殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2011/8/11 木曜日::

■[ラノベ]深雪さん、お兄様の敵には容赦ナシ!「魔法科高校の劣等生」2巻

魔法科高校の劣等生 2 入学編 下 (電撃文庫 さ 14-2)
著者/訳者:佐島 勤
出版社:アスキー・メディアワークス( 2011-08-10 )
文庫 ( 288 ページ )
作者サイト:佐島勤

上巻で風紀委員に任命されてしまった達也が巻き込まれる、
部活動勧誘週間という名の(周囲から見て)生意気な二科生への暴力未遂事件。
騒動はありつつもそれなりにある意味学生らしい日常を過ごしていた司波兄妹が、
政治結社絡みの事件に巻き込まれて…

という訳で入学編の下巻が発売された訳なんですが、
Web版からチョコチョコ変えている箇所はありつつも概ね同じ展開でした。
深雪さんの重度なブラコンがカラーピンナップでネタにされたりと、
電撃文庫化することでまた別な面白さが増えたのは確かです。

個人的には壬生先輩のポニテ美少女なビジュアルが特にお気に入りで、
やはり挿し絵があると印象が違ってくるものだなぁ、と思わされます。
深雪さんが可愛いのは元より他の生徒への感情移入度も高まりますしね。
とはいえ、第二のヒロインであるほのかのビジュアルがはっきりしないのは、
先を知る身としては中々にはがゆくもあるのですが。(笑

しかし政治結社という名のテロリストもある意味不幸ですよね。
オールマイティーな天才児の深雪さんは元より、
規格外な達也の生活圏内で事件を起こすもんだから壊滅とか。
テロリスト相手だろうが被害者の先輩相手だろうが、
深雪さん以外全てに等しく冷淡な達也は孤高の格好良さがあると思います。

さてさて、次回は達也の戦闘面以外の凄さも見えてくる九校戦。
次回への伏線は上下巻ともに散りばめられていますので、
そちらを待ちつつ読み耽るのも良いのではないでしょうか。
まぁ、我慢できなくなったらWeb版を読めば良いでしょうし。(笑

関連エントリー


魔法科高校の劣等生(8) 追憶編 (電撃文庫)著者/訳者:佐島勤出版社:アスキー・メディアワークス( 2012-12-…

魔法科高校の劣等生 (18) 師族会議編 (中) (電撃文庫)著者/訳者:佐島勤出版社:KADOKAWA/アスキー・メ…

魔法科高校の劣等生 1 入学編 上 (電撃文庫 さ 14-1)著者/訳者:佐島 勤出版社:アスキー・メディアワークス(…

魔法科高校の劣等生 (19) 師族会議編 (下) (電撃文庫)著者/訳者:佐島勤出版社:KADOKAWA/アスキー・メ…

魔法科高校の劣等生23巻 出版社:KADOKAWA 作者名:佐島勤 絵師名:石田可奈 Kindle版まとめ買い:魔法科…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.135 sec. Powered by WordPress