りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2014/7/10 木曜日::

■[漫画]お馬さんは騎士のお尻がお好き「Landreaall」24巻 限定版

Landreaall 24巻 限定版 (IDコミックススペシャル)
著者/訳者:おがき ちか
出版社:一迅社( 2014-06-25 )
作者サイト:SWS
作者twitter:おがきちか (chikaxavi)さんはTwitterを使っています

Kindle版:Landreaall (1)
Kindle版:Landreaall (2)

Kindle版:Landreaall (23)
Kindle版:Landreaall (24)

いい尻ね。

限定版に付いてきた小冊子の破壊力が高すぎて本編の印象がどこかへ行ってしまいました。
女神杯に出てきた候補生たちを乗せた馬たちの井戸端会議が描かれた「騎士にくちづけ」
馬たちが如何にお尻に対して一家言あるかが判る内容と言いましょうか。
DXの尻の噛み応えが味わい深いものであるかが描かれているんですが、
もう読んでて衝撃、というか笑撃的で…(笑

まぁ、それはそうと本編の方ですが、
クエンティンに半ば捕らえられた形になったルッカフォート将軍夫妻。
そこで明かされたのはザンドリオが王によって滅ぼされた真の理由と、
クエンティンの真意で…

うーん、何というか革命はまだ終わってないんだなぁ、と。
ユージェニ姫の苛烈な思いはどこかクエンティンの傀儡にも見えますが、
彼女の生来の気高さというものは汚されてないようにも見えます。
クエンティンの暴走とも言える今回の行動とかの全ての元凶は、
アンナ王女の未だ明かされない真実にあると思うんだけど、どうなんでしょう。

DXたちもクエンティンが今回の騒動の犯人だとほぼ確信していながら、
敵の懐に飛び込まざるをえない状況で、
DXたちの窮地を救い出すには六甲たちがアンナ王女の元乳母を見つける必要があると思うんですが…
まさか六甲があんな姿になるとは…(笑
ちょっと意外でしたけど、これはこれで有りなのかな、と思います。

:: 2014/1/29 水曜日::

■[漫画]六甲と家族「Landreaall」23巻 限定版

Landreaall 23巻 限定版 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
著者/訳者:おがき ちか
出版社:一迅社( 2014-01-25 )
コミック ( 176 ページ )
作者サイト:SWS
作者twitter:おがきちか (chikaxavi) on Twitter

Kindle版:Landreaall (23) [Kindle]

LandreaallのドラマCDって今回で9枚目なんですね。
それほどまでに愛される作品っていうのも珍しいですが、
それ以上に何故アニメ化しないのかが気になります。
まぁ、アニメ化するなら取り敢えず4クールくらい欲しい作品なので、
今の御時世からすると難しいんでしょうけど…

砂漠の民クレッサールの地でルッカフォート夫妻が行方不明というまさかの事態で、
DXが公私ともに大人しくしているはずがないのは当然なんですけど、
まさかイオンまで変装して付いてくるとは…
乙女の祈りの件はスピンドルの件で身をもって知っているんだろうけど、
それでも一緒に行きたいというイオンの行動には、
彼女自身で考えて出した決意というのを見て取れました。

それにしても慣れない土地とはいえ、ルッカフォート夫妻が襲われて行方不明とか、
一体どんなことが有ったかと思えば、ファレルさんが大の苦手とする幽霊を使われたとは…
ファレルさんの弱点を知っている時点で何となく察しては居たのですが、
やはり裏で糸を引いていたのはあの人だったんですね。
果たしてその理由の真実が何かが気になる所です。

今回は六甲がルッカフォート家の家族であることが重点的に押し出されてましたね。
DXやイオンが何度も言ってたし、読者としてもそれが当然だと思ってるんだけど、
やはり六甲の根の深い所ではまだまだ実感出来てないんだなぁ、と痛感しました。
それでも諦めずに何度も繰り返し六甲は家族であると教えるDXやルッカフォート夫妻を見てると、
時間は掛かるかもしれないけど、いつかきっと六甲も納得してくれるに違いないと思えてきますね。

それにしてもドラマCDの内容ですけど、えんたくんって一体…
アニューラスも予想以上に頭の中がゆるいのかしら…(笑
この手のゆるキャラは中の人に関してセンシティブだと思うんですが、
普通にフィルが中に入ってるとか言ってますけど、大丈夫なんでしょうか。
というかフィルってば大変だな!

それはそうとクエンティン役の三木眞一郎さん、本当に馴染んでましたね。
これぞ不思議なLandreaallワールドやでー
うーん、やはりアニメ化が待たれるな…

:: 2013/6/28 金曜日::

■[漫画]二つの父親探し「Landreaall」22巻 限定版

Landreaall 22巻 限定版 (ZERO-SUMコミックス)
著者/訳者:おがき ちか
出版社:一迅社( 2013-06-25 )
コミック ( ページ )
作者サイト:SWS
作者twitter:おがきちか (chikaxavi) on Twitter

ロビンの父親捜索で思わぬ妨害工作を受けたライナスとルディ。
二人の窮地に何とかDXが駆けつけて追い払うことが出来たけど、
事は暴漢を追い払っただけということではなく、
王城内部の派閥争いに巻き込まれた形になってしまい…

ただの父親探しだったはずがどんどん事が大きくなっていきながら、
各々が大人に掣肘されながらも止まらず突き進むとこが若いですね。
まさか派閥争いの調整にタリオ卿が出てくるとは思いませんでしたけど、
奇しくも聖名の時と近い構図になっているのが運命的な皮肉さを感じます。

ロビンの父親はある程度判ったし、その事情も判ってきたけど、
これを全てを詳らかにして広めるのは難しいなぁ…
少なくとも大老が戴冠するまでは待たないといけない気がする。

そしてDXもロビンの父親探しをしている暇が無くなったのにビックリ。
まさか自分の父親どころか母親まで行方不明になるとは。
亡くなった行方不明の王女の足跡を訪ねて自分たちが行方不明になるとは…
うーん、六甲は無事みたいだけど二人が無事かは判らないだけに心配だなぁ。
力量的には信頼できるけど、土地柄もあるし…
うーん…

そして今回の限定版の内容ですが、ドラマCDじゃなくて特典小冊子でしたね。
イオンのルームメイトであるソニアとチルダが出会った時のエピソードで、
由緒正しき真祖のお姫様であるソニアのお嬢様っぷりが愛らしかったです。
育ってきた環境の差からお互いの善意が微妙にすれ違っていた二人が、
ちょっとしたトラブルから雨降って地固まる展開でずっと仲良くなる話で、
読んでてほっこりしましたね。
こういう限定版は良いと思います!
まぁ、もう少し流通量増やした方が良いような気がしないでもないですが…
書店では全く見掛けなかったのでAmazonで事前予約してなかったら面倒なことになってたですよ…

HTML convert time: 0.840 sec. Powered by WordPress