主にエロ漫画誌で大活躍中の幾花にいろさんのデビュー初期4コマ漫画等が単行本に! 「机ノ上神話 幾花にいろ初期作品集」
2月7日発売!
:: 2018/12/24 月曜日::

■[漫画]未亡人だって恋をする「乙嫁語り」11巻

乙嫁語り11巻乙嫁語り11巻
出版社:KADOKAWA
作者名:森薫
Kindle版:乙嫁語り (11)
Kindle版まとめ買い:乙嫁語り
DMM電子書籍:乙嫁語り (11)

スミスを追って、はるばるアンカラまでやってきたタラスさん。
元々が義父によって無理矢理に婚約解消された二人なだけに、
タラスさんの一途さに心を動かされたスミスだけど、
もう一度エイホン家に向かう決意は揺らぐことなく…

タラスさんの魅力がふんだんに盛り込まれた11巻でしたね!
どういった風にスミスに想いを寄せていったのか…
恋に恋する乙女な一途さを見せたかと思いきや、
妻ではなく、下女でも良いという現実を見据えた発言をして…

刺繍をする中央アジアの女性らしい一面に感心させられたら、
それもスミスの旅に同伴するための金銭的負担にならないため、
旅費を工面するためのものだという現実的な強かさで。

それでいてブランコを見た時に興奮し、
スミスと一緒にブランコをしたら童女のような表情をして、
その新たな一面にはより一層惹かれてしまいました。
やっぱり、森薫さんは乙嫁の魅力を見せるのが大変に上手い…!

作中では湿板の写真の使い方も描かれてますが、
スマホで簡単に撮れる現代からすると、その大変さに驚かされますね。
それでもクリミア戦争が終わったばかりの作中だと、
発明されて10年かそこらの最新技術でしょう。
やっぱりスミスはブルジョワ階級の人間なんだろうなぁ。

スミスさんがエイホン家に向かう旅に出たということは、
もう一度あの人達に会えるということでしょうね。
問題はロシアの南下政策が始まりそうなだけに、
今後どうなるのかが読めないことでしょうか。
それとタラスさんが義父によって仲が引き裂かれないかも心配です…

乙嫁のみんなは無事で居て欲しいんだけど…

:: 2018/12/23 日曜日::

■[漫画]待望の本格日本編スタート!「王様の仕立て屋」~下町テーラー~ 1巻

「王様の仕立て屋」シリーズの第4部下町テーラー編の第1巻です。
まぁ、ぶっちゃけテコ入れですね!
今回は日本が舞台なので、日本人に馴染み深いネタが多いので、
分かりやすいというメリットがあると思われます。

織部が恩師の針生親方の留守を預かって始まった日本編。
過去にも何度か帰国して日本を舞台にした時もあったし、
ヨーロッパ出張に来た日本人の悩みを聞いた事もありましたが、
日本を舞台に、日本人がやらかしがちなネタをメインに扱うというのは、
連載15年にして初の試みなのではないでしょうか。

しかも初っ端から某大臣のスーツのお値段がアレなのをネタにしてきてますよ。
アレね、私もニュース見た時に呟いたもんです。

王様の仕立て屋を読んでたら「安っ!」とか思ってしまうのですが、
年収200万円時代に突入しそうな昨今だと高すぎるんでしょうねぇ…
作中ではマスコミはわかってるとか言ってるけど、
わかってるかもだけど、年収200万円世代には刺さる値段なんでしょうね…
世知辛い世の中やで…

というか、日本編に入ってから具体的な値段が出てくることが増えた気がしますね。
これもまた新シリーズのテコ入れの一つなのでしょうか。
具体的な金額を出すことで共感を得られるようにしているのかもしれません。
まぁ、具体的な値段を聞いて尻込みしそうな気もしますが、
ケメ子の学校の先生のエピソードのように、
既製服+仕立てシャツという組み立てもあるので、
値段と特急料が全てというわけではないと思われます。

それにしてもこの日本編はいつまで続いてくれるのかな…
連載を読んでる人ならわかるけど、面白いJKキャラも出てきたり、
これからどんどん面白くなりそうなんだけど、
そもそもイタリアの店が心配なんですけども。
まぁ、巻末描き下ろし漫画を読む限り案の定ラウラたんが頑張ってくれてるみたいだけど…
頑張って続いてほしいものであります。

:: 2018/12/22 土曜日::

■[漫画]原作読者を増やしたい「かぐや様は告らせたい 同人版」1巻

来月からTVアニメが放映される「かぐや様は告らせたい」
かつてそのエロ同人誌を描いた茶菓山しん太さんが、
公式に捕獲されてスピンオフを正式に描くことになったのが、
この「かぐや様は告らせたい 同人版」であります。

私は「かぐや様は告らせたい」は、
”人気があるのは知ってたけど読んでない”
という状態だったんですが、
茶菓山しん太さんの漫画のファンなので件のエロ同人誌を読んで、
そこからポロロッカして原作も読破し、今ではどちらも嗜むようになった次第であります。
うーん、我ながらオタクらしい行動ですね!

で、この同人版は公式スピンオフなのですが…
同人版、という名前から想像しちゃうように、ちょっとエロいです。

原作だとラブコメはあれどもエロコメ成分0%なので、
この、ToLOVEるダークネスほどではないけれど、
ToLOVEる無印くらいのエロコメさは大変にありがたいですね!
うんうん、やはりジャンプブランドのラブコメはこれくらいしないとだね!

また、茶菓山しん太さんは根っからの「かぐや様は告らせたい」ファンなので、
キャラの設定も原作準拠が当たり前で、そこからちゃんと深掘りしていて納得なのです。

確かに圭ちゃんならこう言いそうだと納得するし、
白銀兄妹はこうだよなぁ、と思いもするのです。
まぁ、原作者チェック入ってるだろうから当然なのかもしれないですけども。

そう言えば茶菓山しん太さんのエロ同人誌は藤原書記本だったせいか、
連載開始初期は藤原書記ネタが多かったですね。
生活感溢れるパンツと、豊満なおっぱいの濡れ透けとか最高でした。
大天使のブラを買いに出かけたかぐや様はエロよりも可愛さを感じたことを考えると、
やはり一番のエロ要員は藤原書記なのかな、と愚考する次第であります。

しかし… 一番エロに繋げやすそうな銭湯回で会長と石上のコメディをやるとか…
さては茶菓山しん太さん、美味しいものは最後にとっておく主義だな…!?

:: 2018/12/21 金曜日::

■[漫画]セルフトライアングラー「おなクラの幽霊さん」1巻

おなクラの幽霊さん1巻おなクラの幽霊さん1巻
出版社:芳文社
作者名:あどべんちゃら
作者twitter:あどべんちゃら (@adoventyara) | Twitter
Kindle版:おなクラの幽霊さん (1)
DMM電子書籍:おなクラの幽霊さん (1)

子供の頃から幽霊が見えるモテ系イケメン、蓮見葉一。
子供の頃から幽体離脱ができたせいで友達が少なくて真面目になった風紀委員、影崎きさら。
少し普通じゃない二人は、ごく普通に同じ高校に通うようになり、
疎遠な仲のクラスメイトとなりました。
しかし、きさらさんは幽体離脱した姿で葉一くんと出会い、惚れられてしまったのです…!

前作「鬼が出るか蛇が出るか」と同じくちょっと変わった体質の主人公と、
前々作「据次タカシの憂鬱」と同じく秘密を抱えた葛藤をもつシチュな漫画となっております。
今回は主人公が女の子なあたりが今までと違っていますが、
きさらちゃんの内面が乙女ってて可愛いのですよ。

きさらちゃんは幽体離脱した幽霊さんとして葉一くんと恋人同士になり、
幸せいっぱいのラブラブカップルになったかと思いきや、
きさらちゃん=幽霊さんであることは秘密なので、
変な三角関係になってしまっている訳で。

しかも、きさらちゃんは風紀委員なので、
恋愛禁止という古臭い校則を守らせる立場というのがまた面倒な事態に拍車を掛けてて…
立場上は恋人がいる葉一を取り締まらないといけないけど、
その相手が幽体離脱した自分だから取り締まりたくないというアンビバレンツ!

そして、恋人としての葉一と、クラスメイトとしての葉一を知っているからこそ、
事情を知っているからこそヤキモキしてしまうところとか、
色々とニヤニヤできる展開が多いんですよね。

とっとと正体をバラせば良いんだけど、
キャラを作ってる幽霊さんとして惚れられてるから、
地を出したら嫌われるかもしれない、と思って言い出せないきさらちゃん可愛い。
でも、葉一くんには「なんで話してくれないんだ」と怒ってしまうきさらちゃん理不尽!
まぁ、いつか、自分のやらかし案件に気づくことでしょう…!

妙ちきりんな事情を抱えたきさらちゃんが、
風紀委員として面倒なことになってどうなるのか気になるところですね!
というか、一体いつ事情がバレるのか、ハラハラしながら見守りたいと思います。

:: 2018/12/19 水曜日::

■[漫画]小鬼殺しにもラブコメのフラグ「ゴブリンスレイヤー」6巻

ゴブリンスレイヤー6巻ゴブリンスレイヤー6巻
出版社:スクウェア・エニックス
原作者名:蝸牛くも
作者名:黒瀬浩介
作者twitter:黒瀬浩介 (@kuroseP) | Twitter
Kindle版:ゴブリンスレイヤー (6)
Kindle版まとめ買い:ゴブリンスレイヤー
DMM電子書籍:ゴブリンスレイヤー (6)

剣の乙女からの依頼での、水の都の地下探索をするゴブリンスレイヤー一行。
ゴブリンチャンピオンに重傷を負わされながらも生還し、
再度のアタックで重要拠点も制圧することができ、
ついにゴブリンチャンピオンと再戦することになるんだけど…

ゴブスレさん、マジ手段を選ばないですよね!
いや、一応ね、妖精弓手から注意されたように、
ある程度は手段を選んでるというか、減らしてるんですよ。
でも、それだからってあんな手段を取るとはねぇ…
そりゃ、妖精弓手もこんな表情するよ!

というかね、こういった表情の変化の見せ方とかは、
本当にコミカライズの妙だと思うんですよ。
主に黒瀬浩介さんの功績だと思うんですけど、
見てて色々と楽しいんですよね。

こういったところが楽しいのです。
妖精弓手のこういったところが可愛いと思うんですよね。
もちろん、女神官ちゃんや剣の乙女たちも可愛いんですけども。
あと、この6巻では受付嬢も良い仕事してましたね。
恋する乙女してて可愛い…

次の7巻ではそういった女性たちの可愛さが花開くモノになると思います。
まぁ、もちろんバトルもあると思うんですけどね。
だって、ゴブスレだもの。

:: 2018/12/17 月曜日::

■[漫画]大乱闘スマッシュシスターズ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー」6巻

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー6巻ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー6巻
出版社:スクウェア・エニックス
原作者名:大森藤ノ
作者名:桃山ひなせ
作者twitter:桃山ひなせ@ダンまちリュー外伝漫画⑥発売 (@mokibidango) | Twitter
Kindle版:
Kindle版まとめ買い:
DMM電子書籍:

シルのお蔭で立ち直り、ウェイトレスとして働き出したリュー
そんなリューを仕留めるために本格的に動き出した賞金稼ぎのルノアと暗殺者のクロエ。
黒拳と黒猫という似た二つ名を持ちながら接点のない二人が、
リューを倒すために”豊穣の女主人”に仕掛けて…

最後まで楽しかったですね!
原作の流れそのままなんですけど、漫画としても充分面白かったです。
バトル描写というのはやはり漫画でこその読み応えがあります。
並行詠唱をするリューさんがカッコイイんだな、これが!

ルノアの猛攻を凌ぎながら、ハッタリではなく本気で並行詠唱できるとか、
流石はダンジョンで場数を踏んできただけはありますよ。
Web原作ではベルの師匠をやってたくらいの腕前ですからね!
素晴らしいワザマエ!

あと、笑ったところと言えばミア母ちゃんに言い訳するアーニャでしょうか。

ゲンコツ落とされる前から既に鼻水垂らすくらい泣いてるとか、
どんだけ恐怖が刻み込まれてるんだと。
凄腕のクロエ相手にタメを張るだけではなく、
リューの魔法にも耐えられるくらいの耐久値があるのに、
どんだけ恐れてるんだよ、と。
まぁ… ミア母ちゃんって本当に強いもんなぁ…
ダンメモでもVHで何度全滅させられたことか…!

最後まで面白くて最高のコミカライズでした。
惜しむらくは原作ストックが切れたのでここで完結ということでしょうか。
でも、どうやら次の原作が出る前にコミカライズがフライングで始まるようです。

掲載媒体はマンガUPになるらしいので、みんなアプリ入れよう!
そしてついでにダンメモも入れて遊ぼう!

:: 2018/12/15 土曜日::

■[漫画]男の娘の搾精計画「ノブナガ先生の幼な妻」3巻

ノブナガ先生の幼な妻3巻ノブナガ先生の幼な妻3巻
出版社:双葉社
作者名:紺野あずれ
作者サイト:Fleeting Youth
作者twitter:紺野あずれ (@azure_konno) | Twitter
Kindle版:ノブナガ先生の幼な妻 (3)
Kindle版まとめ買い:ノブナガ先生の幼な妻
DMM電子書籍:ノブナガ先生の幼な妻 (3)

紺野あずれの戦国系ラブコメ「ノブナガ先生の幼な妻」TVアニメ化!来年4月放送(コメントあり) – コミックナタリー

まさかのTVアニメ化!?

私は紺野あずれさんのことはエロ漫画描いてた頃からファンだし、
「こえでおしごと!」もOVAを買うくらいにはファンですし、
「ノブナガ先生の幼な妻」も聖地探訪で金華山に行くくらいですけど、
それでもこの作品がTVアニメ化することには驚かざるを得ません。
だって、今までの作品よりも変態性が多少隠れているとはいえ、
謎の白い光線が出るのは待ったなしじゃないですか!

この3巻でもこんな感じですからね。
はたしてどうなる…!?

さて、次々に織田信長の側室だった人たちが転生したりやってきたり、
更には子孫の意識を乗っ取ったりとするようになってきた本作ですが、
この3巻ではあの有名な人も出てきましたよ!

戦国時代の男の娘! 森蘭丸だー!

BL展開キター!?
と思ってしまいますが、ご安心ください。
この漫画の作者は紺野あずれさんです!

いえ、確かに紺野あずれさんと言えばアナルです。
アナルセックス漫画ばかり描いていたエロ漫画家ですから、
「男の娘BLも意外と射程範囲内なのではないか…?」
と、考えてしまうのも致し方ないのかもしれません。
実際、こんなことになってるし。

だが、待って欲しい!
紺野あずれさんは基本的に読者が本当に嫌がることはしないのです!
確かに、ノブナガの発言は色々とクズで外道でアウトですが、
それでも、大多数のエロマンガスキーな読者がBL漫画を読みたいわけではないことを、
しっかりとわかっておいでなのです!
だから、ギリギリのところで踏み留まってくれるのでご安心ください。
まぁ、普通のエロに関してはギリギリどころかセメセメですけどね!
星ヶ丘先生のおっぱい揉みシーンはとても素晴らしいものでした…!

それにしても読んでてIQ下がる漫画で素晴らしいですね。
エロ漫画は斯く有るべしですよ。(注:エロ漫画ではありません

しかし…、単なるエロだけでなく男の娘が出てきた上に、
最後に出てきたあの人はあんなことになってるわけで…
紺野あずれさんの変態性がどんどん出てきましたね!

私は男の娘は射程範囲外ですが、最後のあの人は全然OKですので、
続きがめっちゃ楽しみですよ!
あぁ~ 心がピョンピョンするんじゃ~!

:: 2018/12/13 木曜日::

■[漫画]エロコメワンダーランド「ゆらぎ荘の幽奈さん」13巻

ゆらぎ荘の幽奈さん13巻ゆらぎ荘の幽奈さん13巻
出版社:集英社
作者名:ミウラタダヒロ
Kindle版:ゆらぎ荘の幽奈さん (13)
Kindle版まとめ買い:ゆらぎ荘の幽奈さん
DMM電子書籍:ゆらぎ荘の幽奈さん (13)

コガラシへの惚れ薬を賭けたエッチなサバゲーの続きです!
それぞれの得意分野を活かしたガチバトル!
みんなコガラシのこと好きすぎるだろ!
良いぞ、もっとやれ!

得意分野というか変態性が凄いかるらさん…

コガラシが人外になるとその変態性を発揮するというか。
挟むだけでなく、飲むとかレベル高いっすわー
これ、本当にジャンプ連載なんだよね…?

他にも今回もエロコメ要素が特盛りです。
真面目すぎる狭霧が全裸でコガラシの布団に入るとかエロすぎでしょう。
これはエロ同人誌の導入にちょうど良い気がする。
冬コミとかで期待しても良いのだろうか…
最近のジャンプ本誌の展開が展開だしワンチャンあるかも…?

バカエロっぷりで言えばコガラシが小さくなった回が最高ですね。
小さくなって女体体験というのはジャンプでは昔からあるネタで、
あの「ドラゴンボール」でも亀仙人がやろうとしてましたしね。(失敗したけど)

しかし、この「ゆらぎ荘の幽奈さん」はピンからキリまでエロコメです!
読者の期待に120%応えるかのように上から下までフルコースで味わってて最高でした!

おっぱいウォータースライダーからオチにかけてまで、
女体の隅から隅まで余すことなく探検してましたからね。
うんうん、これでこそジャンプ連載のエロコメ担当だね!
しかし、この手の被害を被るのは千紗希ちゃんが多いよね…
これはもう、そういう運命としか…!

幽奈さんの正体が判明するのと、
とコガラシさんの初恋相手が登場するのはどうやら次巻みたいですね。
ちょっとシリアスな展開もあるけれど、
どんな時もエロコメを忘れないのが「ゆらぎ荘の幽奈さん」なので、
次巻も楽しみであります。

:: 2018/12/11 火曜日::

■[漫画]可愛くて可愛くて、切なくて「ぼくたちは勉強ができない」9巻

文乃は可愛いですよね。

貧乳コンプレックスなのが可愛いですし、
それでいてちょっと見栄を張っちゃうところも可愛いです。
キスの相手が気になってジェラるところも可愛いのです。

理珠は可愛いですよね。

自分の恋心は未だに無自覚なところも可愛いですし、
好きだけど勝てないボードゲームで連勝して喜ぶところとか、
小動物を見ているようでほっこりする可愛さがあります。

あしゅみー先輩は可愛いですよね。

普段は成幸のことをからかうのに、頻繁に焦るところが可愛いですし、
今回みたいにあからさまな弱点がわかると如実に可愛くなります。
お色気担当なあしゅみー先輩はとても可愛いです。

桐須先生は可愛いですよね。

普段はキリッとしているのに家事は本当にズボラで可愛いですし、
「この人、俺がいないとダメなんじゃ…?」と思わせるところも魅力的です。
何より正論を遠慮容赦なく言われてむくれるところがとても可愛いです。

うるかは切ないですよね…

ある意味、彼女が一番大人なのかもしれません。
一番成幸に対して純粋に恋をしていて、
一番将来について真面目に考えているからこそ、
留学という結論を出すとか切なすぎます…

でもまぁ、30年前ならいざしらず、現代では無料ビデオ通話とか普通ですしね。
恋を成就しさえすれば遠距離恋愛も可能だとは思います。
なので、うるかエンドも充分ありえるんですよね。
私は桐須先生推しですが、切ないうるかを見てるとキュンキュンしちゃうので、
彼女にも最後まで諦めずに頑張ってほしいな、と思う次第であります。

:: 2018/12/9 日曜日::

■[漫画]セーラー服は檸檬味「早乙女姉妹は漫画のためなら!?」2巻

エロ漫画大好きな巨乳編集レモンちゃん(処女)が面白い本作ですが、
1巻に引き続き2巻でもやらかしてくれました。

舞空エンジェル先生(合法ロリ)にリアリティの欠如を指摘され悩むモブユキが、
デート回を描く参考になればとデートの相手として立候補してくれるのです。
これだけ聞くとやる気のある編集で頼もしく思えるんですが、
レモンちゃんも実は初デートなので思考が空回った結果…

レモンちゃん(23)のセーラー服姿が爆誕したのであった…!

レモンちゃん恥ずかしい…

しかしレモンちゃん、このピチパツ具合と回想での小ささからすると、
高校卒業後に成長期が訪れたんでしょうか。
凄いな、あのおっぱいは18歳から育ったんだ…!
やはり、エロ漫画を読むようになってから女性ホルモンが促進されたのだろうか…
エロ漫画効果って凄い…!

まぁ、そんなキテレツなレモンちゃんが映画館でやらかしたりしたけれど、
基本的に編集としてちゃんとしてるっぽいのには安心しましたが、
その後に持ち込みしてきた巨乳姉妹をモブユキの仕事場に連れてくるとか、
自分の性癖に正直な行動をしまくりでわりと台無しになりましたね!
まぁ、レモンちゃんだからなぁ。

その持ち込みをしてきた巨乳姉妹もキャラが濃いですよね。
おっぱいの柔らかさを描くのに自分をモデルにするとか、
中々に有能というか、有望ですね!

しかし… 陥没乳首か…
これはこれでアリだな…

他にも舞空エンジェル先生の公園露出プレイとか、
色々と高度なネタがありまくりで、読んでてとても楽しいです。
ジャンプ+連載はこれくらい弾けても問題ないと思いますので、
今後も林檎に怒られない程度に頑張っていただきたい所存であります。

HTML convert time: 0.810 sec. Powered by WordPress