殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?
:: 2011/3/25 金曜日::

■[漫画]たまらない、とまらない「楽園 Le Paradis」第5号

楽園 Le Paradis 第5号
著者/訳者:シギサワ カヤ 中村 明日美子 二宮 ひかる 黒咲 練導 沙村 広明 木尾 士目 あさり よしとお
出版社:白泉社( 2011-02-28 )
コミック ( ページ )

発売から一月近く経って今更ですけど、書籍扱いなのでまだ書店にあるはずなのでモーマンタイ。
年3回刊行というローペースながらその面白さは凝縮されており、
それでいて新しく魅力的な作家が次々と集まってくるという素敵なのがこの「楽園 Le Paradis」
今回はkashimirさんに、同人時代から好きだった志摩時緒さんも参戦とあって、
俄然、興奮してしまうのも致し方ないのです!

で、その志摩時緒さんの「あまあま」なんですが、コレがまた凄いんです!
もうすぐ高校に進学、という時期のカップル、美咲と祐司を描いた4コマなんですが、
クールビューティーでSっ気がある美咲とそれに翻弄される祐司にニヤニヤさせられまくりなんですよ!
エッチなことに積極的で押し倒したりする美咲が稀に見せる赤面顔のギャップが良いんですよねー
何より、好きな女の子に翻弄される、というのもコレはコレでアリだな!
と思い知らされたのが大いなる発見でした。(笑

それと学生の恋ならかずまこをさんの「ディアティア」も良いですね。
こっちはエロいことなく、清純な学生らしい恋ですが、
その青春っぷりが何とももどかしくて良いんですよねー
あー、学生時代にこんなに初々しい恋をしてみたかった…
まぁ、「あまあま」みたいな爛れた関係というのも憧れますが…(笑

他にも珠玉の作品が集まっていて沙村広明さんやあさりよしとおさんやkashimirさんとかは、
恋愛漫画なのかは疑問符が付くけど面白いですし、ホント魅力に溢れる一冊なんですよね。
しかも次号からは大ファンの作家さんである仙石寛子さんが登場ですよ!
いやー、これは今から楽しみですわー

ちなみに現在web楽園が掲載中なので公式サイトも要チェックです!

■[萌え]寒い日は甘酒に限る

楽園 web増刊 「マイディア」
キスまでの時間。
くっそー、ニヤニヤするわー

楽園 web増刊 「氷点」
不倫、浮気…
あぁ、背徳の果実の甘美なことよ…

ココロコネクト 第6話
今回は長いよ!
そして男にとっては覚悟を持って読まないといけない展開だよ!

バカとテストと召喚獣 SPINOUT! それが僕らの日常。 第18.5話
翔子さんの胃袋違いには笑わざるを得ない…!
美波が読んでるのは…、直訳すると征服指導する為の方法?

はじめ×くろす [13-8]「一人だけ通常運行」
天然はブレないなー
この混迷具合は正に修羅場ですね…!

ハナムラさんじゅっさい 番外編
震災の影響で休止していたハナムラさんじゅっさいが番外編で再開開始。
白井さんはやっぱり可愛いな…

中国嫁日記さん 大地震日記05
愛の大きさに比例して心配の度合いが増えるんじゃよ…
しかし公衆電話に行列とか凄かったんですね…

据えZENさん 岡崎家の朝食
何て幸せな朝…
娘に慕われる父親とか最高じゃのぅ…

AERO DOGさん おいしそうなスイーツに囲まれてヘヴン状態!なやよい
お誕生日おめでとう!
…ケーキ食べたくなってきた。

ぺたぺただん。さん やよいたんじょうび
うっうー、可愛いです!
アイマス2順調に進んでいるようすなー

SINIZONさん 暁美ほむらは諦めない
ダイヤモンドは砕けない的な。
4周目ラストか…

:: 2011/3/24 木曜日::

■[ラノベ]待てるか、間に合うか?「ゴールデンタイム2 答えはYES」

ゴールデンタイム2 答えはYES (電撃文庫)
著者/訳者:竹宮 ゆゆこ
出版社:アスキー・メディアワークス( 2011-03-10 )
文庫 ( 280 ページ )
作者サイト:Passing Rim

一気に読んでしまいたいけど、待望の続刊ということでじっくり読み進めてましたが遂に読了。
今回も竹宮ゆゆこさんらしく、自分の大学生時代を思い出しながら共感することしきりでした。
単位の取り方と履修登録でミスったり、中国語の四声の発音だったり、
サークルの先輩たちが語る、もとい嘆く就職戦線異状ありな場面だったりと、
共感することでもって、物語の世界に没入させる手腕はホント竹宮ゆゆこさんの独擅場だと思います。

幼馴染みの光央にフラれたゴージャスお嬢様な香子と、
フラれた直後の香子に告白して即座にフラれた主人公の多田万里。
しかし、記憶喪失前の多田万里はリンダ先輩と付き合ってたみたいなんだけど、
リンダ先輩はそんなことをおくびにも出さずに多田万里と絡んできて…
と、錯綜して連鎖する人間模様が燦めいていて魅了されまくりです。

特に香子はオープンに前向きにGOGOを標榜してフった相手である多田万里と親友として付き合い、
一緒にスタバ行ってダベったり、一緒のサークルで仲が良かったりしつつも、
相変わらず光央関係で多田万里ともども読者を振り回してくれる困ったヒロインさん。
そして、懲りずにシナリオを描いてるんだけど、
もう待てない、と言った多田万里を力ずくでルール違反を犯しても追いかけて。
最後にはみっともない姿になりながらも捕まえる所は、何というか魅力があったなぁ。

そんな香子が憧れると言っていたリンダはある意味香子と対照的で。
記憶喪失前の多田万里を待たせすぎたが故に、多田万里という人格を失ってしまったんですよね。
香子のこともあり、酔いがまわって自暴自棄になった多田万里の独白を聞き、
ショックを受けるリンダはこつえーさんのイラストも相まって凄かったなぁ。
ここにきてリンダと香子と多田万里の三人の人間関係が面白くなってきましたよ。

しかしミニマムな生き物の岡千波は…、割りと悪女だよね…(笑

■[萌え]Xperia arcゲットだぜ!

ばらかもん ACT.35「おくっ」
先生はやっぱりひと味違うんだぜ…
ポストへのイタズラはダメ、絶対。

藤村くんメイツ 第43話「夢じゃない」
か、会長ルートきたこれ!
ラストの見開きが全部持って行ったー!

重金属彼女 14th.「おまえスゴイよ!」
いやー、ギター弾けるし指先器用だなぁ、とは思ってましたよ。
でもまさかここまで凄いとは…(笑

学校のせんせい てきすと.26「先生はとある休日の計画を立てました」
コスプレ…、それは禁断の果実…
というか生徒さんの方が絶対進んでますよね、これ。

マンガ家さんとアシスタントさんと 第10話「今も昔も」
愛徒とみはりちゃんの学園ラブコメな過去!

『空の境界 the Garden of sinners』2/「殺人考察(前)」第三回
表に出る織がちょっと可愛い。
Webの利点である、カラーが簡単に使えるのが良い感じに出てますなぁ。

GUNP.JPさん 突発まどマギ漫画「主張」
時間停止能力の無駄遣い。
しかしISのラウラといい、ヒロインもこの手の台詞を言うのが流行ってるのかしら。(笑

ニリツハイハンさん 杏子とか杏子とか
杏子とさやかとか!
ニリツさん、杏子好きっすね。(笑

三弦回胴さん みんなー、コレ(QB)でドッジボールしようよ
ちょっと病んでる風味なまどかさん。
もう、思いっきり投げれば良いと思うよ!

アムリタさん 杏子ちゃん
肌色が何かエロっちいよ杏子たん。
鎖骨とヘソをペロペロしたいです。

Nakenashi Wisdomさん 一夏のえっち
シャルのお尻が誘ってるようにしか見えないよ!
ルパンダイブしたいっすなぁ。

Maruto! BLOGさん 歯周病予防にせいを出す御坂美琴
何故か全裸で。
あれか、上条さんとのキスのためか!

悠久機関車さん ロンパ!
そういえばダンガンロンパ、序盤だけしかやってないな。
いや、キャラは楽しそうだったんだけども。

:: 2011/3/23 水曜日::

■[漫画]何故か楽しい。何かが楽しい。「日常」6巻

日常 (6) (角川コミックス・エース 181-7)
著者/訳者:あらゐ けいいち
出版社:角川グループパブリッシング( 2011-03-26 )
コミック ( ページ )
作者twitter:あらゐけいいち (himaraya) on Twitter

さてさて4月からアニメが放映される「日常」ですが、
はっきり言ってどこまで受けるのか皆目判らないです。
いくら京アニとはいえ、このエキセントリックなポストモダンギャグは、
何というかどう表現すれば良いのか判らない面白さですからね。
いや、かなり笑わせられますが、少なくとも萌えじゃないしなぁ。
あ、はかせと桜井先生は萌えかな。

萌え担当の東雲さんちのはかせですが、
今回はロボ娘ななのに興味津々な中村先生が家庭訪問に来て勝手にトラップに引っ掛かったり、
はかせがお菓子を欲しがって、何だかんだで最後はなのが甘えさせたり、
遊びに来た麻衣ちゃんとお絵描きして遊んだりと賑やかなりに楽しそうです。

で、桜井先生なんですが、かなりの天然っぷりで素直に可愛いんですよねー
喫茶店での頼み方の天然さがやたら可愛いし、
弟がエッチな本を持ってるのにアタフタしちゃうトコとか、
「日常」という作品では希有なほどに萌えでした。(笑

まぁ、基本は囲碁サッカー部の試合やウッドキューブのように全くの意味不明なギャグだったり、
ゆっこのちょっとした失敗が連続して思わず噴きだしてしまう笑いですからね。
そういった所がどこまで表現されてどう受けるのかがアニメでは気掛かりだったりします。
でもまぁ、何だかんだで楽しみなんですよね、実は。(笑

■[萌え]エンドレスくしゃみ

はじめ×くろす [13-7]「見えるなにか」
魔法少女ゆき☆マギカ!
誰がマミられるんだろう。

まんが家BACKSTAGE 更新
作家の皆さん方も余震の影響も含めて大変な模様…
頑張って!

中国嫁日記さん 東京に帰ったら
何という内職。
つまり通販希望者の何人かは月さんが発送作業をしてくれてる訳で。

CAZA MAYORさん 織斑千冬「やるかバーカ!!」
アニメ版ED風、原作屈指の名場面再現。
並み居るヒロインから掻っ攫うブラコン千冬姉さん最強っす!

ろくでな詩雑記さん さやかと杏子のポッキーゲーム
黒幕はマミさん!
杏子が無邪気可愛い。

Jekyll-and-Hydeさん さやか破壊
これはゾンビですか?
ちょいグロだから注意だよ?

ringoで林檎ジャムさん 魔法少女たちの真剣な表情
何か違う作品みたい…
マミさん格好良すぎる…

まっちゃーじ!さん ともだち
1周目か2周目のほむほむとまどか。
この時が一番幸せだったんだろうなぁ。

DRAGON PANDAさん 魔法少女まどか
元気にジャンプするまどか!
キュゥべえのポジションからするとパンツ見えてる。

こげこげっさん Graduation
女子高生の輝きよ永遠なれ。
一つの終わりであり、これからのスタートな季節。

チセノマチスリーさん 和の雰囲気が…
コンタクトにして雰囲気も凄く変わった! 女子大生みたい!
そしてそういうのに敏感なムギちゃんなのであった。

:: 2011/3/22 火曜日::

■[ラノベ]TSと聞いて飛んできました「ココロコネクト ヒトランダム」

ココロコネクト ヒトランダム (ファミ通文庫)
著者/訳者:庵田 定夏
出版社:エンターブレイン( 2010-01-30 )
文庫 ( 313 ページ )
絵師サイト:enfance

前々から勧められてた上にファミ通コミッククリアでのコミカライズも面白くて読み始めまして。
先月読み終わったんですが、評判になるだけの面白さは充分ありました。
何しろイラストレーターが「けい○ん!」の堀○悠紀子さんこと白身魚さんですからね!
それだけで充分訴求力が高いというのもありました。(笑

いつも笑ってるような女の子らしい永瀬伊織、
クールビューティーで割りと攻撃的な稲葉姫子、
小さいけど攻撃力の高い(物理的な意味で)桐山唯、
愛すべきバカな唯への想いに一途な青木義文、
そして、稲葉に自己犠牲野郎と揶揄される程のプロレスオタクな主人公、八重樫太一。
その5人が集まる文研部こと文化研究部内部で起こる「人格入れ替わり」という非日常。
その非日常の中で、色々なことが起こって…

という訳で5人の誰と誰が、いつ起こるか、どれくらいの時間入れ替わったままなのかアトランダム。
しかも首謀者とおぼしき不可思議な存在の「ふうせんかずら」の目的も不明なままで物語は進むんですが、
そういった謎は物語の主幹ではなく、あくまで中心は「人」なんですよね。
入れ替わることで詳らかになっていくそれぞれのトラウマや悩みといったモノと、
それを自分を犠牲にしても何とかしたいし、させたい太一の奮闘がメインだと思います。

特に姫子の信じたいけど、信じられない。
そんな自分の心中を話せるわけない、という所は割りと共感できただけに、
それを話すべきだ、という太一の言動は中々にクるモノがありましたね。
しかし、本当に実際に話してみての伊織のリアクションにはちょっと呆気にとられたなぁ。(笑
本人にとっては大変な悩みも、他人から見たら取るに足りないことってのよくあるというけど、
ホント正にそんな感じでした。

ちなみに「人格入れ替わり」というTS作品でも有るわけでして、
そういった方面での面白さも、物語全体としては少ないけれどちゃんとあったのは個人的に嬉しかったです。
特に太一と青木二人だけの写真撮影会は最高でしたね。
そりゃカラー口絵をここで使うのも当然だよな、と思わされるのでした。(笑

■[萌え]ねぶそく

中国嫁日記さん 明日帰ります
良い夫婦だなー
う、羨ましい…

OVERALL QUARTERさん 黒猫漫画、その8
うわー
黒猫さんうわー

徒然日記さん 十話目ほむまどすごかった
10話最萌えがハンカチを敷いて座るほむほむですか!
目の付け所がすげぇ。

Zantetukenさん りんごと杏子ちゃん
生足が綺麗だよ杏子ちゃん。
フトモモに挟まれたりんごを食べたい。

ガチャ!さん マ・ミ・さん! マ・ミ・さん!
あらやだ、可愛い。
ケモノ耳バージョンも良い…

茜色ノ空さん とろろ
ととろなとろろも可愛い。(笑
さくら荘のペットな彼女も読んでみないとなー

:: 2011/3/21 月曜日::

■[漫画]好き好き♥ まほ先生。「恋愛ディストーション」1巻

恋愛ディストーション 1 (サンデーGXコミックス)
著者/訳者:犬上 すくね
出版社:小学館( 2011-03-18 )
コミック ( 192 ページ )
作者サイト:docile -犬上すくねファンサイト-
作者twitter:犬上すくね (sukuneinugami) on Twitter

先月発売されたRemix版にも多数収録されていますが、
遂に今月から「恋愛ディストーション」新装版が刊行開始です。
しかも勿論、描き下ろしも入っているので旧版持っていても大丈夫!
というか、新たなまほ先生の日常が見られるかと思うともうそれだけで購入決定ですよ!

本作「恋愛ディストーション」は元々少年画報社のOURsをメインとした雑誌で連載してたんですが、
移籍した先々の雑誌が休刊して尻切れトンボに終わってたのがサンデーGXから新装版で発売。
サンデーGXで連載中の「あいカギ」では現在「恋ディス」とクロスオーバー中なので、
そっちの面でも楽しみがあったりします。

大学生カップルの大前田くんと緑川さん、その同級生の江戸川と元担任のまほ先生という、
2組のカップルがメインな訳ですが、やはり何度読んでも良いですねぇ、ホント。
大前田くんの忠犬っぷりだったりが可愛かったり、
緑川さんの魔性っぷりが何とも愛らしいというかいじらしいですが。
でも生を勧めちゃいかんでしょ。(旧版だとあとがきでツッコミ入ってましたが

ちなみに描き下ろしは第1話のプロローグ的な大前田ドッグの悶々とした生活と、
まほ先生のカロリー的な悩みの日常なんですが、どちらも良いモノです。
プロローグの方は初見の人に判りやすく、旧版持ってる人は懐かしくて、
まほ先生の話はまほ先生好きとしては大変微笑ましくて悶えますね!

あー、私もまほ先生みたいな彼女欲しいなー

■[萌え]ちょい多め

ちぇりっしゅBOX 35話(最終話) 「もう少し このままで…」
なんと! 最終話っすか!
いやー、それにしても決着を描かないとは…
単行本でそれぞれのifエンドとかないっすかね?

はじめ×くろす [13-6]
卑猥な誤解を!
…あながち間違ってない誤解かも。

中国嫁日記さん iフォンで4コマUPの実験&ミルク大好き!!
裸エプロンに見えてしまいました!
ミルクさんというのはワンちゃんのお名前ですね。

「バッテリーに余裕のある方どうぞ。その3」/「げこ」のイラスト [pixiv]

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=17472492


夕日の力強い、差し伸べる手が…
「ぼくがついてる」

ceramicGIRLIEさん 生きて。
二つの作品のヒロインがコラボレーション。
透き通る眼差し…

逸樹画店ブログさん また、美しい夜景を
月夜を飛ぶセーラー服の少女。
夜景が見たいですなぁ。

Tear Dropさん 冬の祈り
震災復興祈願。
水面にパンツ映ってるかと思って凝視した私ってやつは…orz

GUNP.JPさん 突発俺妹漫画「どうしてこうなった」
どうしてこうなった。
ホント、どうしてこうなった…

R O Y A Lさん 青空の魔法少女3人
ほむらちゃん魔法少女デビュー戦!
黒スト魔女って良いよね!

ガチャ!さん マミさんリスペクターさやか
凸を気にする杏子たん可愛いです!
10話ネタバレ風味なifなイラスト、華やかなんだけど見てると涙が…(つД`)

LemonMaidenさん ラウラさんまじボーデヴィッヒ
何というローレグ水着!
これはもう、うっかり脱げちゃうね! IS的に!

T2Cさん 見返りラウラ
凛々しい立ち姿のラウラたん。
でもデレたら凄いんです。

ぽんぽんおさん にゃーん!にゃーん!
あずにゃん&ういにゃん!
この二人の絡みがもうすぐ誌面で読めると思うと!

梅旅籠さん 兄ちゃん、成長した真美はDo-dai ?
エロいと思うよ?
ピースが続いたということはそろそろアヘ顔ピースが…(ぉ

AERO DOGさん ブリリアントりっちゃん
というか胸から股間にかけての大胆な肌の露出がエロス。
…ホント、エロいな。

54BURGERブログさん 幽明櫻
純情な妖夢に何てことを教えてるんですか、幽々子様!
もっとやって下さい!

悠久機関車さん バニーアリス
バニーが描きたい病は是非伝染すべき病気ですね。
おっぱいにチップ挟みたいです。

はわかわはわわさん いちごぱんつ
ラブライブ!の南ことりちゃんだよ!
面白い髪型ですね。

ドラえもさん 613アフター銭湯・美夜子の湯
おっぱいビンタ良いなぁ…
しかしこれが…、おっぱい格差社会というものか…

HTML convert time: 1.088 sec. Powered by WordPress