りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!

:: 2011/11/21 月曜日::

■[漫画]惜しいけど大団円「この彼女はフィクションです。」3巻、4巻

この彼女はフィクションです。(3) (少年マガジンコミックス)
著者/訳者:渡辺 静
出版社:講談社( 2011-10-17 )
コミック ( 208 ページ )
作者サイト:ストイシズム
作者twitter:渡辺静 (shizumukun) on Twitter

この彼女はフィクションです。(4) <完> (講談社コミックス)
著者/訳者:渡辺 静
出版社:講談社( 2011-11-17 )
コミック ( 208 ページ )
作者サイト:ストイシズム
作者twitter:渡辺静 (shizumukun) on Twitter

あちゃー、このカノ終わっちゃったかー

正直、フーコ先輩の習作を元にした劇をやることになって、
そのオチがかなり最終回っぽかったからかなり怖かったんですが、
結局全4巻というちょっと短命な内容になっちゃいましたね。
やはり週マガはハーレムか修羅場がないと生き残れないのでしょうか。

恋に落ちたフーコ先輩がやたらと可愛かったし、
劇に関しては良い感じに勘違いした裕里に助けられたトコは面白かったりで、
読み応えがあって楽しかったんですが…
うーむ、つくづく惜しい。

しかしフーコ先輩と両思いになっても裕里もミチル相手以外は恋愛初心者だから、
デートしても非常に気まずい雰囲気になるとか妙にリアル。(笑
転校前の学校でいじめられて不幸のオーラ撒き散らしながら、
ミチルの設定にフォースの暗黒面的なモノを衝動的に書き殴るとか、
そういった経験が多少なりともあると奇妙な共感があった気がします。

ラストの展開は正直駆け足気味なので勿体なかったですが、
終わり方自体は綺麗だったのが救いだったと思います。
今後別の作品が発表されても作中にミチルたちがモブに登場したりしないか、
読みながらチェックすることになると思います。

お疲れ様でした、次回作でも是非頑張ってください。

関連エントリー


この彼女はフィクションです。(2) (少年マガジンコミックス)著者/訳者:渡辺 静出版社:講談社( 2011-08-1…

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)著者/訳者:渡辺 静出版社:講談社( 2011-06-1…

魔法先生ネギま!(33) (少年マガジンコミックス)著者/訳者:赤松 健出版社:講談社( 2011-02-17 )コミ…

UQ HOLDER!(3) (少年マガジンコミックス)著者/訳者:赤松 健出版社:講談社( 2014-06-17 )作…

それでも歩は寄せてくる2巻 出版社:講談社 作者名:山本崇一朗 作者twitter:山本崇一朗 (@udon0531)…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.709 sec. Powered by WordPress