド。
汚名を被り、他者から迫害されるという、
前世の自分とどこか重なる所を感じるルーデウスが、
割りと脳筋なルイジェルドの代わりに護衛代みたいな感じで、
汚名を濯ごうとするんだけど、これがまた割りと無理ゲーで…

割りとシリアスな場面が多いんだけど、
ルーデウス本人はそれほど緊迫感がないので、
一人称視点の文章が相変わらず面白いのは良いですね。
ロキシーのことを「うちの師匠はドジっ娘で困る」と評するのは、
ルーデウスのロキシーへの想いが感じられて良いです。

まぁ、今のヒロインはエリスであり、
彼女は彼女で可愛いところはあるんですけどね!
ルーデウスに買ってもらった服を大事にしてるトコとか!

ちなみに今回の巻末書き下ろしの短編は、
今後登場するアリエル王女のエピソードです。
この短編が伏線として効いてくるのは第17章あたりなんで、
むしろWEB版読者のためのサービスと言って良いかもしれませんね。

:: 2014/3/23 日曜日::

■[ラノベ]暴れん坊お嬢様調教日記「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」2巻

34歳無職キモデブニートが異世界に転生して今度こそと本気で生きる物語の第2巻!
今回は7歳から10歳までの間の期間がゆっくり綴られているんですが、
このスローペースが許されるのはWeb小説ならではでしょう。

魔法大学に幼馴染みのシルフィと通うため、剣術のレベルアップのため、
7歳にして職に就くことになったルーデウスですが、
その仕事が親類である領主の孫娘・エリス(9)の家庭教師!
しかしそのエリスは言葉よりもまず先に拳が飛んでくる暴力娘なので、
一筋縄でいかないんですが、そこは剣王ギレーヌも巻き込んで何とかやっていくのです。

ロキシー、シルフィに続いて3人目のヒロインとなるエリスですが、
ぶっちゃけ第一印象は最悪と言えるものです。
しかし、そこからじっくりねっとりと単行本1冊分を掛けて調教…、もとい教育することで、
少しずつデレていくのが感じられてニヤニヤしちゃいます。

しかしそんな多少暴力的ではあるけれど、穏やかで萌え度もある日常ですが、
終盤で唐突な展開が待っているんですよねー
この「無職転生」は今までは壮大なプロローグでここからが本番だと言えましょう。
これからルーデウスは文字通り本気を出さざるを得ない状況に陥るので、
試練が多くなるので大変ですが頑張って欲しいものですね。
具体的に言うと単行本4冊分くらい。(笑

ちなみに巻末書き下ろし短編ですが、ギレーヌが主体です。
ギレーヌは剣王なので強いとは思ってましたが、ここまで強かったとは…
圧倒的じゃないか我が軍は…!
まぁ、しばらくは再登場しないんですけどね!
ギレーヌの再登場にご期待下さい!

:: 2014/1/24 金曜日::

■[ラノベ]剣と魔法の世界で今度こそ「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」1巻

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 1 (MFブックス)
著者/訳者:理不尽な孫の手
出版社:メディアファクトリー( 2014-01-23 )
単行本 ( 312 ページ )
連載サイト:無職転生 - 異世界行ったら本気だす –
作者twitter:まのごてそーど (Magote_rihujin)さんはTwitterを使っています
絵師サイト:5丁目
絵師twitter:シロタカ (siro_sirota)さんはTwitterを使っています

小説家になろう、総合累計ランキング1位(2014年1月時点)の「無職転生」が書籍化されたどー!

かつて「魔法科高校の劣等生」や「理想のヒモ生活」が辿り着いた地点にいる「無職転生」ですが、
有り体に言ってしまえば「異世界転生俺TUEEE」という小説家になろうのテンプレそのままです。
ですが、それでも多くの人の支持を得ているのはそれなりの理由があるのです。

まず、キャラが良い!
主人公が人生に後悔ばかりが残った34歳クズニートだったのが、今度こそ本気で! と頑張りながらも、
ゲスい所は引き継いでて師匠のパンツ(合法ロリ)を盗んでハァハァしたりするとかキャラが立ちすぎです。
転生先の父親のパウロもメイドに浮気して孕ませたりとダメな所も多々あるんだけど、
モテるのも判る格好良さのある、憎めないキャラしてるんですよね。
他にも合法ロリで主人公のルディの魔法の師匠であるロキシーも頑張り屋なドジっ娘だし、
ルディの友だちのシルフィも可愛らしい幼馴染み属性アリアリなんだよねー

そして文体も読みやすい軽妙なノリなのも良いです。
たまにパロネタを織り交ぜながら語られるルディ視点も良いですが、
ときおり挟まれるパウロやメイドのリーリャ視点も、
ルディを客観的に見ることが出来て新鮮です。
というか、赤ん坊のルディの気持ち悪さは半端ないですな。
リーリャもよく我慢したと思いますよ…(笑

タイトルから判るようにセンスが抜群なので、
読んだことない人は取りあえずWeb版で軽く読んで欲しいですねー
1巻にあたる第一章だけでも充分面白いですし!
Web版既読組としては、在りし日の平和な日常を思い出して懐かしむのも有りなんじゃないかと。
書き下ろしの母親のゼニス視点での短編も凄く読ませられますしね。
ゼニス視点での話はWeb版では一度もなかったし、
Web連載で今のゼニスを知っていると本当に感慨深いモノがありますからねー

それと挿し絵のシロタカさんの絵柄には文句がないんですけど、
ヒロインがピンなラノベ表紙に慣れてると、家族集合写真的なこの表紙は慣れないなぁ…
アルファポリスとMFブックスはこの手の表紙デザインが多いから、これがデフォルトなんだろうけど…
ちなみにシルフィとロキシーは1章時点で面識がないので、
この表紙はある意味ファンタジーですよね。
二人が初めて出会ってルディとアレする13~14章が楽しみでなりません。

個人的に最大の不満点は、パウロとゼニスがギシアンしているのを覗きながら、
ロキシーがオナっているシーンに挿し絵がない所ですね!
何故なかったし! そこ一番重要でしょ!(ぉ

ちなみに2巻は3月発売です。
まぁ、原作ストックが既に15巻分あるしハイペースで刊行されるんじゃないかと。
元々エタらせるのが嫌で書籍化を断りまくってたはずなんだけど、
流石にここまで来ると完結が見えてきたのかしら。
Web版と書籍版のどちらも応援していきたいものです。

余談:シルフィの声は花澤香菜さんで脳内再生しております。

HTML convert time: 0.124 sec. Powered by WordPress